ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ロッテルダム・マラソン ( 2 ) タグの人気記事

人生はマラソンだ! -2-
De Marathon

f0165567_519245.jpg

© 2012 Eyeworks Film & TV Drama B.V.


とのは子どもの頃から走るのは苦手ですが、
フルマラソンとまではいかなくてもジョギングを趣味にしていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

同好の士なら、この映画の随所で「わかる、わかる」とうなずけると思いますし、
「自分の人生、最悪だよ」と思ってる人は、もうちょっとやってみるか、という気分になる筈です。

さあ、どんなお話でしょうか。


f0165567_5293996.jpg

ストーリー
オランダはロッテルダムの小さな自動車修理工場。
ギーア(52歳)が経営するこの工場に働くのは古くからの仲間でもある
ニコ(35歳)、レオ(48歳)、キース(45歳)の3人。
それにエジプトからの移民ユース(27歳)。
昼間っからビール片手にカードに興じるおやじたちの傍らで真面目に働いているのはユースだけ。

そんなある日、ニコが事務室に隠されていた税金督促状の束を発見した。
滞納額は3万8758ユーロ!
経営者のギーアは工場が思わしくないことを皆に言えずにいたのだ。

ギーアは反抗期の息子に手を焼き、
レオは幼い子供を放り出して男と出歩く若い女房に振り回され、
キースは敬虔なクリスチャンである妻に強制され日曜は必ず教会へ同伴させられる恐妻家、
ニコは母親を亡くして以来、一人暮らし――
そんな冴えない日々に追い打ちをかける約4万ユーロの督促状。

このままじゃ失業、と暗くなっていた4人だったが、
休憩中ランナー雑誌を読んでいたユースから良い話を聞きだす。
スポンサーをみつけ広告をウェアにつけて走れば金になるというのだ。
事故で足を悪くするまで優秀なランナーだったユースはそうやって金を稼いでいたという。
そうだ。ロッテルダム・マラソンに出よう!
浮き立つ4人。
しかし、それは簡単なことではなかった・・・・・

そんな時、身体に不調を感じ、病院へ行ったギーアは医師からガンを告げられる。
既に手術は難しいと化学療法を薦める医師に、今まで通りの生活を望む彼は治療を拒んだ。
そして、妻子や仲間たちには内緒にしておくことに。

一方、スポンサーもなかなか見つからない。
4人は、ユースが現役時代スポンサーになってもらっていた
中古車ディーラー・ホセインの店に押し掛ける。
だが、世の中は甘くない。ホセインは申し出を一蹴。
そこでギーアはホセインに提案する。
「4人とも完走したら4万ユーロを肩代わりしてくれ。完走できなかったら俺の工場を譲ろう」

交渉成立。

マラソンの練習が始まった。
ユースがコーチに就任。
ウェアとシューズ選びの後、酒もたばこもケーキも禁止という鬼コーチの指示にイヤイヤ従う4人。

次第に走れるようになってきた4人。
そんな彼らにユースは本番であるロッテルダム・マラソンの前に
アムステルダム・マラソンへ出場するよう提案。
当日は遅刻しないように列車で来るように指示されながら、浮かれた4人は車で出かける。
挙句、渋滞。アムステルダムに到着した時には既にランナーたちはゴールしていた。
こりない4人はアムステルダムで飲めや歌えの大騒ぎ。ついでに飾窓も冷やかす始末。

翌日、出社した4人に怒り狂うユース。
あまりの怒りにキースが言い返す。
「脚が不自由なお前を雇っているのは助成金が出るからなんだぞ」

蒼くなって飛び出したユースを追いかけたギーアは
助成金はもう受け取っていないし、ユースは大切な仲間なんだ、とかきくどく。
その時、咳き込んだギーアが吐血。彼は自分がガンであると打ち明ける。
マラソンを止めるよう説得するユースだったが、
彼の決意を知り、家族にも仲間たちにも秘密にすることを渋々約束するのだった……


f0165567_5303841.jpg

ロッテルダム・マラソンの組織委員会のサポートを受け、
80万人もの人々が集まるマラソン大会を8つの撮影チームで撮影したというラストシーン。
この映画の華ともいえるマラソンシーンは圧巻。

ボテボテと走っていたオヤジたちが、
練習を重ねるにつれて軽快に走れるようになっていくのも単に演技とはいえないものがありました。

若い人が一生懸命走る様子も美しいのですが、
人生の酸っぱい部分を酒や博打でごまかすことを覚えたメタボなおっさんたちが
ごまかしではなく、真剣勝負で目標に向って邁進する様もなかなか感動的です。

人生はマラソン。
いろんな山坂を走り抜ければ美味しいゴールも待っているというものです。





今日もポチッとしていただければうれしゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月13日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

人生はマラソンだ!
監督/ディーデリック・コーパル、脚本/マルティン・ファン・ワールデンベルグ、へーラルト・ムーンダイク、撮影/ユルーン・デ・ブライン、編集/マルク・ベシュトルド、ブライアン・エント、美術/アルフレド・シャーフ、衣装/アレット・クラーン、音楽/Wiegel,Meirmans,Snitker、プロデューサー/ハンス・デ・ウィールス、マーティン・スワルト&レイノルト・オエルマンス、シム・ファン・フェーン
出演
ステーファン・デ・ワレ/ギーア、マルセル・ヘンセマ/ニコ、マルティン・ファン・ワールデンベルグ/レオ、フランク・ラマース/キース、ミムン・オアイーサ/ユース、アリアーネ・シュルタ/レニー、シンシア・アブマ/ヨランダ、ジョルジナ・フェルバーン/アニータ、マニュエル・ブロクマン/ケン、マルティン・レイクメイア/ハリー、マヒオブ・ベンモッサ/ホセインおじさん、アート・セーレン/ヘルマン、アネト・マルヘルベ/ネル、ロエス・ルカ/ハニー、ヨン・ブイスマン/ヨープ、ロエス・フォス/ギーアの母
初夏シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2012年 、 オランダ映画 、113分 、字幕監修 金哲彦(プロランニングコーチ 、 日本語字幕 浅野倫子
配給 ザジフィルムズ 、 後援 オランダ王国大使館 、 賛同 オランダ政府観光局、協賛 KLMオランダ航空 、 (株)グリーンフィールド http://www.zaziefilms.com/marathon/

by Mtonosama | 2014-06-13 05:37 | 映画 | Comments(10)
人生はマラソンだ! -1-
De Marathon

f0165567_5233782.jpg

© 2012 Eyeworks Film & TV Drama B.V.

人生はマラソンだ!
よく聞く言葉です。人生とマラソンが似ているというのはなんとなくわかりますもんね。

でも、とのは走るのは嫌いです。
実は、ダイエットにはジョギングが一番と聞き、二日走りました。
そして挫折。三日坊主以下であります。
ランニングにはまず靴が重要という基本常識を無視したばかりに大変な目にあいました。
体重は2キロ落ちましたけどね。

いいんだ。わたしには水泳があるから。

ま、水泳とマラソン。
スポーツつながりということで、このおかしなおじさんたちが登場するオランダ映画を観に行きました。

オランダ本国では動員30万人を越える大ヒット作となったそうです。

f0165567_5274793.jpg

自動車修理工場で働き、昼間っからビールを呑み、カードに興じる男4人とまじめに働く移民青年ユース。

飲んだくれおやじたちは父親から受け継いだ自動車工場を経営するギーア、
そして工場従業員のニコ、レオ、キース。
いつものようにカード遊びをしていたある日、
ニコが税金の督促状を発見してしまったことから、
スポーツとは縁もゆかりもないメタボおじさんたちのマラソン挑戦が始まります。

めざすはロッテルダム・マラソン。もちろん42.195キロのフルマラソンであります。
毎年4月に行われるこの大会。
エリートランナー、一般市民ランナー合わせて2万人以上が参加するオランダ最大のもの。
1990年には谷口浩美さんが男子優勝を果たすなど日本ともおなじみです。
制限時間のないホノルルマラソンや、時間制限7時間の東京マラソンと較べると
制限時間5時間半、中級者向けといえる大会です。

なんと無謀な!

息を切らし、お腹を揺らして走るおじさんたちの姿に
かつて二日で挫折した我が身を思い出し、苦いものがこみあげてきますが、
ま、人にはそれぞれ得手不得手というものがありますから、良しとしましょう。

f0165567_5304687.jpg

笑わせてくれるけれどちょっと痛いこの映画を監督したのは
本作が映画監督デビューとなるディーデリック・コーパル。
コピーライター出身で、
ハイネケン、ユニリーバ、アップル、アディダスという
超有名なクライアントを持つオランダ最大のエージェンシーの責任者。
02年、05年、09年にはエージェンシー・オブ・ジ・イヤーを獲得、というものすごい経歴の持ち主です。

ところが、コーパル氏、あっさりとエージェンシーの持ち株を売却。
09年からは長編映画の脚本執筆と監督に軸足を移したのであります。
そして、2012年、本作「人生はマラソンだ!」でデビューし、
本国オランダで大ヒットを叩きだしたわけです。
ちょっと憎らしいほど、順風満帆な人生ではないですか。
でも、笑えるだけじゃない本作。彼もまた苦しい道を走ってきたのでありましょう。

風車とチューリップ以外のオランダのもうひとつの側面を満喫できる映画です。
さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
続きは次回までしばしお待ち下さいね。




今日もポチッとお願いいたします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月10日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

人生はマラソンだ!
監督/ディーデリック・コーパル、脚本/マルティン・ファン・ワールデンベルグ、へーラルト・ムーンダイク、撮影/ユルーン・デ・ブライン、編集/マルク・ベシュトルド、ブライアン・エント、美術/アルフレド・シャーフ、衣装/アレット・クラーン、音楽/Wiegel,Meirmans,Snitker、プロデューサー/ハンス・デ・ウィールス、マーティン・スワルト&レイノルト・オエルマンス、シム・ファン・フェーン
出演
ステーファン・デ・ワレ/ギーア、マルセル・ヘンセマ/ニコ、マルティン・ファン・ワールデンベルグ/レオ、フランク・ラマース/キース、ミムン・オアイーサ/ユース、アリアーネ・シュルタ/レニー、シンシア・アブマ/ヨランダ、ジョルジナ・フェルバーン/アニータ、マニュエル・ブロクマン/ケン、マルティン・レイクメイア/ハリー、マヒオブ・ベンモッサ/ホセインおじさん、アート・セーレン/ヘルマン、アネト・マルヘルベ/ネル、ロエス・ルカ/ハニー、ヨン・ブイスマン/ヨープ、ロエス・フォス/ギーアの母
初夏シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2012年 、 オランダ映画 、113分 、字幕監修 金哲彦(プロランニングコーチ) 、 日本語字幕 浅野倫子
配給 ザジフィルムズ 、 後援 オランダ王国大使館 、 賛同 オランダ政府観光局、協賛 KLMオランダ航空 、 (株)グリーンフィールド
http://www.zaziefilms.com/marathon/

by Mtonosama | 2014-06-10 05:41 | 映画 | Comments(6)