ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マジック・マイク ( 2 ) タグの人気記事

マジック・マイク -2-
Magic Mike

f0165567_6341282.jpg

(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC. All right reserved.

おもちゃ箱から飛び出した理想のボーイフレンド・ケン人形、
ロープにつかまって宙を飛ぶターザン、
制服姿も凛々しい兵士や消防士、
あるいはマッチョな肉体だけを売りにするストリップダンサー――

一言で男性ストリップといってもただ踊るだけではなく、
いろいろなキャラ付けが必要なんですね。
観客である女性たちの要求するところは男性観客よりも幅広いのでしょう。
いや、勉強になりました。
それを映画館の客席という特等席から観ることができるんですから、
なかなか稀有な体験であります。

150歳にして初めて観た男性ストリップ、満喫させてもらいました。
しかし、クラブ“エクスクイジット”(あ、本作中のストリップ・バーです)の
お客さんたちの大胆かつ天真爛漫なこと。
これがアメリカ女子の真髄ですかねぇ。

さあ、いったいどんなステージを、いや、ストーリーを楽しめるのでしょうか。


f0165567_6421155.jpg

ストーリー
フロリダ州西海岸タンパ。
自称・青年実業家のマイクはオリジナル家具を手がける夢を持ちながら、幾つもの仕事を掛け持ちしている。昼は工事現場で屋根瓦を張り、夜はクラブ“エクスクイジット”のトップストリップダンサーとして活躍する。ステージ名は‘マジック・マイク’だ。
クラブのオーナー・ダラスも看板スターのマイクに一目おいている。
そんなダラスに共同経営者になれないかと持ちかけるマイク。

ある日、マイクは昼の仕事先で知り合った19歳のアダムをクラブに連れていく。
未知の世界にたまげるアダム。
ところが、そのアダムに思わぬ展開が。
新ネタを披露する筈だったターザンが酔っ払って寝込んでしまったため、
急遽その代理で舞台に出ることになってしまった。
キッドというステージ名を与えられ、とりあえず舞台に。
ところが、素人まるだしのキッドに客は大興奮。
嬌声に後押しされ、客席の女性客を抱き寄せてキスするアダムに観客たちは卒倒寸前。

思わぬ才能と度胸を認められてアダムはクラブの一員に加えられる。
マイクはダンスパフォーマンスの他にも、女性との付き合い方、大金を稼ぐ方法など、
ひとつひとつ大人への道を教える師匠だった。

アダムの姉、ブルックは弟がストリッパーになると聞き、驚いた。
真面目な彼女がおそるおそるクラブを訪れるが、舞台を見て納得。マイクに弟を託す。
アダムはマイクを兄のように慕い、華やかな世界にますます魅了されていくのだった。

タンパはフロリダ州ではジャクソンビル、マイアミに次いで3番目に大きな街。
クラブ“エクスクイジット”も毎晩大盛況だが、オーナーのダラスはマイアミ進出を狙っていた。
共同経営を目論むマイクの心中は穏やかではない。

その一方で、マイクはアダムの姉ブルックと少しづつ話すようになる。
そして、これまで付き合った女性とはまったくタイプの違うブルックに魅せられていく。
「ストリッパーの他にどんな仕事をしているの」と訊くブルック。
だが、彼女のその素直な質問で、マイクは夢を実現させるための努力を何もしていなかったことに気付かされる。そして、次第に今後の人生を真剣に考えるようになっていくのだった。

その頃、ステージにもすっかり慣れたアダムはマイクに秘密で危ない儲け話に手をだし、
トラブルに巻き込まれてしまう……


f0165567_6434175.jpg

いやぁ、強烈な男性ストリップダンサーのパフォーマンスにすっかり度肝を抜かれてしまいました。
これでもか、これでもか、と繰り出される超エロかっこいいストリップに息をのみ、
もう降参です、となった頃、
しみじみと展開される純情無垢なマイクとブルックの恋物語。
毒気にあてられ気味の150歳はその純情さにホッとしてしまいました。

ストリップでアドレナリンを全放出させられ、穏やかで真面目な恋に癒される――
大人の遊園地みたいな映画でした。

しかし、男性ストリップを見物するため、はとバス・夜のツアーに参加してみたいような気もしないではありません。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月31日に更新しました。もう明日からは8月ですね。いつも応援ありがとうございます☆

マジック・マイク
監督/スティーヴン・ソダーバーグ、脚本/リード・キャロリン、製作/ニック・ウェクスラー、グレゴリー・ジェイコブス、チャニング・テイタム、リード・キャロリン、撮影/ピーターアンドリュース
出演
チャニング・テイタム/マジック・マイク、アレックス・ぺティファー/アダム、キッド、コディ・ホーン/ブルック、オリヴィア・マン/ジョアンナ、マット・ボマー/ケン、ライリー・キーオ/ノラ、ジョー・マンガニエロ/ビッグ・ディック・リッチー、ケヴィン・ナッシュ/ターザン、アダム・ロドリゲス/ティト、ガブリエル・イグレシアス/トバイアス、マシュー・マコノヒー/ダラス
8月3日(土)シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー
2012年、アメリカ、110分、日本語字幕/石田泰子、配給/カルチュア・パブリッシャーズ、
http://magic-mike.jp/

by Mtonosama | 2013-07-31 06:56 | 映画 | Comments(4)
マジック・マイク -1-
Magic Mike

f0165567_5143662.jpg

(C)2012 The Estate of Redmond Barry LLC. All right reserved.


あれはバブルの頃だったんでしょうかねぇ。
鳩バスの夜の東京ツアーのコースに男性ストリップが入っていたような。

あっ、今もありました。
〈熱体高気圧!J MEN’S TOKYO(外国人男性ダンサーのストリップダンスショー)〉ですって!
http://www.f-banchan.net/tokyo/hatobus/hatobus.htm

観客が、踊り子さんのTバックにおひねりをはさんだりするんですよね。
人気ダンサーほどパンツのあっちからもこっちからもお札をはみださせている、という熱狂的な光景。

昔、梅沢登美男のショーに行ったことがあります。あ、仕事です。
梅沢さんが美しく変身して歌謡曲に合わせて日舞を舞うと
興奮したJマダムたちがステージに駆けあがり、彼の首にお札でできたレイをかけるんです。
お札1枚じゃないですよ。お札を綴り合せてつくったレイなんですから!
あれには驚きました。

そんな札束レイを用意する資金もなく、
メンズダンサーのTバックにお札をつっこむ勇気もないとのとしては
本作に登場するダンサーたちの筋骨隆々としたナイスバディと
女ごころを知り抜いたエロかっこいいダンスに
キャッと口をおさえるだけで良しと致しますわ。

f0165567_5213050.jpg

監督はスティーヴン・ソダーバーグ。
「トラフィック」(’00)でオスカー受賞、
「エリン・ブロコビッチ」(’00)でジュリア・ロバーツをオスカー女優に押し上げ、
「オーシャンズ」シリーズ(’01/’04/’07)や「チェ」二部作(’08)など
次々と意外作を送り出してきた人物です。

そんなソダーバーグ監督が今回着目したのは男性ストリップの世界。

「エージェント・マロリー」(’11)で起用した俳優チャニング・テイタムの実体験を知り、
それを映画にしちゃいました。
もちろん、そのチャニング・テイタムは本作で主役を演じ、製作も担当しています。

さてさて、その実体験とは?
はい、彼・チャニング・テイタムはハリウッド・デビュー前、
18歳から19歳になる8ヶ月の間、ストリッパーをしていたことがあります。
本作はその実話をベースにした青春の日々を描いた映画なんです。

なんで、ストリッパーをしていたかというと、
彼、たまたまラジオで耳にした男性ストリッパーのオーディションに応募したんですって。
2時間のステージで150ドル。週に600ドル稼げたそうで、18歳の男の子にとってはおいしい仕事です。
お金は稼げるし、女性客は嬌声をあげる――
ロックスターになった気分だったそうですよ。

チャニング・テイタムのそんな話を聴いて、ソダーバーグ監督、食指をそそられました。

f0165567_5244073.jpg

映画は、当時18歳だったチャニングの視点を与えられたアダムと
兄貴的存在である30歳のマジック・マイクによってひっぱられていきます。
このマジック・マイクが、アダムのストリップと“青春”の日々の師匠という役どころ。
それをチャニング・テイタムが演じます。

若いきれいな男の子と、
ちょっと大人になってストリッパー以外の生計の道を求める男の子。
さらにはちょいと熟れてきた男の子に、マッチョな男の子。
(150歳のとのにとってはみんな男の子なのであります)
そうした男子たち(本作では“タンパのキングたち”と呼ばれてます)のストリップ。

あ~あ、お客さん、涎を拭いてくださいよ。
ちょっとちょっと踊り子さんには触らないで。

かなりテンション上がってしまいそうなキングたちのダンス。
150歳の年寄りには毒気が強すぎたかも。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。続きは次回までお待ちくださいませ。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできたらうれしゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

マジック・マイク
監督/スティーヴン・ソダーバーグ、脚本/リード・キャロリン、製作/ニック・ウェクスラー、グレゴリー・ジェイコブス、チャニング・テイタム、リード・キャロリン、撮影/ピーターアンドリュース
出演
チャニング・テイタム/マジック・マイク、アレックス・ぺティファー/アダム、キッド、コディ・ホーン/ブルック、オリヴィア・マン/ジョアンナ、マット・ボマー/ケン、ライリー・キーオ/ノラ、ジョー・マンガニエロ/ビッグ・ディック・リッチー、ケヴィン・ナッシュ/ターザン、アダム・ロドリゲス/ティト、ガブリエル・イグレシアス/トバイアス、マシュー・マコノヒー/ダラス
8月3日(土)シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー
2012年、アメリカ、110分、日本語字幕/石田泰子、配給/カルチュア・パブリッシャーズ、
http://magic-mike.jp/

by Mtonosama | 2013-07-28 05:35 | 映画 | Comments(8)