ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:フランソワ・オゾン監督 ( 4 ) タグの人気記事


彼は秘密の女ともだち
-2-
The New Girlfriend

f0165567_5545675.jpg

(C)2014 MANDARIN CINEMA - MARS FILM - FRANCE 2 CINEMA - FOZ


さてさて、オゾン作品のいつものお楽しみはヒロインです。
フランスには良い女優さんが多いなぁ、と今更ながら感心します。

今回、主人公クレールを演じるのはアナイス・ドゥムースティエ。

アナイス・ドゥムースティエ
1987年フランス・リール生まれ。12歳でデビュー。ジュリエット・ヴィノシュ主演『ジュリエット・ヴィノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー』(‘10)やオドレィ・トトゥ主演の『テレ―ズ・デスケルウ』(‘11、日本未公開)、『キリマンジャロの雪』(‘10)
http://mtonosama.exblog.jp/17634953/ http://mtonosama.exblog.jp/17646015/
『間奏曲はパリで』(‘13)に出演。セザール賞有望若手女優賞にノミネートされた。

きれいというより可愛いという形容詞が似合う女優さん。
今までのオゾン作品とはタイプが違う感じです。
とのは好みですけれど。

普通な感じの彼女が主人公を演じることによって
ちょっと危ないお話が素直なラブストーリーになったような気がします。

さあ、一体どんなラブストーリーなのでしょうか。

f0165567_5555067.jpg

ストーリー
クレールの親友ローラが死んだ。
夫のダヴィッドと生まれたばかりの娘リュシーを遺して・・・

クレールがローラと出会ったのは7歳の時。
転校してきたローラの強いまなざしに魅入られ、
クレールは彼女こそ“永遠の友”と確信する。

成長したローラはいくつもの恋を経てダヴィッドと結婚。
クレールがジルと結婚した時、ローラのお腹には赤ちゃんがいた。
だが、その子が洗礼式を迎える頃、ローラは病に侵され、
あっけなく不帰の人となってしまった。

葬儀から数週間を経てもクレールの悲しみは癒されない。
赤ちゃんのリュシーを見ればローラを思い出すのがつらく、
ダヴィッドにも連絡をとることはできないまま。
仕事に集中することもできず、1週間の休暇をとる。
思いきってダヴィッドに電話をするのだが、いつも留守電。

クレールは勇を鼓してダヴィッドの家を訪れる。だが、ノックをしても返事はない。
帰ろうと思った矢先、家の中からリュシーの声が聞こえてくる。
ドアを開けて、中に入ると見知らぬ女性がリュシーをあやしていた。
振り向いた“彼女”を見てビックリ。
なんとその女性はローラの服を着たダヴィッドだったのだ。

ダヴィッドはリュシーをあやすため、ローラの服を着たのだという。
クレールは動揺を抑えることができず、ダヴィッドの家から飛び出していった。

夫ジルから「誰に会っていたの?」と訊かれ、
「友だちのヴィルジニアよ」ととっさに架空の名前を答えるクレール。

リュシーをローラの両親に預けることにしたダヴィッドは、
クレールに「ショッピングにつきあって」と頼む。
最初はとまどっていたクレールだが、“ヴィルジニア”のために服やウィッグを選ぶ内、
彼女との時間が楽しみになり、クレール自身華やいだ気持に変わっていくのだった。

数日後、クレールはダヴィッドから呼び出され、
「“ヴィルジニア”でいることが自分らしい生き方である」と告げられる。
そして“ヴィルジニア”からローラの両親の別荘への一泊旅行に誘われたクレールは
夫に嘘をつき、家を出た。
別荘に向う途中のガソリンスタンドで、ダヴィッドから“ヴィルジニア”に変身。
“女二人旅”が始まる……

いえね、お話そのものはとっても危ないんです。
最初の内は、女装者というのはみんなゲイなのか、
という先入見にとらわれていたこともあり、
かなりとまどってしまいました。
とんだところで、自らの保守性が露呈してしまったというか、テヘッであります。

とはいえ、“ヴィルジニア”ことダヴィッド、
いえ、ダヴィッドこと“ヴィルジニア”でしょうか。
この人が妙なおねえ言葉を使ったり、
クネクネしたりというような男性目線での“女性らしさ”を表現してないところで
好感度グーンとアップ。
女もいろいろ、男もいろいろ、人生いろいろ。
ステレオタイプの女らしさをおしつけてこない上品な映画でした。

毎回進化するオゾン監督。
いつも楽しませてくれてありがとうございます。






今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月8日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

彼は秘密の女ともだち
脚本&監督/フランソワ・オゾン、製作/エリック&ニコラス・アルトメイヤー、撮影/パスカル・マルティ、衣装/パスカリーヌ・シャバンヌ
出演
ロマン・デュリス/ダヴィッド&ヴィルジニア、アナイス・ドゥムースティエ/クレール、ラファエル・ペルソナ/ジル、イジルド・ル・ペスコ/ローラ、オーロール・クレマン/リズ、ジャン=クロード・ボル=レダ/ロベール、ブルーノ・ペラール/エヴァ・カールトン、クロディーヌ・シャタル/子守、アニタ・ジリエ/看護士、アレックス・フォンダ/看護助手、ジタ・ハンロ/ウェートレス
8月8日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館他にてロードショー
2014年、フランス、フランス語、107分、日本語字幕/松浦美奈、配給/キノフィルム、後援/在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、http://girlfriend-cinema.com/

by Mtonosama | 2015-08-08 05:36 | 映画 | Comments(6)

彼は秘密の女ともだち
-1-
The New Girlfriend

f0165567_517452.jpg

(C)2014 MANDARIN CINEMA - MARS FILM - FRANCE 2 CINEMA – FOZ


世の中にはトランスジェンダーとかゲイとかレズとかいろいろあって
なにがどう違うのかよくわかりません。

トランスジェンダー
狭義には、生まれもっての性とは反対の性の心を持ち、反対の性での生活、もしくは既存の性役割にとらわれない形での生活を望みながらも、形成外科(性別適合)手術は望まない人を指す。彼らにとっては自らの性器は喜ばしいものであり、違和感はない。女装や男装(=トランスベスタイト又はクロスドレッサー)はする人としない人がいる。
広義には、それに加え、性転換願望があるトランスセクシュアル(=ニューハーフ)などを含む総称として用いられる。
日本ではクリス松村、おすぎ、ミッツ・マングローブなどが知られている。
(はてなキーワードより)

実は本作のキーポイントはトランスジェンダーの説明の中にも出てきた「女装」です。

クロスドレッサー
女装者も男装者も身体的性への違和感から性転換手術を望んでいるわけではなく、精神医学の世界では「性同一性障害」(トランスセクシャル)の人と区別される。ただ、性同一性障害の人も異性装者コミュニティに混在している。異性装者には同性愛者、異性愛者、両性愛者がいる。近年ではトランスベスタイトではなくクロスドレッサーと呼ぶことが多い。
(はてなキーワードより)

f0165567_5182570.jpg

いろんな人がいて、
本人も周囲の人もとまどいながらも受け止めていくというのが、
世の中のならいではありましょう。
とまどう期間は深刻で、受け入れるまでには時間もかかるのでしょうが。

しかし、それがフランソワーズ・オゾン監督の手にかかるとこんなにおしゃれな映画になりました。

フランソワーズ・オゾン監督といえば、最近では『17歳』(‘13)
http://mtonosama.exblog.jp/21337565/ http://mtonosama.exblog.jp/21351358/
が印象に残っています。
毎回毎回、前をひきずらない全く新しい視点の映画を送りだすオゾン監督。

今回もまた思わぬ視点から斬り込んできました。

若くてハンサムだった鬼才フランソワーズ・オゾンももう48歳。
巨匠という言葉はまだ似合わないけれど、
よくぞ、ここまで観客をひきずりこむ映画を創ってくれました。
ありがとうございます。

女装といえばマツコ・デラックスを思い浮かべてしまいますが、
(あれ?)
本作で女装するのはロマン・デュリス。
f0165567_5204190.jpg

そうです。
『ガッジョ・ディーロ』(‘97、トニー・ガトリフ監督・脚本)、
『スパニッシュ・アパートメント(‘01、セドリック・クラビッシュ監督)、
『タイピスト!』(‘12、レジス・ロワンサル監督・脚本)のあのロマン・デュリスです。
http://mtonosama.exblog.jp/20173464/ http://mtonosama.exblog.jp/20190062/

足首がキュッとしまった美しい脚。
襟を立て、ウェストをしぼったトレンチコートの後ろ姿に思わず見とれてしまいました。

この映画のために体重を落とし、
衣装担当のパスカリーヌ・シャバンヌに頼んで、
ハイヒールを取り寄せ、歩く練習もしたのだそうです。

『トッツィー』(‘82、シドニー・ポラック監督)のダスティン・ホフマンも
女装しましたよね。
ま、並みの女性なら「負けた・・・」とつぶやきたくなる位のスタイルの良さでした。
こちらはコメディでしたけどね。

でもね、本作はまたちょっと違います。
続きは次回までのお楽しみということで。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月5日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます。猛暑の中、ご自愛くださいませ☆

彼は秘密の女ともだち
脚本&監督/フランソワ・オゾン、製作/エリック&ニコラス・アルトメイヤー、撮影/パスカル・マルティ、衣装/パスカリーヌ・シャバンヌ
出演
ロマン・デュリス/ダヴィッド&ヴィルジニア、アナイス・ドゥムースティエ/クレール、ラファエル・ペルソナ/ジル、イジルド・ル・ペスコ/ローラ、オーロール・クレマン/リズ、ジャン=クロード・ボル=レダ/ロベール、ブルーノ・ペラール/エヴァ・カールトン、クロディーヌ・シャタル/子守、アニタ・ジリエ/看護士、アレックス・フォンダ/看護助手、ジタ・ハンロ/ウェートレス
8月8日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館他にてロードショー
2014年、フランス、フランス語、107分、日本語字幕/松浦美奈、配給/キノフィルム、後援/在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、http://girlfriend-cinema.com/

by Mtonosama | 2015-08-05 05:32 | 映画 | Comments(8)
17歳 -2-
JEUNE & JOLIE

f0165567_5113835.jpg

(C) MANDARIN CINEMA-MARS FILMS-FRANCE 2. CINEMA-FOZ


主人公のイザベルはパリの名門リセに通い、母親は大病院の医師、
バカンスの度に家族で長期の旅行に出かける恵まれた17歳です。
両親が離婚したため、実の父とは暮らしていないが、母の再婚相手ともうまくいっています。

そんな彼女になにが起こったか?

誰もが迎える17歳。誰もが経験した17歳。
おとなの目で見たら、イザベルはとんでもないおバカさん。
自分の娘がこんなことしたら悲嘆にくれるか、激昂してひっぱたくか・・・でしょうけど、
ここはひとつ自分が17歳だった頃を想い起こしながら、彼女をじっくり観てみましょうか。


ストーリー
夏。海辺。
真夏の海岸。砂浜で陽光を浴びるイザベル。ビキニに包まれた身体はまだ細い。
顔立ちにも少女っぽさが残るが、まなざしは大人びているようにもみえる。

彼女はバカンスの旅先でドイツ人青年フェリックスと知り合い、
母親から彼を夕食に誘うように言われるが、そんな干渉や指示にはウンザリだった。

その夜、フェリックスに誘われたイザベルは弟に協力を頼み、こっそり裏口から外へ。
海辺でフェリックスと抱き合う。彼女の初体験はあっけなく終了。

翌日、家族と海岸で過ごすイザベルのもとへフェリックスが。
だが、そっけなく振る舞うイザベル。

数日後、家族や友人に祝福され、17歳のバースデイを迎えるイザベル。
フェリックスは招待されていない。
バカンス最後の日、イザベルは彼に別れの言葉さえ交わさず、海辺の街を去る。

秋。パリ。
f0165567_5142088.jpg 瀟洒なホテル。6095号のドアをノックするイザベル。
彼女を迎えた初老の男を見てためらう彼女に男は言う。
「年齢はウソだ。君も写真とは違う」
イザベルはスマホに自身のサイトを開設。それを見て連絡してくる男たちと会っていた。
そう、娼婦である。
放課後になると駅のトイレで母親の服に着替え、化粧をし、ホテルへと向かう。
名前はレア、年齢は20歳、ソルボンヌ大学の2年生と偽っていた。

夕食前に帰宅したイザベルは男から受け取った300ユーロを隠す。
母親は自分のブラウスがなくなったことにしか気づいてはいない。

ある日、両親と演劇を観に行ったイザベルは数日前に関係を持った初老の男を見かける。
休憩時間に視線がぶつかる。その後「同じ時間に6095号で」というメールが届いた。
彼の名はジョルジュ。既婚者、娘もいる。イザベルの若さと美しさに魅了され、それからも度々連絡をしてくるジョルジュ。イザベルも紳士的なジョルジュの態度に好感を持つ。だが、他の男たちとも“ビジネス”を続ける彼女だった。

そんなある日、事件が起きた。
心臓発作を起こしたジョルジュがベッドの上で死んでしまったのだ。
動転してそのまま部屋を立ち去るイザベル。

冬。パリ。
イザベルの母が勤務する病院に警察官がやってくる。
ジョルジュが最後に一緒だった相手がイザベルだとわかり、彼女の放課後の行動が調べ上げられた。
「法的には未成年は被害者なのですが、捜査はします」
何を言われているのか理解できない母。
彼女が事態を理解したのはイザベルの部屋に隠されていたユーロ紙幣を見てからだった。
問い詰める母に何も応えようとしないイザベル。
彼女自身、その行動の理由づけなどできなかったのだ……

f0165567_5184120.jpg

18歳が成人年齢であるフランスでは17歳という歳は微妙な年齢です。
社会的な責任を負わされる年齢の1年前。
もう子供じゃないという焦りと、
大人になりたくないという現状否定の想いと大人になったらなんでもできるという真逆の想い。
子どもであり続けたいと思いながらも、身体はおとなのそれに近づいていく。
それでいて、子どものもろさをひきずる肉体。
身体は愛したいと思いながら、それを受け入れられない心。
また、その逆。
ああ、ほんとにややこしい。
神様が17歳の頃に戻してあげると言ってくれてもご遠慮申し上げたいお年頃。

だからこそ、多くの作家やアーティストが作品にするのでしょうね。


ぜひご自身の17歳の頃を思い出しながらご覧ください。





今日もポチッとしていただけたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2014年1月31日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

17歳
脚本・監督/フランソワ・オゾン、製作/エリック&ニコラスアルトメイヤー、撮影/パスカル・マルティ
出演
マリーヌ・ヴァクト/イザベル、ジェラルディン・ぺラス/シルヴィ。フレデリック・ピエロ/パトリック、ファンタン・ラヴァ/ヴィクトル、ヨハン・レイセン/ジョルジュ、シャーロット・ランプリング/アリス、ナタリー・リシャール/ヴェロニク、ジェジェ・アパリ/ピーター
2014年2月15日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座他全国ロードショー
2013年、フランス、94分、提供/キノフィルムズ、KADOKAWA、配給/キノフィルムズ、後援/在日フランス大使館、アンスティテュ・フランセ日本
http://www.17-movie.jp/

by Mtonosama | 2014-01-31 05:27 | 映画 | Comments(6)
17歳 -1-
JEUNE & JOLIE

f0165567_8494667.jpg

(C) MANDARIN CINEMA-MARS FILMS-FRANCE 2. CINEMA-FOZ


17歳。
14歳と同じくらいとりあげられることの多い年齢です。
映画でも「17歳のカルテ」(’99)、「17歳のエンディングノート」(‘12)
http://mtonosama.exblog.jp/19264404/ http://mtonosama.exblog.jp/19282438/
など印象的な作品があります。

「17歳のカルテ」は精神科病棟に入院した少女たちの話。
実際に自身も境界性パーソナリティ障害で精神科入院歴のあるウィノナ・ライダーが
製作総指揮、出演も果たした作品です。
そして共演のアンジェリーナ・ジョリー。この頃から存在感大ありでした。
すごい女優だなぁと思いました。

歌だって、17歳をタイトルにしたものは多いですよね。
ジャニス・イアンの”At Seventeen”。
ある年代以上の方には懐かしい曲です。
(って、自分のことなのに・・・)



あ、そうそう、南沙織の「17歳」もありました。
♪だ~れもいない海、あなたの愛をた・し・か・め・たくって♪
なんて。へへ。

17歳。
難しい年齢ですよね。
自分のことを思い出しても、恥ずかしくなるほど荒ぶっていました。
(荒れる娘の前で泣きそうな顔をしていた母親を思い出します。おかあさん、ごめんなさい)

17歳ってヴィジュアル的には一番美しい時期であるにもかかわらず、
内面的にはグジャグジャ。
自分は何をしたいのか、
どうすればいいのか、
なんにもわからないけど、
自分がここにいる、ということだけは知ってほしい・・・
もう荒ぶる心と体を抑えることができません。

ふーっ。
あ、そこの17歳、そして、17歳の子どもを持つ親御さん、ため息をおつきですね。

f0165567_784499.jpg

そんな永遠にやっかいなお年頃をフランスの鬼才フランソワ・オゾン監督が映画にしました。


とのがオゾン監督を初めて知ったのは「ホームドラマ」(‘98)でしたが、
当時、監督は31歳。ハンサムだし、これはひいきにせねば、と思ったことを覚えています。
ところが、彼、作品を発表するごとに、
そのカラーというか、雰囲気というか、毎回違うんですよね。
「ホームドラマ」の後、「まぼろし」(‘01)を観て驚き、
その後、「8人の女たち」(‘02)を観てまたまたびっくり。
ひとつにとどまることのない監督です。ライク・ア・ローリングストーンであります。


フランソワ・オゾン監督
1967年、フランス・パリ出身。90年、国立映画学校フェミスの監督コースに入学。短編作品を発表し、「サマードレス」(‘96)でロカルノ国際映画祭短編セクション・グランプリを受賞。97年の中編「海を見る」を経て、翌年発表した長編デビュー作「ホームドラマ」がカンヌ国際映画祭批評家週間で話題となる。99年には「クリミナル・ラヴァーズ」がベネチア国際映画祭に正式出品され、「焼け石に水」(‘00)でベルリン国際映画祭のテディ2000賞を受賞。01年「まぼろし」がセザール賞の作品賞と監督賞にノミネートされ、02年には「8人の女たち」でベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。毎年のように作品を発表しては注目を浴びている。
03年「スイミングプール」
04年「ふたりの5つの分かれ路」
05年「ぼくを葬る」
06年「A Curtain Raiser」(短編映画)
07年「エンジェル」
09年「Rickyリッキー」
10年「ムースの隠遁」
10年「しあわせの雨傘」
12年「危険なプロット」
13年「17歳」
14年「Je suis femme」

47歳にしてこのフィルモグラフィ。すごいですよね。

f0165567_641550.jpg

個人的な主観が入って恐縮ですが、
彼の映画に出演する女優はいつも強烈な印象を残してくれます。
「スイミングプール」のリュディビーヌ・サニエ、
「まぼろし」のシャーロット・ランプリング。
あ、例外的に「ぼくを葬る」の男優メルヴィル・プポー。
彼は素敵だったなぁ。

そして、本作「17歳」でも、
時折見せる大人の女の色香と繊細な少女の風貌、
娼婦のコケットと大人になりきらない肉体、
相矛盾したものを体現する新星マリーヌ・ヴァクトには注目です。

さあ、どんなお話なのでしょうか。
150歳のとのには少し刺激の強い内容だったかもしれません。乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできれば嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2014年1月28日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

17歳
脚本・監督/フランソワ・オゾン、製作/エリック&ニコラスアルトメイヤー、撮影/パスカル・マルティ
出演
マリーヌ・ヴァクト/イザベル、ジェラルディン・ぺラス/シルヴィ。フレデリック・ピエロ/パトリック、ファンタン・ラヴァ/ヴィクトル、ヨハン・レイセン/ジョルジュ、シャーロット・ランプリング/アリス、ナタリー・リシャール/ヴェロニク、ジェジェ・アパリ/ピーター
2014年2月15日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座他全国ロードショー
2013年、フランス、94分、提供/キノフィルムズ、KADOKAWA、配給/キノフィルムズ、後援/在日フランス大使館、アンスティテュ・フランセ日本
http://www.17-movie.jp/ 

by Mtonosama | 2014-01-28 06:51 | 映画 | Comments(9)