ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ナタリー・ポートマン ( 2 ) タグの人気記事


ジャッキー

ファーストレディ 最後の使命

-1-


JACKIE


f0165567_06492945.jpg

(C)2016 Jackie Productions Limited


いまのアメリカ大統領を見れば、

まさにケネディ大統領は伝説、いえ、神話にも思えます。

その神話ともいえる彼のイメージを

彼の死後、半世紀以上にもわたって保ち続けるのに貢献しているのが

ジャッキー ーー ジャクリーン・ケネディ

であるというのが本作のコンセプトです。


19631122日。

世界中に衝撃が走りました。

若くてハンサムなケネディ大統領が銃弾に斃れた、というのです。


日本では

1123日早朝、放送史上画期的な実験が行われました。

太平洋を越えたテレビ初の日米宇宙中継。

午前528分、太平洋を越えてきた映像がモニターテレビに映し出されます。


この歴史的な電波に乗って送られてきたのが

ケネディ大統領暗殺の悲報でした。


f0165567_06514745.jpg



子どもだったとのもこのニュースを見ました。

目に飛び込んできたのはオープンカーに乗っていた大統領が倒れる様子。

霧のような血しぶきが画面を染めたように見えたのは

その後、繰り返しテレビや映画でその場面を観たせいかもしれません。

ジャクリーン夫人が”O,No!”と叫んだということも知りました。


ただ、とのの目に灼きついたのは

銃撃の後、車のトランクの方へ這って逃げていくジャクリーン夫人の姿。

まるで、ケネディを見捨てて逃げ出すような姿が

子ども心に許せないと思っていました。


当時の第一印象があまりに強いため、

「彼女がいたから、JFKは伝説になった――」

と言われても素直にうなずけないのが本心であります。


でも、幼いジョンJ.や、つい先日まで日本大使だったキャロラインが

父の棺を見送ったあの情景は今も心に残っていますし、

北爆を開始したのがケネディだったということを知っても

彼が素晴らしい大統領だったと思えるのは

やはり誰かの努力があったからだし、

その努力は一番身近なジャクリーン夫人が行った

と考えるのが妥当なのかもしれません。


子どもの頃のトラウマはとりあえず脇において

彼女の年表を見てみましょう。


f0165567_06535803.jpg


ジャクリーン・ケネディ

1929728日 NYに生まれる。父は裕福な上流階級の株式仲買人

1940年 両親が離婚

1942年 母が資産家と再婚

1947年 ヴァッサー女子大に入学

社交界デビューした女性のトップ

「デビュタント・オブ・ザ・イヤー」を受賞

1949年 フランス留学。帰国してワシントン大学に編入

1951年 知人のパーティでジョン・F・ケネディに出会う

1952年 「ワシントン・タイムズ・ヘラルド」に入社。

金融会社に勤める男性と婚約するが、

ケネディと再会し交際するようになり婚約解消

同年11月 ケネディがマサチューセッツ州から上院議員に選出される

1953年 ケネディと結婚

1956年 最初の子供を死産

1957年 長女キャロライン誕生

1960年 ケネディ、大統領選への出馬表明

1961年 長男ジョンJ.誕生。

ケネディが大統領に就任し、31歳でファーストレディに

1962年 ホワイトハウスを案内するTV番組に出演

同年10月 キューバ危機

1963年 次男パトリックが生後3日で亡くなる

同年1122日 ケネディ大統領暗殺。34歳で未亡人になる

1964年 NY

1968年 ロバート・ケネディ暗殺

ギリシャの海運王オナシスと再婚

1975年 オナシス死去。出版社に入社し、編集者として働く

1988年 マイケル・ジャクソンの自伝を出版

1994519日 死去。享年64歳。

アーリントン墓地のケネディの隣に埋葬される


あの、私事で恐縮ですが、

ジャクリーン夫人はとのの母と生まれた年も亡くなった年も同じなんです。

自分は恐らくどこかで彼女に母を投影している部分があって

オープンカーから逃げ出そうとしたり、

大金持ちのオナシスと結婚した彼女が嫌だったのだと思います。

母にはそんなふうであってほしくないですから。


彼女自身、自ら演出したケネディ大統領の伝説化に

束縛された人生だったのかもしれませんね。


それはさておき、

いったいどんな映画なのでしょうね。

次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆3月24日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆


ジャッキー

監督/パブロ・ラライン、脚本/ノア・オッペンハイム、撮影/ステファーヌ・フォンテーヌ、衣装/マデリーヌ・フォンテーヌ、プロデューサー/ダーレン・アロノフスキー

出演

ナタリー・ポートマン/ジャクリーン・ケネディ、ピーター・サースガード/ロバート・F・ケネディ、グレタ・ガーウィグ/ナンシー・タッカーマン、ビリー・クラダップ/ジャーナリスト、ジョン・ハート/神父、リチャード・E・グラント/ウィリアム・ウォルトン、キャスパー・フィリップソン/ジョン・F・ケネディ

331日(金)TOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー

2016年、英語、アメリカ・チリ・フランス、カラー・モノクロ、99分、日本語字幕/松浦美奈、配給/キノフィルムズ/木下グループ、http://jackie-movie.jp/


by Mtonosama | 2017-03-24 06:59 | 映画 | Comments(2)
            ブラック・スワン -1-
                         Black Swan

f0165567_5492956.jpg


                        (C)2010TwentiethCenturyFox.

                  ♪ターラララララー・ララー・ララー・ララララララー♪
                          え?わかんないですか?
                         「白鳥の湖・情景(第2幕)」。
               P.I.チャイコフスキー作曲のバレエ音楽、あのおなじみの旋律です。

    「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」とともに、チャイコフスキーの3大バレエのひとつ「白鳥の湖」。
       それをモチーフにして、驚くべき転回を見せた作品が、本作「ブラック・スワン」です。

 「リトル・ダンサー」(’00)のラストシーンで、アダム・クーパーがステージへと飛び立つ場面にたいそう感激し、
                彼が出演する「スワン・レイク」の舞台を観にいったとの。
      でも、アダム・クーパーの「スワン・レイク」はチュチュをまとった女性バレリーナではなく、
        男性が白鳥を舞うという演出家マシュー・ボーンの新解釈による「白鳥の湖」。
           いわゆる正統派クラシックバレエの「白鳥の湖」ではありません。

                「白鳥の湖」って、そもそもどんなお話なのでしょう。

f0165567_5545973.jpg


白鳥の湖
序奏
オデットが花畑で花を摘んでいると悪魔ロッドバルトが現れ、白鳥に変えてしまう。
第1幕
王宮の前庭
今日はジークフリート王子の21歳の誕生日。
お城の前庭には王子の友人が集まり祝福の踊りを踊っている。
そこへ王子の母が現われ、明日の王宮の舞踏会で花嫁を選ぶようにと言う。
まだ結婚したくない王子は物思いにふけり、友人達と共に白鳥が住む湖へ狩りに向かう。
第2幕
静かな湖のほとり
白鳥たちが泳いでいる。
そこへ月の光が射し、たちまち娘たちの姿に変わっていった。
その中でひときわ美しいオデット姫に王子は惹きつけられる。
彼女は夜だけ人間の姿に戻ることができるのだ。
この呪いを解くただ一つの方法は、まだ誰も愛したことのない男性に愛を誓ってもらうこと。
それを知った王子は明日の舞踏会に来るよう、オデットに言う。
第3幕
王宮の舞踏会
世界各国の踊りが繰り広げられているところへ、悪魔の娘オディールが現われる。
王子は彼女を花嫁として選ぶが、それは悪魔が魔法を使ってオデットのように似せていた者であり、
その様子を見ていたオデットは、王子の偽りを白鳥達に伝えるため湖へ走り去る。
悪魔に騙されたことに気づいた王子は嘆き、急いでオデットのもとへ向かう。
第4幕
もとの湖のほとり
破られた愛の誓いを嘆くオデットに王子は許しを請う。
そこへ現われた悪魔に、王子はかなわぬまでもと跳びかかった。
激しい戦いの末、王子は悪魔を討ち破るが、白鳥たちの呪いは解けない。
絶望した王子とオデットは湖に身を投げて来世で結ばれる。

f0165567_613797.jpg


一人二役
通常オデット(白鳥)とオディール(黒鳥)は同じバレリーナが演じる。全く性格の違う2つの役を踊り分けるのはバレリーナにとって大変なことであり、32回のフェッテ(黒鳥のパ・ド・ドゥ)など超技巧も含まれる。
プティパ版初演時、マリインスキー・バレエ団(キーロフ・バレエ団)のプリマ、ピエリーナ・レニャーニが両方踊ったのが好評を得たため定着した。
(Wikipediaによる)

             と、まあ、またまたWikipediaのコピペで申し訳ございません。
     なるほど、こういうお話だったのですね。ひたすらアダム・クーパーに見とれていたとのは、
                ストーリーがいまいちよくわからなかったもので…

          この正統派「白鳥の湖」をモチーフとし、かつまた、白鳥と黒鳥との一人二役を
        螺旋のようにからませたサイコ・ストーリーに仕上げた作品が、「ブラック・スワン」です。
         本作で第83回アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。
          彼女は少女の頃にバレエを習っており、今回も撮影前の10ヶ月というもの、
           連日5時間に及ぶトレーニングを重ね、その結果9kgも痩せたそうです。
             ヒロインのニナ同様、プリマとなるため、必死の努力をしました。
                   彼女、いつでも本当に優等生ですよね。

               さて、いったいどんなお話なのでしょう。続きは次回で。
                       乞うご期待であります。

                              

ブラック・スワン
監督/ダーレン・アロノフスキー、脚本/マーク・ヘイマン&アンドレ・ハインズ&ジョン・マクローリン、ストーリー/アンドレ・ハインズ、撮影監督/マシュー・リバティーク、ASC、振付家/ベンジャミン・ミルビエ、バレエ・コスチューム・デザイン/ロダルテ
出演
ナタリー・ポートマン/ニナ・セイヤーズ、ヴァンサン・カッセル/トーマス・ルロイ、ミラ・クニス/リリー、バーバラ・ハーシー/エリカ・セイヤーズ(ニーナの母)、ウィノナ・ライダー/ベス・マッキンタイア
5月11日(水)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
2010年、110分、配給/20世紀フォックス映画、http://movies2.foxjapan.com/blackswan/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いできたら、うれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月29日に更新いたしました。いつも応援ありがとうございます☆
by mtonosama | 2011-04-29 06:21 | 映画 | Comments(6)