ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マリー=モニク・ロバン ( 2 ) タグの人気記事

モンサントの不自然な食べもの -2-
Le monde selon Monsanto

f0165567_5353070.jpg

モンサント社というバイオ企業は枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモンなどをつくってきた会社、
そして、現在も世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル企業です。

マリー=モニク・ロバン監督は貴重な証人にインタビューし、
膨大な機密文書によって、この会社の歴史とこれまでのビジネスを検証しました。

1年にわたりメキシコ、パラグアイ、アメリカ、ベトナム、インド、イギリス、イタリア、
スイス、ノルウェー、フランスの10ヶ国で撮影し、
インターネットで調べ上げた数十人の証言者を取材。モンサントの主張と現実の実態を照合しています。

f0165567_536441.jpg

マリー=モニク・ロバン監督
1960年フランスの農家に生まれた監督。彼女はジャーナリズムを学んだ後、
フリーランスのレポーターとして南米に渡り、コロンビア・ゲリラなどを取材した女性。
1995年臓器売買をテーマにした「Voleurus d’yeux(眼球の泥棒たち)」でアルベール・ロンドレ賞受賞。
2003年アルジェリア戦争でのフランス軍による拷問や虐殺を扱った「死の部隊:フランスの教え」で
社会ニュースレポート&ドキュメンタリー国際映画祭優秀研究賞ほか受賞。
2008年には本作がレイチェル・カーソン賞(ノルウェー)、ドイツ環境メディア賞ほか数々の賞に輝く。
現在は3.11以降の福島の農家を取材、農業を中心とした継続的な社会をテーマにした作品を制作中。

と、まあ、硬派なジャーナリストでありますが、その根底にあるのは<食>と<命>。
農業大国フランス、自身も農家の出身である彼女としては巨大企業による「種」と「食」の独占は
見過ごすことはできません。

世界各地を取材で飛び回る彼女が耳にする巨大多国籍企業モンサント社の噂。
その真偽を確かめるため、インターネットで情報を集め、3年にわたり証言を集めました。
自由貿易の名のもとにアメリカから工業化された農業で作られたトウモロコシが押し寄せ、
在来種が絶滅の危機にさらされているメキシコ。
遺伝子組み換え種子と除草剤ラウンドアップのセット販売により食糧生産全体を支配しようとする実態。

f0165567_5394848.jpg

農民が種子を採取し、翌年に備える――
古来から続いている農の営みです。
モンサント社はこの種子の遺伝子の一部を組み換えることで種全体の特許を取得し、商品として独占しています。
その種を自家採取して自分の畑に植えたり、風や虫の働きで自然に交雑しただけでも
知的所有権違反で訴え、賠償金を請求するという噂。
そんな噂を多くの証言と取材によって明らかにしたのがこのドキュメンタリー映画です。

映画の中でインドの哲学者であり環境活動家でもあるヴァンダナ・シヴァさんが
「モンサント社は20数種あまりの遺伝子組み換え作物を栽培しています。
遺伝子組み換え種子が特許の対象だという規範を作ってしまえば、会社に特許料が入ります。
タネを握れば彼らはすべての畑を支配することになります――」

金をもうけるためとはいえ、まったくいろいろなことを考えるものです。
でも、これは他所の国のお話ではないんですよね。

最近あまり新聞紙上にのぼりませんが、TPP(環太平洋経済連携協定)にもし日本が参加するとなると、
遺伝子組み換え問題は私たちの生活にも大きな影響を与えます。
例えば、現在日本で義務付けられている「この商品は遺伝子組み換え原料を使っていません」という表示も
貿易の妨げになるからと廃止されてしまうかもしれません。

映画にも出てきますが、
メキシコで在来種のトウモロコシが遺伝子組み換え作物によって絶滅の危機にひんしているのは、
NAFTA(北米自由貿易協定)に参加したからです。

マリー=モニク・ロバン監督の出身国フランスではどうかというと、
議会で遺伝子組み換え作物についての審議を行っている時期に、この映画が公開。
議会でも上映されたそうです。
そして、遺伝子組み換え作物は禁止されました。

監督は日本人に警告を発しています。
「日本の皆さんもTPPには気をつけてください。みんなで有機農業の農家を応援しましょう」

ハァーッ。
息つく暇もなく襲いかかる諸問題。暑さにへたっている時間はありませんね。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月29日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

モンサントの不自然な食べもの
監督/マリー=モニク・ロバン、カナダ国立映画制作庁・アルテフランス共同製作
9月1日渋谷アップリンク他にてロードショー
2008年、フランス・カナダ・ドイツ、108分、協力/作品社、大地を守る会、食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク
http://www.uplink.co.jp/monsanto/

by Mtonosama | 2012-08-29 05:51 | Comments(10)
モンサントの不自然な食べもの  -1-
Le monde selon Monsanto

f0165567_541487.jpg

「モンサントの不自然な食べもの」。
「不自然な」という言葉がちょっとひっかかりますが、
「モンサント」という名前はなんとなくお洒落な響きがあります。
とのもこのモンサントといういかにもフランス語っぽい鼻濁音風の言葉につられてしまいました。

でも、この映画を観終わって思わず大きなため息をついてしまいました。
私たちはいったい幾つの危険から自分や家族の身を守らなくてはならないのでしょう。
ハァー・・・・・・


モンサント社
モンサント社 (Monsanto Company,NYSE:MON) は、アメリカのミズーリ州 クレーブクール(Creve Coeur, Missouri)に本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。
2005年の売上高は62億ドル、2008年の売上高は110億ドル、遺伝子組み換え作物の種の世界シェアは90%。研究費などでロックフェラー財団の援助を受けている。
また自社製の除草剤ラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売している。バイオ化学メーカーとして世界屈指の規模と成長性を誇り、ビジネスウィーク誌が選ぶ2008年の世界で最も影響力があった10社にも選ばれた。

1901年にジョン・F・クイーニイにより創業。モンサントという社名は妻のオルガ・モンサントに由来する。1920年代頃から硫酸と化学薬品の製造で業績を上げ、1940年代からはプラスチックや合成繊維のメーカーとしても著名となった。
本社の存在するセントルイスには世界屈指の規模を誇るミズーリ植物園 があるが、モンサント社はここのハーバリウム(植物標本保存施設)の建設に多額の寄付をしていることでも知られている。
同社を有名にした商品の一つはPCBであり、アロクロール(Aroclor)の商品名で独占的に製造販売した。日本では、三菱化成(現三菱化学)との合弁子会社であった三菱モンサント化成(現在は三菱樹脂へ統合)がPCB製造メーカーの一つであった。また、農薬のメーカーとしても著名で、ベトナム戦争で使われた枯葉剤の製造メーカーでもある。この枯葉剤には不純物としてダイオキシン類が含まれており、後に問題となった。
除草剤ラウンドアップを開発し、近年ではラウンドアップに耐性をもつ様々な遺伝子組み換え作物(ラウンドアップ・レディー: Roundup Ready)を分子育種して、セットで販売している。なお、ラウンドアップの有効成分グリホサート(glyphosate)自体の特許は既に有効期限が切れている。その他、雄性不稔や病害虫抵抗性やストレス抵抗性や成分改変の様々な組換え品種も開発している。モンサント社の遺伝子組換え作物の強引なシェア確保商法に対して欧州を中心に問題となっている。そのため、農業分野における米国の世界支配を支える企業という批判の的となることがある。
(Wikipediaより)

http://www.monsanto.co.jp/  日本モンサント株式会社

f0165567_554575.jpg

とのはお豆腐などを買うとき、「遺伝子組み換えではありません」という表示を見るともなく見て安心します。
はっきりした知識はないにせよ、DNAの段階で作りかえられた食べ物は怖いなとは感じてしまいます。
これって動物的な危機認識なのかもしれません。

世界のあらゆる地域、特にアジアにおいては
持続可能で環境にやさしい方法で食糧生産を拡大する能力が求められています。
モンサントカンパニーは遺伝子組み換え技術をはじめとするバイオテクノロジーを
その重要な手段と考え、その可能性を最大限に活用し、
社会に貢献できるよう取り組んでいます

(日本モンサント株式会社HPより)

う~ん、言葉は魔法ですよね。
確かに爆発的に人口の増大するアジアがこのままでは食糧が足りなくなるのは
火を見るよりも明らかでしょう。
だからといって遺伝子組み換えですかねぇ?

アメリカに本社を持つ「モンサント社」。世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇る世界的な企業です。
フランス人ジャーナリスト、マリー=モニク・ロバン監督が、
世界の人口問題を憂うモンサント社の素顔に迫りました。

さあ、一体どんなお話なのでしょう。



今日もポチッとしていただければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月26日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

モンサントの不自然な食べもの
監督/マリー=モニク・ロバン、カナダ国立映画制作庁・アルテフランス共同製作
9月1日渋谷アップリンク他にてロードショー
2008年、フランス・カナダ・ドイツ、108分、協力/作品社、大地を守る会、食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク
http://www.uplink.co.jp/monsanto/

by Mtonosama | 2012-08-26 06:02 | 映画 | Comments(8)