ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ミッドナイト・イン・パリ ( 2 ) タグの人気記事

ミッドナイト・イン・パリ -2-
Midnight in Paris

f0165567_64910100.jpg

PhotobyRogerArpajou(C)2011Mediaproduccion,S.L.U.,VersatilCinema,S.L.andGravierProductions,Inc.

1920年代のパリ。
主人公ギルが憧れるこの時代はエコール・ド・パリの多くの画家たちが日々酒を飲み、
アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルドらがパーティに明け暮れていた時代。
この頃、ガートルード・スタインがヘミングウェイのことをロストジェネレーションの作家と呼びました。
映画ではキャシー・ベイツが演じたこのガートルードいう女性。
アメリカの著述家、美術収集家で、パリに芸術家たちが集うサロンを開いていた人です。
華やかで、自堕落で、芸術的で、いかにも売れっ子脚本家が憧れそうな時代ではあります。
さあ、どんなお話かというと


f0165567_722974.jpg

ストーリー
花の都パリ。
ハリウッドの売れっ子脚本家のギルはビバリーヒルズに豪邸を購入できるほどの高額所得者ですが、
実のところ、娯楽映画のシナリオ書きにはもうウンザリ。
本格的な作家になるため、パリに移住することを夢みています。
ところが、現実主義者の婚約者イネズが望むのは安定したリッチな生活。
意見の合わない2人の前に、イネズのボーイフレンド・ポールが現れました。
芸術や歴史について博識ぶりをひけらかすいけすかないヤツです。

第1夜
ポールと踊りにいったイネズと別れ、夜のパリを散策するギル。
ホテルへの帰り道がわからなくなり、座り込んでいると時計台が12時の鐘を打ちました。
そこへ現れた1台のクラシックカー。おしゃれで気のいい酔っ払いたちがギルを車へ誘います。
車が向かった先はとあるパーティ会場。
そこで出会ったアメリカ人カップルはスコット&ゼルダ・フィッツジェラルドと名乗ります。
あれ?あの偉大な作家夫婦と同姓同名ではありませんか!
おや、ピアノを弾いている男はコール・ポーター?
え!パーティの主催者はジャン・コクトーだって!?
なんと、ここはギルがさっきまでいた2010年のパリではなく、1920年のパリのパーティ会場でした。
さらにパーティの後、流れて行ったバーではギルが敬愛してやまないアーネスト・へミングウェイに
紹介されたのです。

第2夜
興奮さめぬまま、再び昨夜の場所に向い、あの車に乗り込むギル。
車にはへミングウェイが乗っています。
そして、彼に連れられていったのはガートルード・スタイン女史が主宰するサロン。
そこで女史と絵画論を闘わせていたのはなんとパブロ・ピカソでした。
ギルはピカソの愛人アドリアーナに心を奪われ、彼女もまたギルに興味津津。

第3夜
今宵のパーティ会場は華やかな遊園地。再び出会ったアドリアーナの美しさは輝くばかり。
誰もいない静まり返った真夜中のパリをそぞろ歩くふたり。
そこで出会ったのはスコット・フィッツジェラルドと夫婦喧嘩してセーヌの流れに
身を投げようとしているゼルダでした。
彼女を鎮める際、思わず婚約者イネズのことを口にし、アドリアーナと気まずく別れたギル。
ひとり取り残され、サルバドール・ダリ、ルイス・ブニュエル、マン・レイと共にシュールレアリスティックな夜を過ごすことに。

第4夜
T・S・エリオットと乗り合わせ、ガートルード女史のサロンを訪れたギル。
アドリアーナはヘミングウェイと連れだってキリマンジャロへ出かけ不在でしたが、
ギルの小説を読んだ女史は「あなたの小説は異色でSFのようだわ」と褒めてくれるのでした。

第5夜
夜は1920年のパリ、昼は小説の手直しに没頭するギル。
その間に、イネズといけすかないポールとの仲は深まっていくばかり。
でも、今晩もまたタイムトリップ。
そこで出会ったのはキリマンジャロから帰ってきていたアドリアーナでした。
ギルは今こそチャンスとばかりにアドリアーナと激しくも甘い口づけを交わします。
恋に酔いしれるふたりの前に現れたのは時代がかった1台の馬車。
ふたりが着いたのは伝説のレストラン、マキシム。なんと、そこは1890年のパリ!
マキシムに居並ぶロートレック、ドガ、ゴーギャン、まさにベル・エポックの画家たち。
彼らは口々にルネッサンス期の素晴らしさを語り、
アドリアーナはこのまま華やかなベル・エポックのパリに留まりたいと言い出します。
1920年こそ理想の黄金期だと信じてきたギルの頭は大混乱。
どうなる?ギル、どうする?ギル……

f0165567_733772.jpg

素敵な設定だと思いません?
ギルならずともこんな状況に陥ってみたいものです。
大混乱中のギルには気の毒だけれど、ま、良い結末をみつけてくれるとは思いますよ。

ギルもアドリアーナもロートレックも、過ぎてしまった時代を恋い慕うんですね。
昔は良かったなぁ、という思いは誰しも抱くものですが、
懐古趣味は夜の魔法の中だけにしておきましょう。
お昼の世界のギルも気にはなりますし。

しかし、ウディ・アレンの職人気質なこの展開。
そして、映画の素直な流れ、と同時に、レトロな中にもきらびやかなパリの夜。
1950年代のハリウッドの良い部分をすべて落とし込んだ映画じゃないでしょうかね。
良かったですよね。1950年代って・・・・・

あれ?





今日もまたポチッとお願いできれば嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ミッドナイト・イン・パリ
監督・脚本/ウディ・アレン、製作/レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、ハウメ・ロウレス、製作総指揮/ハビエル・メンデス、撮影監督/ダリウス・コンジ
出演
キャシー・ベイツ/ガートルード・スタイン、エイドリアン・ブロディ/サルバドール・ダリ、カーラ・ブルーニ/美術館ガイド、マリオン・コティヤール/アドリアナ、レイチェル・マクアダムス/イネズ、マイケル・シーン/ポール、オーウェン・ウィルソン/ギル、ニーナ・アリアンダ/キャロル、カート・フラー/ジョン、トム・ヒドルストン/F・スコット・フィッツジェラルド、ミミ・ケネディ/ヘレン、アリソン・ビル/ゼルダ・フィッツジェラルド、レア・セドゥ/ガブリエル、コリー・ストール/アーネスト・ヘミングウェイ
5月26日(土)東京ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
2011年、スペイン=アメリカ合作、カラー、1時間34分、英語、フランス語、日本語字幕/石田泰子、提供/角川書店、ロングライド、東宝、配給/ロングライド
http://www.midnightinparis.jp/

by Mtonosama | 2012-05-19 07:14 | 映画 | Comments(13)
ミッドナイト・イン・パリ -1-
Midnight in Paris

f0165567_641842.jpg

PhotobyRogerArpajou(C)2011Mediaproduccion,S.L.U.,VersatilCinema,S.L.andGravierProductions,Inc.


ウディ・アレンという人は本当に多作な監督です。
好き嫌いはあると思うんです。とのもこの監督はどちらかといえば、あまり好きなタイプではありません。
でも、これほど規則正しく、ほぼ毎年、映画を発表するということはなかなかできることではないと思います。
それゆえに鼻につくということもあるかもしれませんけどね。

とのが当試写室を開室してから、今月でちょうど4年目に入りましたが、
あまり好きなタイプではないと言っているにもかかわらず、既に、
「それでも恋するバルセロナ」http://mtonosama.exblog.jp/11353830/
「ウディ・アレンの夢と犯罪」http://mtonosama.exblog.jp/12899266/ http://mtonosama.exblog.jp/12924989/
と2本上映していました。

彼の監督作品だけでも、もうウンザリするほどあるし、
おまけに出演作、声の出演まで含めたら、この小さな試写室はパンクしてしまいます。

今年で77歳になるウディ・アレン。
巨匠と呼べるお歳でもありますから、受賞したアカデミー賞も、作品賞・監督賞各1回(「アニー・ホール」)、
脚本賞3回(「アニー・ホール」、「ハンナとその姉妹」、「ミッドナイト・イン・パリ」)と大変なものです。
本作で今回見事3度目のアカデミー賞脚本賞に輝いたウディ。
でも、いつも通り授賞式には姿を見せませんでしたけどね。

ウディ・アレンといえばNYですが、本作「ミッドナイト・イン・パリ」はタイトル通りパリが舞台。
「NYに住んでいるのでなければ、一番愛する街はパリだ」と言明するウディ・アレンが、
どんな映画を撮ったのか、嫌いといいながらも期待してしまいます。

f0165567_69618.jpg

エッフェル塔に、凱旋門に、モネの睡蓮の池に、セーヌ河。
これは「地球の歩き方」?と見まごうパリの名所がこれでもか、と登場します。
そして、バックに流れるせわしないナレーション。
はいはい、お約束のウディ節ですね。
いやみでスノッブなインテリ男も登場しますし、
はたから見ればちょっと変だけど、自分だけはまともな人間と思いこんでる主人公もいつも通りかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。どこか違うような気がします。
なんか、いつもより夢見がちなんです。
どこかファンタジックで、いつものウディ・アレンらしくありません。
もちろん、早口で饒舌なウディ・アレン節がなく、いやみなスノッブ男さえ登場しなければ、ですけどね。

さあ、夢と言いましたが、どんな夢でしょう。

f0165567_6114474.jpg

主人公の売れっ子脚本家ギルが憧れているのは、1920年代のパリ。
彼は、ダリやヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルドが活躍したパリこそが
まさに芸術家にとっての黄金期だと信じて疑いません。
自分もそんな匂いを感じられるパリに暮らしたい、と夢見ています。

今の自分とは違う自分---
ギルのみならず誰でもひそかに夢見る自分です。

さあ、そんなギルにパリの夜が魔法をかけますよ。
一体、どんなお話でしょうか?
乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ミッドナイト・イン・パリ
監督・脚本/ウディ・アレン、製作/レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、ハウメ・ロウレス、製作総指揮/ハビエル・メンデス、撮影監督/ダリウス・コンジ
出演
キャシー・ベイツ/ガートルード・スタイン、エイドリアン・ブロディ/サルバドール・ダリ、カーラ・ブルーニ/美術館ガイド、マリオン・コティヤール/アドリアナ、レイチェル・マクアダムス/イネズ、マイケル・シーン/ポール、オーウェン・ウィルソン/ギル、ニーナ・アリアンダ/キャロル、カート・フラー/ジョン、トム・ヒドルストン/F・スコット・フィッツジェラルド、ミミ・ケネディ/ヘレン、アリソン・ビル/ゼルダ・フィッツジェラルド、レア・セドゥ/ガブリエル、コリー・ストール/アーネスト・ヘミングウェイ
5月26日(土)東京ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
2011年、スペイン=アメリカ合作、カラー、1時間34分、英語、フランス語、日本語字幕/石田泰子、提供/角川書店、ロングライド、東宝、配給/ロングライド
http://www.midnightinparis.jp/

by Mtonosama | 2012-05-16 06:20 | 映画 | Comments(6)