ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:トルコ ( 4 ) タグの人気記事


裸足の季節
-2-
MUSTANG

f0165567_5352384.jpg

© 2015 CG CINEMA – VISTAMAR Filmproduktion – UHLANDFILM- Bam Film – KINOLOGY


トルコ人の名前は難しいので、最初に登場人物をご紹介しますね。
しっかり者で要領も良い長女ソナイ。
次女セルマは活発だけれど、間が悪かったためにイヤな思いをさせられます。
花が咲きそめたばかりのように初々しい三女エジェは運命を受け入れ――
まだまだ子どもの四女ヌル。
幼な顔ながらなかなか行動派の末っ子ラーレ13歳。

三女エジェ以外は演技未経験。
でも、皆さまざまな困難や屈辱的な状況に立ち向かう姉妹を
ふざけあう仔犬のように、
あるいは、酸いも甘いも噛み分けたおばさんのように
あるいは、等身大の思春期の少女のように
いきいきと演じています。

ストーリー
学期末、ラーレの大好きなディレッキ先生がイスタンブールの学校に異動になった。
4人の姉達はしょげかえるラーレを励ましながら下校。
帰り路、浜辺で男子生徒達と騎馬戦をして遊ぶ。
男子生徒の肩に乗り、キャーキャーとはじける五人姉妹。

ところが、帰宅後、恐ろしい顔をして待ち構えていた祖母から激しい折檻を受ける。
「男達の首にまたがるなんて、ふしだらなことをするからよ!」
隣家の主婦が祖母に告げ口をしていたのだ。

その晩、帰宅した叔父のエロルは怒り狂い、
既に姉妹は「キズもの」にされたのではないかと疑う。
そして、姉妹を病院に連れていき、処女膜検査を受けさせるのだった。
純潔が証明され、帰宅した姉妹に祖母がいう。
「少しでも疑わしければ結婚できないんだからね!」
女の価値は純潔にこそあるのだという。

この日以来、外出を禁じられ、家に閉じ込められる姉妹達。
いまどきの洋服や化粧品はすべて捨てられ、
携帯電話やパソコンは没収、戸棚へ入れて施錠された。
そんな彼女達を待ち受けていたのは
地味な洋服、料理や掃除の花嫁修業。
花嫁としての必須事項を村の女達が毎日教えにくる。
なんと憂鬱な日々。

大のサッカーファンである五女のラーレはスーパーリーグに行きたい。
叔父に頼んではみたが、
「男だらけのサッカー場に女が行くだと?」と一刀両断。
だが、リーグが目前に迫ったある日のこと。
ファンの暴動により、男性客の試合会場への入場が禁止され、
女性客のみ入場できることに。
それでも叔父は許してくれない。

どうしてもサッカーを観たいラーレ。そして、とにかく外へ出たい姉達。
祖母の目を盗んでこっそり家を抜け出す。
通りかかったトラックに乗せてもらい、無事サッカー観戦。
ところが、この日を境に姉妹達の運命は急展開――

祖母は姉妹達を花嫁候補として村人達に品定めをさせ、
家には二度と表に出られないよう厳重な柵が取り付けられた……

f0165567_5434880.jpg


なんでもかんでも性に結びつけて曲解する祖母、叔父、村人達のいやらしさ。
そのくせ、女にだけ純潔を押しつける頑迷さ。

天真爛漫に少女時代を送っていた姉妹達がある日を境に
二百年前に戻ったかのような籠の鳥に。

ボーヴォワール女史の言う如く
周囲によって無理矢理旧来の女性像へと造り変えられてしまうのか――

確かに、情況に抗いきれず三女は死を選び、
次女は初夜の床で処女の証が認められなかったからと
病院で検査を受けさせられます。
義父などは銃持参で病院についてくるんですよ。
長女はうまく立ち回り、叔父の決めた見合い相手ではなく
自分の彼氏との結婚を果たしますが。

大きい姉達の運命を目の当りにし、
知恵と勇気をしぼり、未来を求めて
1000km先のイスタンブールへ旅立つ四女と末っ子。

痛快なテンポで繰り広げられるガールズアドベンチャーです。

フフ・・・
旧態然たる祖母、叔父、村人たちよ。
あんたたちの思い通りにはさせないよ。

ああ、面白かった!





今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆6月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

裸足の季節
監督/デニゼ・ガムゼ・エルギュヴェン、脚本/デニゼ・ガムゼ・エルギュヴェン、アリス・ウィノクール、撮影/ダーヴィッド・シザレ、エルシン・ギョク、音楽/ウォーレン・エリス、製作/シャルル・ジリベール、共同製作/フランク・ヘンチキ、アンニャ・ウーラント、ミネ・ヴァルグ
出演
ギュネシ・シェンソイ/ラーレ、ドア・ドゥウシル/ヌル、トゥーバ・スングルオウル/セルマ、エリット・イシジャン/エジェ、イライダ・アクドアン/ソナイ、ニハル・コルダシュ/祖母、アイベルク・ペキジャン/エロル
6月11日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次ロードショー!
2015年、フランス=トルコ=ドイツ、94分、提供/ビターズ・エンド、サードストリート、配給/ビターズ・エンド、日本語字幕/大西公子、字幕監修/野中恵子
http://www.bitters.co.jp/hadashi/

by Mtonosama | 2016-06-07 05:53 | 映画 | Comments(12)

裸足の季節
-1-
MUSTANG

f0165567_530109.jpg

© 2015 CG CINEMA – VISTAMAR Filmproduktion – UHLANDFILM- Bam Film – KINOLOGY


いまさらではありますが、
「人は女に生まれるのではない。女になるのだ」
という言葉をイヤというほど実感させられた映画であります。
ボーヴォワール先生も本作をご覧になれば
「わたしってすごかったのね!」とお思いになったことでありましょう。

『裸足の季節』
トルコの5人姉妹の物語です。

監督は本作がデビュー作となる
トルコ出身のデニゼ・ガムゼ・エルギュヴェン。

デニゼ・ガムゼ・エルギュヴェン監督
1978年トルコ・アンカラ出身。フランス、トルコ、アメリカで都会的に育った。
ヨハネスブルグ大学で文学、同大学修士課程でアフリカの歴史を専攻。
その後、フランス国立映画学校の監督専攻を修める。
卒業制作の「Bir Damla Su(Une goutte d’ eau)」はカンヌ国際映画祭の
オフィシャル・セレクションで上映され、
ロカルノ映画祭のレオパーズ・オブ・トゥモロー賞を受賞。

f0165567_532216.jpg

自身の体験も織り込んだ本作『裸足の季節』は2015年のカンヌ国際映画祭で
ヨーロッパ・シネマ・レーベル賞を受賞。
その後、世界中の映画祭で観客賞、主演女優賞を中心に様々な賞を獲得しました。

トルコ出身女性監督によるトルコ語作品でありながら、
アカデミー賞フランス映画代表に選ばれ、同外国語映画賞にノミネート。
フランス語以外の作品がフランス代表になったのは
『黒いオルフェ』(‘59)以来なんと56年ぶり2度目の快挙です。

米バラエティ誌が選ぶ「注目すべき映画監督10人」に選ばれた
38歳の美しい女性監督です。

彼女の卒業制作は解放をテーマにした作品でしたが、
本作もトルコの片田舎に生きる思春期の少女たちの
自己解放を描いた鮮烈な印象の作品です。

f0165567_5364483.jpg

もともと現代トルコの女性問題に関心を持っていた監督。
トルコでは最近、女性の地位が社会的な問題にもなっており、
普段はフランス在住の監督、帰国の度に閉塞感を感じていたといいます。

例えば、
男女生徒が同じ階段を使うのを禁じる学校があったり、
女性は家事に専従し、子どもを生んでいればいい、
というような風潮が出てきたり。

トルコは既に1930年代という早い時期に
女性が参政権を獲得した国だったというのに、です。

主人公はイスタンブールから1000kmも離れた小さな村に住む5人姉妹。
10年前に事故で両親を亡くし、
現在は祖母、叔父夫婦と暮らしています。
とはいえ、親はいなくても姉妹5人、
学校生活を楽しみ、日々生き生きと暮らしていたのですが――

f0165567_5344292.jpg

この5人姉妹、オーディションやスカウトによって見出された新人。
三女エジェを演じたエリット・イシジャン以外はすべて演技初体験です。
でも、この子たちの輝かしさといったらありません。

原題の”Mustang”は車の名前ではなく
「野生の馬」という意味。
彼女達の躍動感はまさに野を駆ける野生の馬そのもの。
駆け回る駿馬を、狭い小屋に閉じ込めることなどできませんよねえ。

そんな彼女達の演技に対し、
第21回リュミエール新人女優賞、
第21回サラエヴォ映画祭主演女優賞、
第5回サハリン国際映画祭審査員特別賞(主演女優)
第46回インド国際映画祭主演女優賞が
5人全員に贈られています。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回で。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆6月4日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

裸足の季節
監督/デニゼ・ガムゼ・エルギュヴェン、脚本/デニゼ・ガムゼ・エルギュヴェン、アリス・ウィノクール、撮影/ダーヴィッド・シザレ、エルシン・ギョク、音楽/ウォーレン・エリス、製作/シャルル・ジリベール、共同製作/フランク・ヘンチキ、アンニャ・ウーラント、ミネ・ヴァルグ
出演
ギュネシ・シェンソイ/ラーレ、ドア・ドゥウシル/ヌル、トゥーバ・スングルオウル/セルマ、エリット・イシジャン/エジェ、イライダ・アクドアン/ソナイ、ニハル・コルダシュ/祖母、アイベルク・ペキジャン/エロル
6月11日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次ロードショー!
2015年、フランス=トルコ=ドイツ、94分、提供/ビターズ・エンド、サードストリート、配給/ビターズ・エンド、日本語字幕/大西公子、字幕監修/野中恵子
http://www.bitters.co.jp/hadashi/

by Mtonosama | 2016-06-04 05:44 | 映画 | Comments(8)
おじいちゃんの里帰り -1-
Almanya – Willkommen in Deutschland

f0165567_6551641.jpg

©2011-Concorde Films

なぜかドイツ好きなとのであります。
ドイツに住んでいるトルコ人の話も好きで、トルコ系の監督もチェックしたくなります。

トルコ系の監督といえば、ファティ・アキン。
今年8月当試写室にて「トラブゾン狂想曲-小さな村の大きなゴミ騒動-」を上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/20208072/、http://mtonosama.exblog.jp/20224972/
これはトルコを舞台にしたドキュメンタリーでしたが、
ハンブルグ出身の彼がハンブルグを舞台に撮影した「ソウル・キッチン」(‘09)も面白かったです。

今回、当試写室で上映するのは、
ドイツからトルコへ一家を引き連れて里帰りするおじいちゃんの話。
そして、監督はやはりトルコ系ドイツ人二世、ヤセミン・サムデレリです。
脚本は、彼女と妹ネスリン・サムデレリが実体験を下敷きにして、
なんと50回も書き直した末に仕上げたもの。
その辺の苦労と結果は作品の中で充分にご満喫いただけるものと存じます。

f0165567_7329100.jpg

トルコ系移民というと、
宗教も生活習慣も違うドイツではたいそう辛い思いをしたのではなかろうか、
「おじいちゃんの里帰り」も、もしかしてそんな体験を描いたものではなかろうか、
などとお思いではありませんか。
Ja…、Nein….
う~ん、Jeinというところでしょうか。

映画はおじいちゃんがドイツへ来る前のトルコ、ドイツ初めて物語、家族が増えていくドイツ生活、
そして、里帰りのパートから成り立っています。
苦労もあったけど、楽しいこともある。「人生いろいろ」というところです。
(島倉千世子さんのご冥福をお祈り申し上げます)
というわけで、JaともNeinとも言い切れません。
でも、おおむね楽しいかな。

f0165567_753685.jpg

ヤセミン&ネスリン・サムデレリにせよ、ファティ・アキンにせよ、
トルコ系2世たちは普通にドイツ人として生活しています。
姉のヤセミンは8歳になるまで自分の名前はJasminだと思っていましたし(Jasminはドイツ語では
ヤスミンと発音するので、先生に「あなたの名前はYaseminよ」と言われるまでわからなかったんですって)、
妹のネスリンはカトリック系の小学校に通学し、ミサでは讃美歌を歌っていましたし。

でも、最初にトルコからドイツへやってきた人たちはいろいろカルチャーショックを受けたでしょうね。
映画でもおじいちゃんの若い頃のビックリ仰天ぶりがおもしろおかしく描かれていて
笑っちゃいました。

f0165567_77479.jpg

そもそもどうしてトルコ人はドイツにやってきたんでしょう。
トルコからドイツへの移民は1960年代の初め頃から本格的に始まりました。
第二次大戦後、日本と同様に復興期から高度成長期を迎え、労働力が不足した西ドイツが、
スペイン、ポルトガル、ギリシャ、イタリア、トルコから多くの労働者を迎え入れました。
1960年頃といえば冷戦のさなかであり、ドイツに近い東欧との往来は断たれてしまっていました。
それが、こうした国々から労働者を受け入れた理由。
その中でもトルコからの労働者が最も多かったんですね。
最初は出稼ぎのつもりだった彼らも1970年代になると家族も呼び寄せるようになりました。
本作のヤセミン&ネスリン・サムデレリもそんな風にしてドイツで生まれた世代という訳ですね。

60年代。
おじいちゃんがおばあちゃんにプロポーズし、子どもたちが生まれます。
そして、もう少し稼ぎたいもの、と出稼ぎにでかけたドイツ。
70年代。結局は家族を呼んで暮らすことになった頃から、現代へ。

約半世紀の間に孫も生まれ、すっかりドイツに根を張ったおじいちゃんの一家です。
さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
続きは次回に。
乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただければうれしゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

おじいちゃんの里帰り
監督/ヤセミン・サムデレリ、脚本/ヤセミン&ネスミン・サムデレリ、製作/アニー・ブルンナー、アンドレアス・リヒター、ウルズラ・ヴェルナー
出演
ヴェダット・エリンチン、ラファエル・コスーリス他
11月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町他ロードショー
2011年、ドイツ、ドイツ語・トルコ語、101分、日本語版字幕/間渕康子、トルコ語協力/武田歩、後援/ドイツ共和国大使館、東京ドイツ文化センター、協賛/トルコ航空、配給/パンドラ、http://www.ojii-chan.com

by Mtonosama | 2013-11-19 07:18 | 映画 | Comments(6)
f0165567_4552751.jpg

そして、私たちは愛に帰る
The Edge of Heaven

Auf der Anderen Seite

ハンブルグからイスタンブール。
移動手段は列車にしますか?それとも車?
重厚な石造建築を見ながら、薄暗い空の下を列車に揺られ、ヨーロッパを呼吸し
イスタンブール市街から周縁の地域へは地中海を遠望する埃っぽい道を行く。
例え、砂埃が舞い込んできても、窓を開け、片肘を出してハンドルを握りたい。
異境にあるという昂揚感がより以上にそそられます。

ドイツとトルコ。その関係には歴史的にも宗教的にも深いものがありますが
難しい問題を考えるまでもなく、ベルリンやミュンヘンなどの都市を歩けば
ソーセージの屋台と並んで普通に
ケバブやドネルサンドなどトルコフーズの屋台が繁盛しています。

現在ヨーロッパには420万人ものトルコ人が暮らしているそうです。
ドイツに住んでいるのはその内半数以上の270万人。
1960年代に出稼ぎでやってきた人々がそのまま残り
そこに難民たちが加わってトルコ人コミュニティができあがりました。

近年、発展著しいトルコですが、それは大都会での話。
地方では昔ながらの生活習慣を守り
良い意味でも、悪い意味でもトルコの伝統文化を維持し続けています。
ヨーロッパ内のトルコ人コミュニティも同じ。
いえ、異文化世界に暮らすことによって、かえってトルコ人としての伝統文化を守る意識は
本国にいる時より強いのかもしれません。

さて、この映画の監督ファティ・アキンですが、ドイツ・ハンブルグの生まれで、35歳。
ヨーロッパで教育を受けましたが、家庭ではトルコ語を話していました。
子どもの頃から、夏休みになると毎年トルコに行っていたそうです。

ヨーロッパとトルコ、ふたつの文化圏に生き、ドイツ語とトルコ語を話し
大学を出て映画を撮るようになった時、監督はためらわずにトルコを撮影しました。
トルコを知るにつれて、トルコに魅かれていきましたが、その問題点も見えてきました。
これこそ、ヨーロッパ圏での生活が二世代目に入った若いトルコ系ドイツ人の抱える
アンビヴァレンスなのでしょう。

「そして、私たちは愛に帰る」は二組のトルコ人親子と一組のドイツ人母子が織りなす
親子の愛とトルコを描いた映画です。
何の関連もなかった親子がそれぞれのできごとをきっかけに葛藤し、すれ違い
そして、三組がそれぞれにつながりを持ち、大切なものを発見する。
ハンブルグ・イスタンブール間の2000キロという地理上の旅にとどまらず
母と娘、父と息子の心を結ぶ心の旅であり、人生の旅でもある究極のロードムービーです。

ドイツ語タイトルの“Auf der Anderen Seite”。
「向こう岸で」とでも訳すのでしょうか。黒海によって隔てられた彼岸と此岸、ドイツとトルコ。
わかりあえない親と子のようにその距離は遠いのですが、出づるところは同じはず。

      「この映画はふたつの国の関係を巡る映画でもあると思う」 
     ファティ・アキン監督のコメントです。

吸い寄せられるように父のもとへ、車を駆って砂埃の道を進む息子。
大きな夕陽が沈もうとする中、砂浜にひとり腰をおろし
向こう岸を眺める息子の後ろ姿が悲しいほどに、安らぎに満ちていました。

そして、私たちは愛に帰る
監督・脚本/ファティ・アキン
キャスト
バーキ・ダグラク/ネジャット、トゥンジェル・クルティズ/アリ、ヌルセル・キョセ/イェテル、
ヌルギュル・イェシルチャイ/アイテン、パトリシア・ジオクロースカ/ロッテ、ハンナ・シグラ/スザンヌ
12月27日シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

www.bitters.co.jp/ainikaeru


Please click here.
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
by mtonosama | 2008-12-26 05:15 | 映画 | Comments(6)