ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:フタバから遠く離れて ( 2 ) タグの人気記事

フタバから遠く離れて
 Nuclear Nation  -2-

f0165567_6103278.jpg

(C)2012 Documentary Japan, Big River Films

『フタバから遠く離れて』の試写を観終わった時、舩橋淳監督の挨拶がありました。
「ぼくたちはずっとこの町で定点観察をしていきます」
という言葉が印象的でした。
テレビも新聞もやらないことを映画はできるんだ、と嬉しくなりました。

「フタバから遠く離れて」-避難編- が本作だとしたら、
希望編、復興編、未来編も撮り次いでいってくれるのか、と、
映画というメディアの持つ力強さに感動しました。

本作は避難所の旧騎西高校に暮らす双葉町民たちの9ヶ月の日々を
彼らに寄り添って撮影したものです。
定点観測でもあり、時系列に沿った撮影ですから、
お弁当の配布の様子や
天皇皇后両陛下の訪問や、自衛隊軍楽隊の慰問演奏など、
避難生活のハレの部分もケの部分も記録されています。

カメラの眼が避難者の眼とひとつになっていました。


舩橋淳監督
映像作家。東京大学教養学部表象文化論分科卒業後、ニューヨークで映画制作を学ぶ。
長編映画「echoes」(‘01)は仏アノネー国際映画祭で審査員特別賞、観客賞を受賞。
第2作「BIG RIVER」(‘06 主演/オダギリジョー、製作/オフィス北野)はベルリン映画祭、釜山映画祭でプレミア上映される。
またニューヨークと東京で時事問題を扱ったドキュメンタリーの監督も続けており、
アルツハイマー病に関するドキュメンタリーで米テリー賞を受賞。本作の撮影過程を記録した著書「フタバから遠く離れて――避難所からみた原発と日本社会」を10月に出版予定。
‘01 「echoes」(‘01全国公開)
‘06 「BIG RIVER」(‘06全国公開)
‘09 「谷中暮色(Deep in the Valley)」(‘10全国公開)
‘12 「フタバから遠く離れて」
‘13 「桜並木の満開の下に(仮題)」(‘13公開予定)

監督は広島の被曝2世です。
彼は頻繁に避難所へ通い、ボランティア活動もしながら町民たちとの信頼関係を築いてきたといいます。

そうした過程を経て撮影された映画です。

f0165567_6142580.jpg


牛舎の中で死んでいる牛たちの姿に絶句し、
喫煙所でタバコを吸いながら本音を漏らす、おじちゃんやおばちゃんたちの話にうなずきました。
東京へ抗議デモに向った町民たちの声に、自民党本部前に整列し、
手を振って応えるカメラ目線の政治家たちの茶番に腹が立ちました。
「『フタバを返せ』って言ったって返っちゃこないんだけどね」
と自嘲的に話す町民に、どう答えればいいのかわかりませんでした。

9ヶ月の記録は、事故直後の町民の必死だった様子から
表面上は穏やかさが戻った日常までを、とらえています。
最初はよそものだったカメラが彼らと一体化していきます。
その流れの中で町民も町長も変わりました。
原発所在地の町長や市長の会議で声を荒げるどころか、何も語らなかった双葉町町長が
次第に声を発するようになっていくのははっきりと目に見える変化です。
一方、大臣たちは証拠づくりのためでもあるかのように会議に顔だけ出して、
後は用事があるので失礼します、と帰っていきます。

先の見えない避難生活を送りながら、
原発を推進していたことで自業自得と罵られ、自分で自分を責める町民たち。

長いスパンを覚悟に入れ、定点撮影を決意した映画ならではの視点を感じました。

少しでも早く希望を感じられる続編が撮影されることを熱望します。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月11日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

フタバから遠く離れて
監督/ 舩橋淳、プロデューサー/橋本佳子、撮影/舩橋淳、山崎裕、音楽/鈴木治行、エンディングテーマ「for futaba 」作曲・演奏/坂本龍一
出演
双葉町のみなさま、双葉郡のみなさま
10月13日(土)よりオーディトリウム渋谷ほか全国順次ロードショー
2012年、日本、96分、製作・配給/ドキュメンタリージャパン、ビッグリバーフィルムズ
http://nuclearnation.jp/jp/

by Mtonosama | 2012-10-11 06:23 | 映画 | Comments(8)
フタバから遠く離れて 
Nuclear Nation -1-

f0165567_6221263.jpg

(C)2012 Documentary Japan, Big River Films

フタバ
福島県双葉町。福島第一原発の5号機と6号機がある町です。
昨年3月のあの事故の後、町全体が警戒区域となり、
1423人の町民が250km離れた埼玉県の旧騎西高校へ避難しました。
町全体で移住、という考えられないような事態です。

あれから1年7ヶ月が過ぎようとしています。
国会前では毎週金曜日になると反原発デモが行われています。
でも、メディアでは民主党や自民党の総裁選び一色。
忘れるには早すぎるのではないですか?

テレビや新聞は新しいことだけを追っかけるのが仕事だとしたら、
(それにしても毎週金曜日のデモのこと、もう少し知らせてくれてもいいと思うんですけどね)
テレビや新聞が忘れたように見えた頃、おもむろに、
あのことが今も終わるどころか、継続中であることを知らせるメディアがありました。
何だと思います?
そう、映画です。

f0165567_6331526.jpg

「フタバから遠く離れて」は、町ぐるみの移住という稀有の体験を
現在も続けている福島県双葉町の避難生活を描いたドキュメンタリーです。
あの日、
故郷と共に、
家も、
慣れ親しんだ暮らしも、
仕事も、
祭りも、
想い出を確かめるよすがも、
すべてを失った町民たちの日常を9ヶ月間にわたって記録した映画です。

f0165567_6351969.jpg

さて、冒頭で、双葉町のことを福島第一原発5号機、6号機がある町とご紹介しました。
5号機、6号機?
そうなんです。福島第一原発には6基の原発があるんですね。
1号機から4号機については比較的報道されることが多いのですが、
この5、6号機はあまり意識にのぼりませんでした。

ニコニコニュースにこんなレポートがありました。 http://news.nicovideo.jp/watch/nw104783

福島第一原発には6基の原発があるが、連日のように報道される1~4号機に比べると、
5、6号機の動静はほとんど伝えられない。
 地震発生時に5、6号機は定期検査中。しかも、午後3時35分に到達した高さ15mの津波によって、
1~4号機の全交流電源が喪失したのに対し、5、6号機は1台の非常用ディーゼル発電機が運転を継続、10日後には外部電源に切り替えられ、以降、原子炉内の温度が100度以下になる「冷温停止」が続いている。
 衛星写真で見ればよくわかるが、5、6号機は双葉町にあり、南にある大熊町の1~4号機とは少し離れている。この若干の距離感に「冷温停止」の安心感が、5、6号機の存在を忘れさせる。
by伊藤俊博氏

双葉町は原発の町であり、かつ、町全体が警戒区域となり全町避難を余儀なくされた町です。

以前より目に触れることが少なくなった原発事故。
だからといって、決して終わってはいません。
はたして終息宣言を出せる状態だったかどうかもわかりません。
まだまだ現在進行中なのだと思います。




今日もポチッとお願いできれば嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

フタバから遠く離れて
監督/ 舩橋淳、プロデューサー/橋本佳子、撮影/舩橋淳、山崎裕、音楽/鈴木治行、エンディングテーマ「for futaba 」作曲・演奏/坂本龍一
出演
双葉町のみなさま、双葉郡のみなさま
10月13日(土)よりオーディトリウム渋谷ほか全国順次ロードショー
2012年、日本、96分、製作・配給/ドキュメンタリージャパン、ビッグリバーフィルムズ
http://nuclearnation.jp/jp/

by Mtonosama | 2012-10-08 06:35 | 映画 | Comments(6)