ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:フィフティ・フィフティ ( 2 ) タグの人気記事

        フィフティ・フィフティ  -2-
                           50/50

f0165567_618331.jpg

                      ©2011 IWC Productions,LLC

                      転んでもただでは起きない脚本家。
                    病気を映画のネタにしようとする友人たち。

                    さすが生き馬の目を抜くアメリカの映画界。

        とはいえ、その位、病気を客観視できれば、病気の方から逃げていってくれるかもしれませんね。

                      さて、そのストーリーは、というと・・・

f0165567_6252614.jpg

ストーリー
シアトルのラジオ局で番組制作をしているアダムは27歳。
まじめで律義で整理整頓も上手で運転免許も持っていない彼なのに、
なぜかその周囲に集まるのは正反対の人間ばかり。

恋人のレイチェルは画家。
マイペースな彼女はいつも泊まりにきては、アダムの家を散らかしっ放しにしていきます。
ラジオ局の同僚で、親友のカイルも女好きでお気楽で、アダムとは真逆の性格。

今日もカイルの車に乗せてもらって出勤するアダム。
このところ、なかなか腰の痛みが治まらないのが気になっています。
「レイチェルとエッチのし過ぎだよ」などとカイルにおちょくられながらも、
思い切って病院で検査を受けることにしたアダムでしたが―――

その結果は、悪性神経鞘腫 神経線維肉腫!
5年後の生存率50%、転移後の生存率は10%という大変シビアなガンでした。

落ち込んでいても仕方がないと、アダムは抗ガン剤治療を受けることに。
レイチェルはアダムの闘病生活を支えると言ってくれるし、
アルツハイマーの父の世話で大変な母親もアダムと同居すると提案してくれます。
会社の同僚たちも心配してパーティを開いてくれました。

さすがに、次第に落ち込んできたアダムは担当医が紹介してくれたセラピストのキャサリンに
診てもらうことにしましたが、このセラピスト、24歳でセラピーの経験もまだまだ未熟です。
若干の不安も抱えつつ、病気に向き合うアダムでした。

思った以上に過酷な抗ガン剤治療。
アダムは患者仲間のアランやミッチに励まされながら、通院を続けます。
しかし、レイチェルは病院への送迎も遅れがち。
いきおいアダムは女好きの悪友カイルに頼むことが多くなるのですが、
カイルときたら、本屋の店員に声をかけデートの約束をとりつける始末。
渋々カイルのデートについていったアダムが目にしたものは、なんとレイチェルの濃厚なキスシーン。

レイチェルは看病に疲れたと告白。アダムも彼女と別れることを決意しました。

シングルになったアダムを連れ出したカイルはなんとガンをネタにナンパを始め、
あろうことか、ナンパは大成功。
でも、治療で体力が落ちているアダムはことに及ぶのは無理でした。

ある日、バスで通院するアダムを見かけたセラピストのキャサリンが車に乗せてくれました。
ところが、その車ときたら、ゴミで足の置場もないほど。
うんざりしつつも、なぜかキャサリンと一緒だと心が落ち着くアダム。

そんなとき、患者仲間のティムが亡くなります。
さらに、抗ガン剤の効果がなく、摘出手術をしないと転移の危険があると
アダムは医師から告げられるのでした……


f0165567_626101.jpg

               えーっ!重い病気なのに通院で治療できるのですね。
              身体のケアだけでなく、心のケアも同時進行されるんだ!
               そして、治療の合間にナンパまでできちゃうんだ!!
          重病であっても、普通の生活が営めるなら、その方が良いですものね。

  さらにさらに、単に女好きなだけだと思っていた悪友カイルが、実は、意外な心遣いをしていたり、
    アルツハイマーのおとうさんが息子の手術の前にかつての頼りになる親父の姿に戻ったり。
      笑ったり、しようがない人たちだねぇ、と思って観ていた人たちが見せてくれる
            想定外の素晴らしさに、ちょっとほろりと来てしまいました。

         明日は何が起きるかわからない、フィフティ・フィフティの人生だったら、
   今日という日をなによりも大切な日として過ごしたい、と今さらながら思ったとのであります。

   

                              

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月17日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

フィフティ・フィフティ
監督/ジョナサン・レヴィン、脚本/ウィル・レイサー、製作/エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ベン・カーリン、音楽/マイケル・ジアッキノ、撮影/テリー・ステイシー
出演
ジョセフ・ゴードン=レヴィット/アダム、セス・ローゲン/カイル、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード/レイチェル、アンジェリカ・ヒューストン/ダイアン、マット・フルーワー/ミッチ、フィリップ・ベイカー・ホール/アラン
12月1日(木)TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
2011年、アメリカ、100分、配給/アスミック・エース、http://5050.asmik-ace.co.jp/

by mtonosama | 2011-11-17 06:39 | 映画 | Comments(10)
        フィフティ・フィフティ  -1-
                             50/50

f0165567_5302789.jpg

                        ©2011 IWC Productions,LLC

                  あの~、人生って突然とんでもないことが起こりますよね。
                  もしかして予兆みたいなものはあったのかもしれませんが、
                それは、後になって「あれがそうだったのか」と思うだけであって、
         やはり「ある朝目覚めたら、突然、虫になっていた!」的な事態に襲われるものであります。

                           え?実感がこもってるって?
                               実は・・・・・

                              って、違います。

         でも、いずれにしても、ずう~っと今の平穏な生活が続くというのはありえない訳であって、
               明日は冷たい歩道で膝を抱えて座り込んでいるかもしれないし、
           あるいは、アパートの窓から夜空に輝く2つの月を眺めているかもしれません。

                ま、突然の事態だからこそ、アドレナリンもいっぱい湧き出して
              とんでもないことに対して、闘うってこともできるのかもしれませんが。

f0165567_534749.jpg

            そんな映画が、今回当試写室で上映する「フィフティ・フィフティ 50/50」です。

               酒も煙草もやらず、エコな生活を心がけている27歳の普通の青年に
               突然告げられた病名はガン!生存率50%、その反対の比率も50%。
                        生きるか死ぬかはフィフティ・フィフティ。

          本作の脚本を書いたウィル・レイサーが自身の闘病中のエピソードをまとめあげた
                       というだけあって、現実味があります。
              だから、逆に、やたら深刻になったり、愁嘆場を演じたりせず、
       時には、笑ったり、「そこまでするかぁ?」とつっこみを入れることもできる安心感があります。

                 主人公アダムを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットと
                  エッチな悪友カイル役のセス・ローゲン良かったです。
         ちなみにこのセス・ローゲンは脚本を書いたウィル・レイサーの友人なのだそうです。
                  セス・ローゲン、製作にも名前があがっていますね。

f0165567_5411147.jpg

                  脚本家のウィル・レイサーとセス・ローゲン、
 そして、プロデューサーのエヴァン・ゴールドバーグが出会ったのはある番組の制作現場でした。皆まだ20代。
          過酷な制作環境の中で疲れ果てたウィルが病に侵されていたことには
                      誰も気付かなかったといいます。
              8ヶ月後の番組終了時に、ウィルはガンの宣告を受けました。

             その後、闘病生活に入ったウィルに、脚本を書くよう勧めたのは
                  セス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグ。
                    セスはその理由をこう語っています。
 「若い男が重い病と闘う映画を観たことがなかったからね。正しく扱えば最高に面白い話になると思ったんだ

                  確かに若い男性の闘病映画ってあまりないかも。

              病気を扱った映画で、甘美なメロディと共にすぐ思い出すのは
                      「ある愛の詩」(‘70)(古っ)ですが、
          この映画は、アリ・マッグロー演じる若い妻が愛する夫の献身にも関わらず、
                       死んでしまうというものでした。
         当時の若き乙女たちの紅涙をしぼって、しぼって、しぼりつくした映画でしたねぇ。

              でも、3人に1人とも、2人に1人とも言われるガン患者の増加の中、
             治る人も随分多くなっているのですから、泣いてばかりはいられません。

             そんなわけで、この映画はまったくもってお涙ちょうだいではありません。
                        泣きたい方にはごめんなさい。
    さりげなく治療に向かうアダムと、なぜかいつも傍にいておかしな励まし方をしてくれる友人カイルを軸に、
          家族や恋人との関係を、経験者ならではのリアルで温かい目で描いた作品です。

                    もし、どうしても泣きたい方もご安心ください。
            温かい気持ちになって、ホロッと来てしまうシーンもちゃーんとありますから。

                         さあ、どんなお話でしょうね。
                        次回まで乞うご期待であります。

                                

ブログランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村 
☆11月14日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

フィフティ・フィフティ
監督/ジョナサン・レヴィン、脚本/ウィル・レイサー、製作/エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ベン・カーリン、音楽/マイケル・ジアッキノ、撮影/テリー・ステイシー
出演
ジョセフ・ゴードン=レヴィット/アダム、セス・ローゲン/カイル、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード/レイチェル、アンジェリカ・ヒューストン/ダイアン、マット・フルーワー/ミッチ、フィリップ・ベイカー・ホール/アラン
12月1日(木)TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
2011年、アメリカ、100分、配給/アスミック・エース、http://5050.asmik-ace.co.jp/

by mtonosama | 2011-11-14 06:16 | 映画 | Comments(4)