ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ピッパ・リー ( 2 ) タグの人気記事

50歳の恋愛白書 -2-
The Private Lives of Pippa Lee

f0165567_511816.jpg

©Lam Duc Hien,Photographer ©Central Films Sarl,Morena Films SL,BetterWide Limited,Lumiere International limited,LBF10Limite.2009,Studio Canal,All Rights Reserved.


さて、後編です。

ストーリー
ピッパ・リー(ロビン・ライト・ペン)は50歳。
成長した子ども2人は家を出て
30歳も年の離れたベストセラー作家の夫・ハーブ(アラン・アーキン)と
おだやかな日々を過ごす専業主婦。
「理想の女性」として誰もがうらやむ存在でした。

でもねぇ、これでいいのかしら…
そんな思いが心の片隅でピッパをチクチク刺していました。

さて、時代は70年代。ピッパ(ブレイク・ライヴリー)はティーンエージャー。
荒んだ家庭を後にして、NYに暮らす叔母の許で暮らし始めました。
ところが、叔母はレスビアン。
その恋人カット(ジュリアン・ムーア)の影響を受け
ドラッグとセックスに溺れるピッパ。
若く美しいピッパは、そこそこもてはします。

でもねぇ。
どこか虚しい。

そんな日々から彼女を救いだしてくれたのが年上の男ハーブ・リーでした。
当然、彼には妻・ジジ(モニカ・ベルッチ)がいます。
ハーブをめぐる激しい愛の攻防。
しかし、ハーブを得るための代償はとてもショッキングなものでした。

裕福な主婦、忠実な妻、優しい母。結婚後、ピッパは完璧に役割を演じました。
彼女の過去を知るのは夫だけ。

やがて、子どもも成長し、家を出ていくと、ふたりの生活は大きく変わります。
ハーブの心臓発作をきっかけに、ふたりはマンハッタンの家を離れ
引退した高齢者が暮らすコネチカットの郊外に移り住んだのです。
そこでも、ピッパは「美しく恵まれた妻」と相変わらず好感度は高い。

でもねぇ。退屈なんです。
重症の睡眠障害がピッパを襲い始めます。
そして…


f0165567_5251240.jpg

ああ、わかる、わかる。
夫婦の日々は長い長いルーティンワーク。知らない間に不満や不安が募っていきます。
人に言っても「だって、好きで一緒になったんでしょ?」で片付けられますしね。

それに50歳ともなると、いやでも人生の先は見えてきます。
加えて、夫の裏切り。
これで終わりたくないっ、と焦り、目の前に現れた新しいものに夢中になる気持ち
よ~くわかります。
もちろん、新しいものとの関係がうまくいくと限らないことは
50年も生きていれば、経験上、感づいていながらネ。

さすが、レベッカ・ミラーさん、同世代として、難しい年頃の女性を
描ききってくれました。(え、女はいつだって難しい?確かに)

俳優陣も大物揃い。
ジュリアン・ムーア ―彼女も50歳です―
モニカ・ベルッチ ―「マレーナ」でうつむき加減に海辺の道を歩く彼女、きれいでした―
ウィノナ・ライダー ―復帰できてよかった―
キアヌ・リーブス ―もう46歳なんですね― 

こういう映画つくってくれるから、やはりアメリカは侮れないです。

ピッパの選択した人生、悪くないと思います。
え、ピッパはどんな選択をしたのかって?
それは映画を観てのお楽しみ。

The End

50歳の恋愛白書
監督・脚本/レベッカ・ミラー、原作/レベッカ・ミラー“The Private Lives of Pippa Lee”(‘08)
出演 
ロビン・ライト・ペン/ピッパ・リー、アラン・アーキン/ハーブ・リー、マリア・ベロ/スーキー・サーキシアン、モニカ・ベルッチ/ジジ・リー、ブレイク・ライヴリー/若き日のピッパ・リー、ジュリアン・ムーア/カット、キアヌ・リーブス/クリス・ナドー、ウィノナ・ライダー/サンドラ・ダラス、ライアン・マクドナルド/ベン・リー、ゾーイ・カザン/グレース・リー、マイク・バインダー/サム・シャピロ、シャーリー・ナイト/ドット・ナドー
2月5日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
2009年、アメリカ、98分、配給/ギャガ、http://50love.gaga.ne.jp/


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ワンクリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡1月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2010-01-19 05:39 | Comments(12)
50歳の恋愛白書 -1-
The Private Lives of Pippa Lee 

f0165567_5391889.jpg

©Lam Duc Hien,Photographer ©Central Films Sarl,Morena Films SL,BetterWide Limited,Lumiere International limited,LBF10Limite.2009,Studio Canal,All Rights Reserved.

当試写室、なぜか新年早々恋愛ものが続いています。
それも若くない人の恋愛ものが。

しかし、この映画、原題と邦題の落差が大きいです。
“ピッパ・リーの個人的生活”が、なにゆえ「50歳の恋愛白書」?

なんで、こうなったかは映画を観た上で判断していただくこととして。

監督は、あのアーサー・ミラーの娘、レベッカ・ミラーです。
アーサー・ミラーといえば、「セールスマンの死」で劇作家の地位を確立し
テネシー・ウィリアムズとともにアメリカ演劇の双璧といわれる劇作家であります。
マリリン・モンローと結婚したことでも有名です。

あ、レベッカはマリリンの娘じゃ、ありません。
アーサー・ミラーはマリリンと別れた1年後、1962年に写真家インゲ・モラスと再婚。
その2人の間に生まれたのが、女優、脚本家、映画監督であり、そして
本作“The Private Lives of Pippa Lee”で小説家デビューも果たしたレベッカ。
1962年9月15日生まれの47歳。まさにこの映画の主人公ピッパと同世代です。

なんとレベッカさん、小説“The Private Lives of Pippa Lee”を
書いている最中に、この話を映画化したいと思い立ったのだそうです。

「私の中にはまだいろんなものが湧き上がってきていた。
この話を違う側面から見てみたいと思ったの」


思い立つが早いか、小説を書き終わらない内に脚本を書き始めました。
すごいです。

f0165567_5501239.jpg


しかし、殿はこの映画の冒頭シーンを観ながら
「ああ、しまった」と一瞬後悔していました。

おしゃれで高級感あふれるインテリアのダイニングルームで
上品なマダムがにこやかに、お客様たちに飲み物をサーブ
そのかたわらには、マダムよりはかなり年長のインテリっぽいパートナーが
これまた落ち着いた微笑みを浮かべている。

これって、見た目は素敵なんだけど…
「セレブって、こうなの。羨ましいでしょ」
「あんたたちは一生かかってもこんな生活できないのよ」と
人の良い観客を小馬鹿にした似非セレブ映画か?

ところが
ごめんなさい、でした。

その上品なマダムは、30年前はとんでもない不良娘。
インテリ然とした夫はこれまた助平な自分勝手じいさん。

30年以上前にワープするスクリーン。
ピッパの思いもよらない少女時代とその後の展開が
人間をちょっと見ただけで決めつける危険性を教えてくれました。
人間も、映画も、第一印象で決めつけるのはいけませんね(はい、心底そう思いました)。

と、殊勝げに反省したところで、後編に続きます。

To be continued.

50歳の恋愛白書
監督・脚本/レベッカ・ミラー、原作/レベッカ・ミラー“The Private Lives of Pippa Lee”(‘08)
出演 
ロビン・ライト・ペン/ピッパ・リー、アラン・アーキン/ハーブ・リー、マリア・ベロ/スーキー・サーキシアン、モニカ・ベルッチ/ジジ・リー、ブレイク・ライヴリー/若き日のピッパ・リー、ジュリアン・ムーア/カット、キアヌ・リーブス/クリス・ナドー、ウィノナ・ライダー/サンドラ・ダラス、ライアン・マクドナルド/ベン・リー、ゾーイ・カザン/グレース・リー、マイク・バインダー/サム・シャピロ、シャーリー・ナイト/ドット・ナドー
2月5日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
2009年、アメリカ、98分、配給/ギャガ、http://50love.gaga.ne.jp


ランキングに参加しています。
よろしければ、ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡1月16日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2010-01-16 05:57 | Comments(6)