ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マルタのことづけ ( 2 ) タグの人気記事

マルタのことづけ -2-
Los insólitos peces gato

f0165567_546132.jpg


母親の死がテーマときたらこれはもう泣くしかないとお思いでしょうね?

でも、すぐ泣き、すぐ怒るというこらえ性のないとのですら泣きませんでした。
とにかく皆生きているからです。
それも必死に生きているというのではなく、普通に生きているんです。

クラウディア・サント=リュス監督も「この作品はドラマとコメディの中間です」と言っています。
う~ん、コメディとは思わなかったけどなぁ。

チ、チ、との、違うのよ(と、監督はいわなかったけど)。

「コメディというのは登場人物が自分の不幸を笑いのめすことができるから。
ドラマというのは彼らは事態をどうしようもないから。
結局のところ、私たちは人生で一人きり。
でも、同じ感覚を共有する二人の人間が出会うことで人生はもっと楽しいものになるはずです」

なるほど。31歳という若さでなかなか深い人生観をお持ちです。
どんな映画だか楽しみになりませんか?


f0165567_550582.jpg

ストーリー
メキシコ第2の都市・グアダラハラ。4人の子どもを持つシングルマザーのマルタ。
友人も恋人も家族もいないクラウディアはまったくの偶然から病院で出会った。
2人は同じ病室の隣り合ったベッドに。
虫垂炎を治療し、退院するクラウディアをマルタは自宅での食事に招いてくれたのだ。
戸惑いながらも誘いを受けたクラウディアはマルタの車に乗り込み彼女の自宅へ向かう。
そこにはしっかり者の長女アレハンドラと、フリーターの次女ウェンディ、
思春期真っ盛りの三女マリアナと3人の姉にやられっぱなしの末っ子のアルマンド。

料理中も食事中も彼らのおしゃべりは続く。とにかく賑やかな家族だ。
赤の他人のクラウディアにマリアナとアルマンドの学校の送迎を頼むわ、
マルタの病院の付き添いを頼むわ、
慣れ慣れしく騒々しい家族である。
クラウディアもこの家族にびっくりさせられつつも、
彼らの中にいることに居心地の良さを感じ、家族の一員として時間を過ごすようになる。

マルタは不治の病を患っていた。
間もなく遺していくことになる子どもたちの面倒を見ることと、
自分に残された日々を生きることに全力を注いでいた。
そして、両親を失い、愛を知らずに生きてきたクラウディアに生きることへの
エネルギーを分かち与えていた。

子どもたちもまたお互いに素直になれなかったり、
彼氏とうまくいかなかったり、学校でいじめられていたり、
入退院を繰り返すマルタに心ならずも冷たくしてしまったりと、
近いうちに死んでしまう母親、という喪失感と向き合いながら
学校生活、日常生活を過ごしていた。

そんなマルタや子どもたちにとって
部外者であるクラウディアの存在は潤滑油にもなっていた。

やがて彼らは母との別れを少しづつ受け入れ始め、お互いに結びついていく。
そんなある日のこと、マルタは子どもたちとクラウディアに海へのバカンスを提案。

黄色い小さな車に乗り込み、6人は海へ向う……

おおらかに死ぬことはおおらかに生きることである――
そんな想いを新たにした91分でした。

死をテーマに据えながら、生きるということを積極的に感じさせてくれた映画でした。
砂漠や国境越え以外のメキシコ映画って初めて観たような気がします。
泣かなくてもいい母もの映画です。そして、ひとりの若い女性の再生物語でありました。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月9日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

マルタのことづけ
監督・脚本/クラウディア・サント=リュス、プロデューサー/ヘミニアノ・ピネダ、エグゼクティブ・プロデューサー/ルビー・カスティージョ、クリスティアン・クレーゲル、へミニノ・ピネダ、共同プロデューサー/フィリップ・アコカ、アラン・ぺイロラス、撮影/アニエス・ゴダール、オリジナル音楽/マダム・レカミエ
出演
ヒメナ・アヤラ/クラウディア、リサ・オーウェン/マルタ、ソニア・フランコ/アレハンドラ、ウェンディ・ギジェン/ウェンディ、アンドレア・パエサ/マリアナ、アレハンドロ・ラミレス・ムニョス/アルマンド
10月18日(土)シネスイッチ銀座ほかロードショー
メキシコ、2013年、91分、カラー、協力/セルバンテス文化センター東京、配給/ビターズ・エンド、字幕翻訳/林かんな、http://www.bitters.co.jp/kotoduke/

by Mtonosama | 2014-10-09 05:58 | 映画 | Comments(10)
マルタのことづけ -1-
Los insólitos peces gato


f0165567_5324261.jpg


人間150年も生きると、自分はどのように死ぬのかなぁということは常日頃考えます。
痛いのはいやだし、電車に轢かれるのもちょっとなぁ、とか。
家族は泣くのかなぁ、それとも、ああ、せいせいしたっていうのかなぁ。
友人たちはどうだろう、とか。

とはいえ、大病を抱えているわけでもないので、いまひとつ実感はありません。

本作は、4人の子どもを持ち、不治の病を抱えながら、
それでも前向きに今を生きるシングルマザー・マルタと
天涯孤独な若い女性クラウディアとの出会いとその交流を通じて、
生きること、そして、死ぬことを描いたメキシコの映画です。

「だめよ、だめだめ!辛気臭いわ」
え?そんなことはありません。
太陽の国メキシコですからね。死ぬことも生きることの一部です。
て、めちゃくちゃ・・・か?

f0165567_5345536.jpg

本作で監督デビューを果たしたのはクラウディア・サント=リュス。
本作に登場する天涯孤独な女性クラウディアというのが実は彼女のことなのであります。
両親が離婚し、母親との生活に息苦しさを感じ17歳で家を出た監督。
大学を卒業した2005年、本作の主人公であるマルタとその家族に出会いました。
当時、既に病気と闘っていたマルタとその家族と暮らした2年間が
自分をとりまく世界に興味を失っていたクラウディアを大きく変えることになりました。
そう、これは実話なんですね。

家族を支えて働くしっかりものの長女アレハンドラ、
フリーターの二女ウェンディ(ちなみに彼女、マルタの本物の二女です)、
思春期まっただなかでオシャレと男の子のことしか頭にない三女のマリアナ。
末っ子は唯一の男の子アルマンド。おねえさんたちにいじられながら洗濯係をこなしています。
にぎやかな家族を見ていると死期の迫った母親がいるとは思えません。
明るく楽しく、そして、力一杯に生きる家族たち。

母・マルタもこれまた体調の悪い時にもひたすら我慢して
子どもたちのために尽くすというタイプではなく、
ありのままに生きています。
病院に出たり入ったりの生活。それは彼女や家族たちにとって生活の一部なんです。
それは家族だからこそできる生活なのでしょう。

f0165567_5353855.jpg

しかし、赤の他人である監督がマルタに家族のように迎えられ、共に暮らした、
という事実はまさに映画よりも小説よりも奇なり、であります。

監督がマルタに出会ったのは彼女が亡くなる2年前のこと。
この時、もう既に彼女は8年の闘病生活を送っていました。
マルタに出会った時、監督は22歳。自分が属する場所も、抱きしめてくれる人もなく、
不安で辛い時期でした。
そんな彼女をマルタは養女のように自分の家に迎え入れてくれました。
監督は、マルタが病と共存し、生きていく姿を間近に目にすることによって、
自分の悩みがいかに小さなものかを知ったといいます。


クラウディア・サント=リュス監督
1982年メキシコ・ベラクルス生まれ。2004年にグアダラハラ大学視覚芸術科卒業。
その後、女優兼監督として活動開始。2005年グアナファト国際映画祭で24時間以内に
ショートフィルムを制作するという課題に取り組み、最優秀賞主演俳優賞および特別賞と監督賞を受賞。2010年、メキシコ映画協会主催のコンペティションを本作の企画で勝ち取った。ベンタナ・スール映画祭では将来性のある才能を見出すことを目的に行われているポストプロダクション作品部門を本作で受賞。

彼女が映画を学んでいたこと、そして、マルタと出会ったこと。
神様や仏様はなんと粋なはからいをしてくださることでしょう。
そんな映画を日本の私たちが楽しめるとは!
映画の神様、ほんとにありがとうございます。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいね。



今日もポチッとしていただければ無上の喜びでございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月6日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

マルタのことづけ
監督・脚本/クラウディア・サント=リュス、プロデューサー/ヘミニアノ・ピネダ、エグゼクティブ・プロデューサー/ルビー・カスティージョ、クリスティアン・クレーゲル、へミニノ・ピネダ、共同プロデューサー/フィリップ・アコカ、アラン・ぺイロラス、撮影/アニエス・ゴダール、オリジナル音楽/マダム・レカミエ
出演
ヒメナ・アヤラ/クラウディア、リサ・オーウェン/マルタ、ソニア・フランコ/アレハンドラ、ウェンディ・ギジェン/ウェンディ、アンドレア・パエサ/マリアナ、アレハンドロ・ラミレス・ムニョス/アルマンド
10月18日(土)シネスイッチ銀座ほかロードショー
メキシコ、2013年、91分、カラー、協力/セルバンテス文化センター東京、配給/ビターズ・エンド、字幕翻訳/林かんな
http://www.bitters.co.jp/kotoduke/

by Mtonosama | 2014-10-06 05:45 | 映画 | Comments(7)