ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ラビット・ホール ( 2 ) タグの人気記事

            ラビット・ホール -2-
                        Rabbit Hole

f0165567_6472534.jpg


                  ©2010 OP EVE 2,LLC.All rights reserved.

                8ヶ月前、夫婦の生活は大きく変わってしまいました。
              まだ4歳という一人息子が交通事故で死んでしまったのです。

          母は愛息の思い出の品を手元にとどめておくことができず、すべて捨てていき、
                 父は深夜、録画した息子の動画にじっと見入る……

                      ぶつけようのない悲しみと痛み。
          夫婦が共に抱えてしまった悲しみを乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか?

                        嗚呼、痛い、悲しい。
                       映画とはいえ、つら過ぎる。

               しかし、ここまで来たからにはどうぞおつきあいくださいませ。

ストーリー
郊外の閑静な住宅街に暮らすハウイーとベッカ夫妻は充たされた幸せな日々を送っていました。
8ヶ月前、最愛のひとり息子ダニーを失う前までは。

ベッカは夫ハウイーの提案で、愛する者を失った人々のグループ・セラピーに参加します。
しかし、彼女は参加者の発言に苛立ち、辛辣な言葉を浴びせかけて、
その場を凍りつかせてしまうのでした。
母が暮らす実家に立ち寄っても、そんな調子。

実家からの帰り道、一人の少年をみつけ、思わず尾行するベッカ。
翌日も跡をつけ、図書館で少年が返却した「パラレル・ワールド」という本を借ります。

パラレル・ワールド・・・・・

かつての幸せだった日々を取り戻すため、ハウイーは子供をつくろうと提案しますが、
ベッカは激しく拒絶します。
息子ダニーとの思い出を大切にしながら、一歩前へ踏み出そうとするハウイーと
ダニーの痕跡をすべて消去し、ハウイーに無断で家まで売りに出そうとしているベッカ。

ある日、ベッカは「パラレル・ワールド」の少年から声をかけられます。
ジェイソンという名の少年は8ヶ月前、ダニーを轢いた高校生でした。
ジェイソンの謝罪を素直に受け入れたベッカはなぜか安らぎを感じつつ、
公園のベンチでおしゃべりを始め、それが日課となっていきました。

ベッカが「『パラレル・ワールド』を読んでいる」と打ち明けると、
ジェイソンはそれを参考にしたという自作のコミックブックを差し出します。
そのコミックは、父親を亡くした男の子がパラレル・ワールドに存在する別の父親を
探すために「ウサギの穴」をくぐり抜けるという物語でした。
「完成したら、お見せします」と約束するジェイソン。

最悪の事態が起こりました。
完成したコミックを届けにきたジェイソンとハウイーが鉢合わせしてしまったのです。
声を荒げて、ジェイソンを追い返すハウイー。
彼はなぜ妻が息子を轢いた少年と親しくしているのか理解できません。

ベッカは母に問いかけます。
「この悲しみが消える日はくるのかしら」
母もまたベッカの兄にあたる長男を11年前に失っていました。薬物過剰摂取のためでした。
母は答えました。
「この11年間、悲しみはずっと消えない。でも、変化はするわ」
「重い大きな岩がポケットの中の小さな石に変わるの」…


f0165567_6524187.jpg

                    ベッカのなにもかも拒絶する深い悲しみ、
                         ハウイーの喪失感、
                         ジェイソンの罪悪感、
               そして、ベッカの母が常に胸に抱える悲しみの確固とした存在感。

       それらが、ホロホロとこぼれおちるミルフィーユのように重なり合って構成された映画でした。

           ジェイソンの存在を通じてパラレル・ワールドに気付くのと、時を同じくして
           ベッカは母の抱えていた悲しみに目を向け、同調することができたのでしょう。
            「ちょっと遅すぎるんじゃないのっ!」と怒ってしまったとのですけど。

          でも、母がずっと発信し続けていたであろうシグナルに気付くこともできないほど、
                 ベッカは悲しみという棘に覆われていたのだと思います。

          死んでも、いなくなってしまうのではなく、もうひとつの世界に存在する・・・
                 「ウサギの穴」を抜けた先にあるパラレル・ワールド。
                     これは残ったものにとっては救い…?

        苦しさや悲しさのトンネルを抜けた先にはもうひとつの世界が拓けるのかもしれません。

              ひとつひとつのせりふの重みと感動をきちんと確認したい映画です。

          

                                

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月24日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ラビット・ホール
監督/ジョン・キャメロン・ミッチェル、脚本/デヴィッド・リンゼイ=アベアー(自身の戯曲「Rabbit Hole」より)、プロデューサー/レスリー・アーダング、ディーン・ヴェネック、ニコール・キッドマン、パー・サリ、ジジ・プリッツカー、撮影監督/フランク・G・デマルコ、衣装/アン・ロス、音楽/アントン・サンコー
出演
ニコール・キッドマン/ベッカ・コーベット、アーロン・エッカート/ハウイー・コーベット、ダイアン・ウィースト/ナット、タミー・ブランチャード/イジー、マイルズ・テラー/ジェイソン、ジャンカルロ・エスポジート/オーギー、ジョン・テニー/リック、パトリシア・カレンバー/ペグ、ジュリー・ローレン/デビー、サンドラ・オー/ギャビー
11月5日(土)TOHOシネマズシャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて公開
2010年、アメリカ、1時間32分、配給/ロングライド、http://www.rabbit-hole.jp/

by mtonosama | 2011-10-24 07:17 | 映画 | Comments(8)
           ラビット・ホール -1-
                         Rabbit Hole

f0165567_621062.jpg

                ©2010 OP EVE 2,LLC.All rights reserved.

                唐突ですが、夫婦ってやっぱり他人なんですよね。
                他人同士がいかにもそれらしく暮らしていけるのは、
              まだ夫婦というものに幻想を持つことのできる新婚さんか、
    子どもを介することによって、夫婦や家族を演じていられる期間だけなのかも、と、とのは思います。
              もちろん、そうじゃないご夫婦もたくさんおられるでしょうが。
        いずれにせよ、他人同士が暮らしていくためには大変な努力が必要なわけであります。

           この映画は4歳の一人息子を交通事故で亡くし、その傷が癒えることのないまま、
                 ちぐはぐな行動をとるようになった夫婦のお話。

                 とはいえ、その愛と生活は再生するのですけれど。

f0165567_6255519.jpg
夫婦というのは他人でありますから、
「その関係が壊れかけたときは大変よ」
「努力しなくちゃいけないんだから」
「うん、うまく行くようにするにはきっかけも必要なんだけど」
と再生までの足取りも一筋縄ではいかなかったりするわけです。



           ラビット・ホール(ウサギの穴)という謎めいたタイトルも気をひきます。

「ラビット・ホール」
デヴィッド・リンゼイ=アベアー原作の舞台脚本「Rabbit Hole」はブロードウェイで上演され、2007年ドラマ部門でピューリッツァー賞を受賞。スピリット・オブ・アメリカ賞も受けました。トニー賞も5部門でノミネートされ、シンシア・ニクソンが主演女優賞を受けています。

デヴィッド・リンゼイ=アベアー
1969年生まれの劇作家、シナリオ作家、作詞家、小説家。多才な方ですね。


           本作はピューリッツァー賞を受けた戯曲「ラビット・ホール」に感銘した
           ニコール・キッドマンが初めてプロデューサーと主演を兼任した映画です。
       ニコールは、原作者デヴィッド・リンゼイ=アベアー自身の脚本による企画を実現しました。
                         ニコール、やるもんです。
          評判を呼んだ戯曲だけに、ズシンと心に迫る素晴らしいせりふもちりばめられ、
                     観終わった後の余韻といったら……
                 彼女もプロデュースのしがいがあったというものです。


f0165567_6232797.jpg


           ところで、〈ウサギの穴〉と聞いて、「不思議の国のアリス」を連想した方。
                            そうなんです。
              懐中時計を持ったウサギがせかせかと入っていったあの穴。
                    あの中には異界というか、魔界というか、
          まあ、それほど仰々しいものではなくても、別世界が拡がっていたんですよね。

  この映画の場合、〈ウサギの穴〉は閑静な住宅街に暮らす普通の夫婦の間にぽっかりと口を開けていました。

                     さあ、一体どんなお話なのでしょう。
                    続きは次回までのお楽しみということで。

                               

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月21日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いできたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ラビット・ホール
監督/ジョン・キャメロン・ミッチェル、脚本/デヴィッド・リンゼイ=アベアー(自身の戯曲「Rabbit Hole」より)、プロデューサー/レスリー・アーダング、ディーン・ヴェネック、ニコール・キッドマン、パー・サリ、ジジ・プリッツカー、撮影監督/フランク・G・デマルコ、衣装/アン・ロス、音楽/アントン・サンコー
出演
ニコール・キッドマン/ベッカ・コーベット、アーロン・エッカート/ハウイー・コーベット、ダイアン・ウィースト/ナット、タミー・ブランチャード/イジー、マイルズ・テラー/ジェイソン、ジャンカルロ・エスポジート/オーギー、ジョン・テニー/リック、パトリシア・カレンバー/ペグ、ジュリー・ローレン/デビー、サンドラ・オー/ギャビー
11月5日(土)TOHOシネマズシャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて公開
2010年、アメリカ、1時間32分、配給/ロングライド、http://www.rabbit-hole.jp/

by mtonosama | 2011-10-21 06:53 | 映画 | Comments(8)