ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:パレスティナ問題 ( 1 ) タグの人気記事

                      ミラル -2-
                          Miral

f0165567_614224.jpg


(C)PATHÉ - ER PRODUCTIONS - EAGLE PICTURES - INDIA TAKE ONE PRODUCTIONS with the participation of CANAL + and CINECINEMA A Jon KILIK Production

    1947年、国連はパレスティナを、ユダヤ国家、アラブ国家、エルサレムに3分割する案を可決しました。
                 翌1948年5月、イスラエル建国宣言が行われます。

  その1ヶ月前、エルサレムの路上にはユダヤ民兵組織によって親を殺された孤児たち55人の姿がありました。

                「うわっ、可哀想だよ」とここでひかないでくださいね。

           この孤児たちとヒンドゥ・ホセイニというパレスティナ人女性の出会いが、
         パレスティナ問題解決のための、遠いけれども、確かな道となっていくのですから。

                 これは実話です。さあ、どんなお話なのでしょう。

f0165567_63619.jpg


ストーリー
Hind(ヒンドゥ)
ヒンドゥ・フセインはエルサレムに住む裕福なパレスティナ人。
1947年のクリスマス。ヒンドゥはイスラム教徒だが、邸内にクリスマスツリーを飾り、
外国人も招いて、イエス・キリストの生誕祭を祝っていた。

翌年4月、イスラエル建国宣言1ヶ月前のエルサレム。
ヒンドゥは路上で震えている55人の子供たちに出会う。
ユダヤ民兵組織に家族を殺されて逃げてきた子供たちだった。
ヒンドゥは彼らを屋敷に連れ帰り、空家になっていた祖父の家で保護することに。
これがダール・エッティフル(子供の家)と名付けられた学校の始まりだった。
幼稚園から高校生までの孤児たちが学びながら生活するダール・エッティフルに、
ヒンドゥは私財のすべてを投入。
その志と熱意は要人たちの心を動かし、彼らの支援も得ることができた。

1967年、六日戦争(第3次中東戦争)が起こり、ダール・エッティフルのある
東エルサレムがイスラエルの軍事占領下に。
親を失う子供の数は毎日増えていく。
ヒンドゥの理解者であるモスクの導師シャマールも孤児たちを学校に連れてくる。
今や、生徒数は2000人に達していた。

ある日、ヒンドゥは学校を訪ねてきた国連軍のエディを案内。彼とは旧知の間柄である。
ダール・エッティフルがイスラエルの軍事占領下に入ってから孤児の受け入れが難しくなったと
嘆くヒンドゥにエディは協力する。
なにもかも投げうち、学校のために働くヒンドゥ。その目的は―――
「子供たちにパレスティナ人としての自覚を持たせたい。
自分たちのルーツを誇りにして生きてほしい」…

Nadia(ナディア)
イスラエル国籍を持つパレスティナ人のナディアは継父からの性的虐待を受け、家出。
夜の酒場でダンスをして、生活費を稼いでいる。
ある日、ナディアはバスの車内でユダヤ人の女性と口論になり、彼女を殴ってしまう。
イスラエル占領下ではユダヤ人が優位にあり、ナディアは6ヶ月の懲役刑を受ける。
刑務所での同房者ファーティマは元看護師。
過度の飲酒で弱った彼女を優しく看病してくれるのだった…

Fatima(ファーティマ)
六日戦争が始まり、ファーティマの勤務する病院には多くの傷ついた兵士が運び込まれた。
負傷兵はすべてイスラエル側の捕虜にされると聞き、彼女は回復した兵士を故郷に帰すのだった。
だが、そのために病院を解雇されたファーティマ。彼女はイスラエルへの怒りからテロ組織に参加。
爆弾を身につけ、映画館へ。
爆弾は不発だったが、逮捕されたファーティマは無期懲役を科せられる。

刑務所の面会室にはファーティマの兄ジャマール導師の姿があった。
彼女は、間もなく刑期を終えるナディアの身元を引き受けてくれるよう、兄に依頼。

ナディアとジャマールはやがて結婚。
ミラルという女の子を授かるが、どうしても心の傷から立ち直れないナディアは…

Miral(ミラル)
ジャマールは全身全霊を傾けてミラルを愛した。
だが、母・ナディアのような道を歩ませることだけはしたくないと、
幼いミラルをダール・エッティフルへ預ける決断をする。
この日からヒンドゥが、ミラルの師となり、母となるのだった。

1987年ミラルは17歳の聡明で美しい娘に成長。
その年は、イスラエルの占領に屈してきたパレスティナ人が蜂起《インティファーダ》を
起こした年であった。
ダール・エッティフルは閉鎖されてしまう。
ヒンドゥは教育こそが平和への道であるという信念から、
ミラルたち生徒を教師として難民キャンプに派遣する。

難民キャンプで生徒達が見たものは、イスラエル軍がパレスティナ人たちの住居を破壊する姿だった。

これに怒ったミラルたちは、ヒンドゥの制止を無視して、インティファーダに参加。
そのさなかに親友が流れ弾に当たって死亡。
動転するミラルを助け出したのは活動家のハーニだった。
やがて、ミラルはハーニの組織に出入りするようになる…


f0165567_64556.jpg

     第2次世界大戦以降のパレスティナ問題の流れをヒンドゥという卓越した女性の人生を軸に、
                  その時代を生きる女性たちの人生を描いた「ミラル」。

              ヒンドゥが非戦と教育でパレスティナ問題の解決に努めた花であるなら、
               ミラルはそこで育ち、学び、巣立っていったパレスティナの未来の花。
               ナディアやファーティマもまたパレスティナの地に咲く名もない花々。

    映画のタイトルこそ「ミラル」ですが、それぞれの女性の名前がスクリーンに小タイトルとして示されながら、
                            物語は展開していきます。
         これはパレスティナ問題の現実を、この地に生きる女性たちを通して描いた映画です。

                     ヒンドゥというガンジーのように気高い意志を貫く女性。
    男女間の癒しがたい不平等の犠牲者であり、イスラエル国籍を持ちながら劣等市民としての扱いを受け、
                           人生に絶望していくナディア。
                   看護師からテロリストに転身し、獄中にあるファーティマ。
                    そして、ジャーナリストとして世界で活躍するミラル。

                     パレスティナ問題はいまだ解決はしていません。
                  イスラエルは大量兵器を投入し、ガザ地区への攻撃を繰り返し、
             パレスティナ人は自爆テロで対抗しています。状況だけを見れば、絶望的です。

             しかし、ミラルに続く第2、第3のミラルが育っていることも疑いのない事実でしょう。
           ヒンドゥが種をまいた学校はまだまだ気が遠くなるような時間を要するかもしれませんが、
                        非戦による問題解決の道を整えつつあるのでしょう。

          ダール・エッティフルを巣立ったルーラ・ジブリールが著した「ミラル」という本に触発された
                           ジュリアン・シュナーベルの最新作。 
                      ラストに流れるトム・ウェイツの歌も印象的でした。
                       この夏、ぜひ堪能していただきたい作品です。 

  

                               

どうぞポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月4日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

小さな声も集まりゃデカイ!
こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


ミラル
監督/ジュリアン・シュナーベル、原作・脚本/ルーラ・ジブリール、プロデューサー/ジョン・キリク、撮影監督/エリック・ゴーティエ「イントゥ・ザ・ワイルド」「夏時間の庭」、編集/ジュリエット・ウェルフリング
出演
フリーダ・ピント「スラムドッグ&ミリオネア」/ミラル、ヒアム・アッバス「扉をたたくひと」/ヒンドゥ・ホセイニ、アレクサンダー・シディグ/ジャマール、オマー・メトワリー/ハーニ、ヤスミン・アルーマスリー/ナディア、ルバ・ビラール/ファーティマ、ウィレム・デフォー「アンチクライスト」/エディ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ/ベルタ
8月6日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開、
2010年、フランス・イスラエル・イタリア・インド、英語、112分、字幕翻訳/渡邊貴子、配給/ユーロスペース+ブロードメディア・スタジオ、協力/コミュニティシネマセンター
http://www.miral.jp/

by mtonosama | 2011-08-04 06:39 | 映画 | Comments(2)