ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ヤン・シュヴァンクマイエル展 ( 1 ) タグの人気記事

           ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展
                    ~映画とその周辺~
f0165567_6173517.jpg


                          今日で8月も終わり。
             朝晩はもう秋の気配で、夜には虫の音が聞こえるようになりました。
             とはいえ、日中はまだまだ暑いですね。それに台風も近づいています。

         先週、当試写室でもお知らせしたヤン・シュヴァンクマイエル展を観てきました。
           会場入り口の写真を撮ったのですが、同居人に削除されてしまいました。
                 (ひとの写真を勝手に削除しますかねぇ。ったく(怒))
       ということで、ヤンさんとは全然関係ない近所のご隠居さんに出演してもらいました。

                        ヤン・シュヴァンクマイエル展。
         待ち合わせをした友人を待つ間、売店で、図録やら、彼が挿絵や表紙を描いた本を
                      ぱらぱらと楽しませてもらっていました。
  江戸川乱歩「人間椅子」に挿絵を入れた本や表紙絵を描いたアリス、ラフカディオ・ハーン「怪談」などなど、
                      この売店でかなり楽しんでしまいました。
          「人間椅子」は、「う~ん、ヤンさん、こうくるか」と腕を組んで感心しました。

                    さて、中に入ると最初は木や石を使ったオブジェ。
                 古色を帯びた様子は上野の国立博物館の木乃伊を連想させます。
                     あるいは、観光地によくある世界寄宝館?
                はたまた、子どものころ、お祭りの日に神社の境内に出ていたテント。
               「親の因果が子に報い、なんと、この子は蛇女。花ちゃ~ん」
                             「あい、あ~い」――
                          (ん?知らないって?すいません)

                          「う~ん、これは…」と思いつつ、
                更に進めば、映画「ファウスト」に使用した大きな人形が睨みつけています。
                        セットも再現されていて、魔都プラハの現出。
                         その薄気味悪さがなんとも良い感じでした。
                もちろん先日ご紹介した「サヴァイヴィングライフ」の絵コンテもありましたよ。

                             触れられる作品あり、
                       良い子としてはちょっと紹介しにくいオブジェあり。
           古色からカラフルな作品へと展開していく様子など、びっくりしたり、首をかしげたり、
                           うちにもひとつ欲しいと思ったり。

     20世紀の芸術思潮を現代の原宿で鑑賞する、というちょっとしたタイムトラベルを体験してきました。

              9月19日(月)までラフォーレミュージアム原宿で開催されています。

「ヤン・シュヴァンクマイエル展 ~映画とその周辺~」
11:00~20:00(最終日のみ18:00閉場)
入場料:一般900円、大学・高校生800円、中・小学生600円、小学生未満無料


今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月31日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

小さな声も集まりゃデカい!
今日が締切です。こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
by mtonosama | 2011-08-31 06:38 | 映画 | Comments(6)