ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:トラッシュ! ( 2 ) タグの人気記事

トラッシュ!この街が輝く日まで
-2-
TRASH

f0165567_61817100.jpg

(C)Universal Pictures

「リオデジャネイロのゴミ山で生活する少年たちが主人公ね」
位の前知識でスクリーンに臨むと「あれあれ?このシーンは何なん?」的展開が。
一筋縄じゃいかないぞと姿勢を正させる緊張感に包まれます。
これぞ映画の醍醐味であります。

といっても通好みのこむつかしい映画ではありません。
緊迫感を煽り、はらはらさせ、キャッ!と小さな悲鳴まで上げさせ、
さらに、「なるほど、こういう伏線だったか」と膝をたたかせ、
トラッシュ・ワンダーランドとダルドリー・ワールドを満喫させてもらいました。


ストーリー
リオデジャネイロ郊外。
巨大なゴミ山が拡がり、大きなトラックが次々とゴミを運びこんでくる。
そのゴミ山でゴミを拾って生活する3人の少年――ラファエル、ガルド、ラット。
ある日ラファエルはゴミの中から財布を拾い上げた。
そこに入っていたのはお金、ID、少女の写真、アニマル・ロトのカードとコインロッカーの鍵。

なぜか、すぐに警察がやってきて財布を見つけたら謝礼を出すという。
なにか、ある――

以前、駅で生活していたラットの記憶を頼りに
財布の中に入っていた鍵に合うコインロッカーを探し当てた。
そこにあったのは1通の手紙と数字を書いたメモ。
手紙は刑務所に収監されている男・クレメンチに宛てたものだった。

その夜、少年たちの言動に疑問を抱いた警察はラファエルを連れ去り、暴行を加える。
少年たちの保護者であるジュリアード神父が警察署へ乗り込んでいくが、
何も知らされず悲しげな顔で虚しく戻ってきた。
今まで行方不明になった子どもたちの悲しい末路を見てきたからだ――

翌日、ゴミ山のはずれで大けがを負ったラファエルが発見された。
その哀れな姿にショックを受けたラットは財布の謎を追うのはやめようと訴える。
首を振るラファエル。

少年たちは次の日からそれぞれが持つ手がかりをもとに行動開始。
ラットは財布の持主であるジョゼ・アンジェロの行方を追い、
ガルドはジュリアード神父と働くオリヴィアの助けを借りて、
コインロッカー内にあった手紙の宛名であるクレメンチに会うため刑務所へ。

その夜、警察はゴミ山で生計を立てる貧しい人々が暮らすスラムを焼き払った。
また少年たちを助けるオリヴィアも逮捕してしまう。
警察の手が迫る中、少年たちは突き止めたヒントを組合せて着実に真実へ近づいてゆく。

彼らがつきとめた真実。
そして、彼らのとった行動とは……

f0165567_620060.jpg

あ~、ドキドキした。ハラハラした。

灼けたトタン屋根の上を猫のごとく、
あるいは、ましらのごとく跳躍する少年たちの細い足が宙に舞います。
鈍化した動体視力では追い切れないほどの躍動感、素早さ。
勇気と賢さと優しさで思いがけない成果と結果を出していく3人。
少年たちの輝きが網膜に焼きつきました。

スラムの汚い水たまりで楽しげに泳ぐ少年たちと
白いビーチと真っ青な海で笑いさざめく少年たち。
ポルトガル語とガルドの話すゆっくりした英語(ガルドは物知りの上、英語も話せるんです)。
緊張するシーンの合間に流れるサンバやボサノバのまったり感。
メリハリがきいてます。

少年たちの冒険をぜひ劇場でお楽しみください。





今日もポチッとしていただけたら幸せです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月19日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

トラッシュ!この街が輝く日まで
監督/スティーヴン・ダルドリー、脚本/リチャード・カーティス、原作/アンディ・ムリガン「トラッシュ」(株式会社KADOKAWAメディアファクトリー刊)、製作/クリス・サイキエル、撮影/アドリアーノ・ゴールドマン、音楽/アントニオ・ピント
出演
マーティン・シーン/ジュリアード神父、ルーニー・マーラー/オリヴィア、ワグネル・モウラ/ジョゼ・アンジェロ、セルトン・メロ/フェデリコ、リックソン・テベス/ラファエル、エデュアルド・ルイス/ガルド、ガブリエル・ウェインスタイン/ラット
2015年1月9日(金)ロードショー
114分、字幕翻訳/松岡葉子、ユニバーサル映画、配給/東宝東和
http://trashmovie.jp/

by Mtonosama | 2014-12-19 06:27 | 映画 | Comments(10)
トラッシュ!この街が輝く日まで
-1-
TRASH

f0165567_6565221.jpg
 
(C)Universal Pictures


どんな名優も子どもと動物には勝てないと申します。
そんな定説通りの作品がまたまた登場しました。

古くは『禁じられた遊び』(‘52 ルネ・クレマン監督)。
最近では『明日の空の向こうに』(‘13 ドロタ・ケンジェジャフスカ監督)というポーランド映画、
http://mtonosama.exblog.jp/18368661/ http://mtonosama.exblog.jp/18413699/
少し前なら『スラムドッグ$ミリオネア』(‘08 ダニー・ボイル監督)
http://mtonosama.exblog.jp/10706035/
『リトル・ダンサー』(‘00)でしょうか。

本作はその『リトル・ダンサー』の監督スティーヴン・ダルドリーの最新作です。
ね、それを聞いただけで観たくなってしまいませんか?

元気で要領が良くて賢くてはしっこい男の子が3人も登場するのですから、
共演するマーティン・シーンやルーニー・マーラも影が薄くなってしまいます。

スティーヴン・ダルドリー監督といえば
デビュー作『リトル・ダンサー』、
『めぐりあう時間たち』(‘02)、
『愛を読むひと』(‘08)
http://mtonosama.exblog.jp/18368661/
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(‘11)
4作品続けてアカデミー賞作品賞、監督賞にノミネートを果たした監督です。
そういえば『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』にも少年が出ていましたね。

f0165567_724032.jpg

ダルドリー監督、これまでのアカデミー賞ノミネート数は19。
『めぐりあう時間たち』のニコール・キッドマン、『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレットに
アカデミー賞主演女優賞をもたらしました。

彼が演出したミュージカル『ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー』は
トニー賞で最優秀ミュージカル賞を含む10部門の賞を受賞。
ブロードウェイでのイギリス演劇の歴代最多受賞数を記録したのだそうです。
順風満帆ではありませんか。

でも『リトル・ダンサー』は本当に良かったですものね。

f0165567_745883.jpg

さて、本作『トラッシュ』は題名通りゴミ山が舞台。
主人公の少年たちがゴミ山でバレエ――
を踊るのでは、もちろんありません。

ブラジルはリオデジャネイロ郊外のゴミ山でゴミを拾って生活している少年たちの物語です。

主人公を演じるのは映画と同様スラム街で生まれ育った少年たち。
オーディションで選ばれました。
演技経験などありませんが、彼らの素晴らしさは映画から迸り出ています。

ああ、こんな天真爛漫で生き生きした少年たちもいずれはおっさんになってしまうのか、
と、いらぬことまで考えてしまう程おばさんの心を揺らしてくれました。

本作の原作者アンディ・ムリガンが描いた舞台は架空の国。
この人、ブラジル、インド、フィリピン、マレーシアで教鞭をとっていたことがあり、
それらのどこかの国が彼の書いた小説の舞台であったようです。

映画はリオデジャネイロで撮影。
2年後にオリンピックを控えたブラジルの活気を良きにつけ悪しきにつけ感じさせられますよ。

さあ、一体どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いいたしますです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

トラッシュ!この街が輝く日まで
監督/スティーヴン・ダルドリー、脚本/リチャード・カーティス、原作/アンディ・ムリガン「トラッシュ」(株式会社KADOKAWAメディアファクトリー刊)、製作/クリス・サイキエル、撮影/アドリアーノ・ゴールドマン、音楽/アントニオ・ピント
出演
マーティン・シーン/ジュリアード神父、ルーニー・マーラー/オリヴィア、ワグネル・モウラ/ジョゼ・アンジェロ、セルトン・メロ/フェデリコ、リックソン・テベス/ラファエル、エデュアルド・ルイス/ガルド、ガブリエル・ウェインスタイン/ラット
2015年1月9日(金)ロードショー
114分、字幕翻訳/松岡葉子、ユニバーサル映画、配給/東宝東和
http://trashmovie.jp/

by Mtonosama | 2014-12-16 07:10 | 映画 | Comments(4)