ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:パヴェウ・パヴリコフスキ監督 ( 2 ) タグの人気記事

イーダ -2-
IDA

f0165567_551135.jpg

(C)Phoenix Film Investments and Opus Film


さて、本作の舞台はポーランド。
そして、時代は1962年であります。
1962年?
この年になにか特別な意味があるのでしょうか。
この年に生まれた、とか、結婚した、とかの個人的な意味を除けば、
なにか中途半端な時代設定です。

1968年ならば“68年世代”などという言葉もある程、
世界中で学生たちのデモやらバリケード封鎖やら、いろいろなことが起こった年。
プラハの春などもこの年です。
ポーランドでも学生による抗議行動があり、
共産党(ポーランド統一労働者党)が
反ユダヤ的排斥運動の後押しをした(三月事件)年として記憶されています。

ところが、1962年です。
ポーランドにおいてもこの年は明確な特徴のない年。
ただ、当時幼児だった監督にとっては一番いきいきと記憶にのこっている時代なのだそうです。
戦争の影をひきずりつつも、政変も動乱もない真空状態のような時代だったのでしょうね。

柔らかいモノクロ画面がどこか懐かしいような時代へと導いてくれるようにも思えるのですが。
さあ、どんなお話なのでしょうか。


f0165567_556527.jpg

ストーリー
1962年。ポーランド冬の修道院。
戦争孤児として田舎の修道院で育てられた見習い修道尼アンナ。
修道尼になるための準備をしていた彼女はある日修道院長に呼ばれる。
そして、思いもかけない事実を知らされた。
彼女は孤児ではなく、叔母のヴァンダが生きているというのだ。
たったひとりの親類なのに一度も修道院に会いにこない叔母に興味を持ったアンナは、
院長のすすめに従い、ヴァンダの家に向った。

訪ねてきたアンナにヴァンダが投げかけた言葉は衝撃的だった。
「あなたはユダヤ人。本当の名前はイーダ・レーベンシュタインよ」
初めて知った事実だ。

ヴァンダは検察官だが、過去のつらい体験を封じ込めようとするかのように
アルコールと男たちとの乱脈な関係に溺れる日々を送っている。

アンナことイーダは叔母ヴァンダと会うと、そのまま修道院へ戻るため駅に向った。
だが、ヴァンダは駅までやってきてイーダを自宅へ連れ帰る。

両親の墓を訪れたいと願うイーダ。
それに対してヴァンダは「第二次世界大戦中に亡くなったユダヤ人の墓は存在しないし、
遺体のあった場所もわからないのだ」と告げる。
代わりにヴァンダが提案したのはイーダの両親が戦争中に住んでいた家に行くことだった。

その家にはフェリクス・スキパという男が住んでいた。
彼はユダヤ人夫妻のことは何も知らないと言葉を濁す。
ヴァンダはフェリクスの父シモンを捜し出そうとする。彼なら夫妻の最期を知っているに違いない。
だが、捜し出したシモンは重い病気を患い、町の病院に入院していた。
シモンから聞いた驚くべき事実とは……

f0165567_5573789.jpg

親も兄弟姉妹もいない孤独なアンナは過去も現在も未来も捨て、
ただ神にのみ仕える敬虔な修道尼としてのみ生きようとします。
そして、彼女と真反対の生き方をするヴァンダと出会い、
二人で過去を求める旅にでます。
まったく異なった存在に見える叔母と姪の対比が印象的です。
そして、アンナは驚くべき事実を知り、アンナからイーダになりました。

心の旅であり、時間の旅でもあるロードムービー。

兵士も空爆も出てきませんが、これはまさしく戦争映画であります。
ポーランドの人々が戦争中におこなったこと――
歴史には必ず表と裏があることが
穏やかなモノクロ画面と静謐で敬虔な修道院のシーンから伝わってきました。
冷たく柔らかい手で観る者の心をじわりと包み込むとでもいうか、
しーんとした気がみなぎる映画でしたねぇ。

ポーランド映画の真髄を強烈に発しながら、
これまで描かれてこなかったポーランドのもうひとつの側面を突きつけてきた作品でした。



今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月3日に更新しました。もう8月!毎日暑いですが、皆さまどうぞ御身大切になさってください☆
イーダ
監督/パヴェウ・パヴリコフスキ、脚本/パヴェウ・パヴリコフスキ、レベッカ・レンキャヴィチ、撮影監督/ウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキ、美術監督/カタジナ・ソバンスカ、マルツェル・スワヴィンスキ、製作・プロデューサー/イーリク・エーブラハム、ピョトル・ジェンチョウ、エヴァ・プシュチンスカ
出演
アガタ・クレシャ/ヴァンダ、アガタ・チュシェブホフニカ/アンナ、イーダ、ダヴィド・オグロドニク/リス、イェジ・トレラ/シモン・スキバ、アダム・シシュコフスキ/フェリクス・スキバ、ハリナ・スコチンスカ/修道院長、ヨアンナ・クリク/歌手、ドロタ・クドゥク/カシカ、ナタリア・ウォンギェフチク/ブロニャ、アフロディタ・ヴェセラク/マリシャ、マリウシュ・ヤクス/バーテン、イザベラ・ドンブロフスカ/ウェイトレス、アルトゥル・ヤヌシャク、アンナ・グジェシュチャク/隣人、ヤン・ヴォイチェフ・パラドフスキ
8月2日(土)[シアター]イメージフォーラムにてロードショー
2013年、80分、モノクロ、日本語字幕/岩辺いずみ、字幕監修/渡辺克義、配給/マーメイドフィルム、後援/駐日ポーランド大使館、ポーランド広報文化センター
http://mermaidfilms.co.jp/ida/

by Mtonosama | 2014-08-03 06:05 | 映画 | Comments(7)
イーダ -1-
IDA

f0165567_6172184.jpg

(C)Phoenix Film Investments and Opus Film

ポーランド映画です。
ポーランドというと、
世界史の授業で、常に侵略され、踏みにじられ、分割された不幸な国、
というように習ってきたし、
歴史の中で翻弄されてきた国、というイメージがついてまわっています。

第二次世界大戦中の抵抗の歴史やその後のソ連に呑み込まれていた時代、
あるいは『ワレサ 連帯の男』で観た闘う人々の姿。
http://mtonosama.exblog.jp/21622927/ http://mtonosama.exblog.jp/21648341/

アンジェイ・ワイダ監督の初期の作品に出てくる寒そうな風景や地下水道の内部。
土と白いシーツの質感が際立つモノクロの画面。
とのの頭の中でポーランドはこんな風にできあがっています。
ちょっとザツですけど。

いずれにせよ、苦汁をのみ、辛酸を舐めてきた国というイメージが刷り込まれています。

f0165567_6194934.jpg

本作『イーダ』はポーランドだけでなく
ヨーロッパ各国で高い評価を受けた現代ポーランド映画。
監督は1957年ワルシャワ生まれのパヴェウ・パヴリコフスキーです。


パヴェウ・パヴリコフスキー監督
14歳の時に共産主義体制のポーランドを出て、まずドイツ、次にイタリア、最終的にイギリスに定住という波乱の人生を送ってきました。
本人はこう語っています。
「私は秘密や矛盾をたっぷり抱えた一族に生まれ、
これまでの人生のほとんどをなんらかの亡命めいた状態で過ごしてきました。
アイデンティティ、家族、血統、信仰、帰属意識、歴史といった問題に常にさらされながら」


1980年代末期から90年代にかけて、記録映画を監督。その中には、サンクトペテルブルグで路面電車の運転手を務めるドストエフスキーの曾孫ディミトリが、1862年に曾祖父が旅した西欧旅行の足跡を辿る悲喜劇的なロードムービー『Dostoevsky’s Travels』(‘91、未)や、人類学的アプローチを採用し、言葉よりは映像の力に比重を置いてボスニア・へルツェゴビナ紛争のただなかにあったサラエヴォで撮影された『Serbian Epics』(‘92 未)もあります。

1998年には初の長編劇映画『The Stringer』(未)を発表。
主人公は西側の通信社に売り込むことのできる映像素材を求め、モスクワの街をさまようロシア人青年。そんな彼とマスコミ業界で活躍する英国人女性との恋を描いたロマンスです。
その後も主に英国で長編劇映画を監督。
2004年から2007年にかけてはオックスフォード・ブルックス大学の特別研究員。
ポーランド語の他、英・仏・独・伊・露語を使いこなす才人です。

f0165567_6253573.jpg

ヨーロッパ各国で作品を撮り続けてきたパヴェウ・パヴリコフスキ監督。
ポーランド以外で地歩を築いてきた監督が、
初めて母国ポーランドで作り上げたのが本作『イーダ』であります。
2013年11月に渋谷で開催された「ポーランド映画祭2013」でプレミア上映され、
今回ポーランド映画ファン待望の劇場公開とあいなります。

柔らかいモノクロの画面、光と影の妙なる配合から生まれる映像美。
古き良きポーランドの美しさを彷彿とさせながら、
そこに描かれたポーランドのこれまでよく知らなかった一面。

いやあ、今回ポーランドのもうひとつの側面を初めて知りました。
アンジェイ・ワイダ監督の力強さ、
ロマン・ポランスキー監督の洗練、
イエジー・スコリモフスキ監督が17年ぶりに監督復帰した『アンナと過ごした4日間』(‘08)で
見せた静かな情念。
それらの巨匠たちの作品にみられるポーランド映画のすばらしい遺産を継承しつつ、
更に、ポーランドの抱える側面を静かな筆致で描き出したパヴェウ・パヴリコフスキー監督。

まずはその映像の美しさと静けさにしっかりと浸りたいものです。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただけたら嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月31日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

イーダ
監督/パヴェウ・パヴリコフスキ、脚本/パヴェウ・パヴリコフスキ、レベッカ・レンキャヴィチ、撮影監督/ウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキ、美術監督/カタジナ・ソバンスカ、マルツェル・スワヴィンスキ、製作・プロデューサー/イーリク・エーブラハム、ピョトル・ジェンチョウ、エヴァ・プシュチンスカ
出演
アガタ・クレシャ/ヴァンダ、アガタ・チュシェブホフニカ/アンナ、イーダ、ダヴィド・オグロドニク/リス、イェジ・トレラ/シモン・スキバ、アダム・シシュコフスキ/フェリクス・スキバ、ハリナ・スコチンスカ/修道院長、ヨアンナ・クリク/歌手、ドロタ・クドゥク/カシカ、ナタリア・ウォンギェフチク/ブロニャ、アフロディタ・ヴェセラク/マリシャ、マリウシュ・ヤクス/バーテン、イザベラ・ドンブロフスカ/ウェイトレス、アルトゥル・ヤヌシャク、アンナ・グジェシュチャク/隣人、ヤン・ヴォイチェフ・パラドフスキ
8月2日(土)[シアター]イメージフォーラムにてロードショー
2013年、80分、モノクロ、日本語字幕/岩辺いずみ、字幕監修/渡辺克義、配給/マーメイドフィルム、後援/駐日ポーランド大使館、ポーランド広報文化センター
http://mermaidfilms.co.jp/ida/

by Mtonosama | 2014-07-31 06:33 | 映画 | Comments(4)