ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:フランソワーズ・オゾン監督 ( 2 ) タグの人気記事

          しあわせの雨傘 -2-
                         Potiche

f0165567_5543872.jpg


                 (C) Mandarin Cinema 2010

「君は家のことも仕事もなにもしなくていい。
いつまでも僕のきれいな奥さんでいておくれ」
なんて言われたら、ラッキー♪とばかりに、
美容院へ行って、洋服買って、エステして、マッサージしてもらって、
そして、そして―――
と、思ってしまうとのですが、そればっかりというわけにはいきません。

あの皇妃エリザベートだって、あんなにきれいで、ウエストだって50cmだし、
洋服だって好きなだけ作れたし、
夫は皇帝で、その上、彼女にべた惚れ、やさしいことこの上なかったのですが、
あっちこっち旅行して夫のそばになんかいなかったんですものね。

   それが、あなた、
   皇帝でもなく、王様でもなく、金持ちでもない夫が、
   いくら家事も仕事もしなくていいから僕のそばにいておくれ、
   と言ったとしても(ま、言うわけないけど)、
   家事はともかく仕事や趣味はやめません。えー、やめませんとも。

この映画の主人公スザンヌはブルジョワ・マダム。
皇妃エリザベートのように、
そして、暖炉の上の贅沢で豪華な花瓶のように、美しい飾り物のような人妻なのですが…

ストーリー
朝のジョギングが終われば、あとは詩をつくってノートに書きつけるだけ。
スザンヌ・ピュジョルは優雅で退屈な毎日を送るブルジョワ家庭の奥様。
結婚30年目を迎えた夫のロベールは雨傘工場の経営者で、
彼女に「仕事も家事もやるな」と命令し、
「妻はただ美しく着飾って、夫の言うことに黙ってうなずいていればいいのだ」
などと横暴なことを言います。そして、秘書のナデージュと良い仲だったりします。

f0165567_6135397.jpg

娘のジョエルは父親の浮気の原因は「ママがパパの言いなりになってるせいよ」と非難し、
「私はママみたいな“お飾りの妻”にはならない!」
で、「家庭を顧みない夫とは離婚するわ」と鼻息を荒げます。
息子のローランは芸術家志望で、工場を継ぐ気はまったくなし。
そして、異母兄妹かもしれない父親の昔の浮気相手の娘と恋愛中。

時は70年代。雨傘工場はストライキの真っ最中。
組合側の要求に耳を貸さない社長のロベールは社長室に監禁されてしまいました。
「あら、大変」、スザンヌは急進派の市長ババンに夫の救出を頼みにいきます。
実は、ババンとスザンヌは若かりし頃、燃えるような恋に落ちたことのある間柄。
今もスザンヌを愛しているババンの尽力で、夫ロベールは解放されます。
しかし、ロベールはストのストレスとショックから倒れてしまいました。
さあ、どうする?

f0165567_617131.jpg

なんと“お飾りの妻”だったスザンヌが工場の経営に乗り出すことに。

周囲の予想に反して、スザンヌは従業員たちの心を次第につかんでいきます。
それはもう前社長ロベールよりも確実に。
創業者の娘でもあるスザンヌは組合交渉で、父親の代から勤める従業員に対し、
思いやりをもって接し、ストも無事に終決します。それからはトントン拍子。
スザンヌの経営方針は次々と功を奏し、工場の業績はうなぎのぼりです。
娘のジョエルも母をサポートし、
芸術家志望だった息子のローランは傘のデザインに才能を発揮します。
夫の愛人である秘書のナデージュさえ、スザンヌに心酔するありさま。

しかし、そんなスザンヌたちのもとへ退院した夫が戻ってくると……


f0165567_6105673.jpg

かつての美少女も、今や70歳に手が届こうとするお年頃。
身体こそ当時に比べれば少しばかりふっくらしたけれど、それは世の習いです。

そんなドヌーヴがジャージに身を包み、
あろうことか、頭にはカーラーとネットをつけて、朝もやの中をジョギング。
それも決して軽快とはいいがたいフォームで。

この上流マダムがジャージ着て走るというミスマッチにがっつりつかまります。

なんとなくおかしくて、謎があって、痛快で、上品で、
結局、妻の方が夫より一枚も二枚もうわてなのかな、と思わせてくれるコメディです。
70年代ファッションも懐かしいですよ。

オゾン監督、まじめな映画でも、お笑いの入った映画でも、本当に楽しませてくれます。

ただ、しつこいようですが、邦題「しあわせな雨傘」はなんとかならないものでしょうか。





しあわせの雨傘
監督/フランソワ・オゾン、脚本・脚色/フランソワ・オゾン、原案/ピエール・バリエ&ジャン=ピエール・グレディ、製作/エリック・アルトメイヤー&ニコラス・アルトメイヤー、撮影監督/ヨリック・ル・ソー
出演
カトリーヌ・ドヌーヴ/スザンヌ、ジェラール・ドパルデュー/ババン、ファブリス・ルキーニ/ロベール、カリン・ヴィアール/ナデージュ、ジュディット・ゴドレーシュ/ジョエル、ジェレミー・レニエ/ローラン
2011年1月8日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
2010年、フランス、カラー、103分、配給/GAGA
http://amagasa.gaga.ne.jp/


当試写室、今年最後の上映です。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪2010年12月27日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-12-28 06:24 | 映画 | Comments(6)
         しあわせの雨傘 -1-
                         Potiche

f0165567_6131584.jpg

                  (C) Mandarin Cinema 2010

f0165567_6152491.jpg「シェルブールの雨傘」
(‘64年ジャック・ドゥミ監督。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞)
という映画を覚えておいででしょうか?
“フランスの美少女が歌って踊るミュージカルという映画が来たそうな”と老いも若きも
皆浮かれて映画館に向かったそうです
(ほんとか?)

しかし―――
普通に喋るセリフはいっさいなく、すべて歌だけで構成されたこの映画に、
老いも若きもびっくりしました。

  “シェルブールというところじゃ、郵便屋さんは歌いながら郵便配るのかい?”
  “ひゃーー、通行人が道を尋ねるにも歌で訊く?”
  “ミュージカルというのはたいそう不思議な映画ではないかい?”

と、驚きのあまり、筋をまったく覚えておりませんでしたが、
この度、ストーリーを読み返してみて、
「今ならわかる」とストーリーだけで泣きそうになったとのです。
伊達に歳をとっていません。

はい、この映画「しあわせの雨傘」、タイトルに雨傘とあるだけあって、
「シェルブールの雨傘」へのオマージュにあふれた作品かと思いましたが、
悲恋も、つらい別れも、ありません。

f0165567_618250.jpg

舞台が雨傘工場であることと、あの美少女だったカトリーヌ・ドヌーヴが主役であるということが、
かの名作との共通項でしょうか。

原題はPotiche。邦題の「しあわせの雨傘」はちょっと無理のあるタイトルかも…
ちなみにPotiche(ポティッシュ)とは、フランス語で「棚や暖炉の上に飾られる実用性のない花瓶や壺のこと。転じて、美しいが夫の陰に隠れ、自分のアイデンティティを持たない女性に対して軽蔑的に用いられる言葉」だとか。

「しあわせの雨傘」はフランソワーズ・オゾン監督が観た演劇「ポティッシュ」が
もとになっています。
このお芝居、ブールバール劇とよばれるジャンルで、
軽くてばかげた笑いを楽しむコメディです。
夫や娘にケチョンケチョンに言われても、しっかり言い返す妻を見て、
観客たちは大笑いして溜飲を下げるという筋書き。
ボケとツッコミでも、ボケはやられっぱなしというのではなく、
しっかり反逆するところがミソですね。

f0165567_6262375.jpg

1970年代を背景にしたお話だったので、オゾン監督は映画化に際して、
どのように現代風にアレンジするかと大いに悩みました。
が、しかし、70年代の女性も、現代に生きる女性も、
彼女たちが直面する問題や世間の態度にはそんなに大きな変化はありませんでした。
ここも結構ミソ?

さて、オゾン監督といえば、「8人の女たち」(‘02)で咲き誇る大輪の薔薇とでもいうべき
カトリーヌ・ドヌーヴやエマニュエル・べアールなど名女優総出演の絢爛豪華な映画をつくった人。
最新作「しあわせの雨傘」でも、「8人の女たち」以来、再びドヌーヴの登場。
彼女もはりきって、脚本、キャスティングなど最初から最後まで関わったということです。

――― しかし、今年、当試写室はドヌーヴの映画をたくさん紹介しました。
「隠された日記~母たち、娘たち~」
http://mtonosama.exblog.jp/14555439/ http://mtonosama.exblog.jp/14574151/
「クリスマス・ストーリー」
http://mtonosama.exblog.jp/15000943/ http://mtonosama.exblog.jp/15018476/ 

深刻な作品もつくれば、ゴージャスな作品もつくる映画の高級ブティックともいうべき
フランソワーズ・オゾン監督。
今回は彼のお茶目ではじけた側面が満喫できますよ。

f0165567_6294785.jpg

どんなお話かは次回のお・た・の・し・み♪



しあわせの雨傘
監督/フランソワ・オゾン、脚本・脚色/フランソワ・オゾン、原案/ピエール・バリエ&ジャン=ピエール・グレディ、製作/エリック・アルトメイヤー&ニコラス・アルトメイヤー、撮影監督/ヨリック・ル・ソー
出演カトリーヌ・ドヌーヴ/スザンヌ、ジェラール・ドパルデュー/ババン、ファブリス・ルキーニ/ロベール、カリン・ヴィアール/ナデージュ、ジュディット・ゴドレーシュ/ジョエル、ジェレミー・レニエ/ローラン
2011年1月8日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
2010年、フランス、カラー、103分、配給/GAGA http://amagasa.gaga.ne.jp/


ブログランキングに参加しています。
どうぞ、ポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪12月25日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-12-25 06:48 | 映画 | Comments(4)