ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:バーナード・ローズ監督 ( 2 ) タグの人気記事

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト -2-
The Devil’s Violinist

f0165567_6522396.jpg

(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film / Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved


左手でピッツィカートをはじきつつ、右手で弓をあやつる――
伴奏と演奏を一人でこなす超高度なヴァイオリン奏法。
悪魔に魂を売ったといわれるほど魅力的なパガニーニが演奏するコンサートでは
若い女性たちが次々に失神したとか。

いつの時代の話かと思いますが、今から約200年も前のできごとでございます。
ロックコンサートの様子を思い浮かべてもらえれば納得していただけましょうか。
いつの時代も、どこの国でも、若い女性は感性が鋭いもの。
アーティストが美形であればなおさらでございましょう。

しかし、パガニーニ氏、演奏もお顔も素敵なのですが、
酒と女と博打にはめっぽう弱いのであります。
博打に溺れ、命の糧ともいえるヴァイオリンをとられてしまったことも。

そんな彼の前に突如現れてマネージャーを買って出たのがウルバーニという男なのですが。

さあ、どんなお話が展開するのでしょうか。

f0165567_70017.jpg

ストーリー
1830年、二コロ・パガニーニのその驚異的な才能は、未だ誰にも認められていなかった。
そんな彼の前にウルバーニと名乗る男が現れ、彼を世界的なヴァイオリニストにすると宣言。
斬新過ぎるパガニーニについていけない聴衆たちを自分の手腕で導いてみせるというのだ。
「代償は?」の問いに「そんなものはない」と応えるウルバーニ。

「悪魔に魂を売り渡した」
「愛人を殺して収監された監獄で弦が1本になったヴァイオリンを弾いていた」
ウルバーニはパガニーニをそんな伝説で飾り立てて、人々の好奇心を駆り立てた。

パガニーニの噂はイギリスにも轟く。
指揮者のジョン・ワトソンは彼のロンドン・デビューを企画。

さて、本国で大成功したパガニーニだが、酒色に溺れ、稼いだ金はギャンブルに注ぎ込む。
ワトソンから渡航費として送られた金も一夜で消えた。
一方、借金を重ねながら彼を待ち続けるワトソン。
ロンドンへ行く気持などさらさら持ちあわせていないパガニーニ・・・
ヨーロッパ制覇の野望に燃えるウルバーニは強硬手段を決行した。
酔いつぶれたパガニーニに薬を飲ませ、無理やりロンドンへ連れていったのだ。

そんなパガニーニをロンドンで待ち受けていたのは女性達の抗議デモだった。
「女たらしの悪魔はイギリスから出ていけ!」とシュプレヒコール。
騒ぎを避けるため、ワトソンはパガニーニを自宅へ招き、
歌手をめざして勉強中の娘シャーロットに世話をさせる。
若く美しいシャーロットにいつものように言い寄るパガニーニ。
だが、シャーロットはきっぱりと彼をはねつけるのだった。

一方コンサートの様子は、というと、チケット代が高く、その席は埋まらない――
困窮するワトソン。そんな彼に救いの手がさしのべられた。
国王からパガニーニへの招待状だ。
王の前での演奏は名誉であるだけでなく、大きな宣伝効果も持つ。
ところがパガニーニは王から演奏料が出ないと聞いて、
このチャンスを蹴ってしまったのだ。

酒に酔い、ロンドンの夜をさまようパガニーニ。
とあるパブで客に絡まれていたところ、タイムズの女性記者エセルの機転で事なきを得る。
そこで奏でられた狂熱の演奏に客たちは大興奮。
急ぎ記事を書くエセル。
翌朝の彼女の記事「不世出の名手パガニーニ」にロンドン市民は興奮し、チケットが売れ始めた。
ワトソンも安堵の息をもらす。
父の姿に安心し、久々に歌の練習を始めるシャーロット。
その珠のような歌声にパガニーニの芸術家としての心が震えた。
彼は彼女のためにアリアを作曲。
シャーロットが歌い、パガニーニが伴奏。
互いの才能に敬意をいだき、二人の芸術家の心が通じ合った……

f0165567_659734.jpg

いやあ、とにかくパブでの演奏がすごい!
弦がつぎつぎに切れ、最後に残ったG線だけで弾き切ったという伝説を掛け値なしに魅せてもらいました。
悪魔がついているかどうかは別にして、
魔性を感じる程の演奏はぜひ大きなスクリーンで楽しんでいただきたいものです。

魔性といえば究極の凄腕マネージャー・ウルバーニとの出合いと契約は
まさにファウストと悪魔メフィストフェレスとのやりとりを彷彿とさせます。

デイヴィッド・ギャレットあってこその本作でありましょう。

あ、彼の超絶技巧に目も耳も心も奪われ、監督の紹介を忘れていました。
『不滅の恋 ベートーヴェン』(‘94)『クロイツェル・ソナタ 愛と官能の二重奏』(‘08/未)の
バーナード・ロス監督です。

名器ストラディバリと魔性の演奏もさることながら、ファウストを想起させ、
ミック・ジャガーを連想させるパガニーニ。
バーナード・ロス監督の慧眼や、おそるべし。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月10日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト
監督・脚本・撮影/バーナード・ローズ、製作/ロジリン・へラー、ガブリエル・バッハー、ダニー・クラウス、クリスティアン・アンガーマイヤー、共同製作/ヴェロニカ・フェレ、製作総指揮/デイヴィッド・ギャレット、美術/クリストフ・カンター、衣装/ビルジット・ハッター、編集/フリッタ・ナーラー、音楽/デイヴィッド・ギャレット&フランク・ファン・デル・ハイデン
出演
デイヴィッド・ギャレット/ニコロ・パガニーニ、ジャレッド・ハリス/ウルバーニ、アンドレア・デック/シャーロット・ワトソン、クリスチャン・マッケイ/ジョン・ワトソン、ジョエリー・リチャードソン/エセル・ランガム、ヴェロニカ・フェレ/エリザベス・ウェルス、ヘルムート・バーガー/バーガーシュ卿
7月11日(金)TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
2013年、ドイツ映画、英語、122分、字幕翻訳/古田由紀子、配給/アルバトロス・フィルム、クロックワークス
http://paganini-movie.com/

by Mtonosama | 2014-07-10 07:09 | 映画 | Comments(6)
パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト-1-
The Devil’s Violinist

f0165567_642974.jpg

(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film / Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved


パガニーニといえば、ああ、あの超絶技巧のヴァイオリニストね、
ぐらいはとのでもわかります。
だから、彼を主人公にする映画となるとさぞ俳優捜しに困ったのではないかと
老婆心ながら思ってしまいました。

クラシック界に暗い人間の悲しさですが・・・
いやぁ、しかし、業界にはいるもんですねぇ。
超絶技巧を駆使し、かつ、映画で主役をはれるという美しきヴァイオリニストが。

はい、21世紀のパガニーニとも謳われるヴァイオリニスト
その名はデイヴィッド・ギャレット!
まさに、ニコラ・パガニーニの再来であります。


デイヴィッド・ギャレット
デイヴィッド・ギャレット(1981年9月4日 アーヘン- )はドイツ出身のアメリカ合衆国のヴァイオリニスト兼モデル。父親がドイツ人、母親がアメリカ人。
4歳の時に、父親が買ってきたヴァイオリンに興味を覚え、習い始めた。
翌年にコンクールに出場して優勝。7歳になるまでに毎週1度、公開で演奏するように。
その後リューベック高等音楽学校でヴァイオリンを学ぶ。
12歳になると、ポーランド出身の大ヴァイオリニスト、イダ・ヘンデルに師事するようになり、しばしばロンドンやその他のヨーロッパの都市に出かけてヘンデルの下に通った。
13歳で2枚のCDを録音し、ドイツやオランダのテレビに出演。また、ヴァイツゼッカー大統領の招待により、ドイツ大統領官邸「ハンマーシュミット荘」で演奏会を開き、黄金時代の名器の一つ「ストラディヴァリウス・サン・ロレンツォ」を提供されて使うようになる。
14歳の時にドイツ・グラモフォン社と専属契約を結んだ(同社と契約した史上最年少の演奏家)。
17歳の時に、インド独立50周年を記念する演奏会に出演し、デリーとムンバイでズービン・メータの指揮するミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団と共演。
2年後にはラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスの指揮の下にベルリン放送交響楽団と共演し、評論家から称賛を受けた。この結果、ハノーファー万博2000に招待されて出演。その後はロンドン王立音楽大学に学ぶ。
21歳でBBCプロムスにも出演。
2004年にはジュリアード音楽学校を卒業。
ジュリアードに在学中のニューヨーク時代に、イツァーク・パールマンに入門した最初の学生になるとともに、学費を稼ぐためにモデルとして収入を得た。ファッション誌の記者からは、「クラシック界のベッカム」になぞらえられた。(Wikipediaより)

そのデイヴィッド自身が本作プロジェクトの企画から脚本の推敲にまで関わっています。
アルバムでも共演するフランク・ファン・デル・ヘイデンと共に楽曲を提供し、
本作における重要なキーポイントでもなるシューベルト「魔王」もアレンジ。
主役を演じるだけでなく製作総指揮、音楽と、そのいれこみようは半端ではありません。

さて、天才ヴァイオリニストをそこまで心酔させた当のパガニーニ氏は
いったいどんな人物だったのでしょう。


f0165567_6124387.jpg

二コロ・パガニーニ
ニコロ・パガニーニ(1782年10月27日 - 1840年5月27日)はイタリアのヴァイオリニスト、ヴィオリスト、ギタリストであり、作曲家である。特にヴァイオリンの超絶技巧奏者として名高い。

パガニーニがヴァイオリンを弾き始めたのは5歳の頃からで13歳になると学ぶべきものがなくなったといわれ、その頃から自作の練習曲で練習していた。それら練習曲はヴァイオリン演奏の新技法、特殊技法を駆使したものと言われる。
そのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂された。そのため彼の出演する演奏会では聴衆は十字をきり、本当にパガニーニの足が地に着いているか彼の足元ばかり見ていた観客もいたという。
少年時代から病弱であったが、1820年に入ると慢性の咳など体調不良を訴え、『毒素を抜くため』に下剤を飲み始める。1823年には梅毒と診断されて水銀療法とアヘンの投与が開始された。さらに1828年頃には結核と診断される。その後、水銀中毒が進行して次第にヴァイオリンを弾くことができなくなり、1834年頃についに引退。そして1840年に水銀中毒による上気管支炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全によりニースで死去。
前述の噂が原因で埋葬を拒否され、遺体は防腐処理を施されて各地を転々とし、改葬を繰り返した末に1926年にジェノヴァの共同墓地にようやく安置された。(Wikipediaより)

Wikipediaの略歴だけでも相当興味深い方です。
ウィキっただけでいっぱいになってしまいました。
それにしても、パガニーニもそれを演じるデイヴィッド・ギャレットも
略歴だけでご飯が何杯もおかわりできるくらいすごい人物ですね。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。ぜひ次回をお楽しみにお待ち下さいませ。



今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月7日に更新しました。7のゾロ目、なんか良いことありますよ!あ、七夕でしたか。
いつも応援ありがとうございます☆

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト
監督・脚本・撮影/バーナード・ローズ、製作/ロジリン・へラー、ガブリエル・バッハー、ダニー・クラウス、クリスティアン・アンガーマイヤー、共同製作/ヴェロニカ・フェレ、製作総指揮/デイヴィッド・ギャレット、美術/クリストフ・カンター、衣装/ビルジット・ハッター、編集/フリッタ・ナーラー、音楽/デイヴィッド・ギャレット&フランク・ファン・デル・ハイデン
出演
デイヴィッド・ギャレット/ニコロ・パガニーニ、ジャレッド・ハリス/ウルバーニ、アンドレア・デック/シャーロット・ワトソン、クリスチャン・マッケイ/ジョン・ワトソン、ジョエリー・リチャードソン/エセル・ランガム、ヴェロニカ・フェレ/エリザベス・ウェルス、ヘルムート・バーガー/バーガーシュ卿
7月11日(金)TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
2013年、ドイツ映画、英語、122分、字幕翻訳/古田由紀子、配給/アルバトロス・フィルム、クロックワークス
http://paganini-movie.com/

by Mtonosama | 2014-07-07 06:23 | 映画 | Comments(6)