ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マシュー・ウォーチャス監督 ( 2 ) タグの人気記事


パレードへようこそ
-2-
Pride

f0165567_60218.jpg

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.


サッチャー政権下の映画って多いですね。それも名作が。
映画をつくるにはもってこいの時代背景だったんでしょう。

『リトル・ダンサー』にせよ、『ブラス!』にせよ、
炭坑労働者が主人公になっていたのは
英国最強の組合だった全国炭坑労働者組合が
英国史上、最大のストライキを闘ったから。
炭坑労働組合はひとつの時代を代表する存在だったわけです。

大きな転換期となった時代。
お宝のようなネタがごっそりつまっているに違いありません。

本作の主人公・炭坑夫支援レズ&ゲイ会(LGSM)の指導者について書かれた書籍だって、
そんなお宝の中からみつかったんですから。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。

f0165567_611537.jpg

ストーリー
1984年。イギリスは厳しい不況下にあった。
20ヶ所の炭坑閉鎖――
サッチャー首相が発表した案に抗議するストライキも4ヶ月目に入ろうとしていた。
ロンドンに暮らすマークはその様子をニュースで観て思いついた。
「炭坑労働者とその家族を支援するために募金しよう!」
その日はまさにゲイの権利を訴えるパレードの日。
マークは友人のマイクを行進に誘い、その場で参加者たちに募金を呼び掛ける。

パレード後の打ち上げパーティ。
マークはLGSM(炭坑夫支援レズ&ゲイ会)を立ち上げた
参加を表明したのは書店主のゲシンとその恋人で俳優のジョナサン。
唯一の女性ステフ。
両親に内緒で初めて参加したジョーなど
たったの9人。

マークは集めた募金を送ろうと全国炭坑労働組合に連絡するも
「レズ&ゲイ会です」と名乗るや否や電話は切られてしまう。
そこで、炭坑に直接電話することに方針転換。
ウェールズの炭坑町ディライスの役場に電話すると、
これまた意外なほどあっさりと受け入れられた――

その数日後、ディライス炭坑を代表してダイがロンドンへ来た。
「で、LGSMって何の団体?」
意味を聞いて驚くダイ。
だが、彼に偏見はなかった。
それどころか挨拶のため生まれて初めてゲイバーを訪れたダイは
「皆さんがくれたのはお金ではなく友情です」とスピーチ。
熱い喝采を受ける。
ダイのすばらしいスピーチの成果でLGSMのメンバーは一挙に増加。
ディライス炭坑への寄付金も倍々増。

ディライス炭坑の委員長へフィーナは反対を押し切ってLGSMの招待を決定!
小さなバスに乗り込んでウェールズへと向かうマークたち主要メンバー。
ジョーは調理学校の実習旅行だと両親に嘘をつき参加。
書店主のゲシンは故郷ウェールズに住む母親と仲違いしているため留守番。

へフィーナ委員長や書記のクリフが暖かく迎えてくれた。
だが、会場に控える町の人たちの反応は冷ややか。
マークのスピーチが終わると続々と退場していく。

その翌日。
好奇心を抑えきれない人々はマークたちを質問攻めに。
次第に心を開き始めるゲイとディライスの人々。
ジョナサンがダンスを披露すると歓迎会は拍手喝采の内に幕を閉じた。

しかし、組合と政府の交渉は決裂。ストは42週目に入り、
サッチャー首相は組合員の家族手当を停止した。
マーク一行はさらなる支援を決意してディライスの町へ。
ところが一人の町民が新聞に密告。
新聞に躍る「オカマがストに口出し」という挑発的な見出し。
LGSMからの支援を打ち切るか継続するかの採決がとられることになる。

今や町民たちと深い友情で結ばれたLGSMの運命はいかに……

闘う炭坑労働者や偏見をはねのけ権利を主張し始めた同性愛者たち。
英国の不況を背景にしたちょっと毛色の変わった社会派映画と思いきや、
封建的な炭坑労働者をしかりつけるおばちゃんたちが大活躍し、
ゲイたちを偏見もなく受け入れていくおばちゃん。
普通のまじめそうなおばちゃんたちですが、ちょっとエッチで図々しい。
なんとも魅力的でありました。

いまだ自分たちと異種の存在にはとまどいを見せる2010年代のおばちゃんも
(あ、150歳だからおばあちゃんか)
偏見を捨てて大いに楽しませてもらいました。

80年代サッチャー政権下を描いた映画ってほんとに良い映画が多いですね。
本作もこの時代を描いた新たな名作に仲間入りです。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月20日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆
パレードへようこそ
監督/マシュー・ウォーチャス、脚本/スティーブン・ベレスフォード、製作/デイヴィッド・リビングストン、撮影/タト・ラドクリフ
出演
ビル・ナイ/クリフ、イメルダ・スタウントン/ヘフィーナ、ドミニク・ウェスト/ジョナサン、パディ・コンシダイン/ダイ、ジョージ・マッケイ/ジョー、ジョセフ・ギルガン/マイク、アンドリュー・スコット/ゲシン、ベン・シュネッツァー/マーク、クリス・オーヴァートン/レジー
4月4日シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
2014年、イギリス、121分、日本語版字幕/齋藤敦子、配給/セテラ・インターナショナル
http://www.cetera.co.jp/pride/

by Mtonosama | 2015-03-20 06:04 | 映画 | Comments(6)

パレードへようこそ
-1-
Pride

f0165567_6562669.jpg


(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.


世の中には意外な組み合わせってありますよね。
トーストに小倉あん。
フォアグラと大根。
いちごにチョコレート。
食べ物しか出ていませんが、もっとある筈。
思いついたら教えてください。

本作もそうです。
炭坑組合とゲイのグループ。
これっていちごにチョコレートまぶしたチョコフォンデュより、
バタートーストにあんこをのっけて食べる名古屋式モーニングサービスより、
もっと意外で思いつかない組合せだと思いませんか?

さらにドタバタコメディでもなんでもなく、実話というから、驚きます。
リアルな世界って許容性が高いですね。

英国。
時代は80年代サッチャー政権下。
そして、炭坑労働者のスト――
とくれば、そうです。
あの名作「リトル・ダンサー」(‘00スティーヴン・ダルドリー監督)や
「ブラス!」(‘96マーク・ハーマン監督)の舞台じゃあありませんか。

1984年。サッチャー政権下のイギリス。
鉄の女マーガレット・サッチャー首相はゲイたちを毛嫌いしていました。
伝統的なイギリス社会の秩序と価値観が失われるという理由で。

サッチャー首相は労働組合も潰しにかかっていました。
イギリスを立て直すためには、国や組合に依存しない強い個人が必要だからというのです。
なかでも、組合最大規模の炭坑労働者組合。
これはなにがなんでも潰さなくては。

ゲイたちはサッチャーに猛反発。
その中に自分たち同様、政府から迫害されている炭坑労働者のストライキに
強く共感した若者がいました。
それがこの映画の主人公です。

f0165567_658890.jpg

彼、労働者とその家族を支援するため仲間たちに声をかけ募金活動を始めたんですね。
でも、集まったお金を寄付しようと炭坑労働組合に電話をするのですが、
無視されてしまいます。
なぜ?
ゲイだったからです。
電話でLGSM(炭坑夫支援レズ&ゲイ会)と名乗るだけで断られてしまいます。

ウエールズで同性愛禁止法が改定されたのは1967年のことですが、
80年代は、ゲイが今よりずっと偏見を持たれていた時代。
しかし、そんなウエールズも昨年2014年3月には同性婚が合法化されましたが。

1984年だと
ウエールズの炭鉱労働者は
「男同士が愛し合う?えーっ、冗談じゃないぜ。
女同士でどうやってヤルっていうんだ。ケッ!」ですし、
ロンドンからやってきたゲイたちはファッションもハデハデ。

フォアグラと大根よりももっと意外な取り合わせです。
でも、見た目の意外さを無視して食べてみれば案外美味だったりするのと同様、
この組合せも思いがけない方向へ展開していったりするかもしれません。

さあ、いったいどういうお話なんでしょう。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月17日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

パレードへようこそ
監督/マシュー・ウォーチャス、脚本/スティーブン・ベレスフォード、製作/デイヴィッド・リビングストン、撮影/タト・ラドクリフ
出演
ビル・ナイ/クリフ、イメルダ・スタウントン/ヘフィーナ、ドミニク・ウェスト/ジョナサン、パディ・コンシダイン/ダイ、ジョージ・マッケイ/ジョー、ジョセフ・ギルガン/マイク、アンドリュー・スコット/ゲシン、ベン・シュネッツァー/マーク、クリス・オーヴァートン/レジー
4月4日シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
2014年、イギリス、121分、日本語版字幕/齋藤敦子、配給/セテラ・インターナショナル
http://www.cetera.co.jp/pride/

by Mtonosama | 2015-03-17 07:05 | 映画 | Comments(4)