ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:フェルザン・オズぺテク監督 ( 2 ) タグの人気記事


カプチーノはお熱いうちに
-2-
Allacciate le cincture


f0165567_5381727.jpg


(C)2013 All rights reserved R&C Produzioni Srl - Faros Film


イタリア人も、日本人も、どこの国の人でも、
人は思いがけない相手と恋に落ちてしまったりします。
「え~っ!全然タイプじゃないのに」
という人を好きになってしまうのだから
人生ままならぬものです。
相手に夢中なうちは良いけれど、
ハッと我に帰った時「なんだってこんな男(女)と――」と思ったってもう遅い。

本作の主人公もそうなんです。
カフェで働くエレナは雨のバス停で口げんかした野卑な男アントニオと
恋に落ちてしまいます。

でも、この口げんかまでのイントロがとても素敵なんです。
石畳に激しくしぶく雨の中を歩く人々の脚から映画は始まるのですが、
石畳、激しい雨、急ぎ歩く脚――
観客の視線を雨脚につれて誘い、次第に期待感へと高めていきます。
ちょっと昔のフランス映画みたいでとても洒落ています。

美人で、気は強いけれど、案外うぶなエレナ。
マッチョで、人種差別主義者で、粗野なアントニオ。
まったく不釣り合いな二人です。

さあ、こんな二人の恋の行方は?

f0165567_5393934.jpg

ストーリー
エレナは親友のシルヴィア、ゲイのファビオとカフェ”タランチュラ“で働いている。
ある雨の日のバス停。
エレナはバスを待つ客同士の言い争いに巻き込まれる。
口汚く老女や移民を罵る乱暴な男アントニオに勝気なエレナは激しく言い返すのだった。

数日後、恋人のジョルジョとパーティに出たエレナはアントニオと再会する。
彼は親友シルヴィアの恋人だったのだ。
談笑中、アントニオに会社から電話が。
皆が見ている中で下品な言葉遣いで応対するアントニオ。最悪だ。
エレナもファビオも、シルビアに「あんな男と交際するのはやめろ」と忠告。
でも、シルビアはきかない――

そんな中、いつか自分のカフェを持ちたいといっていたエレナに一大転機が訪れる。
ファビオがすごい物件をみつけてきたのだ。

開店準備をしているエレナのところにアントニオが現れる。
「俺が嫌いなんだろ?」そんなアントニオを無視して作業を続けるエレナ。
コーヒーマシンを組立ながら、アントニオに説明書を読んでくれるよう頼んだエレナは
彼が識字障害者であることを知ってしまう。
それ以来、度々カフェにやってくるアントニオが気になって仕方ない。
でも、アントニオは親友の恋人だし、生き方も性格も自分とは正反対。
どうにも気持の整理がつかないエレナだった。

一方、新しいカフェ”ガススタンド“の準備は着々と進んでいた。


13年後、多くの人で賑わう”ガススタンド“。
皆に囲まれて13周年を祝うエレナとファビオ。
事業の拡大をファビオに持ちかけるエレナはもうすっかり企業家の顔だ。

仕事を終え、子どもたちを預けていた母の家に寄り、自宅に帰るエレナ。
酒瓶が林立するリビングを抜け、寝室に向かうと、
夫アントニオがいびきをかいて眠っている。
翌日、アントニオが公共料金を払い忘れたことで始まった夫婦喧嘩。
「何から何までやるのはもうたくさん!」と怒るエレナに
「くたばれ!」とアントニオ。
ああ、恋に落ちた男女も10数年を過ぎれば――

ある日、叔母に誘われスパに行き、その後、乳ガン検診を受けるエレナ。
だが、軽い気持で検診を受けた彼女にガンが見つかった。
”カフェ・ガススタンド“でアントニオ、ファビオ、母、叔母に結果を伝えるエレナ。
ショックを受け、無言でカフェを出て行くアントニオ。

化学療法を受けるため通院しながら仕事も家庭もこなそうとするエレナ。
子どもたちも寝静まった夜。話したいことも話せない不器用な二人。
ある日、無理がたたったエレナは店で倒れ、そのまま入院することになってしまった……

f0165567_5405197.jpg

イタリア式恋愛映画と思いきや、
これじゃあ日本の不器用な中年、初老、あるいは老夫婦と同じではありませんか。
腹筋が横に割れていたアントニオのお腹も、13年も経てば見事に出っ張り、
おつむの方も何やら寂しげになっていますし。
(実際、アントニオ役のフランチェスコ・アルカは撮影のために13キロ太ったんですって)

恋愛なんて人生のはしかみたいなもの。
歳をとれば忘れてしまうものかもしれませんが、
案外なにかをきっかけにボッと発疹が現れることもあるのか・・・な?

仕事も家庭も何もかも背負い込んでしまうエレナだけど、
彼女の周囲には味わい深い人達がいっぱい。
家族や古い友人、入院中に出会った友人。
そんな人々を通じて夫への想いも生き方も穏やかになっていけたエレナです。

恋愛映画でもあり、家族愛の映画でもあり、
あの時ああしていればなぁ的青春物語でもあり、
ジャンルを決めるのは難しいけれど、
でも、心にしみる映画でした。





今日もポチッとしていただければうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月22日に更新しました。皆さん良いお休みをお過ごしでしょうか?☆

カプチーノはお熱いうちに
監督・原案・脚本/フェルザン・オズぺテク、原案・共同脚本・製作/ジャンニ・ロモリ、製作/ティルデ・コルシ、撮影/ジャン・フィリッポ・コルティチェッリ
出演
カシア・ムストゥニアク/エレナ、フランチェスコ・アルカ/アントニオ、フィリッポ・シッキターノ/ファビノ、カロリーナ・クレシェンティーニ/シルヴィア、フランチェスコ・シャンナ/ジョルジョ、カルラ・シニョーリス/アンナ(エレナの母)、エレナ・ソフィア・リッチ/カルメラ、ヴィヴィアナ、ドーラ(エレナの叔母)、パオラ・ミナッチョーニ/エグレ(病室の友人)、ルイーザ・ラニエリ/マリクラ(美容室の店主)、ジュリア・ミケリーニ/ディアーナ(エレナの担当医)
9月19日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2014年、イタリア、112分、カラー、字幕/関口英子、配給/ザジフィルムズ、後援/イタリア文化会館
http://www.zaziefilms.com/cappuccino/

by Mtonosama | 2015-09-22 05:50 | 映画 | Comments(2)

カプチーノはお熱いうちに
-1-
Allacciate le cincture

f0165567_4474433.jpg

(C)2013 All rights reserved R&C Produzioni Srl - Faros Film


『カプチーノはお熱いうちに』。
本作は『あしたのパスタはアルデンテ』
http://mtonosama.exblog.jp/16410344/ http://mtonosama.exblog.jp/16422713/
のフェルザン・オズぺテク監督の作品です。

『あしたのパスタはアルデンテ』のオリジナル・タイトルは“Mine Vaganti”。
〈浮遊機雷〉という意味でした。
本作も“Allacciate le cincture”〈シートベルトをお締めください〉。
邦題が『カプチーノはお熱いうちに』。

なんですかねぇ。イタリアが舞台ってことを強調したいが故のこのタイトルでしょうか。
ちょっとなぁ・・・
でも、「今日、『シートベルトをお締めください』を観てくるね」より
「『カプチーノはお熱いうちに』観てくるわ」の方がわかりやすいのは確かです。

f0165567_4501096.jpg

舞台は前作と同じくレッチェ。
イタリア半島の長靴かかと部分にある街で、
海がきれいです。
アドリア海とイオニア海に挟まれた場所にあるので、
気分やお天気次第でどちらの海で泳ぐこともできるのだそうです。
「今日はなんてアドリア海日和なんだ!」なんてね。

前作は老舗パスタ会社の騒動をゲイの息子たちと絡めて描いた映画でした。
パスタ会社の話だからアルデンテというわけです。
本作はカフェを舞台にした人間味あふれる作品。
カフェだからカプチーノですね。
ちゃんと筋が通っています。

あ、今回もゲイの友人が登場します。
同時に、家族愛や人情味に溢れるお話です。
なんかホッコリした気分っていうか、通い合う部分があるな、
と思えるのは、舞台が南イタリアですし、
フェルザン・オズぺテク監督はトルコ出身だからかもしれません。

f0165567_451174.jpg

フェルザン・オズぺテク監督
1959年イスタンブール生まれ。77年にイタリアに移住。ローマ・ラ・サピエンチァ大学に入学。
その後、シルヴィオ・ダミーコ国立演劇アカデミーの演出コースで学ぶ。
97年に監督デビュー作“Hamam”『私の愛したイスタンブール』(TV放送)が
カンヌ国際映画祭監督週間正式出品となり、世界の多くの国々で公開される。
2作目はイタリア=フランス=トルコ合作映画 “Harem suare”『ラスト・ハーレム』(‘99)で
オスマン・トルコの最後の日々を描いた。
3作目の“『無邪気な妖精たち』(‘01/イタリア映画祭上映)はベルリン国際映画祭に正式出品され、
フライアーノ映画祭で監督賞、ニューヨーク・レズ&ゲイ映画祭で最優秀作品賞を受賞。
4作目の『向かいの窓』(‘03 DVD)ではカルロヴィ・ヴァリ映画祭でグランプリ、最優秀監督賞、最優秀女優賞の3部門を制覇、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で11部門に
ノミネートされ最優秀作品賞をはじめ4部門で受賞し、国内外で監督としての評価を確立。
それ以後もダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞12部門ノミネートされた『聖なる心』(‘05 /イタリア映画祭上映)、『対角に土星』(‘07 /イタリア映画祭上映)、ヴェネツィア国際映画祭に正式出品された“Un giorno perfetto”(‘08)、『あしたのパスタはアルデンテ』(‘10)、『異人たちの棲む館』(‘12 DVD)
等の作品をコンスタントに発表し続けている。
それらは人間のコミュニケーションやセクシュアリティをモチーフ、テーマとして採りあげ、
俳優の演技、物語の面白さ、映画的演出で観客を魅了。
次回作は著作“Rosso Istanbul”「赤いイスタンブール」の映画化。
異国で成功した映画監督が故郷に帰るという自伝的物語。

監督の紹介が長くなりましたが、さあ一体どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月19日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

カプチーノはお熱いうちに
監督・原案・脚本/フェルザン・オズぺテク、原案・共同脚本・製作/ジャンニ・ロモリ、製作/ティルデ・コルシ、撮影/ジャン・フィリッポ・コルティチェッリ
出演
カシア・ムストゥニアク/エレナ、フランチェスコ・アルカ/アントニオ、フィリッポ・シッキターノ/ファビノ、カロリーナ・クレシェンティーニ/シルヴィア、フランチェスコ・シャンナ/ジョルジョ、カルラ・シニョーリス/アンナ(エレナの母)、エレナ・ソフィア・リッチ/カルメラ、ヴィヴィアナ、ドーラ(エレナの叔母)、パオラ・ミナッチョーニ/エグレ(病室の友人)、ルイーザ・ラニエリ/マリクラ(美容室の店主)、ジュリア・ミケリーニ/ディアーナ(エレナの担当医)
9月19日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2014年、イタリア、112分、カラー、字幕/関口英子、配給/ザジフィルムズ、後援/イタリア文化会館
http://www.zaziefilms.com/cappuccino/

by Mtonosama | 2015-09-19 04:57 | 映画 | Comments(4)