ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ヨアンナ・コス=クラウゼ ( 2 ) タグの人気記事


パプーシャの黒い瞳
-2-
PAPUSZA

f0165567_6272435.jpg

(C)ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013


昨年61歳で永眠したクシュトフ・クラウゼは
2006年に日本公開された『ニキフォル 知られざる天才画家の肖像』の監督です。
この時、共同脚本を担当した妻ヨアンナ・コス=クラウゼは本作では共同監督を担当し、企画もしています。

本作を企画したヨアンナはたまたま高校の恩師からパプーシャのことを聞いたけれど、
パプーシャはポーランドでもあまり知られていません。
『ニキフォル 知られざる天才画家の肖像』もそうでしたが、
クラウゼ夫婦は歴史にうずもれた人に焦点を当てる人たちのようです。
「わたしはあなたたちのことを忘れません」
ポーランドの〈悼む人〉ですね。
http://mtonosama.exblog.jp/23616090/  http://mtonosama.exblog.jp/23627557/

ジプシーというとヨーロッパの人々はあまり良い印象を持たないようですが、
彼らはヨーロッパという定住文化圏を行きかう移動民族。
ヨーロッパの人々にとってジプシーは異文化であると同時に異分子なのでしょうか。
でも、極東の地から見ると彼らのエキゾチシズムはなんとも魅力的です。
クラウゼ夫妻の綿密な調査と偏見のない視線も感じられます。

すべてのジプシーよ
私のもとへおいで
走っておいで
大きな焚き火が輝く森へ


こんな詩を書いたパプーシャのお話です。

f0165567_6293555.jpg

ストーリー
1910年 お人形遊びが似合うほど若いジプシー女性が女の子を産んだ。
彼女は赤ん坊をパプーシャ(お人形)と名付ける。

1949年 パプーシャの一族のもとへ、彼らの楽器を修理するポーランド人が
一人のよそ者を連れてやってきた。その男の名はイェジ・フィツォフスキ。
作家で詩人の彼は秘密警察を殴って追われる身。
ジプシーに匿ってもらおうと考えていた。
パプーシャの夫は彼を受け入れるが、パプーシャは悪い予感を覚えた。
と同時に彼が持っている「本」にひきつけられるのだった。

1921年 パプーシャが少女の頃、木の洞に隠された紙をみつけたことがある。
そこにはジプシーたちが悪魔の呪文として忌み嫌う文字が印刷されていた。
だが、パプーシャは文字に魅かれる心を抑えることができなかった。

1949年 ジプシーとの暮らしにも馴染んできたイェジ・フィツォフスキ。
その夜はジプシー・オーケストラの演奏会だった。
そこへ警官たちが現れてジプシーの男たちは拘束される。
喧噪の中、パプーシャがつぶやいた言葉にイェジは驚く。
「君は詩人だ!」

冬が来て、ジプシーたちは冬籠りの家を借りようと村へやってくる。
だが村人たちはジプシーに家は貸せないという。

ジプシーを強制的に定住させる政策が施行された。
馬車で旅をするな、子どもは学校に行かせろ、みんな職につけ・・・

そんな時、イェジ・フィツォフスキの逮捕状が取り下げられた。
だが、パプーシャにとってそれは彼との別れを意味する。
彼はパプーシャに万年筆を渡し、詩を書いて送るようにと言って去っていった……

パプーシャの人生
フィツォフスキとの出会い
詩作
夫との出会い、死別――

時代とそれぞれの人生が交錯しながら展開する叙事詩のような作品です。

ポーランドの原野を進む馬たちの逞しい肢。
寒さをしのぐ家を求めて雪の中を歩くジプシーの一団。
美しいモノクロの画面に展開する一大叙事詩にひきこまれました。

まだお若く、これからも素晴らしい映画を届けてくれたかもしれないのに、
クシュトフ・クラウゼ監督の死は残念です。






今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月14日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

パプーシャの黒い瞳
監督・脚本/ヨアンナ・コス=クラウゼ、クシュトフ・クラウゼ、製作/ランブロス・ジオタス、アルゴメディアSP.ZO.O.、撮影/クシシュトフ・プタク、ヴォイチェフ・スタロン
出演
ヨヴィタ・ブドニク/パプーシャ、ズビグニェフ・ヴァレリシ/ディオニズィ、アントニ・パブリツキ/イェジ・フィツォフスキ、アルトゥル・ステランコ/チャルネツキ、パロマ・ミルガ/パプーシャ(少女期)
4月4日(土)岩波ホールほか全国順次ロードショー
2013年、ポーランド、ロマニ語&ポーランド語、字幕翻訳/松岡葉子、配給/ムヴィオラ
http://www.moviola.jp/papusza/

by Mtonosama | 2015-03-14 06:38 | 映画 | Comments(2)

パプーシャの黒い瞳
-1-
PAPUSZA

f0165567_618981.jpg

(C)ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013


ちょっと、まじめに。
今から百数十年前のまだ二十歳にもならない頃、詩(のようなもの)を書きました。
この年頃ってそういうことをしてみたい時期なのかもしれません。

悲しいことに、溢れかえる才能など持ちあわせていないので
あの時期だけの麻疹のようなものとして終わってしまいましたが。

本作は溢れかえるほどの詩想を持ちながら
書き文字を持たない部族に生まれたばかりに
大変な苦難を背負った女性詩人を描いたポーランド映画です。

ジプシー女性として初めての詩人となったブロニスワヴァ・ヴァイス(1910~87)
愛称パプーシャの物語です。
「パプーシャ」はジプシーの言葉で「人形」という意味だそうです。

彼女の生きた時代はポーランドの現代史と重なっています。
彼女が生まれた1910年、ポーランドという国は存在しませんでした。
なぜなら、その100年以上も前にプロイセン、ロシア、オーストリアという
周辺3大国によって分割されていたからです。

彼女が8歳の時、第1次世界大戦で3大国は滅亡し、
ポーランドは123年ぶりに国家として復活。
しかし、1926年クーデターが起き、独裁体制が成立しました。
パプーシャが15歳で結婚したのはこの頃。
一族とともに東部一帯で移動生活を送っていました。

f0165567_6233415.jpg

1939年にはドイツ軍がポーランドに侵攻し、第2次世界大戦が勃発。
大戦中に、ユダヤ人に加えてジプシーの根絶を掲げたナチス・ドイツによって
50万人以上のジプシーが殺されました。
その頃、パプーシャたちは現在の西部ウクライナ地方の森の中を逃げ回っています。

1945年、ポーランドは独立。
ですが、戦前の東方領土はソ連に併合され、パプーシャたちジプシーを含め、
そこに住んでいた住民たちは、住み慣れた土地から追放されました。

その後、共産党独裁体制が敷かれたポーランドでは大企業の国有化、計画経済、
イデオロギー統制に加え、ジプシー定住化政策が推進されます。

強固な社会主義体制も1989年「連帯」に政権を明け渡しました。

その2年前の1987年に波乱の人生を送ったパプーシャは世を去りました。

いや、大変な時代に生を受けた女性です。
苦難の時代を生きただけでなく、
字を読んだり書いたりすることが許されない部族で生きたパプーシャ。

独学で文字を覚え、そうして表現した詩は数ヶ国語に訳され、
詩人として百科事典に載る彼女は
ポーランドの最も重要な60人の女性詩人に数えられています。

f0165567_6244685.jpg

〈流浪の民〉といわれる彼ら。
ポーランドのジプシーは16世紀神聖ローマ帝国の迫害を逃れて移動してきました。
映画の中でもクンパニアと呼ばれる馬車を連ねて移動するキャラバンが
幻想的に描かれています。

ジプシーの一人の女性に焦点を当てた作品ですが、
彼女の才能を発見した詩人イェジ・フィツォフスキーとの出会いと別れも重要な要。
柔らかいモノクロームのトーンも異文化への憧憬を盛立てます。

監督は昨年12月24日に61歳で亡くなったクシシュトフ・クラウゼです。
本作が遺作となりました。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月11日に更新しました。あの日から4年。あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます☆

パプーシャの黒い瞳
監督・脚本/ヨアンナ・コス=クラウゼ、クシュトフ・クラウゼ、製作/ランブロス・ジオタス、アルゴメディアSP.ZO.O.、撮影/クシシュトフ・プタク、ヴォイチェフ・スタロン
出演
ヨヴィタ・ブドニク/パプーシャ、ズビグニェフ・ヴァレリシ/ディオニズィ、アントニ・パブリツキ/イェジ・フィツォフスキ、アルトゥル・ステランコ/チャルネツキ、パロマ・ミルガ/パプーシャ(少女期)
4月4日(土)岩波ホールほか全国順次ロードショー
2013年、ポーランド、ロマニ語&ポーランド語、字幕翻訳/松岡葉子、配給/ムヴィオラ
http://www.moviola.jp/papusza/


by Mtonosama | 2015-03-11 06:33 | 映画 | Comments(6)