ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:プリピャチ ( 2 ) タグの人気記事

プリピャチ -2-
PRIPYAT 

f0165567_5374014.jpg

©NIKOLAUS GEYRHALTER FILMPRODUKTION GMBH

チェルノブイリ原子力発電所事故とは、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される事故である。(Wikipediaより)

映画はワンシーンワンカットで登場人物をとらえ、彼らはカメラに向かって話します。
どの登場人物もスクリーンに映し出された人というより、観客に向かって直接話しかけているように感じられます。
これはきっと私たちが福島を背負ってこの映画を観ているからなのだと思います。

f0165567_5395332.jpg

オリガ・グリゴリエヴナ・ルドチェンコさんとアンドレイ・アノトノヴィッチ・ルドチェンコさんは
チェルノブイリ市に住む老夫婦です。彼らは事故の後、一旦は移住しましたが、
1993年、事故から7年経って、再び故郷に帰ってきました。
夫が話せば、妻もしゃべり、妻が話せば、夫が口をはさむ。
仲が良いのか悪いのか、それでも寄り添って、プリピャチ川の水を汲み、森できのこを採って食べています。
放射能のことはもちろん知っています。このまま、この地に住み続けるのでしょう。

f0165567_5405767.jpg

ジオイーダ・イワノビナ・クラスノジョンさんはプリピャチ市の環境研究所「ラデク」に勤務する女性です。
事故以前はプリピャチ市に住んでいました。彼女にとっては職住接近の理想的な環境でした。
現在、彼女はキエフに移住し、職場へはバスで通勤しています。
帰社時には職場で着ていたものは全部着替えてからバスに乗ります。
彼女が語る事故直後の状況、何も知らずに現場へ駆りだされてきた若者たちのその後を
彼女は深い怒りを持って語ります。

f0165567_5422369.jpg

ニコライ・ニコラエヴィチ・スヴォーロフさんはチェルノブイリ原発の技術者であり、
3号機ブロック配電盤シフト勤務のリーダーとして勤務しています。
彼は原発の安全について「私が保証します」と胸をたたきます。
とはいえ、彼の給料は自分と家族を養うには足りません。
また、数ヶ月前からはまったく支払われていないといいます。
原発を安全に稼働させるためには、
まずは現場で働く人々が十分に収入を得られることが条件ではないでしょうか。
安全な原発なるものがあるとしたら、ですが。

マリヤ・ブルカさんはゾーンの境界地域にあるポレスコエという村に住んでいます。
彼女は移住を希望し、10年以上順番を待っています。
その間に村の生活条件はひどく悪化しました。彼女は言います。
「ちょっと外出すると、もう誰かが家の周りをうろついている。誰も私たちのことを気にかけてくれない」……

チェルノブイリ事故が起きたのが、ソ連の時代だったということ。
その後、ソ連が崩壊し、混乱が続いたことが、
このインタビューで語られた様々な事実の原因だと簡単に語ることはできません。
しかし、ただひとつ言えることは福島をこうしてはいけない、ということ。
30km圏内に暮らす人々、なんの情報も与えられずチェルノブイリに駆けつけて
放射線被害を受けた若い人々の犠牲を犠牲に終わらせないためにも福島の今後はあるのだと思います。

ニコラウス・ゲイハルター監督は「後の世代にとっての年鑑のようなもの」としてこの映画を撮ったと言います。
この映画の中で語られるルドチェンコさんやジオイーダさんたちの声に耳を傾け、
福島を、私たちの生活を、そして、原子力発電を考え直していきたいと思います。

事故は繰り返されてしまったんですから。





今日もポチッとお願いできたら嬉しゅうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月1日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

プリピャチ
監督・撮影/ニコラウス・ゲイハルター
3月3日(土)渋谷アップリンク他にて全国順次ロードショー
1999年、オーストリア、モノクロ、100分、配給/アップリンク

by Mtonosama | 2012-03-01 05:50 | 映画 | Comments(13)
プリピャチ -1-
PRIPYAT 

f0165567_6203529.jpg


©NIKOLAUS GEYRHALTER FILMPRODUKTION GMBH

プリピャチというのは地名です。
あのチェルノブイリ原子力発電所から4キロの地点にある町で、
事故の前は原発職員たちがこの町にたくさん住んでいました。

1986年の事故後は原発周辺30kmが立入禁止区域「ゾーン」と呼ばれ、
許可なく立ち入ることができない管理された町になっています。

30km圏「ゾーン」は有刺鉄線で囲まれ、
チェルノブイリを中心点にしてコンパスで引かれた円形の区域。
ゾーンへのチェックポイントでは兵士が区域内に入る全ての人や車をチェックし、
いかなるものも外へ持ち出すことは禁止されています。

f0165567_637812.jpg

ですが、このゾーンにも、プリピャチにも人は住んでいます。
原発や関連施設で働く人々、許可を得て帰還した人々、他地域への移住を順番待ちする人々などです。

「いのちの食べ方」(‘05)のニコラウス・ゲイハルター監督が
チェルノブイリの事故から13年経った1999年、本作「プリピャチ」を制作しました。
映画制作には2年を費やし、ゾーンの中では3回に分けて撮影し、3ヶ月滞在。
その間に15人の住人にインタビューしました。

撮影の前後にはウィーンの放射能研究所でホール・ボディ・カウンターにも入りました。
その結果、3ヶ月のプリピャチ滞在中に受けた線量は、
オーストリアで決められている1年間に受けていい線量を超えていたということです。

本作に登場しているのは、
チェルノブイリ市に住む老夫婦、
プリピャチ市の環境研究所に勤務し、以前は市内に住んでもいた女性職員、
立入制限区域との境界地域に住み、10年以上も移住の順番待ちをしている女性、
チェルノブイリ原発の技術者などです。

彼らはカメラを向けられ、自分たちの心境や、もう戻ってこないかつての生活、
そして、それでもこの地で生きている日常について淡々と語ります。

f0165567_643553.jpg

実はこの映画を観て、とても驚いたことがあります。
チェルノブイリ原子力発電所4号機が事故を起こした後、あの巨大な石棺で覆われました。
その後、もちろん問題は解決したわけではなく、問題があるからこそ、本作も撮られた訳ですが、
その石棺で覆われた4号機の隣で原発が再稼働されていたのです。
驚きました。まったく知りませんでした。

知らない方がよかったのでしょうか。
いえ、その反対だと思いました。
だって、チェルノブイリのその後を見ながら、私たちのその後も考えていかなければならないのですから。

1986年のチェルノブイリ事故の後、
原発周辺地域には30km圏の立入制限区域ゾーンが設けられ、11,600人が避難しました。
発電所から4km地点にあるプリピャチの住民は事故直後50,000人が避難、
ソ連(当時)全地域へ移住しました。
それ以降、家々は荒廃し、街へ立ち入るには特別許可証が必要になりました。

ゾーンに暮らす比較的高齢な約700人の人々。
彼らはこの地に暮らす危険性を知らないわけではありません。
ある人は故郷を忘れ難く、また、ある人は若い人をここに来させるわけにはいかないと、
あるいは、出たくても出られないなどさまざまな事情からゾーンで仕事をし、暮らしています。

当局は情報も伝えず、10年も移住を待ち続ける人々の家やライフラインも整備しません。
そして、彼らはこの地の畑で栽培した作物を食べ、森のきのこを食べ、
原発の横を流れるプリピャチ川の魚を採り、水を飲んでいます。

f0165567_6391388.jpg

ワンシーン、ワンカットのモノクロの静謐な画面からはこの地で続いている放射能汚染を見ることはできません。
そう、放射能は見ることも匂いをかぐことも聞くこともできないものですものね。

この映画で、インタビューされたゾーンの人々は自分たちの状況を淡々と語っています。
ゾーンでも、福島でも、これから直面し、対応していかなければならない事態を考えれば、
静かな怒りと、絶望しない気力と、少しでもいいから希望こそが必要なのだと思います。

私の映画は後の世代にとってのある種の年鑑のようなものだと思っている

という監督の想いを真正面から受け止め、この映画を鑑賞しました。



今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月27日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

プリピャチ
監督・撮影/ニコラウス・ゲイハルター
3月3日(土)渋谷アップリンク他にて全国順次ロードショー
1999年、オーストリア、モノクロ、100分、配給/アップリンク

by Mtonosama | 2012-02-27 06:54 | 映画 | Comments(8)