ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ドイツ映画祭 ( 3 ) タグの人気記事

f0165567_5383546.jpg

ブッデンブローク家の人々Buddenbrooks


ドイツ映画祭第3弾。今回がいよいよ最終回です。

「ブッデンブローク家の人々」。
1901年、ドイツの生んだ偉大なる作家トーマス・マンが著した長編小説で
映画化されるのはこれで3回目。
無声映画時代の1923年。1部と2部から成る59年。
そして、半世紀を経ての本作です。

1875年、リューベックの豪商一家の息子として生まれたトーマス・マン。
「ブッデンブローク家の人々」は彼の一族をモデルとした作品です。
副題に「ある一家の没落(Verfall einer Familie)」とある通り
リューベックという商都で、手広く商いをし、名士でもあったマン一族。
その没落までの一族4代の歴史を描いた自伝的な小説ですが
ヨーロッパでベストセラーとなり
1929年にトーマス・マンがノーベル文学賞を受賞したのは
この作品の存在ゆえ、といわれています。

映画は、マン家の子どもたちジャン、クリスティアン、トー二が
リューベックの雑踏で遊ぶ場面から始まります。
はしゃぎすぎる子どもたちがうっとおしいなぁ。
ま、あまり期待しないでおこうと、観ていました。

ところが、いや、とんでもない。

さすが文芸学者・批評家としても名高いハインリヒ・ブレレーア監督。
彼は遠くない過去のドイツ史に題材をとり、フィクションを交えて史実を再現する
ドク・ドラマと呼ばれるジャンルの第一人者だそうです。
やはり本人がトーマス・マンを敬愛するというだけありますし
丁寧に検証された時代背景や、ひとつひとつのシーンには説得力があります。
うんうんと納得しながら鑑賞しました。

今回の映画祭にはブレレーア監督は来日しませんでしたが
ステージには撮影監督が登壇。
撮影の裏話や、リューベックのこと、ブッデンブローク家が直面した市民革命の嵐
穀物相場の話など、観客からのいろいろな質問に答えてくれました。
俳優たちの老けていく様子もすごく自然。
観客の質問がそれに及んだとき
撮影監督さん「メイク担当者に伝えておきますね」と笑って答えてくれました。

そうそう、映画に出てきたブッデンブローク家のファサードは
リューベック旧市街にある「ブッデンブローク・ハウス」だそうです。
これはかつてマンの祖父が暮らした家で
現在はトーマス・マンと兄ハインリッヒ・マンの作品などのほか
ノーべル文学賞の賞状も展示された博物館になっています。

f0165567_539462.jpg


ストーリー
19世紀、リューベックでは多くの商家が並び立ち
利益を求め、競い合っていました。ブッデンブローク家もそのひとつ。
2代目当主ヨハン・ブッデンブロークは穀物取引で成功し、富と名声を手にしました。
3人の子どもトーマス、クリスティアン、アントーニエも
ブッデンブローク家の一員としての自覚を持つよう育てられていました。

1848年に勃発した市民革命の影響で当主ヨハンは大きな損害を出してしまいます。
政略結婚のような形でハンブルグの商人と結婚させられた娘アントーニエは
夫の破産により離婚。
ヨハンは意気阻喪し、長男トーマスに家督を相続
失意のうちに死んでしまいます。
3代目を継いだトーマスは、海外で商いの修行をしていた弟のクリスティアンを
呼び戻しますが、彼は兄の支えにはならず、足をひっぱるばかり。
4代目を継ぐべきトーマスの息子ハノーも関心は音楽に。

孤軍奮闘するトーマスでしたが、時代も運も彼の味方にはなってくれませんでした…


リーマン・ショックもそうですが、どんなに隆盛を誇っている家も、会社も
なにがひきがねになってひっくりかえるか、わかったものではありません。
時代の転換期を生きたブッデンブローク家の隆盛と没落。身につまされながら観ました。

人間は歴史に学ぶことのできない愚かな生きものですが
せめてこの壮大なドラマをわが身にひきよせ、共感することで
歴史を学んだ気になりたいという殊勝な気になった殿です。

「ブッデンブローク家の人々」、一般公開されるでしょう。きっと(と、言い切らせてください)。
映画祭だけで終わらせるにはもったいない作品です。

ブッデンブローク家の人々
監督/ハインリッヒ・ブレレーア、脚本/ハインリッヒ・ブレレーア、ホルスト・ケー二ヒシュタイン、原作/トーマス・マン、撮影/ゲルノート・ノラ
出演
アルミン・ミュラー=シュタール/ヨハン〈ジャン〉・ブッデンブローク、ジェシカ・シュヴァルツ/アントーニエ〈トーニ〉・ブッデンブローク、アウグスト・ディール/クリスティアン・ブッデンブローク、マルク・ヴァシュケ/トーマス・ブッデンブローク、イーリス・ベルベン/エリーザベ〈ベッツィ〉・ブッデンブローク、レア・ボスコ/ゲルダ・ブッデンブローク、ラバン・ビーリング/ハンノ・ブッデンブローク
2008年/152分


ランキングに参加しています。
よろしければ、クリックひとつお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いつも応援をしていただき、本当にありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-11-03 06:15 | Comments(10)
f0165567_342936.jpg

赤い点Der rote Punkt

ドイツ映画祭第2弾です。
ドイツ映画祭で上映された「赤い点」の監督はなんと宮山麻里枝さんという日本人。
http://www.mariemiyayama.de/marie_miyayama_filmmaker/HOME.html

主演女優も日本人です。

本作は宮山監督初の長編映画であり
ミュンヘン・テレビ・映画大学の卒業制作作品
そして、デビュー作でもあります。

16歳のときヴィム・ヴェンダース監督の「都会のアリス」を観て
映画にめざめた宮山監督。
ミュンヘン・テレビ・映画大学は、そのヴィム・ヴェンダース監督も学んだ名門です。
宮山監督は3度目の挑戦で見事入学を果たしました。
日本人でこの大学に入学したのは彼女が初めてということ。すごいです。
f0165567_3424569.jpg

「赤い点」は宮山監督の体験から生まれました。
学生だった頃、通訳などをしながら生計を立てていた監督。
ある日本人女性の旅に同行したことがあります。
その女性は地図に記された赤い点を指して「ここに行きたい」と言います。
ロマンティック街道にあるその地点にタクシーで向かうと
道のわきに石碑がありました。
それは、昔この地で自動車事故に巻き込まれ
6歳の子どもを残し、死んでしまった日本人家族の石碑。
事故を起こした車はみつかっていません。ひき逃げでした。

日本人家族と、誰ともわからないドイツ人との、不幸な出会いとすれ違い。

遺された子供は、そして、逃げていった車の運転者は
それぞれの苦悩をかかえて生きているのではないか。
そこに物語性を見出して、撮影されたのが「赤い点」です。

その日本人女性との出会いから10年が経っていました。

ストーリー

大学の卒業を控えて、就職活動に忙しい小野寺亜紀。
ある日、幼いころ出かけたドライブのことを夢に見ました。
そして、親代わりに育ててもらっている伯父の家に
置いてあるドイツからの小包のことを思い出しました。
渋る伯母をおしきって、初めて小包を開けた亜紀。
その中に見たのは、実の家族の形見と
赤い点が記されたドイツ・バイエルン州の地図でした。
亜紀は亡くなった家族のことを知るためにひとりドイツへ旅立ちます。

地図に近い街で偶然知り合ったヴェーバー家に泊めてもらい
赤い点を探す亜紀。
彼女と一緒に捜索するその家の息子エリアス。
当惑の色を見せる父ヨハネス。

赤い点がみつかったとき、思いもよらない事実も明らかに…

f0165567_3422561.jpg

日本とドイツ。それぞれの家族の遠心と求心の物語。
南ドイツの風景の中で、日本的な弔いの姿が繰り広げられるのが
不思議な印象を残す映画でした。

監督が舞台挨拶で語っていましたが
会場にはモデルとなった家族がいらしていたそうです。

日本の家族とドイツの家族を描いたこの作品
モントリオール映画祭で初公開されて以来、世界各地の映画祭から招待され
ドイツでは賞も受け、一般公開されました。

日本での一般公開が待たれます。

赤い点
監督/宮山麻里枝、脚本/宮山麻里枝、クリストフ・トムケヴィッチュ、撮影/オリヴァー・ザックス、編集/宮山麻里枝、製作/マルティン・ブランケ・マイヤー、園木美夜子、製作会社/ミュンヒナー・フィルムヴェルクシュタット(ミュンヘン)、ミュンヘン・テレビ・映画大学、チェイス・フィルム・インターナショナル(東京)、
共同制作/FGV・シュミ―ドレ(ミュンヘン)、ミュンヘン・テレビ・映画大学、ワールドセールス/アリ・メディア・ワールドセールス(ミュンヘン)
出演
猪俣ユキ/小野寺亜紀、ハンス・クレーマー(ヨハネス・ヴェーバー)、オルランド・クラウス(エリアス・ヴェーバー)、イムケ・ビュヘル(エリカ・ヴェーバー)、ツォラ・ティーセン(マティーナ・ヴェーバー)、大和田伸也(亜紀の伯父)、音無美紀子(亜紀の伯母)、斉藤悠(亜紀のボーイフレンド)、峰岸徹(写真店店主)、矢柴俊博(亜紀の父)、フォート=ニシガミ菜穂子(亜紀の母)
ドイツ・日本/08年/82分



よろしければ、ワンクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いつも応援してくださって、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-10-29 04:17 | Comments(14)
f0165567_541797.jpg


SOUL KITCHEN

今回は試写室ではなく、映画館からの上映です。
新宿バルト9。http://wald9.com
先日初めて足を運びました。
もうびっくり!
東京の新しい映画館はこんなに立派で、椅子の配置も良いのですね。
これなら前に大きな人が座っても、スクリーンが見えます。
う~ん、すばらしい。皆さん、映画は映画館で観ましょう!
(って、まず自分がそうしろ!ですよね。はい)

なぜ、立派な映画館へ行ったかというと、ドイツ映画祭をやっていたからです。
「ドイツ映画祭2009」。10月15日~18日、新宿バルト9で開催されました。

ドイツ映画というと、暗くて、理屈っぽい…。そんなイメージありますよね。
今年上映された、ドイツ赤軍の誕生から幹部の自殺までを描いた
「バーダー・マインホフ 理想の果てに」とか
「ヒトラー、最期の12日間」(‘04)とか
「白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々」(‘05)とか
暗くて、まじめ。

10月15日、ドイツ映画祭初日に鑑賞しましたが
今年のオープニング作品ファティ・アキン監督の「SOUL KITCHEN」はコメディでした。
当試写室で昨年12月に上映した「そして、私たちは愛に帰る」
(原題Auf der anderen Seite )http://mtonosama.exblog.jp/9988444/
はこの監督の作品です。

ファティ・アキン監督はトルコ系移民の息子でハンブルグに生まれた移民第2世代。
前作は親子の関係を通じて、トルコ人としての出自を問いかける作品。
どちらかといえば理屈っぽい系の映画でした。

〈理屈っぽいぞ〉と刷り込まれた頭で「SOUL KITCHEN」を観ました。
だから、ぶっとんだシーンや卑猥な(たぶん)ハンブルグ・スラングの連続に
うれしい意味で裏切られました。
主役を演じ、脚本も書いたアダム・ボウスドウコス(彼はギリシャ系移民二世です)
は監督の子供時代からの親友です。

この人、ふられても、踏んづけられても、騙されても、ギックリ腰になっても
めげずに立ち上がる気のいい食堂オーナーを演じて良い味を出していました。

そのアダム・ボウスドウコスが舞台挨拶をしたのですが
紹介者が彼の名前を発音できず
自分で名乗りながらステージに上がってきたのは
まるで本作の1シーンを再現したようでした。

さあ、どんなお話かというと

f0165567_543917.jpg


ハンブルグの港近くの倉庫を改造して「ソウル・キッチン」を営業するジノス。
恋人のナディーンが上海に行ってしまって、店の経営に身が入りません。
そんな心のすきをねらうかのように
悪徳不動産仲買人が店をのっとろうと接近してくるわ
仮釈放中の弟イリアスが雇ってくれと頼み込んでくるわ
ギックリ腰になるわ
もうトラブルの大盤振るまいです。

しかし、ここに凄腕のシェフがやってきました。
(このシェフ、かなり変人です)
おかげで店は評判になり、行列のできる有名店に。
一安心のジノス。と同時に、上海のナディーンの様子が気になってきました。
遠く離れた男女の気持のすれ違いは洋の東西を問いません。

矢も楯もたまらず、店は弟イリアスに任せ、ハンブルグ空港へと走ります。
ところが、あれ?ナディーンがハンブルグ空港にいるではありませんか!
見知らぬ中国人男性も一緒です。
一方、イリアス。
賭けごとに目のない彼は悪徳不動産屋の罠にはまり
今や「ソウル・キッチン」の運命は風前のともしび…

一歩間違えたら、スラップスティックになるところなのに
その寸前で抑制がきいています。

   ハンブルグが一番ハンブルグらしい風景と雰囲気。

   ソウル・キッチンの窓を通して見えるハンブルグ港
   その逆に、窓を通して見える店内の様子。
   そこにはロウソクの灯りに照らされてクリスマスの正餐を取るジノスと女性…

このあたりの静と動のめりはりのきかせ方、秀逸です。
脇を固める俳優陣も個性的。
(ソウル・キッチンに間借りするソクラテスじいさん、良かったです)
そして、映画もまた思わぬ展開を見せてくれます。

〈ファティ・アキン監督といえば移民映画〉と、なんでも枠におさめたがる
型にはまった日本人。これって楽しくないんですけど
あえて、型にはめるなら、
主役を演じたボウスドウコスさんもステージ上で語っていた「ハイマート・フィルム」
( der Heimatfilm:ふるさと映画)なのでしょう。
トルコにルーツを持つファティ・アキン監督
そして、ギリシャ系移民2世のボウスドウコスさんですが
2人とも生まれ育ったのはハンブルグ。
出自はともかく、彼らが現在生活するハンブルグこそ
自分たちのふるさとなんだと腰を据え、宣言してるような映画です。

「暗さ」がキャッチフレーズ(?)だったドイツ映画で
映画祭の顔ともいえるオープニング作品にコメディが選ばれたというのは意外でした。

一般公開されること熱望してます。

監督/ファティ・アキン、脚本/ファティ・アキン、アダム・ボウスドウコス
出演
ジノス・カザンツァキス/アダム・ボウスドウコス、イリアス・カザンツァキス/モーリッツ・ブライプトロイ、シェフ“シェイン”/ビロル・ユーネル、ナディーン/フェリーヌ・ロッガン、ルチア/アンナ・ベデルケ、ソクラテス/デミール・ゲクゲル

ドイツ映画祭2009 in Yokohamaのお知らせ

日程:10月19日(月)~31日(土)火曜定休
時間:19:50~20:50レイトショー
会場:ブリリアショートショートシアター www.Brillia-sst.jp

「41秒」(41 Sekunden)3分45秒
「朝の浮気心」(Morgenschwarm)9分
「おもちゃの国」(Spielzeugland)13分52秒
「さよならを伝えに…」(FRAGILE)20分
「3列目の女」(Das Maedchen in der dritten Reihe)1分25秒


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ワンクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いつも応援をありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-10-24 05:39 | 映画 | Comments(16)