ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ルトガー・ハウアー ( 1 ) タグの人気記事

      ブリューゲルの動く絵 -2-
                   The Mill and the Cross

f0165567_671848.jpg

                    (c) 2010, Angelus Silesius, TVP S.A

                    実は、小学校の6年間、絵を習っていまして、
                    その先生はいつも赤を使うように勧めました。
             素直なとのは、赤を加えれば楽しいし、先生にも褒めてもらえるので、
                      きちんと言うことをきいたものです。

                   ブリューゲルの絵もどこかに必ず赤が活きていて、
             あっ、わたしと一緒だ!(どこが・・・)などと思っていた図々しいとのです。

f0165567_6141714.jpg

        本作「ブリューゲルの動く絵」の元になっている「十字架を担うキリスト」の画面にも
                   赤い服を着た騎馬兵たちが描かれています。
        しかし、これはちょっと禍々しい感じで、刑場へ向かうキリストの周囲を固めています。
                          気になりますね。

                    さ、一体どんなストーリーでしょうか?

ストーリー
時は16世紀。フランドル地方のアントワープの朝。
聳え立つ岩山の頂に建つ風車がゆっくりと回り始めます。

画家ピーテル・ブリューゲルはスケッチブックを片手に、村へ。
農民たちや村の風景は彼にとって創作の原点そのもの、
朝露に濡れた蜘蛛の巣も構図のヒントになります。
フランドルの自然はブリューゲルの作品にとっては宝の山。

そんな穏やかな風景が赤い服を着た騎馬兵士たちの出現で一変します。
彼らは若い男を殴り、蹴りつけ、車輪刑にして晒し者に。突然のことに泣き崩れる男の妻。

ブリューゲルの友人であり、彼の作品のコレクターでもあるニクラース・ヨンゲリングは
こうした暴挙を目前にして彼に問いかけます。「この有様を表現できるか?」と。

ブリューゲルが風車小屋に向かって手を振ると------
巨大な風車はギシギシと音を立てて、動きをゆるめ、やがて、回転を止めます。
すると、フランドルの風景の中に現れる聖書の中のワンシーン。

ブリューゲルはヨンゲリングが憂うフランドルの有様をキリストの受難に重ね合わせて描いてみせたのでした。

イエス・キリストが、聖母マリアが、フランドルの地へ現れ、
キリストは十字架を背負い、処刑場のあるゴルゴダの丘へ歩み始めたのです。
聖母マリアはイエスの悲運を嘆きます。銀貨30枚でイエスを売ったユダの姿もあります。
イエスが岩山の下に葬られ、世界が闇に包まれると、雷鳴が轟きました。
世界はどうなってしまうのでしょう。

しかし、一夜明けたフランドルにはいつもののどかな風景が広がっていました。
子どもたちは笑いさざめき、農民たちも歌い踊り始めます。
いつもながらの朝は復活を予兆する新しい一日の始まりなのでしょうか……


f0165567_6221779.jpg

                とにかく、ブリューゲルをしっかり満喫できる映画です。
              ブリューゲルというと、たくさんの人が描きこまれているのですが、
          映画ではそのひとりひとりが泣いて、笑って、苦しんで、動いているのですから、
       もうイヤっていうほど、ブリューゲルの世界と中世のフランドルを味わいつくすことができます。

                そして、すごいのはこの遠近感と立体感を味わうために、
                    重たい3Dメガネをかける必要のないこと!

                マイェスキ監督自らキャンバスに描いた巨大な背景画と
           ポーランド、チェコ、ニュージーランドで撮影したロケーション映像を重ね、
                   その上にブルーバックで撮影した俳優を置き、
            ニュージーランドで撮影された大空と雲のデジタル映像を加えると、
                            あら、不思議!
            3Dメガネなどかけなくても、素晴らしい遠近感が表現されるんです。
                スタッフの欄に並んだ人数の多さはダテじゃありません。

                3Dメガネが大嫌いなとのには実にありがたい映画でした。
                  監督はポーランドのレフ・マイェフスキーですが、
                ビデオアーティストとしても世界的な評価を受けています。
         監督業のみならず、アーティスト、詩人、舞台演出家としても活躍する多才な人物です。
              本作でも監督・製作・脚本の他、音楽、サウンド・デザイナーも担当。
                       視覚、聴覚から満足させてくれています。

                 ブリューゲルの作品は500年も描かれたものと思えないほど、
                   動きが感じられるし、農民や一般庶民が主人公で、
                  どことなくコミカルな部分を感じさせてくれるんですけど、
                    同時に、一抹の不気味さもあるような気がします。
                そんな不気味さを表現しているのが、風車のきしむ音だったり、
                         音楽だったりするんですね。
                   これって、美術館では絶対に味わえない感覚です。

                 ルーブル美術館でプレミア上映されて話題になった本作。
パリやウィーン美術史美術館まで出かけなくても、ちょっと映画館へ足を運べば、体感できてしまうブリューゲル。
                       これを観ないって法はありません。

  

                               

今日もポチッとお願いできれば励みになりましてございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪11月29日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ブリューゲルの動く絵
監督・製作/レフ・マイェフスキー、脚本/マイケル・フランシス・ギブソン、レフ・マイェフスキー、マイケル・フランシス・ギブソン著“The Mill and the Cross”より着想
製作総指揮/アンゲルス・シレジウス、撮影監督/レフ・マイェフスキー、アダム・シコラ、衣装デザイン/ドロタ・ドクエプロ、美術/カタジ―ナ・ソバンスカ、マルセル・ストラヴィンスキ、メイク・デザイン/ダリウス・クリシャク、モニカ・ミロフスカ、音楽/レフ・マイェフスキー、ヨゼフ・スカルツェク、雲のフォーメーション撮影/ジョン・クリストフェルス、美術監督/スタニスワフ・ポルチェク、視覚効果/オデオン・フィルム・スタジオ、視覚効果スーパーバイザー/パヴェウ・ティボラ、3Dアニメーション/マリウス・スクジェプチンスキ、合成/ダウィド・ボルケウィッツ、ワルデマー・モルダルスキ、サウンド・デザイナー/レフ・マイェフスキー、ラボ/WFDiFワルシャワ
出演
ルトガー・ハウアー/ピーテル・ブリューゲル、シャーロット・ランプリング/聖母マリア、マイケル・ヨーク/ニクラース・ヨンゲリング
12月17日(土)より渋谷・ユーロスペース他全国順次ロードショー
2011年、ポーランド・スウェーデン、96分、英語、配給/ユーロスペース+ブロードメディア・スタジオ、協賛/駐日ポーランド共和国大使館、http://www.bruegel-ugokue.com/

by mtonosama | 2011-11-29 06:48 | 映画 | Comments(10)