ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:リヴァイアサン ( 1 ) タグの人気記事


裁かれるは善人のみ
 -2-
Leviathan


f0165567_5212497.jpg

©2014Pyramide/LM


荒涼という言葉を目で確かめてみたいとお思いでしたら、
是非とも本作をご覧ください。

例えば、とのが思う荒涼とした世界は
「嵐が丘」に出てくるようなヒースが生い茂り、
冷たい風が吹きつける曇天下の大地みたいなイメージでした。

でも、そんなのまだまだ。
本作と比べれば、乙女の憧れ(テヘッ)。
抒情性が漂っています。

本作は容赦ない荒涼感ですものねぇ。

藤原新也さんが、アジアは貧困だが、それは豊饒な貧困だ、
みたいなことを何かに書いていましたが、
本作の中の貧困には豊饒さなど薬にしたくともまったくありません。
絶望的な荒涼です。

荒漠とした舞台に加え、このタイトル。
オリジナルタイトルの“リヴァイアサン”。
リヴァイアサンといえばホッブズです。
読んではいませんが、高校時代、試験前に暗記した記憶があります。

トーマス・ホッブズ著「リヴァイアサン」
1651年に刊行された政治哲学書。
人間は自然の状態に置かれたままでは争いを起こしてしまう生きものとし、
その混乱状態を避けるため、「個人」は「国家」に権利を譲渡し、
社会契約を結んだと定義。
国家は社会による保護を確立し、個人を守り、介入。
この保障と引き換えに人間は自由を国家に委譲する。

ふーん、そうだったのか。

これは17世紀の考え方だけれど、
21世紀の今だってどうなるかわかりませんね。

さあ、一体どんなお話なのでしょうか。

f0165567_523258.jpg

ストーリー
入り江に面した小さな町。
モスクワから遠く離れた寂しい田舎町だ。
自動車修理工場を営むコーリャは若い妻リリア、
亡妻との間に生まれた息子ロマと共に
住み慣れた家に暮らしている。
思春期のロマは継母であるリリアに心を開かず反抗的だ。

1年後に選挙を控えた強欲な市長ヴァディムは
権力にものを言わせ、コーリャの土地を買収しようと画策している。

祖父の代からの土地と家を守りたいコーリャは
市長と争うべく、戦友でもある弁護士のディーマをモスクワから呼び寄せる。
ディーマは市長の悪事の証拠をつかみ、
コーリャの件から手をひくように言い、
市長に350万ルーブルを支払わせることに同意させるのだが……

f0165567_5244071.jpg

と、ここで終わりならめでたしめでたしなのですが、
そうは問屋が卸さないのが悲劇の悲劇たる所以でございます。
悪辣な市長。
優しい顔をしながら、
神にすがるコーリャや市長すらも掌の上で転がす司祭。
若い継母リリアの苦悩。
少年の懊悩。
妻に裏切られるコーリャの苦悩。

あらゆる悲劇が錯綜し、
これでもかと襲いかかる時、
それでも人は雄々しく生きられるのでしょうか。

心が折れてしまった人々の前に
沈みかけたまま残骸をさらす廃船と
海岸に打ち上げられ巨大な白い骨となったクジラが
抗いきれない苦しみそのものとなって横たわります。







今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月31日に更新しました。もう明日は11月です。まさに光陰矢のごとしであります☆

裁かれるは善人のみ
監督/アンドレイ・ズビャギンツェフ、脚本/アンドレイ・ズビャギンツェフ、オレグ・ネギン、製作/アレクサンドル・ロドニャンスキー、セルゲイ・メルクモフ、共同製作/マリアナ・サルダーロワ、製作指揮/エカテリーナ・マラクーリナ、撮影/ミハイル・クリチマン
出演
アレクセイ・セレブリャコフ/コーリャ、エレナ・リャドワ/リリア、ウラディミール・ヴドヴィチェンコフ/ディーマ、ロマン・マディアノフ/市長、セルゲイ・ポホダーエフ/ロマ、アンナ・ウコロワ/アンジェラ、アレクセイ・ロージン/パーシャ
10月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2014年、ロシア、140分、日本語字幕/大西公子、字幕監修/井上徹、配給/ビターズ・エンド、http://www.bitters.co.jp/zennin/

by Mtonosama | 2015-10-31 05:32 | 映画 | Comments(16)