ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:デヴィッド・フランケル監督 ( 1 ) タグの人気記事

31年目の夫婦げんか -1-
Hope Springs

f0165567_5571746.jpg

(C)2012 GHS PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

本作はまたまた熟年夫婦が主人公の映画であります。
団塊の世代である(あ、アメリカではベビーブーマーと言うんでしたっけ?)熟年夫婦を
主人公にすれば、同じ思いを抱える同年配の観客が映画館にやってくると考えたのでしょうか。

ま、そんなマーケティング分析は脇へおいておきましょう。

さてさて同じ年代の観客達がどんな思いを抱えているかというと、
配偶者が富士山頂の空気みたいな存在になってしまって、
一緒にいると息苦しいって感じ?

本作でも、
寝室は別(ほらほら、うなずいてますね)、
夫の唯一の趣味はゴルフ番組を観ること(あるいは野球やサッカーや相撲を観ること)、
毎日の日課も会話もほぼ変化なし(会話なしもありますよね)、
争いもないし、喜びもなし(争いはあり)。
妻は思いました。結婚して31年。
「わたし、死ぬまでこの生活の繰り返し?」

洋の東西を問わず、夫婦関係とは実に難しいものであります。
新婚時代はそれなりに楽しかったはずなのに、どうしてこうなるかなぁ――

f0165567_641652.jpg

監督はデヴィッド・フランケル。
「プラダを着た悪魔」(‘06)の監督です。
そして、「死ぬまでこの生活の繰り返し?」とそっと自問するけなげな妻はメリル・ストリープ。
居眠りしてるくせにゴルフ番組をつけっぱなしでソファーに陣取る頑固な夫はトミー・リー・ジョーンズ。
2人の名優がこのきわめてありがちな夫婦関係を軽妙に演じるコメディです。

しかし、トミー・リー・ジョーンズ、
ほんとに「いる、いる、こんなオヤジ」って感じで、ちょっとむかつくほど。
確実にイラッとさせてくれます。さすが、宇宙人ですね。
あ、そうそう。もうひとり重要な人物がいます。
それが夫婦関係カウンセラー。
スティーヴ・カレルが演じます。

なにゆえカウンセラーが登場するかというと、
けなげな妻ケイが夫婦関係を修復しようと
カウンセリングを受けることを決意したからなんです。
カウンセラーが登場するあたり、いかにもアメリカ的です。

f0165567_654915.jpg

脚本家のヴァネッサ・テイラーは独身ですが、
長い結婚生活の中でお互いに情熱や魅力を失わないようにするにはどうすればいいのか?
夫婦間に距離が生じてしまったとき、もう一度やり直すことはできるのか?
ということを以前から考えていました。
その疑問がこの脚本を書くきっかけになったといいます。
(ヴァネッサさん、まだまだ結婚に幻想を抱いていますね)
本作が映画脚本家デビューとなりました。

物語の舞台はアメリカ最東北部のメイン州。すぐ隣はカナダです。
夫婦がカウンセリングのために訪れるメイン州”グレート・ホープ・スプリングズ”は
架空の街ですが、海に近い美しい場所。
おいしいロブスターが楽しめそうな街です。

さあ、ケイとアーノルドはどんなカウンセリングを受けるのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとしていただけたら嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月20日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

31年目の夫婦げんか
監督/デヴィッド・フランケル、脚本/ヴァネッサ・テイラー、製作/トッド・ブラック、ガイモン・キャサディ、製作総指揮/スティーヴ・ティッシュ、ジェイソン・ブルメンタル、ネイサン・カヘイン、ジェシー・ネルソン、撮影/フロリアン・バルハウス
出演
メリル・ストリープ/ケイ・ソームズ、トミー・リー・ジョーンズ/アーノルド・ソームズ、スティーヴ・カレル/バーナード・フェルド医師
7月26日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿シネマカリテ他ロードショー
2012年、アメリカ、100分、配給/GAGA★、字幕翻訳/関美冬、http://31years.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2013-07-20 06:16 | 映画 | Comments(6)