ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マラヴィータ ( 2 ) タグの人気記事

マラヴィータ -2-
MALAVITA

f0165567_716681.jpg


(C)EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION –GRIVE PRODUCTIONS Photo : Jessica Forde

フランス・ノルマンディ地方。
モンサンミッシェルで有名なノルマンディですが、
あのかたつむりのような島は本作には出てきませんので最初に申し上げておきますね。

この地を訪れた人の
「ヒースの花だけが咲いている寂しいところだったよ」
という言葉が印象的で、暗い海とヒースの草っぱらばかりの土地と思い込んでいました。

そして、あのノルマンディ大作戦ですものね。
この地がフランスの片田舎というイメージは拭えません。
(行ったことはないので、あくまでイメージですが)

映画の中でもノルマンディ作戦をめぐるフレッドと隣人との会話はみどころです。

それはさておき、その片田舎に引っ越してきたアメリカ人一家。
ノルマンディでいったい何をしでかすのでしょうか。


f0165567_7175880.jpg

ストーリー
深夜の道をひた走る一台の車。到着したのはノルマンディの田舎町。
人目を避けるように古びた家のドアを開ける4人家族。
一見したところ、この一家は平凡なアメリカン・ファミリーだが、
父親であるフレッド・ブレイクの経歴がかなりなもの。
かつてブルックリンでマフィアを率いていた彼、
8年前に別の組織のボスを密告したことで殺し屋につけ狙われることに。
今や、FBIの証人保護プログラムを適用されている。
それ以来、妻のマギー、17歳の娘ベル、14歳の息子ウォレン、愛犬のマラヴィータと共に
FBIが用意したフランス各地の家を転々として、今回ノルマンディに到着したという訳だ。
だが、コソコソと引越ししなくてはならない理由にはもう一つあった。
ブレイク一家を監視するFBI捜査官スタンスフィールドから
「街になじめ。90日ごとの引越しはイヤだろう」と釘を刺されるフレッドなのだが――
実は、この男、頭にくると昔の血が騒ぐ困ったヤツ。
その日も水道修理にやってきた工事屋の言葉に腹を立てボコボコにしてしまった。
f0165567_6571738.jpg
そして、この血は妻のマギーや娘や息子にも。
皆一癖も二癖もある家族なのだ。
そんな家族を見張るのがちょっと頼りないスタンスフィールドの部下ディ・チッコとミモ。



隣人との会話から作家と称することになったフレッド。
日々、タイプライターに向って自伝を書き綴る。
マギーも近くの教会の神父にこれまでのことを告解。
娘のベルは高校の数学代用教師を射とめようと必死だし、
息子のウォレンはいじめっ子への仕返しや恐喝に励む。
4人が4人とも勝手な行動をとるのだが、
そんな頃、暗殺者たちが一歩一歩近づいてきていた……

いやいや、出るわ、出るわ。バズーカ砲にマシンガン。
17歳のベルも14歳のウォレンも銃を片手に大活躍。
ハリウッド的展開を見せながらも、さすがリュック・ベッソン監督。
笑いながらも手に汗握らせていただきました。
同時に、ハラハラしながらも笑わせてもらいました。

f0165567_6593214.jpg

なんでフランスの学校に行ってるのに子どもたちは英語で通してるの?とか、
フレッドはなんでお隣さんとも英語で話すの?とか言いたくなるけど、
そこはあの「ジャンヌ・ダルク」も英語で通したベッソン監督。
世界に通用するためにはフランス語を捨てることにもやぶさかではないのでしょう――
いやぁ、痛快でありました。

ま、面白かったから良しとしますが、
デ・ニーロにも下手くそな(多分)フランス語を披露してほしかったな、とは思います。
いえ、フランス語はわからないんですけどね、気分ってものがありますから。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月10日に更新しました。いつも応援していただき、本当にありがとうございます☆

マラヴィータ
監督/リュック・ベッソン、脚本/リュック・ベッソン、マイケル・カレオ、製作総指揮/マーティン・スコセッシ、タッカー・トゥーリー、製作/ヴィルジニー・ベッソン=シラ、ライアン・カヴァナー、原作/トニーノ・ブナキスタ、撮影/ティエリー・アルボガスト
出演
ロバート・デ・ニーロ/フレッド・ブレイク、ミシェル・ファイファー/マギー・ブレイク、トミー・リー・ジョーンズ/スタンスフィールド、ベル・ブレイク/ディアナ・アグロン、ジョン・ディレオ/ウォレン・ブレイク、ジミー・パルンボ/ディ・チッコ、ドメニク・ランバルドッツィ/ミモ
11月15日(金)TOHOシネマズ有楽座、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
2013年、アメリカ・フランス、英語、111分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/ブロードメディア・スペシャル、http://www.malavita.jp/

by Mtonosama | 2013-11-10 07:10 | 映画 | Comments(10)
マラヴィータ -1-
MALAVITA

f0165567_5255036.jpg

(C)EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION –GRIVE PRODUCTIONS Photo : Jessica Forde


この映画、なんの事前情報もなく、出かけました。

この日は東京国際映画祭で 映画を観る予定もあったので、
本作「マラヴィータ」の試写よりも映画祭優先かな、と、ちょっとなまいきなとのでありました。

ところが、映画祭というのがやたら混んでいて、とのが駆けつけた15時の時点で観られる映画は
18時10分開演の“We are the Best !”というスウェーデン映画しか残っていませんでした。
(いや、これがまた良かったんですけどね)
とりあえず“We are the Best !”の座席を押さえ、
「マラヴィータ」を観るため、試写室へ走りました。
ギリギリ間に合い、補助席ゲット。映画祭と試写室が同じ六本木で良かった!
しかし、150歳にもなって全力疾走はくたびれます。

ま、走っただけの甲斐はありましたけど。
出演はロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー。そして、トミー・リー・ジョーンズ。
このゴージャスなキャスティングにまずは満足。
ところが、さらに、ですね。
監督がリュック・ベッソン。そして、巨匠マーティン・スコセッシも製作総指揮に加わる
というなんともド派手な作品なのです。

f0165567_5352782.jpg

リュック・ベッソンといったら、
2011年「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」を監督したのはいまだ記憶に新しいところです。
そうそう「グラン・ブルー」(‘88)や「ジャンヌ・ダルク」(‘99)なんかもこの人。
そして、笑えるカーアクション「タクシー1~4」も彼リュック・ベッソンによる脚本・演出作品なんですよね。
リュック・ベッソン、実にいろんなカラーを持った人です。

「マラヴィータ」はそんな彼の面目躍如、笑えるギャング映画です。
ギャング映画?
デ・ニーロとマーティン・スコセッシの名前が出れば条件反射的にギャング映画となりますよね。
しかし、ちょっと訳あり。
主人公のフレッド(デ・ニーロ)は元マフィアのボスで、
実は彼、別の組織のボスを密告し、殺し屋に狙われる身。
FBIの証人保護プログラムを適用されているのです。


証人保護プログラム
証人保護プログラム(US Federal Witness Protection Program、略:WITSEC)とは、アメリカ合衆国における法廷または上下両院における証言者を(いわゆる「お礼参り」から)保護する制度である。法廷や諮問院会で証言者を被告発者による制裁から保護するために設けられた制度。本制度はマフィアの「血の掟」によるお礼参りから証言者を保護する目的で設けられた。
該当者は裁判期間中、もしくは状況により生涯にわたって保護されることとなる。その間、住所の特定されない場所に政府極秘の国家最高機密で居住する。その際の生活費や報酬などは全額が連邦政府から支給される。内通者により居所が知られないとも限らないので、パスポートや運転免許証、果ては社会保障番号まで全く新しいものが交付され完全な別人になる。なお、被保護者の中でもとりわけ、合衆国の国益に多大なる貢献をしたものは相当裕福な経済的援助を受けることもある。居住の場所はアメリカ合衆国内にとどまらず、ラテンアメリカ各国や、在外の米軍基地内、EU領内などのNATO軍の官舎等が割り当てられることも多々ある。(Wikipediaより)


f0165567_5324742.jpg

というわけで、フランス・ノルマンディの田舎町に
妻と2人の子ども共々やってきたブレイク一家。あ、愛犬のマラヴィータも一緒です。
(タイトルでもあるこのマラヴィータ君。イタリア語で「裏社会」という意味だそうです)

さあ、どんなお話なのでしょうね。楽しみでしょ?乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとしていただければうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月7日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

マラヴィータ
監督/リュック・ベッソン、脚本/リュック・ベッソン、マイケル・カレオ、製作総指揮/マーティン・スコセッシ、タッカー・トゥーリー、製作/ヴィルジニー・ベッソン=シラ、ライアン・カヴァナー、原作/トニーノ・ブナキスタ、撮影/ティエリー・アルボガスト
出演
ロバート・デ・ニーロ/フレッド・ブレイク、ミシェル・ファイファー/マギー・ブレイク、トミー・リー・ジョーンズ/スタンスフィールド、ベル・ブレイク/ディアナ・アグロン、ジョン・ディレオ/ウォレン・ブレイク、ジミー・パルンボ/ディ・チッコ、ドメニク・ランバルドッツィ/ミモ
11月15日(金)TOHOシネマズ有楽座、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
2013年、アメリカ・フランス、英語、111分、字幕翻訳/松浦美奈、配給/ブロードメディア・スペシャル、http://www.malavita.jp/

by Mtonosama | 2013-11-07 05:46 | 映画 | Comments(4)