ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:パオロ・ソレンティーノ監督 ( 4 ) タグの人気記事


グランドフィナーレ
-2-
Youth

f0165567_640825.jpg

(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C - FILMS, FILM4


風景が、雰囲気が、インテリアが、音楽が、そして、映像が、
もうため息が出るほど美しいのです。

作曲家が主人公とあって音楽には力が入っています。
しかし、音楽が際立ち過ぎることはないんですよね。
ミュージカル映画でない限り、音楽がでしゃばらない。
これは基本ですね。

音楽を担当したのはデヴィット・ラング。

デヴィット・ラング
1957年、ロサンゼルス生まれの現代音楽家。
2008年ピュリッツアァー賞(作曲部門)を受賞。
本作で、世界の主要映画祭の音楽賞を席巻、
アカデミー賞主題歌賞にノミネートされる。

さあ、どんなお話でしょうか。

f0165567_6433966.jpg

ストーリー
美しいアルプスのふもとに佇む豪奢なリゾートホテル。
そこでバカンスを送るフレッド・バリンジャーを訪ねて、英国女王の使者が来ていた。
女王からの勲章授与と
女王夫君フィリップ殿下の誕生祝賀コンサートで
彼が作曲した名曲「シンプル・ソング」の指揮を依頼するためだ。
だが、フレッドは「自分は引退の身だから」と名誉ある要請にも耳を傾けない。

母国イギリス・ロンドン、ニューヨーク、ヴェネチアで
24年間にわたって作曲と指揮に全力を注いできたフレッド。
80歳になった今はこのリゾートホテルで過ごしている。
宿泊客は、今も子どもたちのヒーローである元サッカー選手や
ハリウッドスターなどのセレブリティばかり。

そこにはフレッドの60年来の親友である映画監督のミック・ボイルもいた。
現役を続ける彼はスタッフ達と新作の脚本執筆に忙しかった。

一方フレッドは彼の体を気遣う娘のレナが予約した
マッサージや健康診断等の医療メニューをこなす日々。
その合間に親友ミックと昔話に花を咲かせ、悪ふざけをし、病気自慢をするのが楽しみだった。

フレッドが部屋へ戻ると夫のジュリアンと旅に出たはずのレナが部屋で泣いている。
夫に捨てられたというのだ。
ジュリアンはミックの息子である。
フレッドはミックにそのことを告げる。
驚いたミックがジュリアンを呼び出すと、彼は新しい彼女を伴っていた。
だが、レナの持つ品性も知性も美貌もその女にはなかった。

レナを慰めるフレッド。
するとレナは
「音楽がすべてでママのことを顧みたこともないパパに
夫婦の愛情の何がわかるっていうのよ」と・・・

自分には音楽しかないと気づかされたフレッド。
再び訪れた女王の特使に「シンプル・ソング」に秘めた想いを語る。

バカンスは終わる。
ミックが長年いっしょに映画作りをしてきた主演女優ブレンダに出演を断られたのだ。
ミックは去り、フレッドはあることを決意するのだった……

f0165567_644349.jpg


夏のリゾート地を背景に繰り広げられる人々のさが。
今も子どもたちのヒーローである元サッカー選手というのはマラドーナでしょうか。
肥りすぎて身動きも難しいような巨体です。
ロボット映画に出演し、その役名でしか呼んでもらえないハリウッドスター。
輝くような肢体を誇るミス・ユニバース。
彼女がスパに入ってきた時のフレッドとミックの視線がスケベっぽくて良いです。

f0165567_6461142.jpg

夏の美しいリゾートホテルにいるのは若くて美しい人ばかりではありません。
どこか俗っぽく、老いも病も、仕事への執着も、俗悪さも
すべてを内包しています。

美しさは
80%の美と15%の俗悪さと5%の醜悪さから
成り立っているのかもしれません。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

グランドフィナーレ
監督・脚本/パオロ・ソレンティーノ、製作/カルロッタ・カロリ、フランチェスコ・チーマ、ニコラ・ジュリアーノ、共同製作/ファビオ・コンヴェルシ、撮影/ルカ・ビガッツィ、美術/ルドヴィカ・フェラーリオ、衣装/カルロ・ボッジョーリ、音楽/デヴィッド・ラング
出演
マイケル・ケイン/フレッド・バリンジャー、ハーヴェイ・カイテル/ミック・ボイル、レイチェル・ワイズ/レナ・バリンジャー、ポール・ダノ/ジミー・トリー、ジェーン・フォンダ/ブレンダ・モレル
4月16日(土)新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
2015年、イタリア、フランス、スイス、イギリス、124分、字幕翻訳/松岡葉子、配給/ギャガ、http://gaga.ne.jp/grandfinale/

by Mtonosama | 2016-04-07 06:52 | 映画 | Comments(4)

グランドフィナーレ
-1-
Youth

f0165567_441723.jpg

(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C - FILMS, FILM4


ルキノ・ビスコンティもフェデリコ・フェリーニも
はたと膝を打つのではなかろうかと思わせるこの作品。
『グランド・フィナーレ』

タイトルもゴージャスなら設定も登場人物もゴージャス。
150歳にもなるとゴージャスという言葉に弱いんです。

監督は『グレート・ビューティ/追憶のローマ』(‘13)のパオロ・ソレンティーノ。
未だ40代のイタリアの奇才です。

f0165567_4375229.jpg

彼の『グレート・ビューティ/追憶のローマ』は2014年8月当試写室でも上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/22739729/ http://mtonosama.exblog.jp/22761746/
第86回アカデミー賞外国語映画賞を始め、
ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞等主要な映画賞に輝いた作品でした。

本作も『グレート・ビューティ/追憶のローマ』同様
「これぞイタリア!」という贅沢な世界観に満ち満ちた作品であります。

そして
『ハンナとその姉妹』(‘86)、『サイダーハウス・ルール』(‘99)で
2度のアカデミー賞助演男優賞に輝くマイケル・ケイン
『ピアノ・レッスン』(‘93)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(‘13)等で
特異な妖気を放つ俳優ハーヴェイ・カイテル
更に、ジェーン・フォンダをも迎えた
豪華、絢爛、イタリアの貴族もかくあらん、という作品です。

あ、ちょっと舞い上がり過ぎましたでしょうか。

f0165567_4425984.jpg

いや、しかし、ソレンティーノ監督作品の映像の美しさには毎回ため息がもれます。
心がほどけていく感じとでも言ったらいいでしょうか。
こんな美しいものを観られたら、もう海外旅行なんて行くことはありません。

新作を発表する度にカンヌ国際映画祭コンペティション部門への
正式出品作品となってきたパオロ・ソレンティーノ監督。
『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』(‘08)で審査員賞受賞。
その時に審査委員長だったショーン・ペンからの熱烈な要請で
ペン主演の『きっと ここが帰る場所』が完成したのは有名な話です。

今回ソレンティーノ監督が贈るのは
一度は引退した老作曲家の胸中に溢れる音楽への愛と懊悩を
アルプスのふもとに佇む優雅なリゾートホテルを舞台に描いた作品。

美しいだけではなく
マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテルの両名優が見せる演技。
もう確実に海外旅行へは行かなくてもよいという気分になってしまいます。

f0165567_444688.jpg

さて、本作。
ある実話が基になっています。
著名なイタリア人指揮者が英国女王からオーケストラの指揮を依頼されたものの
レパートリーについて折り合いがつかずに断ったという話があったそうで。
それを知って監督はこの作品を創りました。

さあ、楽しみです。
いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月4日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

グランドフィナーレ
監督・脚本/パオロ・ソレンティーノ、製作/カルロッタ・カロリ、フランチェスコ・チーマ、ニコラ・ジュリアーノ、共同製作/ファビオ・コンヴェルシ、撮影/ルカ・ビガッツィ、美術/ルドヴィカ・フェラーリオ、衣装/カルロ・ボッジョーリ、音楽/デヴィッド・ラング
出演マイケル・ケイン/フレッド・バリンジャー、ハーヴェイ・カイテル/ミック・ボイル、レイチェル・ワイズ/レナ・バリンジャー、ポール・ダノ/ジミー・トリー、ジェーン・フォンダ/ブレンダ・モレル
4月16日(土)新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
2015年、イタリア、フランス、スイス、イギリス、124分、字幕翻訳/松岡葉子、配給/ギャガ、http://gaga.ne.jp/grandfinale/

by Mtonosama | 2016-04-04 04:52 | 映画 | Comments(2)
グレート・ビューティ 追憶のローマ
 -2-
La grande bellezza

f0165567_5595194.jpg

(C)2013 INDIGO FILM, BABE FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA
(C) Gianni Fiorito



この映画をご覧になると、きっと少しばかりの既視感をお感じになると思います。
「あれ、どっかで見たことがある!」というヤツです。
そう、ローマにいらした方もそのように感じられるでしょうし、
イタリア映画をお好きな方も感じられるでしょう。

例えば、夜の石畳に響く足音とか、
小人とか、真夜中の狂宴とか、野外でのダンス。
そうなんですね。
フェリーニの『世にも怪奇な物語:悪魔の首飾り』『8 1/2』です。
もっとあるかもしれません。
それぞれが胸にひめ、あるいは、頭脳に焼きつかせている
ローマの真髄みたいなものに満ち溢れる作品――

映像ということを心から満喫できる映画です。
極上の目の快楽を味わえる作品でありましょう。


ストーリー
遺跡、歴史的な建造物、現代アート、最先端のファッションが混在する永遠の都ローマ。
ジェップ・ガンバルデッラはローマで成功をおさめている文化人だ。
40年前に発表した小説「人間装置」が高い評価を受け、大きな賞も受賞していた。
筆を折った今も、作家として文壇では一目置かれ、その才能と知性を認められていた。

65歳になった今、彼は夜のローマを渉猟し、
パーティに顔を出しては美女と酒、セレブに囲まれ、空が白むまで騒いでいる。
”俗物の王“を目指し、実現させたジェップだが、それが空虚で無意味なことは誰よりも知っていた。
欲しいものはすべて手に入れたジェップ。
だが、実のところ一番大切なものはまだ見つけられずにいる。

ある日、彼のもとに訃報が届く。
それは、彼がずっと心の中で思い続けていた初恋の人エリーザの死を知らせるものだった。
その知らせをもたらしたのは彼女と連れ添った夫。
夫は「35年間、彼女は君を愛し続けていた」と言う。

ジェップはエリーザへの想いを消そうと、以前にもまして夜ごとの狂宴に身を投じる。
そんな中、彼は旧友の経営するストリップバーである女性と知り合う。
彼女・ラモーナは旧友の娘で、その店でダンサーをしていた。
意気投合したふたりは連れ立って食事やパーティに出かける仲に。
ラモーナとの時間は彼の安らぎとなるが……

f0165567_674257.jpg

いきなり、ですが、
この映画の主人公はローマそのもの。

かつては小説家だったジェップ・ガンバルデッラ氏が主人公であり、
今は“俗物の王”である彼の現在と数十年前の恋が描かれてはいるのですが、
それはいってみれば古代の石の舞台と劇場で演じられるお芝居のようなもの。

主役は年老いてはいるけれど未だ巨大な存在であるローマです。
ジェップもまたその偉大な都市の一通行人に過ぎません。
人生は短く、恋する日々はもっと短い。
栄華をきわめた教皇も皇帝も貴族も今はローマの地下に眠り、
グラディエーターも作家も詩人も土中に安らいでいます。
多くの死者の上にそびえる都・ローマ・・・

When in Rome do as the Romans do.
郷にいれば郷に従え、ともいいますが、ただただ美しいローマを目に焼きつけ、
自分など歴史の中の一瞬にしか過ぎない、と感傷に浸りたい気分になる映画でした。





今日もポチッとしていただけたらうれしうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月19日に更新しました。いつもより一日遅れの更新です☆

グレート・ビューティ 追憶のローマ
監督・脚本/パオロ・ソレンティーノ、共同脚本/ウンベルト・コンタレッロ、撮影/ルカ・ビガッツィ、美術/ステファニア・セラ、音楽/レーレ・マルキテッリ
出演
トニ・セルヴィッロ/ジェップ、カルロ・ヴェルドーネ/ロマーノ、サブリナ・フェリッリ/ラモーナ、ファニー・アルダン/マダム・アルダン
8月23日(土)Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
2013年、イタリア・フランス合作、イタリア語、141分、日本語字幕/岡本太郎、後援/イタリア大使館/イタリア文化会館/イタリア政府観光局、配給/RESPECT(レスぺ)×トランスフォーマー
http://greatbeauty-movie.com/

by Mtonosama | 2014-08-19 06:14 | 映画 | Comments(7)
グレート・ビューティ 追憶のローマ 
-1-

La grande bellezza

f0165567_6151583.jpg

(C)2013 INDIGO FILM, BABE FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA

今回もローマが舞台です。
ローマは、ずぅ~~~~~~~~~~~~っと昔のそのまた大昔、
まだ20歳の花咲く乙女だった頃に行ったことがあります。
スパゲッティといえば学食のケチャップ色のナポリタンしか知らない頃で、
初めて食べた本場のパスタを「まずっ!」と思った田舎者でありました。

Bellezza
イタリア語で「美・美しいもの・美しい・美しい人」という意味だそうです。
邦題の『グレート・ビューティ』は“La grande bellezza”の直訳なのですね。

確かに、タイトル通り美しい映画です。
20歳の頃に圧倒されたローマに再びこの作品で会うことができました。
テヴェレ河、コロッセウム。
街全体が遺跡のようでありながら、そこに暮らす人々は現代人であるという不思議。
大きな歴史の中に、遠い過去、ちょっと遠い過去、近い過去、現在がモザイクのように
絡まった街でしたねぇ(遠い目)。

ああ、懐かしい。
トレビの泉に背を向けてコインを投げ込めば再訪できるという言い伝え。
それを信じてきちんと守ったのに130年間訪れることのできないままですが・・・

f0165567_6162569.jpg

えぇ、実は本作、
ストーリーはさして印象に残らないし、主人公の想いにも共感する部分は少ない、
なのに、ここまで気になるのはなぜ?
それはとにかく美しいから。
まさに“La grande bellezza”(偉大な美)なのであります。

モノトーンなコートの襟からのぞく鮮やかな差し色にハッとするように、
遺跡に佇む主人公のジャケットのヴィヴィッドな色彩が美しい残像となっていつまでも残ります。
映像美とはこういうこともいうのか、と思い知らされました。

監督はパオロ・ソレンティーノです。

パオロ・ソレンティーノ
1970年ナポリ生まれ。
1994年、ステファノ・ルッソと共同監督で短編映画を制作。
2001年、初の長編映画“L‘uomo in più ”で商業監督としてデビュー。
イタリア映画ジャーナリスト協会シルバーリボン賞で新人監督賞を受賞、
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で新人監督賞と脚本賞候補に。
2004年、『愛の果てへの旅』(‘04未)でカンヌ国際映画祭コンペティション正式出品、
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品、監督、脚本賞を受賞。
ヨーロッパ映画賞でも監督賞にノミネート。ヨーロッパ期待の若手監督として認められる。
2006年、『家族の友人』がカンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネート。
以降5作連続でカンヌ国際映画祭に出品。
2008年、『イル・ディーヴォ-魔王と呼ばれた男-』が第61回カンヌ国際映画祭で審査委員長を務めていたショーン・ペンから評価され、審査員賞を受賞。
2011年、アメリカに招待され、ショーン・ペン主演のロードムービー『きっとここが帰る場所』を制作。
第64回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞。
2013年、『グレート・ビューティ/追憶のローマ』でヨーロッパ映画賞最優秀作品賞ほか、
ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞などを受賞。
2014年、第86回アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞。
この受賞はロベルト・ベニーニ監督・主演『ライフ・イズ・ビューティフル』(‘97)以来、イタリア映画としては15年ぶりとなる。現在は2015年に公開される『La giovinezza』を撮影中。

こういう経歴を見ていていつも思うのですが、
人には必ず転機となる出会いや出来事があるものですね。
ソレンティーノ監督の場合はショーン・ペンとの出会いがそれでしょうか。
人生、何が起きるかわからないから、
例え、今はどん底でも希望を持って好きなことをやり続けなさいってことですかね。

あ、本作はまったくもってそういう映画ではありません。
すいません。変な先入見を植えつけて。

f0165567_618099.jpg

さて、主人公を演じるのはソレンティーノ監督のデビュー作“L‘uomo in più ”(’01)以来、
出演しているトニ・セルヴィッロです。
スーツ姿も素敵ですが、色鮮やかなサマージャケットもオシャレに着こなすチョイ悪おやじ。
じいさんなのに、どうしてこんなにかっこいいんでしょうか。さすがイタリア人です。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただければうれしうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月15日に更新しました。今年のお盆も両親のお墓参りに行けませんでした・・・☆

グレート・ビューティ 追憶のローマ
監督・脚本/パオロ・ソレンティーノ、共同脚本/ウンベルト・コンタレッロ、撮影/ルカ・ビガッツィ、美術/ステファニア・セラ、音楽/レーレ・マルキテッリ
出演
トニ・セルヴィッロ/ジェップ、カルロ・ヴェルドーネ/ロマーノ、サブリナ・フェリッリ/ラモーナ、ファニー・アルダン/マダム・アルダン
8月23日(土)Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
2013年、イタリア・フランス合作、イタリア語、141分、日本語字幕/岡本太郎、後援/イタリア大使館/イタリア文化会館/イタリア政府観光局、配給/RESPECT(レスぺ)×トランスフォーマー
http://greatbeauty-movie.com/


by Mtonosama | 2014-08-15 06:24 | 映画 | Comments(9)