ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ファティ・アキン ( 2 ) タグの人気記事

トラブゾン狂想曲
-小さな村の大きなゴミ騒動 - -1-

Der Müll im Garten Eden

f0165567_6504268.jpg


ファティ・アキン監督作品です。
ドイツ映画です。
ドイツといえばゴミ処理先進国なので、
原題”Der Müll im Garten Eden”(「エデンの園のゴミ」)というタイトルも納得できます。

しかし、監督の名前はどこから見てもゲルマン風ではありませんね。
そうなんです。彼の父親は1965年に出稼ぎ移民としてドイツにやってきたトルコ人。
小学校教師をしていた母もその3年後、結婚のためドイツに。
彼はハンブルグ生まれのトルコ移民二世です。


1973年生まれのファティ、最初は俳優を志していましたが、
在ドイツのトルコ系移民など、同じような役ばかりさせられることにうんざり。
ハンブルグ造形芸術大学へ進学し、95年に監督デビューしました。

偽装結婚から生まれる愛を描いた「愛より強く」で、2004年ベルリン国際映画祭金熊賞を
はじめ2004年ヨーロッパ映画祭最優秀作品賞などを受賞。一躍有名に。

「そして、私たちは愛に帰る」では2007年カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞と全キリスト協会賞を受賞。http://mtonosama.exblog.jp/9988444/
生地であるハンブルグを舞台にした「ソウル・キッチン」(‘09)は
2009年ベネチア交際映画祭審査員特別賞を受賞。http://mtonosama.exblog.jp/12183212/
なんとファティ・アキン監督、30代の内にベルリン、カンヌ、ベネチアの三大映画祭受賞という栄光に輝いたのであります。

と、冒頭からファティ・アキン監督の紹介をしてしまいましたが、
それは本作「トラブゾン狂想曲」が、
カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞をとった「そして、私たちは愛に帰る」と深い関係があるから。
本作は「そして、私たちは愛に帰る」のラストシーンの舞台になったトルコ・トラブゾン地方で
起きたゴミ処理場建設事件を記録した作品だからなんです。

f0165567_6591496.jpg

2005年に、監督は祖父母の故郷、トルコ北東部・黒海沿岸にあるトラブゾン地方の村
チャンブルヌを訪れました。
その美しさに感動した監督が耳にしたのは驚くべき事実。

それはこの地にゴミ処理場が建設されるということ!
この美しさを画面に留めなければという使命を感じた彼は、
「そして、私たちは愛に帰る」のラストシーンをチャンブルヌ村で撮影したのでした。

同時に、ファティ・アキン監督はゴミ処理場建設の事実を記録しようということで、
既に記録を始めていた地元写真家の協力も得て撮影を敢行。
それが本作「トラブゾン狂想曲」であります。

エデンの園にゴミ処理場が建設されるだけでも大変なのに、
そのゴミ処理場ときたら銅鉱山の跡地を利用した非常にザツなつくり。
大量のゴミを投入する穴の底に敷くのは薄っぺらなゴムシート。
ちょっと雨が降ればすぐにも溢れだしそうな小さな汚水処理槽。
(実際に溢れだして大変な事態になるんですけど)。
当局のいい加減な計画や時々、視察に訪れる役人たちに立ち向かうおじさんやおばさんたちの姿を、
5年間にわたって撮り続けました。

さあ、どんな記録映画ができあがったのでしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月15日に更新しました。お盆ですね。いつも応援ありがとうございます☆

トラブゾン狂想曲 -小さな村の大きなゴミ騒動 -
監督/ファティ・アキン、撮影/ブンヤミン・セレクバサン、エルヴェ・デュー、音楽/アレクサンダー・ハッケ、編集/アンドリュー・バード
8月17日[シアター]イメージフォーラム他順次ロードショー
2012年、ドイツ、98分、配給/ビターズ・エンド、http://www.bitters.co.jp/kyousoukyoku/

by Mtonosama | 2013-08-15 07:04 | 映画 | Comments(4)
f0165567_4552751.jpg

そして、私たちは愛に帰る
The Edge of Heaven

Auf der Anderen Seite

ハンブルグからイスタンブール。
移動手段は列車にしますか?それとも車?
重厚な石造建築を見ながら、薄暗い空の下を列車に揺られ、ヨーロッパを呼吸し
イスタンブール市街から周縁の地域へは地中海を遠望する埃っぽい道を行く。
例え、砂埃が舞い込んできても、窓を開け、片肘を出してハンドルを握りたい。
異境にあるという昂揚感がより以上にそそられます。

ドイツとトルコ。その関係には歴史的にも宗教的にも深いものがありますが
難しい問題を考えるまでもなく、ベルリンやミュンヘンなどの都市を歩けば
ソーセージの屋台と並んで普通に
ケバブやドネルサンドなどトルコフーズの屋台が繁盛しています。

現在ヨーロッパには420万人ものトルコ人が暮らしているそうです。
ドイツに住んでいるのはその内半数以上の270万人。
1960年代に出稼ぎでやってきた人々がそのまま残り
そこに難民たちが加わってトルコ人コミュニティができあがりました。

近年、発展著しいトルコですが、それは大都会での話。
地方では昔ながらの生活習慣を守り
良い意味でも、悪い意味でもトルコの伝統文化を維持し続けています。
ヨーロッパ内のトルコ人コミュニティも同じ。
いえ、異文化世界に暮らすことによって、かえってトルコ人としての伝統文化を守る意識は
本国にいる時より強いのかもしれません。

さて、この映画の監督ファティ・アキンですが、ドイツ・ハンブルグの生まれで、35歳。
ヨーロッパで教育を受けましたが、家庭ではトルコ語を話していました。
子どもの頃から、夏休みになると毎年トルコに行っていたそうです。

ヨーロッパとトルコ、ふたつの文化圏に生き、ドイツ語とトルコ語を話し
大学を出て映画を撮るようになった時、監督はためらわずにトルコを撮影しました。
トルコを知るにつれて、トルコに魅かれていきましたが、その問題点も見えてきました。
これこそ、ヨーロッパ圏での生活が二世代目に入った若いトルコ系ドイツ人の抱える
アンビヴァレンスなのでしょう。

「そして、私たちは愛に帰る」は二組のトルコ人親子と一組のドイツ人母子が織りなす
親子の愛とトルコを描いた映画です。
何の関連もなかった親子がそれぞれのできごとをきっかけに葛藤し、すれ違い
そして、三組がそれぞれにつながりを持ち、大切なものを発見する。
ハンブルグ・イスタンブール間の2000キロという地理上の旅にとどまらず
母と娘、父と息子の心を結ぶ心の旅であり、人生の旅でもある究極のロードムービーです。

ドイツ語タイトルの“Auf der Anderen Seite”。
「向こう岸で」とでも訳すのでしょうか。黒海によって隔てられた彼岸と此岸、ドイツとトルコ。
わかりあえない親と子のようにその距離は遠いのですが、出づるところは同じはず。

      「この映画はふたつの国の関係を巡る映画でもあると思う」 
     ファティ・アキン監督のコメントです。

吸い寄せられるように父のもとへ、車を駆って砂埃の道を進む息子。
大きな夕陽が沈もうとする中、砂浜にひとり腰をおろし
向こう岸を眺める息子の後ろ姿が悲しいほどに、安らぎに満ちていました。

そして、私たちは愛に帰る
監督・脚本/ファティ・アキン
キャスト
バーキ・ダグラク/ネジャット、トゥンジェル・クルティズ/アリ、ヌルセル・キョセ/イェテル、
ヌルギュル・イェシルチャイ/アイテン、パトリシア・ジオクロースカ/ロッテ、ハンナ・シグラ/スザンヌ
12月27日シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

www.bitters.co.jp/ainikaeru


Please click here.
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
by mtonosama | 2008-12-26 05:15 | 映画 | Comments(6)