ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ペルシャ猫を誰も知らない ( 2 ) タグの人気記事

ペルシャ猫を誰も知らない 
                         -2-

      Kasi Az Gorbehayeh Irani Khabar Nadareh
           No One Knows About Persian Cats

f0165567_5141728.jpg


本作を監督したバフマン・ゴバディ氏はクルド人です。
酔っぱらった馬の時間」(‘00)
わが故郷の歌」(‘02)
亀も空を飛ぶ」(‘04)
Half Moon(半月)」(‘06)日本未公開
とこれまでにクルドを舞台にした4本の長編映画を撮っていますが、
「Half Moon」の撮影後、新作の撮影許可がおりず、
ヤキモキした監督は自分でカメラを買ってしまいました。

ゴバディ監督は言っています。
「(イランでは)映画撮影のための35ミリカメラやその機材はすべて当局に帰属し、
それを使うには当局の撮影許可を得なくてはならないのです」。
許可がおりなければ、いつまで経っても映画は撮れません。

自分のカメラを手に入れたゴバディ監督は無許可で撮影を開始しました。
そういう事情ですから「ペルシャ猫を誰も知らない」はゲリラ撮影でした。
すばやく撮影現場に移動し、警官が現れない内にパパッと撮影し、
姿を消さないといけません。この映画は17日間で撮り終えたそうです。

f0165567_5251073.jpg

主人公たちは好きな音楽をやりたいだけ。
監督も彼らを撮影したいだけ。
どこか問題があるのでしょうか。
前作「Half Moon(半月)」も、本作も、イランでは公開できませんでした。

本作の中で、自由な表現への強い想いをこめて主人公は空を飛び、
ゴバディ監督も本当にイランを離れました。

実は、監督は先月この映画のプロモーションのため、来日することになっていましたが、
急遽中止になってしまいました。
監督からのお詫びと中止の理由が記されたメッセージが
ありますので、ご紹介させていただきます。

親愛なる日本の皆様へ
『ペルシャ猫を誰も知らない』の日本公開を控えて、日本に行けないことがとても
残念です。日本へ行くための私のパスポートは、査証ページがなくなっているため、
その再発行(増補)を、在外のイラン大使館・領事館にお願いをしていました。
しかし結局、どこのイラン大使館でも「イランに戻らなければ発行しない」という
返事しかもらえませんでした。

今の私がイランに戻るということは、刑務所に入れられるか、
二度とイランの外へ出られないかを意味しています。
そのために今回は残念ですが、日本へ行くことを諦めなくてはなりませんでした。

今、私はイラクのクルド人自治区にいます。そこを第二の母国として、新しい国籍
のパスポートを得たいと思っています。そうすればまた旅ができるようになります。
また日本の皆さんに会えますように。

日本での映画の公開が成功することを祈っています。

本作の配給会社によれば、
「映画の完成後に大統領選挙があり、その新政権による文化の規制がますます厳しくなり、
映画に関しても今まで以上に撮りたいものが撮れなくなったということだと思います。
今回の映画がきっかけになって、国を出ざるを得ない状況になったのではないでしょうか」
ということでした。

さて、ストーリーです。

ストーリー
録音スタジオで男性が歌っています。はっきり言ってヘタです。
調整卓に向っているエンジニアに「彼に2時間でいいから順番を譲ってと言って」
と女性が頼み込みます。
するとエンジニアは
「彼、かわいそうなんだよ。新作映画は撮影許可がおりず、旧作は海賊版が出回るだけ。
ここで歌うのが憂さ晴らしなのさ」と応えるのです。
そう、歌っているのはバフマン・ゴバディ監督でした。

ネガルとボーイフレンドのアシュカンはミュージシャン。
”テイク・イット・イージー・ホスピタル“というバンド名でロックをやっています。
アシュカンは無許可でケーブルTVに出演し、演奏したために逮捕され、
今朝釈放されたばかり。
バンドはバラバラになっていました。
2人は演奏許可が下りないテヘランを離れ、ロンドンで公演することを夢見ています。
でも、そのためには違法にパスポートを取得しなければなりません。
そして便利屋のナデルを頼るのですが…

            ♪あなたと歩いて行きたい 霧の街を抜けて
             緑の枯れない国へ
             〈中略〉
             手巻きの時計は壊れて動かない
             毎日が今日のままで 明日が恐くないように♪

f0165567_5254363.jpg


自由に歌えない、自由に表現できない。つらいですね。
以前、イラン映画に子供映画の秀作が多いのは子どもが主人公なら検閲が入りにくいから、
ということを聞いた覚えがあります。

ゴバディ監督の前作「亀も空を飛ぶ」も子どもが主人公のとてもつらい結末の映画でした。
本作は若いミュージシャンを主人公にテヘランで演奏活動をする実在のミュージシャンを
追った興味深い作品です。

監督はイランから出ていってしまったし、映画もハッピーエンドではありませんが、
イランという国は日本とは違って若者の数が多いのだそうです。
政府だって、そうそう若者の不興を買うような文化政策をとってはいられないでしょう。

いつの日かクルドのゴバディ監督も自由に出入国し、
好きなだけ映画を撮れる日が訪れるに違いありません。

                        

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪7月10日に更新しました。いつも応援していただき、ありがとうございます♪

ペルシャ猫を誰も知らない
監督/バフマン・ゴバディ、脚本/バフマン・ゴバディ、ロクサナ・サベリ、ホセイン・アプケナール、撮影/ハイェデー・サフィヤリ
出演
ネガル・シャガギ/ネガル、アシュカン・クーシャンネジャード/アシュカン、ハメッド・べーダード/ナデル、その他テヘランのミュージシャンたち
8月7日(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー、他全国順次公開
2009年、イラン、カラー、106分、配給/ムヴィオラ
http://www.persian-neko.com/

by mtonosama | 2010-07-10 05:43 | 映画 | Comments(6)
ペルシャ猫を誰も知らない 
                           -1-

      Kasi Az Gorbehayeh Irani Khabar Nadareh
         No One Knows About Persian Cats

f0165567_6213892.jpg


ペルシャ猫という言葉にひかれて、ここへ遊びに来て下さった猫好きの皆さま、ごめんなさい。
猫の映画ではありません。
「ペルシャ猫を誰も知らない」というどことなく楽しげなタイトルに魅かれた方も、
ごめんなさい。少し深刻な映画です。
旅行の好きな方、ピンポ~ンです。
テヘラン市内なんて、この映画でしか観られません。
音楽好きな方も大正解でした♪
この映画はイランの首都テヘランに暮らす若いミュージシャンたちを描き、
第62回カンヌ国際映画祭<ある視点>審査員特別賞を受賞した作品です。

f0165567_6265980.jpg

タイトルのペルシャ猫というのはミュージシャンである映画の主人公のこと。

イランでは犬も猫も外に連れ出すことができません。
映画の中にもありましたが、
犬を車に乗せていた主人公は警官に停車命令を出されました。
ペットを連れ歩くことが禁止されているからです。
犬や猫は本当はとても国民に愛されているのですが、
イランでは家の中でしか飼うことができません。
それって国家に規制された音楽を演奏するミュージシャンそのまんま。
愛されているのに、表だって演奏することができないんですから、
可愛くて、散歩させたいのに、外に連れ出せないペットと同じです。

ペルシャ猫はターキッシュアンゴラとペルシャ土着の猫を交配させて生まれたと
いわれるようにイランに源を持つ猫。映画のタイトルとしては最高です。

ペルシア、ペルシャ (ギリシャ語 Περσία Persia) は、現在のイランを表す古名。
漢名は波斯(はし)・波斯国(はしこく)。波斯と書いてペルシアと読ませることもある。
かつてイランに対する外国からの呼び名として「ペルシア」が用いられたが、
1935年3月21日に「イラン」に改めるよう諸外国に要請したものの混乱が見られ、
1959年、研究者らの主張によりイランとペルシアは代替可能な名称と定めた。

その後1979年のイラン・イスラーム革命によってイスラーム共和国の名を用いる一方、
国名はイランと定められた。
歴史的には、古代ペルシアのパールサ地方 Pârsâ のこと。(パールサ、パールサ・・・ペルシャ)
語源は騎馬者を意味するパールス Pârs。
ギリシャ語ではペルシス (Πέρσις Persis) と呼ばれ、
現代イランでファールス地方にあたる。
ペルシアに相当する日本語や諸外国で表記される語は、現代のペルシア語ではイラン、
またはパールサの現代形のファールスと呼ばれている語である。
ペルシア湾をファールス湾(ペルシア語:یج فارس khalij-e fārs)、
ペルシア語をファールス語(ファールスィー ペルシア語:فارسى‎ fārsi)に
相当する現代のペルシア語で呼ばれる。
また、この地に興ったペルシア帝国と呼ばれる諸王朝のこと。
ただし、同じ地に興ったパルティア(アルシャク朝)はペルシアとは語源的に無関係である。
イランの文化や特産物に対する呼び名としても使われる。(Wikipediaより)

f0165567_6234010.jpg

さて、イランの音楽事情です。
ポップミュージックの規制が厳しいイランでも音楽好きな若者は大勢います。
禁止されればされるほど夢中になってしまうのは、いずこも同じですね。
とのはイラン・イスラム革命時の指導者ホメイニ師の厳しい顔つきが
頭にこびりついているため、
イランでは街中をラクダが闊歩し、市民はターバンを巻き、
礼拝時間になると一斉にお祈りを始めるんだろう、と思っていましたが―――
いえいえ、とんでもない。
この映画に映し出されたテヘラン市内は思ったより近代的な街でした。
若者たちは東京やNYと同じようなファッションですし、
ロック、ブルース、ヒップホップ、ラップ…
イランのアンダーグラウンドなミュージック・シーン(そのステージこそ東京やNYとは違いましたが)も
厳格なお国柄とは違って、なかなかカラフルなもの。

f0165567_6292647.jpg

本作を監督したバフマン・ゴバディ氏は42歳のクルド人です。
過去4作の長編映画はすべてクルド地方を舞台にしたものでした。
そこにあった風景は緑のない黄土色の山ばかりの世界でした。

そのゴバディ監督の撮ったテヘラン市内を舞台にしたミュージシャンの映画。
さてさて、いったいどんなお話なのでしょう。


                        To be continued.
 
ブログランキングに参加しています。
どうぞポチッとお願いします。  
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪7月7日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます♪

ペルシャ猫を誰も知らない

監督/バフマン・ゴバディ、脚本/バフマン・ゴバディ、ロクサナ・サベリ、ホセイン・アプケナール、撮影/ハイェデー・サフィヤリ
出演
ネガル・シャガギ/ネガル、アシュカン・クーシャンネジャード/アシュカン、ハメッド・べーダード/ナデル、その他テヘランのミュージシャンたち
8月7日(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー、他全国順次公開
2009年、イラン、カラー、106分、配給/ムヴィオラ
http://www.persian-neko.com/

by mtonosama | 2010-07-07 06:47 | 映画 | Comments(8)