ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督 ( 2 ) タグの人気記事

フォンターナ広場 
イタリアの陰謀
  -2-
Romanzo di una strada

f0165567_6291439.jpg

©2012 Cattleya S.r.l.-Babe Films S.A.S


ジョルダーナ監督といえば「ぺッピーノの百歩」(‘00)や「輝ける青春」(’03)などで
政治的社会的に揺れ動いた60年代のイタリアを描いた社会派監督。
「自転車泥棒」(‘48ヴィットリオ・デ・シーカ監督)のネオレアリズモの風合いを
思い起こさせてもくれる監督です。


マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督
1950年ミラノに生まれる。
処女作“呪われた者たちを愛す”が1980年ロカルノ映画祭でグランプリ受賞。
その後も戦後イタリアの現代史に題材を取りながら、政治映画とは一線を画した人間ドラマを
描いている。1995年の“パゾリーニ、イタリアの犯罪”はパゾリーニ暗殺事件に迫った問題作。
「ぺッピーノの百歩」(‘00)はベネチア国際映画祭はじめ多数の映画祭で絶賛された秀作。

本作の中心人物となるのは事件を捜査するミラノ県警のカラブレージ警視と
爆破事件の容疑者とみなされるアナキストのピネッリ。
その他にも軍警察、内務省情報局、アナキスト、ファシスト、報道関係者、NATO、CIAと
登場人物は数十名に及びます。

40数年間にわたって監督の心を占めてきた事件をこの時期になってつきつけてきた監督。
今、大変な時代を迎えようとしている私たちも真剣に向き合っていかなければなりません。
多少の登場人物の多さに辟易しているわけにはいきますまい。


f0165567_6303426.jpg

ストーリー
ミラノ。デモ隊が警官隊と衝突。流血の事態となる。
カラブレージ警視は上司からの電話で現場に急行。
混乱の中で一人の若い警官が死亡。それをきっかけに共産主義陣営、アナキスト、極右勢力が
ひしめき合う国内の緊張関係は高まっていった。
カラブレージ警視はアナキストたちの情報を入手し、8月に起きた列車爆破事故の真相を探ろ
うとミラノのアナキストグループのリーダー的存在であるピネッリに接近。

一方、ローマの内務省情報局では副局長のダマートと局員の“教授”が各組織の動向を探って
いた。そして、ファシストの情報収集のため、極右のジャーナリストに接触する。
その結果、ファシストの一員ヴェントゥーラとフレーダが実は8月の列車爆破に関与していた
ことがわかってきた。ピネッリたちアナーキストの犯行と思われていた事件だ。

そして、資産家でありながら、武力行使も厭わない出版人フェルトリネッリは
極左の大物で国内の緊張をさらに煽りたてていた。

左右あい乱れての国内の動きにモーロ外相も危機意識を募らせていた。

そんな中――
1969年12月12日16時37分。
ミラノ大聖堂の裏手フォンターナ広場に面した全国農業銀行が爆破された。
左翼の関連を疑う捜査当局はアナキストたちを次々に連行していく。
だが、現場を指揮するカラブレージ警視はアナキストのリーダー的存在である鉄道員の
ピネッリを人間的に信頼していた。
そのため、今回の残虐な爆破事件が彼らの犯行だと信じることはできなかった。

そして、ある夜、事件が起きる。
カラブレージ警視が取調室を離れた隙にピネッリが転落死してしまったのだ。
不法拘留されて3日目の夜のことだった。
自殺なのか、事故死なのか、それとも殺人なのか。

爆破事件の真相、ピネッリの死の真相はいかに?
イタリア政府、情報局、軍警察、極右組織、ネオファシスト、共産活動家、アナキスト、
さらにはNATO軍、CIAまでが関わる巨大な闇がカラブレージ警視を覆い包んでいくのだが……

f0165567_632252.jpg


“この事件以降、イタリアは変わった”と言ったジョルダーナ監督。
爆破事件から33年後、すべての容疑者は無罪になり、裁判費用は犠牲者の家族に請求され、
取り調べ中、警察の窓から転落したピネッリの死に警察は責任無しとされました。

まるでハリウッド映画のようにイタリアでの爆破事件にCIAやNATOまでが関わってくる国際政治の暗黒部分。

70年代。
東西冷戦のさなかにあって、共産圏ユーゴスラヴィアに隣接するイタリアが共産化すれば、
イタリアはそのままヨーロッパの下腹部につきたてられる刃となることを恐れたのでありましょう。
それを阻止するために西側勢力はいかなる手段を講じることにもためらいはありません。

そして、それを調べる者の前に国家機密の大きな壁が立ちふさがり、
納得のいかない薄気味悪さが迫ってきます。
ひとりひとりの人間を情愛こめて持って描き出すことに冴えを見せるジョルダーナ監督が
あえて権力の暗闇を前面に押し出した作品です。

その暗闇におしつぶされた人間の無念さは消えることはありません。
例え、秘密の期間をどんなに長くしたとしても。

国家は個人に先行するのか――
それでいいのでしょうか?





ブログランキングに参加しています。今日もポチッとしてただければうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年12月22日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

フォンターナ広場 ~イタリアの陰謀~
監督/マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ、原案・脚本/マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ、サンドロ・ペトラッリャ、ステファノ・ルッリ、パオロ・クッキアレッリ著”IL SEGRETO DI PIAZZA FONTANA”(フォンターナ広場の秘密)を元にした調査に基づく)
撮影/ロベルト・フォルツァ、編集/フランチェスカ・カルヴェッリ、美術/ジャンカルロ・バジーリ、製作総指揮/ジーナ・カルディー二、製作/リカルド・トッツィ、ジョバンニ・スタビリーニ、マルコ・キメンズ
出演
ヴァレリオ・マスタンドレア/ルイージ・カラブレージ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ジュゼッペ・ピネッリ、ミケーラ・チェスコン/リチャ・ビネッリ、ラウラ・キアッティ/ジェンマ・カラブレージ、ファブリッツィオ・ジフーニ/アルド・モーロ、ルイージ・ロ・カーショ/予審判事ウーゴ・パオリッロ、ジョルジョ・コランジェリ/フェデリコ・ウンベルト・ダマート、オメーロ・アントヌッティ/ジュゼッペ・サラガト大統領、トマス・トラバッキ/マルコ・ノッツァ、ジョルジョ・ティラバッシ/”教授“、ファウスト・ルッソ・アレジ/グイード・ジャンネティーニ、デニズ・ファゾロ/ジョヴァンニ・ヴェントゥーラ、ジョルジョ・マルケージ/フランコ・フレーダ、アンドレア・ピエトロ・アンセルミ/グイード・ロレンツォン、セルジョ・ソッリ/警察署長マルチェロ・グイーダ
12月21日(土)よりシネマート新宿にてロードショー、全国順次ロードショー
2012年、イタリア・フランス合作、129分、イタリア語、字幕翻訳/鈴木昭裕、配給/ムビオラ、http://moviola.jp/fontana/

by Mtonosama | 2013-12-22 06:46 | 映画 | Comments(15)
フォンターナ広場 
イタリアの陰謀
  -1-
Romanzo di una strada

f0165567_8435279.jpg

©2012 Cattleya S.r.l.-Babe Films S.A.S


人間150年も生きているとそれなりにいろいろ経験するもの。
というわけで、この映画に描かれた時代を知っているとのであります。

1960年代末から70年代初め。
アメリカで、フランスで、ドイツで、イタリアで、そして、日本でも、
若者たちが一斉に立ちあがりました。
それはもうものすごい勢いで。

f0165567_8454640.jpg


レミングというネズミのような動物がいますが、
これは数が増えると一斉に大移動をするのだそうです。
そんな勢いでしたねぇ(遠い目)。

国家の在り方に怒り、社会の差別に怒り、戦争に反対していた若い人たち。
例えば、今もそんな時ではないかと思うのですけれど――
いえ、これは年寄りの繰り言でありましょうか。

本作「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」はそんな時代のお話であります。
イタリア最大の未解決事件であるフォンターナ広場爆破事件。
本作の監督であるマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が
《この事件以降、イタリアは変わった》と慨歎した事件です。
6時間を越える超大作「輝ける青春」で1966年から37年間のイタリア現代史を
ひとつの家族を通じて描いたジョルダーナ監督の最新作が
本作「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」。

60年代後半、東西冷戦の時代。
イタリアでも学生運動が活発化し、それは労働者にも拡がっていきます。
そんな〈熱い秋〉と呼ばれた季節が終わりを告げたのは、ある爆破事件がきっかけでした。
1969年12月12日16時37分。
ミラノ、ドゥオモの裏手にあるフォンターナ広場に面した全国農業銀行が爆破されたのです。
死者17人、負傷者88人という大変な惨劇でした。
ところが、この事件の犯人は現在に至るも特定できていません。
なぜか。
事件は急進派による先走りだったのでしょうか。
それとも、背後に事件を操る存在があったのでしょうか。

f0165567_851640.jpg

マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督は事件の起きた日時、ちょうどその広場にいました。
現場からたった300メートルしか離れていない場所だったそうです。
阿鼻叫喚の地獄絵。19歳のマルコが直近で目にした事件。
それは、未だ脳裏に深く刻みつけられているにもかかわらず、
解決もされないまま、人々の記憶から消し去られようとしていることに
目撃者として、映画監督として、監督は何を感じたのでしょうか。

本作を映画化するにあたり、監督をもっとも触発した資料は『フォンターナ広場の秘密』
(‘09 パオロ・クッキアレッリ著)でした。
この著作に著された仮説をさらに徹底して調べ上げ、自身の経験を重ね合わせ、
関係者が未だ存命する中、全ての登場人物を実名で描き出したのが
本作「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」です。

f0165567_9164767.jpg

さすがジョルダーナ監督――
ではありますが、
日本の60年代70年代を生きたとはいえ、イタリアの当時の状況はよくわからず、
右翼、左翼、警察、軍、イタリア政府が絡み合う状況は
「ちょ、ちょっと待ってください」と登場人物を確認したくなりました。
なにせ爆破事件の背景には魑魅魍魎が入り乱れていますからねぇ。

が、しかし
本作を観ると、この間の日本の特定秘密法案をめぐる動きをいやでも思い浮かべてしまいます。

監督の言葉が印象的です。
「この事件は多くの若者たちにとって民主主義の幻想が打ち砕かれたことを意味していた。
当時、多くの人間がこう考えた――もし本当に裏で自分たちの政府が動いていたとしたら」
さらにジョルダーナ監督はいいます。
「この事件以降、イタリアは変わったのだ」――――――

「2013年12月以降、日本は変わったのだ・・・・・」

覚悟して臨むことになります。



ブログランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年12月19日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

フォンターナ広場 ~イタリアの陰謀~
監督/マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ、原案・脚本/マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ、サンドロ・ペトラッリャ、ステファノ・ルッリ、パオロ・クッキアレッリ著”IL SEGRETO DI PIAZZA FONTANA”(フォンターナ広場の秘密)を元にした調査に基づく)
撮影/ロベルト・フォルツァ、編集/フランチェスカ・カルヴェッリ、美術/ジャンカルロ・バジーリ、製作総指揮/ジーナ・カルディー二、製作/リカルド・トッツィ、ジョバンニ・スタビリーニ、マルコ・キメンズ
出演
ヴァレリオ・マスタンドレア/ルイージ・カラブレージ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ジュゼッペ・ピネッリ、ミケーラ・チェスコン/リチャ・ビネッリ、ラウラ・キアッティ/ジェンマ・カラブレージ、ファブリッツィオ・ジフーニ/アルド・モーロ、ルイージ・ロ・カーショ/予審判事ウーゴ・パオリッロ、ジョルジョ・コランジェリ/フェデリコ・ウンベルト・ダマート、オメーロ・アントヌッティ/ジュゼッペ・サラガト大統領、トマス・トラバッキ/マルコ・ノッツァ、ジョルジョ・ティラバッシ/”教授“、ファウスト・ルッソ・アレジ/グイード・ジャンネティーニ、デニズ・ファゾロ/ジョヴァンニ・ヴェントゥーラ、ジョルジョ・マルケージ/フランコ・フレーダ、アンドレア・ピエトロ・アンセルミ/グイード・ロレンツォン、セルジョ・ソッリ/警察署長マルチェロ・グイーダ
12月21日(土)よりシネマート新宿にてロードショー、全国順次ロードショー
2012年、イタリア・フランス合作、129分、イタリア語、字幕翻訳/鈴木昭裕、配給/ムビオラ、http://moviola.jp/fontana/

by Mtonosama | 2013-12-19 09:00 | 映画 | Comments(6)