ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ヤン・シュヴァンクマイエル ( 2 ) タグの人気記事

   サヴァイヴィング ライフ -2-
             ―――夢は第二の人生―――
                       Surviving Life

f0165567_5465694.jpg


                         (C)ATHANOR

                さて、ヤン・シュヴァンクマイエル氏でありますが、
 彼の尊敬する日本の作家は江戸川乱歩であります(本家エドガー・アラン・ポーもお好きとのことです)。
                乱歩からはずいぶん制作上の影響も受けているとか。
   シュヴァンクマイエル氏、来日すると必ず、能や歌舞伎、人形浄瑠璃の舞台を楽しむそうです。
                  随分、日本通のシュルレアリストなのです。

本作をご覧になる前にラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階)で、
8月20日(土)から9月19日(月)まで開催される「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展~映画とその周辺~」をご覧になると映画をさらに楽しめるかもしれません。http://www.svankmajerjp.com/
本展では様々な素材を使ったオブジェ、絵画、コラージュ、版画、ドローイングなどの作品群も展示されますが、その大半は日本初公開。サブタイトルに「映画とその周辺」とあるように、映画館と美術館の境界を取り払ってしまった作家の作品展です。

f0165567_550722.jpg

                           ©Jan Švankmajer

新装版の表紙のために描いた「アリス」が2点、そして日本の木版画―――シュヴァンクマイエルが下絵を描き、茨城と京都の彫り師と摺り師が江戸時代以来の伝統的な技法で制作したもの。他にも、日本の百鬼夜行絵巻を意識した妖怪とシュヴァンクマイエルが独自に生み出した妖怪からなる絵柄や小泉八雲「怪談」の挿絵など、江戸と魔都プラハとの画期的なコラボレーションを楽しめる作品展です。

          5年ぶりの新作となる「サヴァイヴィング ライフ ――夢は第二の人生――」。
          「夢と現実をそのまま撮りたかった」と語るシュヴァンクマイエル氏ですが、
              本作は夢と現実を平行に取り扱う形で撮影したということです。
   夢そのものは何度も扱ってきたけれど、今回のように夢を具体的に描いたのは初めてと語っていますよ。

                      さあ、どんなお話なのでしょうか。

f0165567_642921.jpg


ストーリー
エフジェンはパッとしない中年サラリーマン。
家に帰っても口喧しい妻ミラダの愚痴を聞かされるだけなので、楽しみは寝ることです。
ある日、彼は夢の中でエフジェニエという名前の若く美しい女性と出会います。
彼女に誘われて部屋を訪ね、抱き合っているところを彼女の息子に見られてしまいました。
そんな夢の記憶が気になるエフジェンは精神分析の女医ホルボヴァー医師を訪れます。
カウンセリングの結果、エフジェンが幼い頃に両親を亡くし、
児童養護施設で育てられた経験が彼の見る夢と関係しているらしいことがわかってきます。

エフジェンは自分の意思で夢の世界に入っていく方法を発見。
誰にも邪魔されることなく、夢の世界に入るため、古いスタジオを借りることにしました。
妻には会社に行くと見せかけ、毎日夢の中へと出かけるエフジェン。

一方、エフジェンの行動を不審に思った妻ミラダは彼を尾行。
精神分析医のホルボヴァー医師に会い、彼女を夫の浮気相手を思いこんでしまいました。
ところが彼女から夫の二重生活を教えられ、ショックを受けます。
ミラダは夫の尾行を続行し、スタジオでエフジェンが夢の世界に入っていく儀式を目撃。
その真似をして彼の世界に入り込んでしまったから、大変。
やがて、現実と夢の境界がないまぜになっていき……


f0165567_661957.jpg


                            う~~ん!?
              今から90年前シュルレアリズム宣言を読んだ人が感じたものを、
        現代の私たちも感じると思います。ということは、シュルレアリズムはまだまだ新しい!
          「解剖台の上でのミシンとこうもり傘の偶然の出会いのように美しい」わけです。

               映画の冒頭、シュヴァンクマイエル氏がスクリーンに登場し、
              「この映画は最初アニメーションで撮影しようと思ったけれど、
              お金がないので実写と俳優の写真を切り貼りすることにしました」
                           と口上を述べます。
             監督本人がこんなふうに顔を出すなんて、なんかヒッチコックみたい。

             彼はお金がないからアニメーションは止めにしたなんて言ってますが、
                 実はこの切り貼り方式の方が高くついたそうですよ。
        ご本人は「この表現で自分の映画に新しいものをとりこめた」と語っていますから、
         本作は今後の作品制作にも大きな影響を与えることになるのかもしれません。

           映画にも、小説にも、ストーリー性の高いものと、そうでないものがあります。
               テーマ性にこだわる作品、表現様式をつきつめる作品。
                    わかりやすい作品、難解な作品―――

                でも、どれがベストか、は誰にも決められません。

                         これも出会いなんでしょう。
        映画館のスクリーンの上での観客とシュヴァンクマイエルとの偶然の出会いのように美しい…
                            と思いますが。

  

                               

今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月22日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

小さな声も集まりゃデカい!
こちらもクリックしてくださいませ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-
監督・脚本/ヤン・シュヴァンクマイエル、撮影/ヤン・ルジチュカ、ユライ・ガルヴァーネック、アニメーション/マルティン・クブラーク、エヴァ・ヤコウプコヴァー、ヤロスラフ・ムラーゼック、音響/イヴォ・シュパリ、編集/マリエ・ゼマノヴァー、衣装/ヴェロニカ・フルバー、プロデューサー/ヤロミール・カリスタ
出演
ヴァーツラフ・ヘルシュス/エフジェン、ミラン、クラーラ・イソヴァー/エフジェニエ、ズザナ・クロネロヴァー/ミラダ、ダニエラ・バケロヴァー/ホルボヴァー医師、エミーリア・ドシェコヴァー/老女(超自我)
8月27日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
2010年、チェコ、108分、後援/駐日チェコ共和国大使館、CZECH CENTRE TOKYO、製作/Athanor、C-GA Film、提供/レン コーポレーション、ディーライツ、アウラ、ユーリアンドデザイン、配給/ディーライツ
www.survivinglife.jp

by mtonosama | 2011-08-22 06:42 | 映画 | Comments(10)
   サヴァイヴィング ライフ -1-
            ―――夢は第二の人生―――

                      Surviving Life

f0165567_6452768.jpg


                           (C)ATHANOR

                        ヤン・シュヴァンクマイエル!
                  チェコが生んだ知る人ぞ知る芸術家であります。
                     そして、シュルレアリストなのであります。

                     シュルレアリスムといえば、忘れられないのが
             「解剖台の上でのミシンとこうもり傘の偶然の出会いのように美しい
    ロートレアモン伯爵ことイジドール・デュカスの「マルドロールの歌」第六の歌Ⅰに登場する一節です。

                 なんでミシンとこうもり傘が出会わないといけないわけ?
                      それも、なんで解剖台の上なの?

                              たしかに。

  でも、シェルブールで雨傘屋の娘ジュヌヴィエーヌと自動車整備工ギイが恋に落ちるのも「なんで?」ですし、
   修道女見習いのマリアが7人の子持ちのトラップ大佐と恋に落ちるのもありえない話だと思いません?

                    そもそも、出会いというのは意外なもの。
         ンなわけで、解剖台の上でミシンとこうもり傘が出会ったっていいのであります。
                              キッパリ。
  
f0165567_6482348.jpg


           1924年にアンドレ・ブルトンが「シュルレアリズム宣言」を出して以来、
                     およそ90年の年月が経ちました。

                         このシュルレアリズム、
             自動筆記というなにやらオカルトっぽい技法で詩や文章を書いたり、
                  コラージュという偶然性の強い技法を用いたり、
         理性や主観から解き放たれた夢の世界を作品化する芸術の形態や主張をいいます。

            皆さまよくご存知のとろりと溶けだした時計(「記憶の固執」)のダリとか、
                 ルネ・マグリットなどもこの芸術形態をとる画家です。

      超現実主義=シュルレアリズム、誕生から90年近くを経た今もなお、そそるものがあります。
                なんか〈超〉とつくだけで嬉しくなってしまうんですよね。

        そして、21世紀の現在も活躍するシュルレアリストがヤン・シュヴァンクマイエル。
 それも映像の世界でシュルレアリズムを実践しているというのだから、映画ファンとしては必見であります。

f0165567_6501059.jpg


ヤン・シュヴァンクマイエル
1934年、プラハで誕生。父は陳列窓装飾家、母は熟練の裁縫師。
8歳のクリスマスに人形劇セットをプレゼントされ、これが彼の芸術観の形成に大きな役割を果たしました。16歳でプラハの工芸高等学校に入学。在学中にダリの絵と出合います。
1954年プラハの芸術アカデミー演劇学部人形劇科に入学。
その後、短期間ですが、リベレツの国立人形劇劇場で演出と舞台美術を担当。
そこで映画監督エミル・ラドクと出会いました。
1964年最初の映画作品「シュヴァルツェヴァルト氏とエトガル氏の最後のトリック」を発表。
翌年「J.S.バッハ G線上の幻想」がカンヌ映画祭で短編映画賞を受賞。
1983年「対話の可能性」がベルリン映画祭で短編映画部門金熊賞と審査員賞を受賞。
1987年「アリス」。
1989年ニューヨーク近代美術館で映画の回顧展。
1990年「闇・光・闇」がベルリン映画祭で審査員特別賞、川崎市民ミュージアムの「シュヴァンクマイエル映画祭‘90」で来日。
1991年プロデューサーのヤロミール・カリスタと共に古い映画館を買い取り、映画スタジオ〈アタノル〉を創立。(アタノルは錬金術師がものを蒸して柔らかくするときに使うかまど)。
1997年サンフランシスコ映画祭で「伝統的な映画製作の枠組みにとらわれないで仕事をしている」映画監督の業績に対して贈られるゴールデンゲート残像賞を受賞。

                          とまあ、こんな方です。
  このヤン・シュヴァンクマイエルが制作する時のベストパートナーでもあり、画家であり、造形作家であり、
   詩人、小説家でもあった妻のエヴァ・シュヴァンクマイエルが亡くなってから初めての作品となるのが、
            本作「サヴァイヴィングライフ」です。さあ、どんな作品でしょうか。

                本編上映の前に1987年の作品「アリス」をお楽しみください。
                            ↓ ↓ ↓
          

                                 

今日もポチッとお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月19日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

小さな声も集まりゃデカい!
こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!


サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-
監督・脚本/ヤン・シュヴァンクマイエル、撮影/ヤン・ルジチュカ、ユライ・ガルヴァーネック、アニメーション/マルティン・クブラーク、エヴァ・ヤコウプコヴァー、ヤロスラフ・ムラーゼック、音響/イヴォ・シュパリ、編集/マリエ・ゼマノヴァー、衣装/ヴェロニカ・フルバー、プロデューサー/ヤロミール・カリスタ
出演
ヴァーツラフ・ヘルシュス/エフジェン、ミラン、クラーラ・イソヴァー/エフジェニエ、ズザナ・クロネロヴァー/ミラダ、ダニエラ・バケロヴァー/ホルボヴァー医師、エミーリア・ドシェコヴァー/老女
8月27日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
2010年、チェコ、108分、後援/駐日チェコ共和国大使館、CZECH CENTRE TOKYO、製作/Athanor、C-GA Film、提供/レン コーポレーション、ディーライツ、アウラ、ユーリアンドデザイン、配給/ディーライツ
www.survivinglife.jp

by mtonosama | 2011-08-19 07:17 | 映画 | Comments(6)