ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ヤン・クーネン ( 1 ) タグの人気記事

シャネル&ストラヴィンスキー   -2-
COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY  

f0165567_5162857.jpg


                  ©EUROWIDE FILM PRODUCTION

さあ、「シャネル&ストラヴィンスキー」、いよいよ後編です。

ストーリー
1913年パリ。シャンゼリゼ劇場。

舞台ではイゴール・ストラヴィンスキー作曲の「春の祭典」初演が行われていました。
ところが、客席はブーイングの嵐。退席する人までいる始末です。
時代を先取りしすぎたその曲は20世紀初頭のパリ市民の理解を大きく超えていたのです。

その時、ココ・シャネルは劇場にいて、その斬新な音楽とバレエに陶然としていました。

f0165567_5242388.jpg

1920年。
恋人を事故で失い、悲しみにくれるシャネル。
ストラヴィンスキーもまたロシア革命の後、すべての財産を失い
パリで傷心の亡命生活を送っていました。
そんな2人が、共通の友人を通じて出会います。
既に、富と名声を手にしていたシャネルは
ストラヴィンスキーが作曲に専念できるようにと
郊外に所有する豪壮な別荘を提供するのでした。
ストラヴィンスキーはシャネルの厚意を受け入れ
胸を病む妻と4人の子どもたち共々、別荘へ移り住みます。

しかし、美と芸術を求めてやまないココとイゴールが
激しい恋情のとりこになるのは時間の問題でした…


f0165567_5213092.jpg


いやあ、ゴージャスな映画です。
シャネル社デザイナー、カール・ラガーフェルドがスーツやイブニングドレスをデザイン。
シャネル社は多くの衣裳やアクセサリーをこの作品のために貸し出しています。
また、別荘のインテリアには、ココ・シャネルの色である白と黒が多用され
シャネルのパッケージに見られるようなシャープな意匠で飾られています。

ココ・シャネルを演じたアナ・ムグラリスは2002年以来シャネルのミューズとして活躍中。
まさにシャネル尽くしの映画であります。
ちなみに、”シャネルのミューズとはデザイナーのイメージを具現化し、世間に広める
イメージモデル”のことだそうです。(Wikipedia)

そこだけとれば、シャネルのための一大PR映画といえなくもないのですが
ココ・シャネルという女性は一時代を画した偉大な存在、スーパースターです。

目と耳の保養としては恰好の映画でしょう。
映画を観た後、「春の祭典」のCDを引っ張り出して聴いてしまいました。
そうそう、殿の持っているCDは映画「ベルリン・フィルと子供たち」のサントラ盤なのですが
この映画で使われた「春の祭典」の音源はまさにこれ。
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルによるものです。

ロシア革命を契機に結びついた女性デザイナーと作曲家、という内容も
センセーショナルで、20世紀初頭という時代の激しさを感じさせます。

そして、その恋は激しさゆえに短命に終わります。

f0165567_5362219.jpg


ココ・シャネルは孤独とひきかえに
一流デザイナーと一流経営者と芸術の守護神という位置を手にいれたのでしょうか。

しかし、一流であるということはつらいものです。
山の頂きに一人で立ち、四方から吹き付ける強風にも超然として居続けるということが
それを意味するのだとしたら。

おばあさんになっても挑戦し続けるシャネル、かっこいいです。
シャネルに拍手。パチ、パチ、パチ…

The End

シャネル&ストラヴィンスキー
監督/ヤン・クーネン、脚本/クリス・グリーンハルジュ、原作/クリス・グリーンハルジュ「Coco & Igor」(‘03)
出演
マッツ・ミケルセン/イゴール・ストラヴィンスキー、アナ・ムグラリス/ココ・シャネル、エレーナ・モロゾアヴァ/カトリーヌ・ストラヴィンスキー、ナターシャ・リンディンガー/ミシア・セール
1月16日(土)シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
2009年、フランス、119分、提供・配給/ヘキサゴン・ピクチャーズ
www.chanel-movie.com


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ワンクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡1月13日に更新しました。いつも応援してくださって、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2010-01-13 06:01 | Comments(12)