ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ポーランド ( 4 ) タグの人気記事

イーダ -2-
IDA

f0165567_551135.jpg

(C)Phoenix Film Investments and Opus Film


さて、本作の舞台はポーランド。
そして、時代は1962年であります。
1962年?
この年になにか特別な意味があるのでしょうか。
この年に生まれた、とか、結婚した、とかの個人的な意味を除けば、
なにか中途半端な時代設定です。

1968年ならば“68年世代”などという言葉もある程、
世界中で学生たちのデモやらバリケード封鎖やら、いろいろなことが起こった年。
プラハの春などもこの年です。
ポーランドでも学生による抗議行動があり、
共産党(ポーランド統一労働者党)が
反ユダヤ的排斥運動の後押しをした(三月事件)年として記憶されています。

ところが、1962年です。
ポーランドにおいてもこの年は明確な特徴のない年。
ただ、当時幼児だった監督にとっては一番いきいきと記憶にのこっている時代なのだそうです。
戦争の影をひきずりつつも、政変も動乱もない真空状態のような時代だったのでしょうね。

柔らかいモノクロ画面がどこか懐かしいような時代へと導いてくれるようにも思えるのですが。
さあ、どんなお話なのでしょうか。


f0165567_556527.jpg

ストーリー
1962年。ポーランド冬の修道院。
戦争孤児として田舎の修道院で育てられた見習い修道尼アンナ。
修道尼になるための準備をしていた彼女はある日修道院長に呼ばれる。
そして、思いもかけない事実を知らされた。
彼女は孤児ではなく、叔母のヴァンダが生きているというのだ。
たったひとりの親類なのに一度も修道院に会いにこない叔母に興味を持ったアンナは、
院長のすすめに従い、ヴァンダの家に向った。

訪ねてきたアンナにヴァンダが投げかけた言葉は衝撃的だった。
「あなたはユダヤ人。本当の名前はイーダ・レーベンシュタインよ」
初めて知った事実だ。

ヴァンダは検察官だが、過去のつらい体験を封じ込めようとするかのように
アルコールと男たちとの乱脈な関係に溺れる日々を送っている。

アンナことイーダは叔母ヴァンダと会うと、そのまま修道院へ戻るため駅に向った。
だが、ヴァンダは駅までやってきてイーダを自宅へ連れ帰る。

両親の墓を訪れたいと願うイーダ。
それに対してヴァンダは「第二次世界大戦中に亡くなったユダヤ人の墓は存在しないし、
遺体のあった場所もわからないのだ」と告げる。
代わりにヴァンダが提案したのはイーダの両親が戦争中に住んでいた家に行くことだった。

その家にはフェリクス・スキパという男が住んでいた。
彼はユダヤ人夫妻のことは何も知らないと言葉を濁す。
ヴァンダはフェリクスの父シモンを捜し出そうとする。彼なら夫妻の最期を知っているに違いない。
だが、捜し出したシモンは重い病気を患い、町の病院に入院していた。
シモンから聞いた驚くべき事実とは……

f0165567_5573789.jpg

親も兄弟姉妹もいない孤独なアンナは過去も現在も未来も捨て、
ただ神にのみ仕える敬虔な修道尼としてのみ生きようとします。
そして、彼女と真反対の生き方をするヴァンダと出会い、
二人で過去を求める旅にでます。
まったく異なった存在に見える叔母と姪の対比が印象的です。
そして、アンナは驚くべき事実を知り、アンナからイーダになりました。

心の旅であり、時間の旅でもあるロードムービー。

兵士も空爆も出てきませんが、これはまさしく戦争映画であります。
ポーランドの人々が戦争中におこなったこと――
歴史には必ず表と裏があることが
穏やかなモノクロ画面と静謐で敬虔な修道院のシーンから伝わってきました。
冷たく柔らかい手で観る者の心をじわりと包み込むとでもいうか、
しーんとした気がみなぎる映画でしたねぇ。

ポーランド映画の真髄を強烈に発しながら、
これまで描かれてこなかったポーランドのもうひとつの側面を突きつけてきた作品でした。



今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月3日に更新しました。もう8月!毎日暑いですが、皆さまどうぞ御身大切になさってください☆
イーダ
監督/パヴェウ・パヴリコフスキ、脚本/パヴェウ・パヴリコフスキ、レベッカ・レンキャヴィチ、撮影監督/ウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキ、美術監督/カタジナ・ソバンスカ、マルツェル・スワヴィンスキ、製作・プロデューサー/イーリク・エーブラハム、ピョトル・ジェンチョウ、エヴァ・プシュチンスカ
出演
アガタ・クレシャ/ヴァンダ、アガタ・チュシェブホフニカ/アンナ、イーダ、ダヴィド・オグロドニク/リス、イェジ・トレラ/シモン・スキバ、アダム・シシュコフスキ/フェリクス・スキバ、ハリナ・スコチンスカ/修道院長、ヨアンナ・クリク/歌手、ドロタ・クドゥク/カシカ、ナタリア・ウォンギェフチク/ブロニャ、アフロディタ・ヴェセラク/マリシャ、マリウシュ・ヤクス/バーテン、イザベラ・ドンブロフスカ/ウェイトレス、アルトゥル・ヤヌシャク、アンナ・グジェシュチャク/隣人、ヤン・ヴォイチェフ・パラドフスキ
8月2日(土)[シアター]イメージフォーラムにてロードショー
2013年、80分、モノクロ、日本語字幕/岩辺いずみ、字幕監修/渡辺克義、配給/マーメイドフィルム、後援/駐日ポーランド大使館、ポーランド広報文化センター
http://mermaidfilms.co.jp/ida/

by Mtonosama | 2014-08-03 06:05 | 映画 | Comments(7)
イーダ -1-
IDA

f0165567_6172184.jpg

(C)Phoenix Film Investments and Opus Film

ポーランド映画です。
ポーランドというと、
世界史の授業で、常に侵略され、踏みにじられ、分割された不幸な国、
というように習ってきたし、
歴史の中で翻弄されてきた国、というイメージがついてまわっています。

第二次世界大戦中の抵抗の歴史やその後のソ連に呑み込まれていた時代、
あるいは『ワレサ 連帯の男』で観た闘う人々の姿。
http://mtonosama.exblog.jp/21622927/ http://mtonosama.exblog.jp/21648341/

アンジェイ・ワイダ監督の初期の作品に出てくる寒そうな風景や地下水道の内部。
土と白いシーツの質感が際立つモノクロの画面。
とのの頭の中でポーランドはこんな風にできあがっています。
ちょっとザツですけど。

いずれにせよ、苦汁をのみ、辛酸を舐めてきた国というイメージが刷り込まれています。

f0165567_6194934.jpg

本作『イーダ』はポーランドだけでなく
ヨーロッパ各国で高い評価を受けた現代ポーランド映画。
監督は1957年ワルシャワ生まれのパヴェウ・パヴリコフスキーです。


パヴェウ・パヴリコフスキー監督
14歳の時に共産主義体制のポーランドを出て、まずドイツ、次にイタリア、最終的にイギリスに定住という波乱の人生を送ってきました。
本人はこう語っています。
「私は秘密や矛盾をたっぷり抱えた一族に生まれ、
これまでの人生のほとんどをなんらかの亡命めいた状態で過ごしてきました。
アイデンティティ、家族、血統、信仰、帰属意識、歴史といった問題に常にさらされながら」


1980年代末期から90年代にかけて、記録映画を監督。その中には、サンクトペテルブルグで路面電車の運転手を務めるドストエフスキーの曾孫ディミトリが、1862年に曾祖父が旅した西欧旅行の足跡を辿る悲喜劇的なロードムービー『Dostoevsky’s Travels』(‘91、未)や、人類学的アプローチを採用し、言葉よりは映像の力に比重を置いてボスニア・へルツェゴビナ紛争のただなかにあったサラエヴォで撮影された『Serbian Epics』(‘92 未)もあります。

1998年には初の長編劇映画『The Stringer』(未)を発表。
主人公は西側の通信社に売り込むことのできる映像素材を求め、モスクワの街をさまようロシア人青年。そんな彼とマスコミ業界で活躍する英国人女性との恋を描いたロマンスです。
その後も主に英国で長編劇映画を監督。
2004年から2007年にかけてはオックスフォード・ブルックス大学の特別研究員。
ポーランド語の他、英・仏・独・伊・露語を使いこなす才人です。

f0165567_6253573.jpg

ヨーロッパ各国で作品を撮り続けてきたパヴェウ・パヴリコフスキ監督。
ポーランド以外で地歩を築いてきた監督が、
初めて母国ポーランドで作り上げたのが本作『イーダ』であります。
2013年11月に渋谷で開催された「ポーランド映画祭2013」でプレミア上映され、
今回ポーランド映画ファン待望の劇場公開とあいなります。

柔らかいモノクロの画面、光と影の妙なる配合から生まれる映像美。
古き良きポーランドの美しさを彷彿とさせながら、
そこに描かれたポーランドのこれまでよく知らなかった一面。

いやあ、今回ポーランドのもうひとつの側面を初めて知りました。
アンジェイ・ワイダ監督の力強さ、
ロマン・ポランスキー監督の洗練、
イエジー・スコリモフスキ監督が17年ぶりに監督復帰した『アンナと過ごした4日間』(‘08)で
見せた静かな情念。
それらの巨匠たちの作品にみられるポーランド映画のすばらしい遺産を継承しつつ、
更に、ポーランドの抱える側面を静かな筆致で描き出したパヴェウ・パヴリコフスキー監督。

まずはその映像の美しさと静けさにしっかりと浸りたいものです。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただけたら嬉しうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月31日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

イーダ
監督/パヴェウ・パヴリコフスキ、脚本/パヴェウ・パヴリコフスキ、レベッカ・レンキャヴィチ、撮影監督/ウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキ、美術監督/カタジナ・ソバンスカ、マルツェル・スワヴィンスキ、製作・プロデューサー/イーリク・エーブラハム、ピョトル・ジェンチョウ、エヴァ・プシュチンスカ
出演
アガタ・クレシャ/ヴァンダ、アガタ・チュシェブホフニカ/アンナ、イーダ、ダヴィド・オグロドニク/リス、イェジ・トレラ/シモン・スキバ、アダム・シシュコフスキ/フェリクス・スキバ、ハリナ・スコチンスカ/修道院長、ヨアンナ・クリク/歌手、ドロタ・クドゥク/カシカ、ナタリア・ウォンギェフチク/ブロニャ、アフロディタ・ヴェセラク/マリシャ、マリウシュ・ヤクス/バーテン、イザベラ・ドンブロフスカ/ウェイトレス、アルトゥル・ヤヌシャク、アンナ・グジェシュチャク/隣人、ヤン・ヴォイチェフ・パラドフスキ
8月2日(土)[シアター]イメージフォーラムにてロードショー
2013年、80分、モノクロ、日本語字幕/岩辺いずみ、字幕監修/渡辺克義、配給/マーメイドフィルム、後援/駐日ポーランド大使館、ポーランド広報文化センター
http://mermaidfilms.co.jp/ida/

by Mtonosama | 2014-07-31 06:33 | 映画 | Comments(4)
f0165567_630944.jpg


カティンの森  KATYŃ

カティン。この地名をお聞きになったことはありますか?
殿はもう随分前になりますが、TVニュースで知りました。
画面には、まばらな木々が生えている寒そうな光景が映し出されていた記憶があります。

ポーランドにあるその森から、1943年春、ポーランド軍将校たちの遺体が
何千体も発見されたそうです。「カティンの森」事件です。

カティンの森事件
ヒトラーとスターリンの密約によって、ポーランドは1939年9月1日ドイツに、17日にはソ連に侵略された。ソ連の捕虜になった約1万5千人のポーランド将校が1940年以降行方不明になる。それから3年後、ドイツがソ連に侵攻した際、ソ連国内のスモレンスクに近いグニェズドヴォ(Gnezdovo)村近くの森でポーランド将校約4400人の遺体を発見。この事件が発覚した。
カティンの森事件(ポーランド語: Zbrodnia katyńska、ロシア語: Катынский расстрел)とはポーランド軍将校捕虜・国境警備隊員・警官・一般官吏・聖職者がソ連の内務人民委員部(秘密警察)によって1940年に銃殺された事件。日本ではカティン事件またはカチン事件としても知られている。
カティンはこの事件があった場所の近くの地名で事件とは直接関係ないものの覚えやすい名前であったため、当時のドイツが対外宣伝用に使用した。
(Wikipediaより)

f0165567_6303970.jpg


かれらがナチスによって殺されたのか、ソ連によって殺されたのか
長い間、秘密にされていましたが
冷戦時代が終わりを告げた1990年
当時のソ連・ゴルバチョフ大統領がソ連秘密警察によるポーランド人の殺害を認め
その2年後、ロシアのエリツィン大統領は
殺害がスターリンの直接署名した命令書によって行われたことを公式に言明しました。

「カティンの森」の監督アンジェイ・ワイダの父親を含む約1万5千人の
ポーランド将校たちが虐殺されてから半世紀が過ぎていました。

アンジェイ・ワイダ監督は監督デビューして間もない1950年代半ばに
この事件の真相を知ったそうです。
監督は、自分の手で「カティンの森」事件を映画化したいと切望しながら
当時、圧倒的なソ連の影響下にあったポーランドの状況や
冷戦下の微妙な国際関係から、この事件について語ることすらできませんでした。

タブーとして封印されていた事件も、ソ連の崩壊後、徐々にその輪郭が見えてきました。
しかし、まだ多くの事実は明らかになっていません。

監督は語っています。
「映画は、カティン事件の数多い被害者家族の苦難と悲劇について物語ればよい。ヨシフ・ヴィサリオノヴィチ・スターリンの墓上に勝ち誇る嘘、カティンはナチス・ドイツの犯罪であるとの嘘、半世紀にわたり、対ヒトラー戦争におけるソビエト連邦の同盟諸国、すなわち西側連合国に黙認を強いてきたその嘘について語ればよい」
(集英社文庫「カティンの森」/工藤幸雄・久山宏一訳)


f0165567_6302832.jpg


ストーリー
1939年9月17日。ポーランドがソ連に占領された日。
ドイツ軍に西から追われる人々と、ソ連軍に東から追われてきた人々が
ポーランドの東にある橋の上で行き交いました。
西から来た人の中には、クラクフから夫のアンジェイ大尉を探しにきたアンナとその娘ニカ。
東から逃げて来た人の中には大将夫人ルジャがいました。
アンナとニカは川向こうの野戦病院へ、ルジャはクラクフへ向かいます。

訪れた野戦病院で運良く夫アンジェイと邂逅できたアンナは夫の胸にしがみつきます。
夫アンジェイやその友人イェジら将校たちはソ連軍の捕虜になっていたのでした。
妻と娘が呆然と見詰めるその前で、軍用列車に乗せられ
東へ運ばれて行ってしまうアンジェイたち。

同年クリスマス・イヴ。大将の家では娘のエヴァが一番星を待ち
同じ頃、収容所でも大将はじめ将校たちが質素なクリスマスの食卓についていました。
大将は、将来のポーランド再興の担い手となるよう部下たちを激励し
全員で聖歌を歌っていました…

70年前、引き裂かれた家族。
待ち続けた妻、父母、兄弟姉妹、子ども。
一人の兵士が殺されるその背後で嘆く人々は家族の数だけいます。
友人も泣きます。一人の兵士の死に嘆く人々の数は幾何級数的に増えていきます。

今年83歳になる被害者の息子アンジェイ・ワイダ。
息子として、監督として、渾身の力をこめて撮影した映画です。

カティンの森
監督・脚本/アンジェイ・ワイダ『灰とダイヤモンド』『地下水道』、原作/アンジェイ・ムラルチク「カティンの森」カティンの森」(集英社文庫)、脚本/アンジェイ・ワイダ、ヴワディスワフ・ハシコフスキ、ブシェムィスワフ・ノヴァコフスキ
出演
マヤ・オスタシェフスカ/アンナ、アルトゥル・ジミイェフスキ/アンジェイ、ヴィクトリャ・ゴンシャフスカ、マヤ・コモロフスカ/アンジェイの母、ヴワディスワフ・コヴァルスキ/アンジェイの父、アンジェイ・ヒラ/イェジ、ダヌタ・ステンカ/大将夫人、ヤン・エングレルト/大将、他
原題:KATYŃ 、2007年、ポーランド映画、122分、R-15 、ドルビーSRD、シネスコ
ポーランド語・ドイツ語・ロシア語、字幕編集/久山宏一、資料監修・プレス編集協力/久山宏一、大竹洋子、後援:ポーランド共和国大使館  /「日本・ポーランド国交樹立90 周年」認定事業、提供:ニューセレクト、配給/アルバトロス・フィルム
12月5日(土)より岩波ホールにてロードショー、他全国順次公開
www.katyn-movie.com

ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いつも応援をありがとうございます♡

f0165567_14322980.jpg

by mtonosama | 2009-11-13 06:54 | Comments(10)
f0165567_5502010.jpg

                  (C)Alfama Films, Skopia Films

アンナと過ごした4日間
Four Nights with Anna


低い陽光に照らされた建物の影が前方の家の屋根を半分覆い
空には不穏な気色をはらんだ雲
夏の日、涼しい木陰をもたらしてくれた木々もすべて葉を落とし
末梢神経のような枝先をかすかに震わせている
安い石炭の燃える匂いが空気を充たしている東欧の田舎町
寂しく、不思議な風景です。

アンジェイ・ワイダの系譜をひくポーランドの巨匠。
イエジー・スコリモフスキ(なんて覚えにくい名前でしょう!)の17年ぶりの最新作です。

日々の暮らしのように静かなストーリー展開、洒落たセリフなど皆無。
ポーランドの陰鬱な重い空気。
強姦事件を目撃し、警察に通報しながら、
自分が犯人にされてしまう運の悪い主人公レオン。
強姦された被害者アンナに恋をするレオン。
不器用な男の純愛は、盗み見という陰湿な行為として現れながら
なぜか清らかで優しい。

     あ、今、相当ひいてますね。
     お気持ちはわかります。
     でも、ちょっと待ってください。

スクリーンに映し出された映像は強烈な吸引力を持って
観客の目をひきつけて離しません。
どうしてでしょうかねぇ。

同じポーランド人でも、アンジェイ・ワイダ監督には社会性があります。
ロマン・ポランスキー監督は華やかさを持っています。
イエジー・スコリモフスキ監督のこの新作には
そのどちらもないのですけどねぇ。

しかし、冒頭の風景写真が見る者をとらえて離さないように
この映画も人間のかかえる奥深い心象風景とシンクロしながら
観る者にじっとりとまつわりついてきます。

f0165567_5513495.jpg


 イエジー・スコリモフスキ
イエジー・スコリモフスキは1938年5月5日ポーランド、ウッチの生まれ。
父は建築家だったが、第2次世界大戦中ユダヤ人の妻の一家を守るため
レジスタンスに身を投じ、ナチスに処刑される。
大学では民族学、歴史、文学を専攻し、ボクシングやジャズにも関心を持つ。
詩集、短編小説、戯曲などを意欲的に発表。
アンジェイ・ワイダに注目され、「夜の終りに」(‘60)を共同執筆
ボクサー役として出演もする。
その後、故郷のウッチ国立映画大学に入学。
62年にはポランスキーの長編デビュー作「水の中のナイフ」で台詞を執筆。
66年ベルガモ映画祭でグランプリを受賞し注目を浴びるが
スターリン批判をしたため上映禁止処分を受けた。
詩人、ボクサー。画家、ジャズドラマーと多彩な顔を持つ監督。

71歳になったイエジー・スコリモフスキが現在のポーランドに見たものは
共通の怒りによって結びつけられた連帯でも
よりよい社会をつくるんだ!という高邁な精神でもなく
分断された孤独な人間でした。

監督はいいます。
「これは人とのつながりを求める基本的な欲求の物語です」

ストーリー
病院内の焼却処分場で働き、祖母と2人でひっそりと暮らすレオン。
街の通りを病院の看護士アンナが行く。
急いで物陰に身をひそめるレオン。
レオンの家の向かいには看護士宿舎があり、アンナの部屋が見える。
毎夜レオンは双眼鏡で彼女の部屋を覗く。

なぜ?

数年前、川へ釣りにでかけたレオン。
釣果もなく、ひきあげようとしていると、叩きつけるような雨が降ってきた。
レオンは近くの廃工場へ駆けこむ。
すると建物の奥から女性の叫び声が。
おそるおそる近づいて行ったレオンの目に映ったのは
見知らぬ男に乱暴されているアンナの姿だった。
その場を逃げ出し、警察に通報するレオン。
だが、現場に釣りの道具を置き忘れたため、容疑者として逮捕されてしまう。

釈放後、勤めていた病院を解雇され、祖母も亡くなる。
一人になってしまったレオンは、その後、大胆な行動に…


f0165567_5511985.jpg


「人とのつながりを求める欲求」
孤独で隠微で薄気味悪い…
こんな言葉で切り捨てられてきた人もまた人とのつながりを求めています。

明るく人好きのする人にひかれるように
多くの人は明快な映画にひきつけられます。

でも、このはがゆい冴えない男が観客をそらさないように
薄暗い東欧の田舎町が舞台のこの映画も観客の視線を飲みこんでいきます。
この映画には魔力があります。

アンナと過ごした4日間
監督、脚本、製作/イエジー・スコリモフスキ、製作/パウロ・ブランコ、
脚本/エヴァ・ピャスコフスカ、撮影/アダム・シコラ
キャスト
アルトゥル・ステランコ/レオン、キンガ・プレイス/アンナ、イエジー・フェドロヴィチ/院長、
バルバラ・コウォジェイスカ/祖母
10月17日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開  
www.anna4.com


ブログランキングに参加しています。ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-09-19 06:24 | 映画 | Comments(8)