ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ニキ・カーロ監督 ( 2 ) タグの人気記事


ユダヤ人を救った動物園

~アントニーナが愛した命~
-2-

The Zookeeper’s Wife

f0165567_691333.jpg


©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.


ヤンとアントニーナ夫妻は
1939年当時ヨーロッパ最大規模を誇る
ワルシャワ動物園を営んでいました。

アントニーナは広い園内を自転車で移動しながら
動物たちに声をかけ、
放し飼いにされている
1頭のワラビーなどはピョンピョンと
ジャンプしながら彼女の後をついてきます。

大人も子どもも大好きな
動物園でした。

f0165567_6162880.jpg


ストーリー
1939年秋
ドイツがポーランドに侵攻、
第二次世界大戦が勃発した。

動物園の存続も危うくなる。
そんな中、アントニーナは
ヒトラー直属の動物学者ヘックから
「あなたの動物を一緒に救おう」と
声を掛けられ、
希少動物を預かりたいという
申し出を受ける。

ヘックの親切な言葉に
心を許したアントニーナだったが、
ヤンはその提案に
不信感を抱くのだった。

そんなヤンの予感は的中。
数日後
ヘックは「上官の命令だ」と言い放ち、
園内の動物たちを撃ち殺し始めた。

一方、ワルシャワ市内のユダヤ人たちは
次々とゲットーへ連行されていく。
その状況を見て
ヤンは「この動物園を隠れ家にする」と
アントニーナに提案するのだった。

ヤンの作戦は
動物園を、ドイツ兵の食糧である
ブタを飼育する養豚場とし、
その餌である生ゴミをゲットーから
トラックで運搬する際、
ユダヤ人たちを紛れ込ます――
というもの。
アントニーナは
その作戦をすぐさま承諾。

そして、ゲットーから連れ出された
ユダヤ人たちは
動物園の地下の檻に匿われ、
身を隠し、
アントニーナは
彼らに温かい食事を供するのだった。

しかし、
ドイツ兵は園内に常駐している。

アントニーナの奏でるピアノが
ユダヤ人に対する
「隠れて」「静かに」の合図だった。

気を抜くことなど許されない
緊張の日々。

さらに
ヤンが地下活動で家を空けることが
多くなり、
アントニーナの不安は募るばかり。
彼女に関心を抱くヘックも
何かと言い寄ってくる中、
彼女はひとり「隠れ家」を守り抜き、
その責務を果たし続けるのだった……

f0165567_620070.jpg


試写室管理人は
平和な時代の動物園の
ワラビーや子ライオンなどの姿が
可愛くて、可愛くて・・・

その後の展開に
絶対に戦争は許されないと
思いを新たにしたのでした。

ついつい動物の方に目が行ってしまいますが、
ユダヤ人をゲットーから救出する場面や
自身が経営する孤児院の子どもたちと共に
収容所へと送られた
コルチャック先生など
映画としても
歴史としても
見逃せないシーンもタップリ。

ドキドキしたり、
涙したり――
127分スクリーンにくぎ付けにされます。

コルチャック先生
f0165567_6184476.jpg


アンジェイ・ワイダ監督の
『コルチャック先生』(‘90)でも
ご存知でしょうが、
ヤヌシュ・コルチャック(1878~1942)は
ユダヤ系の小児科医師、作家、教育者。
ワルシャワでユダヤ人孤児のための
孤児院を経営していましたが、
ワルシャワがドイツ軍に占領されると
彼の孤児院もゲットーに。
苛酷なゲットーでの暮らしの中
子どもたちに少しでも良い環境を与えたいと
奔走する彼を見かねた友人たちが
彼だけでもゲットーから脱出することを
勧めましたが、
彼はそれを断固拒否。
1942年8月5日
トレブリンカの絶滅収容所へ移送されました。
200人近い孤児たちは
大好きなコルチャック先生と一緒に
一人も取り乱すことなく
列車に乗り込んでいきました。
ヤヌシュ・コルチャック。
享年64歳でした。

不都合な真実から目を逸らそうという
風潮がありますが、
歴史を伝えようとする人、
表現しようという人がいる限り、
まだまだ世界は捨てたものではありません。






今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月5日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

ユダヤ人を救った動物園
監督/ニキ・カーロ、脚本/アンジェラ・ワークマン、撮影/アンドリー・パレーク、
原作/ダイアン・アッカーマン
出演
ジェシカ・チャスティン/アントニーナ、マイケル・マケルハットン/ヤン、ダニエル・ブリュール/ヘック
12月15日(金)TOHOシネマズみゆき座他全国公開
アメリカ、127分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/ファントム・フィルム
http://zookeepers-wife.jp/

by Mtonosama | 2017-12-05 06:32 | 映画 | Comments(8)

ユダヤ人を救った動物園
~アントニーナが愛した命~
-1-

The Zookeeper’s Wife

f0165567_533115.jpg


©2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.


「かわいそうなぞう」というお話をご存知ですか?
毎年、終戦記念日になると
ジャーナリストの秋山ちえ子さんが
このお話をラジオで朗読していたのを
お聞きになった方も多いと思います。

「かわいそうなぞう」は
児童文学作家・土屋由岐雄さんの
書いた童話です。

第二次世界大戦中の
上野動物園が舞台です。

あらすじ
東京でも空襲が激しくなり、
檻が破壊され、猛獣が逃げ出すのを
防ぐため、
動物たちの殺処分が決定されました。
ライオンやクマが殺され、
残るのは
象のジョンとトンキーとワンリー。
飼育員たちは泣く泣く毒餌を与えます。
でも、
賢い彼らは吐き出してしまいます。
毒を注射しようとしますが、
堅い皮膚で注射針は折れてしまいます。
結局は餓死を待つだけに――

お腹のすいた彼らは
前のように芸をすれば餌がもらえると
一生懸命に芸をします…

ああ、もうダメ。
書くだけでも泣けて泣けて――
昔も小さな子どもたちに読み聞かせようと
したのですが、嗚咽がこみあげ、
いつも最後まで読むことができませんでした。

f0165567_5362660.jpg


何にも知らない動物たちが
勝手に人間が始めた戦争で
殺されていったんですよね。

『ユダヤ人を救った動物園』を観て
「かわいそうなぞう」を
思い出してしまったのですが、
本作はユダヤ人300人を動物園の地下に匿い
その命を救った女性の実話です。

オスカー・シンドラーや
日本人外交官・杉原千畝と同様
ナチス支配下、自らの命の危険を冒してまで
ユダヤ人の命を救ったポーランドの夫婦
ヤンとアントニーナ。

彼らはナチスに追われたユダヤ人を
自分達が経営する動物園の地下に匿い
救ったのです。

f0165567_538562.jpg


原作はダイアン・アッカーマンの
ノンフィクション作品「ユダヤ人を救った動物園
ヤンとアントニーナの物語」(亜紀書房)。
主演は話題作への出演が続く
ジェシカ・チャスティン

主人公アントニーナ・ジャビンスカが
そうであったように
彼女もライオン、象、シマウマ、ワラビーなど
動物たちとのリアルな触れ合いを通じて
アントニーナを演じ切っていました。

彼女はアントニーナの娘・テレサに会って、
直接話を聞き、
ワルシャワ動物園も訪問したそうです。

いつも思うのですが、
こういう若い俳優が80年近く前の
戦争時代のことを演じるのって
本当に大変でしょうね。

そして、
戦争は人間だけではなく、
なんの罪もない動物たちにとっても
むごすぎるできごとです。

f0165567_5404538.jpg


監督は1966年ニュージーランド生まれの
ニキ・カーロ。
彼女はこの映画を通じて
「ホロコーストを描きながらも
癒し、希望、心、人間性を描きたかった」
と言います。

さあ、一体どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月2日に更新しました。もう12月ですね。どうぞ皆さまご無理をなさいませんよう☆

ユダヤ人を救った動物園
監督/ニキ・カーロ、脚本/アンジェラ・ワークマン、撮影/アンドリー・パレーク、
原作/ダイアン・アッカーマン
出演
ジェシカ・チャスティン/アントニーナ、マイケル・マケルハットン/ヤン、ダニエル・ブリュール/ヘック
12月15日(金)TOHOシネマズみゆき座他全国公開
アメリカ、127分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/ファントム・フィルム
http://zookeepers-wife.jp/

by Mtonosama | 2017-12-02 05:46 | 映画 | Comments(4)