ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:パレスチナ ( 2 ) タグの人気記事


オマールの壁
-2-
OMAR


f0165567_5541832.jpg


走るオマール。
その前にそそり立つ高いコンクリート塀。
塀にはロープが下がっていて、オマールはそれを伝い
器用によじ登っていきます。

ストーリー
ヨルダン川西岸地区。
長大な壁が町を分断するパレスチナ人居住区に
オマールは両親、妹弟と共に暮らしている。
彼はイスラエル兵の監視の隙を見ては、
壁をよじ登り、向こう側に住む親友タレクとアムジャドに会いにいく。
3人は“自由の戦士”を目指し、武装組織から銃を入手し、
イスラエル軍への襲撃作戦を練っていた。
オマールはタレクの妹ナディアを恋しており、彼女との結婚を夢見ていた。

ある日、イスラエル兵の気まぐれで不当な暴行を受け、侮辱されたオマール。
彼はタレクとアムジャドに作戦の決行を持ちかける。
タレクが司令塔、オマールが車の運転、アムジャドが狙撃担当だ。
検問所のイスラエル兵に向けてアムジャドが発砲、一人の兵士が倒れる。
数日後、オマールがイスラエル秘密警察に拘束された。
どれだけひどい拷問を受けても黙秘し続けるオマール。
証拠がなければ3人とも無罪の筈だった。

だが、オマールは罠にはまった。
パレスチナ人の囚人を装い、オマールに接近した男に
「絶対に自白などしない」と言ってしまったのだ。
こっそり録音されたこの発言をイスラエル軍事裁判所は自白とみなし、
懲役90年の刑が科せられる。
更にイスラエル秘密警察のラミ捜査官から
恋人ナディアにも秘密警察の手が伸びると暗示されたオマール。
ラミから提示された、タレクの逮捕に協力せよ、という
交換条件をのんだふりをして釈放される。
何者かから狙撃犯はタレクだという偽情報が伝わっていたのだ・・・

釈放されたオマールはタレクとアムジャドに会い、
イスラエル秘密警察を襲撃する計画を立てる。
作戦は失敗、4人の味方も犠牲になる。
再び拘束されるオマール。
その時、彼はラミの言葉からアムジャドがスパイだったことに気づく。

一方、「裏切者はオマールだ」というアムジャドの嘘を信じたナディアは、
オマールを避けるように……

f0165567_610311.jpg

アムジャドのスパイ行為をなじるオマールが聞いた言葉は耳を疑うものでした。
秘密警察に「アムジャドがナディアを妊娠させたことを暴露する」と脅された・・・というのです。
(あ、蛇足ですが、イスラムの戒律では婚前交渉はタブーなのです)

えーっ!
オマールは最愛の人ナディアを失ったのみならず、
アムジャドには二重に裏切られていたことになるではありませんか。

そして、観客が目にする思いもかけないラスト。

アラブ世界の映画は政治的に深刻なテーマを抱えていたり、
メッセージ性の高い作品が多かったりします。
観客もまた眉間に皺を寄せて、腕を組みながら鑑賞する
という態度をとらざるを得ません。

f0165567_675658.jpg

ところが、本作のスリリングな展開といったらどうでしょう。
もちろんパレスチナ人の置かれた状況は悲惨ではありますが、
まず観客に迫ってくるのは
自分がオマールの立場に置かれたら
どうする?どうなる?ということ。
この盛り上げ方、観客の心の掴み方。

そして、あのラストです。
ハニ・アブ・アサドという人、
ドラマツルギーの天才じゃないでしょうか。

監督はこんなことを言っています。

「映画を作る際、リアリティは信憑性ほどには重要ではない
この作品に関してはどのシーンも実態に即していて、現実味がある
偶然が重なるドラマチックな架空の話のように見えるかもしれないが、
実際にドラマ的な効果を狙って物語から逸れるのは一度だけだ
それ以外はすべて今日の占領パレスチナの実態を反映していると思う」


作劇術じゃないって!?
としたらパレスチナが抱える現実ってどれだけ?
だから、素人の俳優4人がこれだけの演技ができるのでしょうか。
彼ら4人は本当に
パレスチナのオマールであり、ナディアであり、タレクであり、アムジャドなんですね。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

オマールの壁
監督・脚本・製作/ハニ・アブ・アサド、撮影/エハブ・アッサル、編集/マーティン・ブリンクラー、イヤス・サルマン
出演
アダム・バクリ、ワリード・ズエイター、リーム・リューバニ、サメール・ビシャラット、エヤド・ホーラーニほか
4月16日(土)より角川シネマ新宿、渋谷アップリンク他ロードショー
2013年、パレスチナ、97分、アラビア語・ヘブライ語、カラー、配給/アップリンク、http://www.uplink.co.jp/omar/

by Mtonosama | 2016-04-13 06:15 | 映画 | Comments(10)
            いのちの子ども -2-
                          尊い命

f0165567_548099.jpg


                          パレスチナ・ガザ地区―――
        イスラエルの管理下で封鎖状態にあり、イスラエル軍が駐留し、しばしば空爆される地区

                  しかし、ここにも人々は暮らし、子を産み育てています。
       ファウジー・アブー=ムスタファーとラーイダ・アブー=ムスタファーもガザに暮らす若い夫婦。
    2人の間に生まれた生後4ヶ月の息子ムハンマドは免疫不全症候群という難病にかかっていました。
                実は、彼らは過去にも娘2人を同じ病気で亡くしているのです。

ストーリー
パレスチナ自治区ガザ地区の最前線で20年以上にわたって取材を続けてきたイスラエルのテレビ記者エルダールが高速道路を急いでいた。
目的地はテル・アビブ郊外のテル・ハ・ショメール医療センター。
ここはイスラエルのユダヤ人とパレスチナのアラブ人をつなぐ唯一の病院である。
そこに勤務するイスラエル人小児科医ソメフから依頼があったのだ。
その依頼とは、骨髄移植が必要なパレスチナ人の4ヶ月半の赤ん坊ムハンマドを救うために
協力してほしいというものだった。

エルダールは手術に必要な55,000ドルの寄付をイスラエルのテレビで呼び掛けた。
ムハンマドの母ライーダは「イスラエルのプロパガンダだわ。誰も寄付なんかしてくれない」
と懐疑的だったが、なんと匿名を条件に全額を寄付するというイスラエル人が現れる。

さっそく家族の骨髄がムハンマドに適合するかどうか検査されたが、残念ながら適合者はなかった。
次の策として、いとこたちの検査をすることに。
だが、25人のいとこたちをガザ地区からイスラエルに連れてくることは不可能だ。
エルダールは採血したサンプルだけを持ち込むよう計画を変更。
検査の結果、従姉の1人が適合した。
ところが、ちょうどその時、ガザで大規模な爆破事件が。
移植手術のため、検問所まで来ていた従姉は直前でイスラエルに入ることができなくなってしまった。

3日後、従姉は検問所を通過。手術はひとまず成功。
あとはムハンマドの小さな身体が新しい骨髄を受け入れるのを待つしかない。

その間、エルダールはラーイダといろいろなことを話した。
エルサレムについて話が及んだ時、2人は互いに「エルサレムは自分たちのものだ」と譲らず、
ラーイダは「エルサレムへ行くのが私の夢」と語る。
しかし、エルダールが動揺したのは彼女の次の言葉だった。

「私たちは死を恐れない。誰もがエルサレムのためなら命を捧げられる。
ムハンマドが殉教者になってもいい―――」

ムハンマドの身体が新しい骨髄を受け入れ、ガザに戻る日が来た。
その日、ソメフ医師はラーイダたちに言う。

「いつかムハンマドと私の息子たちが一緒に遊ぶようになってほしい。
それが無理なら、彼の子どもたちが、それでも駄目なら彼の孫たちがそうできる日がやってくる。
私はその日が来ることを信じている」

彼らがガザに戻って3ヶ月後、またもガザで紛争が起きる。
ソメフ医師も軍医として現地に向かった。
ガザの空を焦がす紅蓮の炎。はたしてムハンマドとその家族の安否はいかに……

f0165567_5573797.jpg

       「命を奪うのは一瞬。でも、私たちは何年もかけて全力で治療する。一人の命のために」
                     という医師の言葉が胸に響きます。
     「いのちの子ども」は2010年のイスラエル・アカデミー賞で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、
          トロントをはじめ多くの国際映画祭に正式出品され、絶賛された作品です。

                ムハンマドという1人の赤ちゃんの人命救出を通じて、
                  イスラエルの善意だけを強調するのでなく、
           また、「可哀想なパレスチナ人」を押しつけてくるのでもありません。
       「ムハンマドを殉教者にさせることだって厭わない」と母ライーダに言わせた背景には、
     インターネットへの書き込みから見えてくるパレスチナ人たちの偏狭な敵意だってあります。

                イスラエルとパレスチナの間に存在する深くて暗い溝。
               それを今日明日の内に埋めることはもちろんできません。
                     しかし、エルダール監督の語った
             「パレスチナ、イスラエルともにお互いがそれぞれのことを理解し、
         恐怖心をなくすこと、そして命を大事にすることが1番大切だと気付いてくれれば
                  終わりの見えない問題の糸口になるはずです」

        この言葉は地味ですし、問題解決への道のりの遠さをあらためて感じさせる言葉ですが、
                  かすかな光明を感じさせてくれるのも事実。

   命の現場に生きる人々の感動的な言葉がそこここにちりばめられたドキュメンタリー映画でした。

                                 

     
  

今日もポチッとお願いできればうれしゅーゴザイマス。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓                                   
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月29日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

いのちの子ども
監督・撮影・ナレーション/シュロミー・エルダール、プロデューサー/エフード・ブライベルグ、ヨアヴ・ゼェヴィー
出演
ラーイダ&ファウジー・アブー=ムスタファー、ラズ・ソメフ医師、アモス・トーレン、ナイーム・アブー=ムスタファー、サウサン・アブー=ムスタファー、イッズッディーン・アブル=アイシュ医師、アレックス・ワインガルト
7月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町にてロードショー
90分、2010年、アメリカ・イスラエル、カラー、配給/メゾン、http://www.inochinokodomo.com/


                映画『いのちの子ども』公式サイト
by mtonosama | 2011-06-29 06:32 | 映画 | Comments(10)