ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:チャオ・タオ ( 4 ) タグの人気記事

罪の手ざわり -2-
天注定
A Touch Of Sin

f0165567_5242460.jpg

(C)2013 BANDAI VISUAL, BITTERS END, OFFICE KITANO


中国西域を訪れたことがあります。数年前のことです。
飛行機はまず上海に到着するのですが、この街の華やかさにはいつも驚かされます。
そして、内陸部へと移動するにしたがって
天然色の景色が茶色の世界に変わっていきます。

華やかな大都会を楽しむ富裕層がいますが、
その天然色の世界では茶色の風景からやってきた人々が働いています。
もちろんそういう人たちの方が圧倒的な多数です。

総天然色と単色の世界。
それが冒頭のシーンで炸裂します。
う~ん、さすが絵画を学んだ人の感覚です。

「罪の手ざわり」という地味でおとなしげなタイトルにとらわれていたら、
最初からガツーンとやられてしまいました。

さあ、どんなお話でしょうか。


f0165567_5293721.jpg

ストーリー
山西省の山道。オートバイを走らせているチョウ
3人の若い男が斧をかざして彼の前に立ちふさがる。
チョウは無言で懐から取り出したピストルで男たちを撃ち殺した。

事故を起こし横転するトラックを見物するーハイの傍らを通過するチョウのバイク。

ダーハイは山西省で働く炭鉱夫だ。
村の共同所有だった炭鉱の利益は、実業家になった同級生のジャオに独占され、
村長と村の会計係はその口止料として賄賂を受け取っているらしい。
北京の中央規律委員会宛に告訴状を送ろうとするダーハイ。だが、住所がわからない。
住所を書いていない郵便物は送れないという郵便局員を怒鳴りつけた。
彼の前にバスが停まる。自家用機で村に帰って来たジャオを空港へ迎えにいくバスだ。
空港でジャオ夫妻を迎え、ダーハイは「北京へお前を訴えにいく」と告げる。
その後、彼はジャオの手下に襲われ、入院。
襲撃者は見舞金を持って病室にやってくるが…

ダーハイと炭鉱で働いていたサンミンは家に帰るため、三峡ダムを渡る船に乗っていた。
重慶へ向かうその船で隣り合わせた男は、山西省の山道で3人の男を殺したチョウ
チョウの生家では出稼ぎで村を出ている長男と彼の帰省に合わせ、
母親の誕生日を祝う宴会の最中だ。
チョウを出迎える妻と幼い息子。
「送金を受け取ったわ。13万元。最後の送金は山西からだったわね」と妻。
各地から大金を振り込んでくる夫を不審に思った妻は夫の鞄を探る。
すると、そこには銃の弾倉が。
翌日、帰り支度をしたチョウは街に向う。
銀行から出てきた裕福そうな夫婦を襲って現金を奪い、宜昌行きの夜行バスに乗り込む…

夜行バスが湖北省・宜昌駅に到着。降りてくる乗客の中にチョウはいない。
一人の男ヨウリャンがバスを降り、喫茶店へ向かう。
そこで待っていたのは恋人・シャオユー
つきあい始めてもう長い二人だが、ヨウリャンには妻がいた。
「奥さんを選ぶなら、私とは別れて」と静かに話すシャオユー。
その後、勤め先の風俗サウナに。シャオユーはその店の受付係をしているのだ。
そこへ現れたのは恋人ヨウリャンの妻。
いきなり頬を打たれ、妻が連れてきた男たちに殴り倒され、蹴飛ばされるシャオユー――
数日後、勤務を終えて店で洗濯をしている彼女に二人の男が売春しろと迫ってきた。
自分は受付係で客の相手はしないのだ、と断るシャオユーの頬を札びらでしつこくぶち続ける男たち…

シャオユーの恋人ヨウリャンが工場長を務める広東省の縫製工場。
シャオホイはそこの工員だ。勤務中、彼は同僚に怪我をさせてしまう。
工場長に「彼が働けなくなった2週間分の給料は代わりにお前が支払え」と言われ、
シャオホイはそのまま仕事を辞める。
そして、向った先は東莞(トングァン)市。
その街にあるナイトクラブで働くためだ。
シャオホイはこの店でホステスのリェンロンと出会い、
同郷・湖南省出身の彼女に次第に夢中になっていく。
だが、リェンロンは3歳の娘を持つシングルマザーだった。
娘を親元に預けながら、ホステスをしているのだ。
ある日、客をとる彼女を見てしまったシャオホイはナイトクラブを辞め、工場に就職。
安い賃金。親からは仕送りの催促。さらに縫製工場で怪我をさせてしまった同僚が現れる――
絶望したシャオホイは…

山西省の会社。壁にはダーハイに殺されたジャオ社長の写真が。
殺された社長を引き継ぎ、会社を経営するのはジャオ夫人。
その会社の面接にやってきたのはシャオユーだった。
履歴書を見て、
「湖北省出身のあなたがどうして山西省のこの会社を?故郷で何かあったの?」と訊ねる夫人に
「何もありません」と答える…

f0165567_5304556.jpg

巧妙につながりつつ円環をなす物語。
怒り狂う男の気持をある時は代弁し、ある時は鎮めるかのように京劇の一幕が挟まれ、
冷静に事態に対応する女がその屈辱と怒りを表す時、古典演劇の剣戟のように型を決める――

これぞ中国四千年の歴史。
型の中に感情の嵐を抑え、押し込め、圧しつけるとこういう形になる・・・
古いけれど新しい、新しいけれど古い、人間が抱え続けてきた業のような表現です。

ジャ・ジャンクー監督の作品には必ず登場するチャオタオが素晴らしい演技でした。
彼女は毎回凄みを増していく女優さんです。
彼女がナイフを振り上げ、型を決めたときには
京劇のあの甲高い掛け声と伴奏が聞こえてくるような気がする程、カッコ良かったぁ。

ダーハイを演じたチァン・ウー。
虎が描かれた布で銃を包み、敵を捜して動く姿は水滸伝の英雄を彷彿とさせました。

本作に描かれているのは実在した犯罪者であり、既に処刑された人もいます。

一言で犯罪と言っても、犯罪には理由があります。
不正が横行する不平等な状況では、人々は犯罪者に快哉を叫びたくなるものです。
例えば、水滸伝にはとんでもない悪党も登場しますが、
人々からは受け入れられていましたものね。

ジャ・ジャンクー監督、またつきぬけました。これは傑作です。

好(ハオ)!





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月14日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

罪の手ざわり
監督・脚本/ジャ・ジャンクー、撮影/ユー・リクウァイ、音楽/リン・チャン、プロデューサー/市山尚三、製作総指揮/ジャ・ジャンクー、森昌行、レン・チョンルン、製作/Xstream Pictures、上海電影集団、山西影視集団、バンダイビジュアル、ビターズ・エンド/オフィス北野
出演
チャオ・タオ/シャオユー、チァン・ウー/ダーハイ、ワン・パオチャン/チョウ、ルオ・ランシャン/シャオホイ、チャン・ジャイー/ヨウリャン、リー・モン/リェンロン、ハン・サンミン/サンミン、ワン・ホンウェイ/サウナ客
5月31日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
2013年、中国=日本、129分、配給/ビターズ・エンド、オフィス北野
http://www.bitters.co.jp/tumi/

by Mtonosama | 2014-05-14 05:51 | 映画 | Comments(12)
罪の手ざわり -1-
天注定
A Touch Of Sin

f0165567_550215.jpg

(C)2013 BANDAI VISUAL, BITTERS END, OFFICE KITANO


日中関係がどうであろうと良いものは良いのであります。

「世界」(‘04)。
中国のアミューズメントパークを舞台に、そこで働く若い人々を描いた作品です。
これがジャ・ジャンクー監督を初めて知った作品でした。
その後「長江哀歌」(‘06)を観て、
三峡ダムの水底に沈む街々をこの目に焼きつけられました。
その映像や描写力に中国の若い監督の並々ならぬ力を感じ、
150歳のとのは若さということの力強さを見せつけられ、圧倒されたものです。

そして、若かった監督が更に力をつけて「どうだっ!」とばかりに迫ってきたのが、
本作「罪の手ざわり」です。
発展を続ける中国の片隅で必死に生きる普通の人々を活写してきたジャ・ジャンクー監督でしたが、
今回登場する主人公たちは犯罪者です。
といっても“蛇頭”とかギャングとかが登場するピカレスク映画ではありません。

f0165567_674460.jpg

中国で実際にあった事件を基に、
急速に発展する国家の片隅に追いやられ、隙間に落ち込み、希望を失い、
罪を犯すに至った人々のドラマを描き出した作品です。

今回は、これまでよりも更に鮮烈さを増した映像と
4人の主人公がそれぞれの人間ドラマを見せるオムニバスでありながら、
巧みに淀みなくつながる構成となっています。

水墨画と瑞々しい色彩。
水滸伝とマカロニウェスタン。
京劇とヨーロッパ映画。

ん?
ま、とにかく、異なる素材を織り込んだタペストリーのような作品であります。


本作は第66回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞。
これで監督はベルリン、ヴェネチア、カンヌの世界三大映画祭全てで受賞したことになります。


f0165567_5545630.jpg
ジャ・ジャンクー監督
1970年、中国山西省に生まれる。
18歳の時、山西省の省都・太原の芸術大学に入り、油絵を専攻。同時に小説も執筆。チェン・カイコー監督の「黄色い大地」を観て、映画に関心を持ち、93年に北京電影学院文学系に入学。95年にインディペンデント映画制作グループを組織し、「小山の帰郷」を監督。香港インディペンデント短編映画賞金賞受賞。97年に北京電影学院を卒業。卒業制作として16mmの長編劇映画「一瞬の夢」を監督。これが98年のベルリン国際映画祭フォーラム部門でワールドプレミア上映され、最優秀新人監督賞を受賞。その他プサン国際映画祭、バンクーバー国際映画祭、ナント三大陸映画祭でグランプリを獲得した。

1997年 「小山の帰郷」
香港インディペンデント短編映画&ビデオ賞金賞

1998年 「一瞬の夢」
ベルリン映画祭ヴォルフガング・シュタウテ賞(新人監督賞)受賞、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)
ベルギー王立映画アカデミーラージュ・ドール賞
プサン国際映画祭ニュー・カレント賞(最優秀作品賞)
バンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー賞
ナント三大陸映画祭グランプリ、主演女優賞

2000年 「プラットホーム」
ヴェネチア国際映画祭NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)受賞
ナント映画祭、ブエノスアイレス映画祭でグランプリ受賞

2002年 「青の稲妻」 
カンヌ国際映画祭コンペティションで上映
シンガポール映画祭国際批評家連盟特別賞

2004年 「世界」
ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品
ドーヴィル・アジア映画祭脚本賞
ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア映画祭金賞(最優秀作品賞)、撮影賞
ヴェスール映画祭審査員グランプリ

2006年 「長江哀歌」
ヴェネチア国際映画祭金獅子賞
アジアン・フィルム・アワード最優秀監督賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞外国語作品賞
キネマ旬報ベスト・テン外国映画第1位、監督賞
毎日映画コンクール外国映画ベストワン賞
朝日ベストテン映画祭洋画第1位

        「東」
ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門正式出品
台湾ドキュメンタリー映画祭最優秀アジア・ドキュメンタリー賞

2007年  「無用」
ヴェネチア国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞

2008年  「四川のうた」
ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品

2010年  「海上伝奇」
カンヌ国際映画祭「ある視点」部門

2013年  「罪の手ざわり」
カンヌ国際映画祭脚本賞
トロント映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
フランス映画批評家協会賞 最優秀外国映画賞
アブダビ映画最最優秀作品賞
台湾金馬奨最優秀音楽賞 最優秀編集賞


ジャ・ジャンクーおそるべし!
監督の紹介だけでこんなにいっぱいになってしまいました。

f0165567_610049.jpg

さあ、いったいどんなお話でしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月11日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

罪の手ざわり
監督・脚本/ジャ・ジャンクー、撮影/ユー・リクウァイ、音楽/リン・チャン、プロデューサー/市山尚三、製作総指揮/ジャ・ジャンクー、森昌行、レン・チョンルン、製作/Xstream Pictures、上海電影集団、山西影視集団、バンダイビジュアル、ビターズ・エンド/オフィス北野
出演
チャオ・タオ/シャオユー、チァン・ウー/ダーハイ、ワン・パオチャン/チョウ、ルオ・ランシャン/シャオホイ、チャン・ジャイー/ヨウリャン、リー・モン/リェンロン、ハン・サンミン/サンミン、ワン・ホンウェイ/サウナ客
5月31日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
2013年、中国=日本、129分、配給/ビターズ・エンド、オフィス北野
http://www.bitters.co.jp/tumi/

by Mtonosama | 2014-05-11 06:25 | 映画 | Comments(4)
ある海辺の詩人
―小さなヴェニスで― -2-

IO SONO LI
SHUN LI AND THE POET

f0165567_7294539.jpg

(C)2011 Jolefilm S.r.l.- Aternam Films S.a.r.l - ARTE France Cinema


キオッジャは小さなヴェニスと呼ばれる美しい漁師町です。
ヴェニスもキオッジャも行ったことがないので、例によってWikipediaのお世話になりますと――

キオッジャ(Chioggia)は人口51,755人のイタリア共和国ヴェネト州ヴェネツィア県のコムーネの一つで、
ヴェネツィアの南 57 km に位置する。5世紀に書かれた古い資料には、街はビザンティン帝国の一属州の一部となったとある。
中世には街は独立コムーネとなり、1110年には司教座となった。
歴史上重要な1ページはキオッジャの戦いと呼ばれるジェノヴァとヴェネツィアとの戦いである。
1379年、街はジェノヴァの手に落ち、1380年にはヴェネツィアが取り戻した。キオッジャは、1797年にナポレオンの手によりヴェネツィア共和国が滅亡させられるまでその一部となった。
続いてカンポ・フォルミオ条約により1798年に街はオーストリアに組み入れられ、1866年にイタリア軍が街を解放しイタリア王国に併合されるまで、オーストリアとフランスが交互に街を支配した。
第二次世界大戦中は連合国の空軍の絨毯爆撃の危険にさらされた。
市民たちの蜂起により、ナチスは降伏。1945年4月27日街は連合軍により解放された。(Wikipediaより)

と古い街なので、中世のままのような家並みが美しいです。
観光客の多いヴェニスとは異なり、素朴な雰囲気に包まれた町であることが映画から伝わってきます。

そんな小さな町の小さなオステリアが舞台。
オステリアって地元の住民が集う居酒屋みたいな店のことだそうです。
よく見るトラットリアというのは前菜からメインコースまで一通り揃っている店なんだとか。
蛇足ですが。

さて、どんなお話でしょうか。


f0165567_73318100.jpg

ストーリー
町の漁師たちが集う店「パラディーゾ」。
そこは常連たちがビリヤードを楽しんだり、本や新聞を読んだり、酒を飲んだり、
思い思いに時を過ごす憩いの場だ。
“詩人”と呼ばれる漁師のペーピ。
漁師を引退し、仕事のない日々に不安を感じるコッぺ。
昔の職業名で呼ばれる“弁護士”。
外では威勢が良いけれど女房には頭が上がらないデヴィスたちが日々集まってくる。

そんな店に遠い中国からシュン・リーがやってきた。
地元で愛されている飲み物を常連に教わりながら作り、
片言のイタリア語でたまったツケを請求するもの静かな女性だ。
ある日の閉店後、偶然二人になったペーピとシュン・リーは故郷や家族のことを話し始める。
彼女の故郷は福州。キオッジャと同じ海辺の町で、父も祖父も漁師だった。
ペーピもずっと昔にユーゴスラヴィアからキオッジャにやってきたことを話す。
異国人同士、親しみを覚える二人。

シュン・リーの故郷には川面に灯明を流し、詩人・屈原を偲ぶ祭がある。
その話を聞いたペーピは潮が満ちて海水に浸った「パラディーゾ」の店内に
小さなロウソクを浮かべて見せた。
「川はすべて海へ降る。吹く風は冷たくとも心を温め小さな花のようにあなたを微笑ます」
“詩人ペーピ”の詩は家族と離れて異国で働くシュン・リーの心を優しくほぐしていく。

しかし、小さな町で二人の交流は噂となり、ペーピはそのことで仲間と喧嘩。
シュン・リーもまた組織から彼との交際を禁じられる。
これ以上ペーピとつきあうなら、中国の息子をイタリアに呼び寄せ一緒に暮らすことは
できなくなると言い渡されてしまったのだ。

ペーピの元を去るシュン・リー。心のよりどころを失くしたペーピ――

時を経て、キオッジャに戻ってきたシュン・リー。店を訪ね、ペーピの姿を求める。
だが、彼の姿はなく、手渡されたのはペーピからの最後の優しい手紙だった……

ドキュメンタリー映画で映画作りを学んだというアンドレア・セグレ監督。
10年以上にわたり移民問題についての調査・研究にとりくんでいる1976年生まれのまだ若い監督です。
移民問題から目を背けているとヨーロッパは存在しえません。
東から南から移民たちはやってきます。
本作に限らず移民を描いたヨーロッパ映画は多いです。
世界のいたるところに進出している中国人。
本作ではシュン・リーの背後の組織が不気味でした。
しかし、本来なら生々しく、きわめて現実的なはずの中国人移民を
ここまで幻想的で美しい作品に仕上げたドキュメンタリー映画監督の手腕に驚きます。

穏やかでいながら、したたか・・・・・(といっては言葉が悪いですね)
芯の強さを持ったシュン・リーにイタリアの漁師たちは一本とられたかな、という感じもしましたが。

老いて故郷を懐かしむペーピの郷愁。パラディーゾに集う男たちの人の良さ。
これって国がどうこうというより、男と女の違いを
キオッジャの運河のにおいを背景に描いた映画なのかもしれません。

ラグーナの海水が埠頭をひたひたと洗うように、心のひだに沁み込んでくる作品でした。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月14日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ある海辺の詩人 ―小さなヴェニスで―
監督・原案・脚本/アンドレア・セグレ、共同脚本/マルコ・ぺッテネロ、アンドレア・セグレ、撮影/ルカ・ビガッツィ
出演
チャオ・タオ/シュン・リー、ラデ・シャルベッジア/ペーピ、マルコ・パオリー二/コッぺ、ロベルト・シトラン/弁護士、ジュゼッペ・バッティストン/デヴィス
3月16日(土)シネスイッチ銀座他全国順次公開
2011年、イタリア、フランス、イタリア語、98分、日本語字幕/岡本太郎、配給・宣伝/アルシネテラン、後援/イタリア大使館、特別協力/イタリア文化会館
http://www.alcine-terran.com/umibenoshijin/

by Mtonosama | 2013-03-14 07:47 | 映画 | Comments(4)
ある海辺の詩人
―小さなヴェニスで― -1-

IO SONO LI
SHUN LI AND THE POET

f0165567_5363620.jpg

(C)2011 Jolefilm S.r.l.- Aternam Films S.a.r.l - ARTE France Cinema

タイトルに魅かれて観ました。
うお座のとのは結構ロマンティストなもので・・・・・

英字タイトルにも興味がわきます。オリジナルタイトルも響きが素敵。
ん?シュン・リー?リー?なんか中国っぽいですね。

そうなんです。中国人女性が主人公の映画です。
映画の冒頭には中国の詩人・屈原が出てきたり、
小さな紅い蓮の花の灯籠を水に浮かべるシーンもあったり
なんとも幻想的で美しく昔の中国という感じです。


屈原
屈原は中国4000年の文学史上、最初に現れた大詩人である。詩経以前の詩は、いずれも無名の庶民によって歌われたものであるのに対し、楚辞に収められた屈原の詩は、一個の天才によって書かれた個人の業績としては始めてのものである。その後中国に現れたすべての詩人たちは、多かれ少なかれ、屈原を自分たちの先駆者とし、模範として仰いできた。
司馬遷が屈原に付与している人物像は、大志ある人間であるにかかわらず、周囲のものの讒言にあい、それがもとで、鬱々とした一生を送らざるを得なかった不遇の人である。離騒や九章の諸編は、そうした屈原の悶々たる心情を歌ったものだ。
http://chinese.hix05.com/Soji/soji001.html

ちまきやドラゴンボートもこの屈原に起源があるとかで、私たちにも縁のある方のようです。

その昔、ゴダールが「中国女」(‘69)という映画を撮りましたが、
あの熱い政治の時代、“毛”イズムや中国にはエキゾチシズムがあったのでしょうね。
時代は移り、中国が経済大国になっても、
欧州の人々は中国あるいは東洋にまだ何か神秘的なイメージを抱いているのかもしれません。

ただ、主人公のシュン・リーの背後に何やらきな臭いような組織がちらほらして――

イタリア人で多くのドキュメンタリー映画を撮ってきたアンドレア・セグレ監督は
中国が漂わせる不気味な影の部分も描いています。
なんていうと犯罪映画みたいですね。

f0165567_5435026.jpg

本作はどちらかといえばラブ・ストーリーに近いかもしれません。
ラグーナ(潟)に浮かぶ美しい港町キオッジャを舞台に
中国から出稼ぎに来たシュン・リーと
旧ユーゴスラヴィアからやってきてこの町に住みついた老漁師ペーピ。
異邦人同士のふたりの間に芽生えた仄かな想い。
いっしょにいて楽しい、ほっとする――
これって恋愛ではないかもしれないけれど、愛ですよね。
言葉少ない中国女性と詩人と呼ばれる老いた漁師が織りなす静かな絵のような情景に
ホッと息をつきたくなります。
キオッジャの酒場「パラディーゾ」。
その名も「天国」という酒場では今日も漁師たちが集まっています。

f0165567_551899.jpg

シュン・リーはパラディーゾで片言のイタリア語を操りながら
プルーン入りのコーヒーやら極楽コンビなどの不思議な飲み物を
常連客に教えてもらって供している中国人従業員。

演じたのはジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督作品にいつも顔を出すチャオ・タオ。
ひとえまぶたの涼しい目をしたいかにも欧米人に好かれそうな物静かな女優さんです。
「長江哀歌」(‘07ジャ・ジャンクー監督)ではヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞。
本作でもイタリア・アカデミー賞主演女優賞を受賞した国際女優です。

なぜ中国人の彼女が小さな港町で漁師相手にプルーン入りコーヒーなどを作っているのか。
そんな不思議が気になりだしたら、屈原の詩とアンドレア・セグレ監督の映像の魔術に
つかまってしまったということかもしれませんよ。

さあ、いったいどんなお話なんでしょう。
そして、キオッジャ。それはいったいどんな港町なんでしょう。

続きは次回までお待ちくださいね。



今日もポチッとしていただけたら嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月11日に更新しました。あの日からまる2年です。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災地の皆さまに希望が生まれるよう願ってやみません☆

ある海辺の詩人 ―小さなヴェニスで―
監督・原案・脚本/アンドレア・セグレ、共同脚本/マルコ・ぺッテネロ、アンドレア・セグレ、撮影/ルカ・ビガッツィ
出演
チャオ・タオ/シュン・リー、ラデ・シャルベッジア/ペーピ、マルコ・パオリー二/コッぺ、ロベルト・シトラン/弁護士、ジュゼッペ・バッティストン/デヴィス
3月16日(土)シネスイッチ銀座他全国順次公開
2011年、イタリア、フランス、イタリア語、98分、日本語字幕/岡本太郎、配給・宣伝/アルシネテラン、後援/イタリア大使館、特別協力/イタリア文化会館
http://www.alcine-terran.com/umibenoshijin/

by Mtonosama | 2013-03-11 06:08 | 映画 | Comments(4)