ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マーティン・スコセッシ監督記者会見 ( 1 ) タグの人気記事


マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を語る

-2-

1月16日(月)来日記者会見
リッツ・カールトン東京グランドボールルーム

f0165567_5152488.jpg

マーティン・スコセッシ監督語る

原作を読んでから映画化までに28年かかりました。
しかし、若い時に映画化をしていたら今とは全然違う作品になっていたと思います。
脚本を書いて、挑戦してもいいかもしれないと本気で思い始めたのは
『ギャング・オブ・ニューヨーク』を撮っていた2003年のことです。
映画化権を失いたくないので、「やっているから」と待たせていました。
その結果、裁判沙汰になったりもしたわけですが。

2003年は私生活でも変化があった年です。
再婚し、女の子が生まれました。
成熟してから父親になるのと、若い頃に父親になるのとでは全然違います。
そういう私生活の中での変化も自分の可能性を拡げるきっかけになりました。

小説「沈黙」との出会い

1985年に作った『最後の誘惑』は
キリスト教の理念やコンセプトをシリアスに探究した作品でしたが、
大きな議論が沸き上がりました。
その映画をエピスコパル教会で上映した際に
ポール・モアという大司教から
「面白い映画だった。だが私はこれをお勧めする」
と手渡されたのが「沈黙」でした。
大司教は「この作品は信じるとはどういうことかを問うものだ」とおっしゃいました。

その後、色んな議論が沸き起こる中で私は自分の信仰心を見失ってしまいましたが、
「沈黙」を読み、遠藤周作先生が探求なさったように
私ももっと深く掘り下げていき、答えをみつけなくてはならない、と思いました。
そういう意味でこれは他の作品より重要でした。
決定的な問いに答えるという意味で非常に重要な作品でした。
「沈黙」は信じることも疑うことも書いているので、非常に包括的な小説だと思います。
我々に関わるところが多い小説ですよね。
いずれにしても、人生とは疑念に満ちていますから。
実に、制作意欲を搔き立てられた作品でした。

f0165567_5175919.jpg


弱さ、懐疑心をテーマに

この映画では弱さとか懐疑心とかをテーマとして描いています。
否定するのではなく受け入れるということを描いた映画です。
作品の中でキチジローが
「弱き者の生きる場はあるのか?どこで生きていけばいいのか?」
と問いかけます。
弱き者をはじき出さずに受け入れ、
人が人として生きる価値とはなんなのでしょう。

社会においても皆が皆強くなければいけないということはないと思います。
強くあることが文明を維持していく唯一の手段ではないと思っています。
イエスは取税人や売春婦などの傍にいて、彼らを聖化しました。
今の世の中で一番危険にさらされているのは若い世代だと思います。
例えば、10年位前に生まれた人たちは勝者が世界を制覇することしか見ていません。
それしか知らないということはとても危険なことだと思います。
なぜなら、彼らは世界のからくりとはそうしたものだと考えてしまうからです。

今は非常に物質的な世界になっていますが、
そういう世界においてこそ、何かを信じたいという心を
真剣に考えることが大事だと思います。
西洋はこういったことを真剣に考える風潮にはなっていません。
西洋の宗教的基盤を作っていたものが変化を遂げつつあるのではないかと思います。




今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月24日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

by Mtonosama | 2017-01-24 05:28 | 映画 | Comments(0)