ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ロドリゴ・ガルシア ( 4 ) タグの人気記事

アルバート氏の人生 -2-
Arbert Nobbs

f0165567_6101856.jpg

(C)Morrison Films

アルバート氏がなぜ男性として働かなくてはならなかったか。
その背景にはアイルランドが抱えていた大変なできごとがありました。
ジャガイモ飢饉です。


ジャガイモ飢饉
1801年グレートブリテン及びアイルランド連合王国の成立以降、アイルランド島はロンドンの連合王国政府、連合王国議会による直接統治下に置かれていたが、国民の大半は農業に依存。さらにアイルランドでは農地は長子相続ではなく兄弟全員が分割相続できたため、農地の細分化が進んだ。
当時、小作農家は主に麦を栽培していたが、地代を納めなくてもすむように自宅の小さな庭地でジャガイモの栽培を始めた。それによってジャガイモが貧農の唯一の食料となり、飢饉直前には人口の3割がジャガイモに依存する状態に。しかし、1845年から49年までヨーロッパ全域でジャガイモの病気が発生。壊滅的な被害を受けた。
アイルランド以外のヨーロッパ諸国では貴族や地主が救済活動を行ったが、アイルランドの貴族や地主のほとんどはアイルランドには在住しておらず、自分たちの地代収入減少を心配し、アイルランドの食糧輸出禁止に反対。餓死者が出ているにもかかわらず、アイルランドから食糧が輸出され続けた。

最終的には、人口の20%近くが餓死あるいは病死、10%から20%が国外へ脱出した。これにより婚姻や出産が激減し、アイルランドの総人口は最盛期の半分にまで減少した。

f0165567_6182514.jpg

引用が長くなりました。
とまあ、このような状況下、女の子で、その上、孤児のアルバートが生きていくためには
男になるしかなかったんですね。


ストーリー
19世紀。アイルランド。モリソンズホテル。
ここでウェイターとして働くアルバートは、人づきあいを避け、ひっそりと生きる中年男。
”彼“には大きな秘密があった。
それは、“彼”が男性として生きてきた女性であったということ。

ある日、ハンサムで背の高いペンキ屋ヒューバートがモリソンズホテルへやってくる。
ホテルの女主人から彼を自分の部屋に泊めるように命じられるアルバート。
なんとか逃れようとするものの叶わず、同じベッドに寝ることに。
そして、1匹の蚤のために女であることをヒューバートに知られてしまう。

このことが女主人にバレてしまえば仕事を失うことになると思ったアルバートは、
ヒューバートに決して口外しないよう懇願。
秘密を守ることを約束したヒューバートだったが、それにはある事情があった――

これを機にヒューバートと親しくなったアルバートは彼の生き方に感銘し、影響を受ける。
孤独な生活を変え、他者と目を合わせて生きる日々を送り始めるのだった。

ウェイターとして生きながらコツコツと貯めてきたお金で自分の店を持つ夢
信頼できる友人
共に人生を生きる伴侶を探すこと

これまで諦めていたことがひとつひとつ現実になりつつあった……

”彼“が秘密を守り続けるためには、他者から注意を払われないようにしなければなりませんでした。
それには、自分の気配を消しながら、客への気配りをするというウェイターの仕事が最適だったのでしょう。

生き方と職業が合い過ぎるというのも悲しいことだなぁと本筋とは関係のないところで感銘しつつ、
アイルランドの静謐な冬を背景にひそやかに繰り広げられるアルバートの人生に
生きるということの悲しさを感じました。
グレン・クローズが大きなスクリーンで演じたいといった気持がよくわかります。

f0165567_6171566.jpg

グレン・クローズだけでなく脇を固める俳優陣も良かったです。
“大男のイケメン”ヒューバートを演じたジャネット・マクティア、
アルバートが人生の伴侶として夢見るヘレンに扮したミア・ワシコウスカ、
そのヘレンがコロッと騙される野心家ジョー役のアーロン・ジョンソン。
(ちなみに彼は「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」(‘09)でジョン・レノンを演じた俳優です)

決して「自分が、自分が」としゃしゃりでることなく、
人として生きる悲しさや野望や喜びや優しさが、人生そのもののように調和した映画でした。

年の初めにこのような映画を試写できて、今年は春から縁起が良いです。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年1月7日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

アルバート氏の人生
監督/ロドリゴ・ガルシア、脚本/ガブリエラ・プレコップ、ジョン・バンヴィル、グレン・クローズ、原作/ジョージ・ムーア 短編小説「The Singular Life of Arbert Nobbs」、製作/グレン・クローズ、ボニー・カーティス、ジュリー・リン、アラン・モロニー、撮影/マイケル・マコドノー
出演
グレン・クローズ/アルバート・ノッブス、ジャネット・マクティア/ヒューバート・ペイジ、ミア・ワシコウスカ/ヘレン・ドウズ、アーロン・ジョンソン/ジョー・マキンス、ブレンダン・グリーソン/ホフロン医師、ジョナサン・リス・マイヤース/ヤレル子爵、ポーリーン・コリンズ/ベイカー夫人、ブロナー・ギャラガー/キャスリーン、ブレンダ・フリッカー/ポーリー
2013年1月18日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
2011年、アイルランド、113分、配給/トランスフォーマー、後援/アイルランド大使館
http://albert-movie.com/

by Mtonosama | 2013-01-07 06:31 | 映画 | Comments(10)
アルバート氏の人生 -1-
Arbert Nobbs

f0165567_5145674.jpg

(C)Morrison Films


2013年の映画の幕開けは、本作「アルバート氏の人生」です。
なんともしみじみと心のひだにしみこんでくる作品でした。
19世紀のアイルランドを舞台にした静かな背景もまたしみました。


f0165567_516173.jpg 「ガープの世界」(‘82)でデビューし、「危険な情事」(‘87)でマイケル・ダグラス相手に超怖いストーカー女を演じ、「101」(‘97)でもダルメシアンの仔犬たちの毛皮を狙う悪女に扮したグレン・クローズ。
今回はなんと男性になってしまいました。

といっても、宝塚とも、きわもの映画とも違い、
なんとも静かでもの悲しく、なおかつクスッと笑ってしまいもする
感動的な映画でした。
19世紀のアイルランドを舞台にしたいわば時代劇ですが、
望まない性を選ばなければ生きられなかった主人公の
人としてのアイデンティティをも考えさせる非常に今日的な作品です。


おっと、新年早々ネタばれ?あいすみません。

1982年「ガープの世界」で映画デビューし、
いきなり、アカデミー助演女優賞にノミネートされたグレン・クローズですが、
1974年には舞台女優としてのキャリアをスタートさせています。
そして、オフ・ブロードウェイで舞台版「アルバート・ノッブス」を主演したのが1982年。
その演技でオビー賞を獲得しました。

オビー賞は"Off-Broadway Theater Awards"の略であり、その年にニューヨークで上演された優れた舞台に与えられる賞である。ニューヨークの新聞社The Village Voiceが主催する。アメリカにおける演劇に対する賞としては、トニー賞に次いで権威がある。トニー賞がブロードウェイを対象としているのに対し、オビー賞はそのほかをカバーしている。(Wikipedia より)

以来30年。
「死ぬ前にこの役を大スクリーンで演じたい」
と決意したグレンは今回、プロデューサー、共同脚本家、主演女優として本作に深く関わりました。
今年3月に66歳を迎える彼女にとって本作「アルバート氏の人生」はまさにライフワークだったんですね。

f0165567_5271592.jpg

原作は、アイルランド人作家ジョージ・ムーアの短編小説“The Singular Life of Albert Nobbs”(未訳)。
脚本は、グレン自身が原作をもとに草稿を書き上げ、
ハンガリー人脚本家ガブリエラ・プレコップがリライト。
アイルランド人作家ジョン・バンヴィルがアイルランドの風習や方言を取り入れて完成しました。
監督は、「彼女を見ればわかること」(‘01)「美しい人」(‘05)でグレンと組んだロドリゴ・ガルシアです。
ちなみに監督はあのノーベル文学賞作家ガルシア=マルケスの息子。
期待が高まります。

短編小説から書き起こされた脚本であり、舞台作品でもあったことから、
シンプルな構成ではありますが、訴えかけてくる力はとても強い映画でした。

さあ、彼女はなぜ男性として生きてこなければならなかったのか、
また、どのようにして自身のアイデンティティを維持し続けたか――

それについては次回のお楽しみということで。
乞うご期待でございます。



今年もポチッとよろしくお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年1月4日に更新しました。今年最初の映画です☆

アルバート氏の人生
監督/ロドリゴ・ガルシア、脚本/ガブリエラ・プレコップ、ジョン・バンヴィル、グレン・クローズ、原作/ジョージ・ムーア 短編小説「The Singular Life of Arbert Nobbs」、製作/グレン・クローズ、ボニー・カーティス、ジュリー・リン、アラン・モロニー、撮影/マイケル・マコドノー
出演
グレン・クローズ/アルバート・ノッブス、ジャネット・マクティア/ヒューバート・ペイジ、ミア・ワシコウスカ/ヘレン・ドウズ、アーロン・ジョンソン/ジョー・マキンス、ブレンダン・グリーソン/ホフロン医師、ジョナサン・リス・マイヤース/ヤレル子爵、ポーリーン・コリンズ/ベイカー夫人、ブロナー・ギャラガー/キャスリーン、ブレンダ・フリッカー/ポーリー
2013年1月18日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
2011年、アイルランド、113分、配給/トランスフォーマー、後援/アイルランド大使館
http://albert-movie.com/

by Mtonosama | 2013-01-04 05:59 | 映画 | Comments(6)
f0165567_5431990.jpg


f0165567_5444443.jpg


           ©2009, Mother and Child Productions, LLC

善かれと思ってやったことでも、それが信じられないほど相手を傷つけていることがあります。
あるいは、当たり前に聞き流していたけれど、いざ自分がその立場になってみると
「ああ、真理だな」ってあらためて身にしみることも。

例えば“生きるためには希望が必要”という言葉があります。

しみったれた例えで恐縮なのですが、今お金がないとします。
「月末に入金があるから、がんばろっ!」
これが希望。
なのに、やっと月末というその日、支払ってくれる予定の会社が倒産。
これ、絶望・・・
同じ困窮状態でも、入るあてがあるのとないのとでは大違いです。
希望さえあれば人は耐えていけるものですから。

いえいえ、しみったれたとのの希望論は脇へかたづけて、映画に戻りましょう。

f0165567_5523432.jpg


ストーリー
14歳のとき、カレンは初めて人を愛し、彼との間に女の子が生まれました。
でも、それは早すぎる出産。
カレンは母の反対にあい、赤ちゃんを手放すしかありませんでした。

それから37年。51歳になったカレンは周囲の人との深いつながりを避け、
同居する老いた母とも良い関係を持てないまま、孤独な日々を送っていました。
職場の同僚パコは彼女を愛し、理解してくれるのですが、彼にも心を開くことはできません。
ただ、37年前に手放した名前も顔もわからない娘を想い、
届くことのない手紙を書き続けています。

養子に出され母の愛を知らずに育った37歳のエリザベスは弁護士として成功していました。
恋も仕事も自分でコントロールしながら、
ひたすらキャリアアップの人生を歩むエリザベスでしたが、
そんな彼女に予想外の出来事が発生。
弁護士事務所の上司ポールの子どもを妊娠してしまったのでした。
子どもを持つことなどその人生プランに書きこんでいなかったエリザベス。
妊娠は彼女の人生を大きく変えることになりました。
意外にも、彼女は今までのキャリアを捨て、子どもを産むことを決意します。

f0165567_5541296.jpg


f0165567_63442.jpg

一方、子どもを産めないため、養子縁組を考えるルーシー。
彼女はある妊婦と巡り合います。
望まない妊娠で生まれてくる子どもを養子に出そうとしている若い女性でした。
ところが、いざ生まれてくると、彼女はその子を手放せなくなってしまったのです。
絶望するルーシーのもとへ養子斡旋所から一本の電話が入ります。
それは、見知らぬ母と娘を結びつける電話でした……

14歳で子どもを産んでしまったら、人知れず養子に出すのはひとつの選択です。
それもかなり適切な選択だと思います。
カレンの母が選んだ手段は間違っていなかった筈なのに、
カレンもエリザベスも心に深い喪失感を抱え込んだまま、年を経てしまいました。

人は選択が適切かどうかばかりに気をとられ、当事者たちの心に想いを向けることを忘れてしまいます。
そう、だからガルシア監督は、一旦は養子を決意しながら、自分で育てることを選んだ若い女性を
登場させたのでしょう。
それがルーシーとエリザベスとカレンを結びつけることになるとは―――
ガルシア監督の練りに練った脚本の深さに感嘆しました。

また女優陣の素晴らしさ。
エリザベスを演じたナオミ・ワッツは撮影時、実際に妊娠中のその大きなお腹をカメラの前にさらし、
エリザベスの決意の迫真性をあらわしていました。
シワの目立つ素顔を堂々と見せたアネッサ・べニングにも感嘆。
男の影を薄く感じてしまったのは母と娘という永遠の関係性の強さのせいかもしれません。
まさに、DNAの立体構造図です。

太古から未来へとグルグル回転しながら永続するDNA構造図と母の娘の関係って
どこか似ているような気がしませんか?

f0165567_60341.jpg


あのこわもてのサミュエル・L・ジャクソンまで毒気の抜けた温厚なおじさんになっていたのも、
母と娘の関係に圧倒されてしまったからでしょうか。

ガルシア監督、女性を描かせたら、当代随一。脱帽です。

                           

愛する人
脚本・監督/ロドリゴ・ガルシア、プロデューサー/ジュリー・アン、リサ・ファルコン、エグゼクティヴ・プロデューサー/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、撮影監督/グザビエ・ペレス=グロベット、ASC
出演
アネット・べニング/カレン、アイリーン・ライアン/ノラ(カレンの母)、サミュエル・L・ジャクソン/ポール、ナオミ・ワッツ/エリザベス、チェリー・ジョーンズ/シスター・ジョアン、ケリー・ワシントン/ルーシー、デヴィッド・ラムゼイ/ジョセフ(ルーシーの夫)、ジミー・スミッツ/パコ、エルピディア・カリーロ/ソフィア(カレンの家政婦)、シモ―ネ・ロペス(家政婦の娘)、シャリーカ・エップス/レイ(妊娠した女性)、ブリット・ロバートソン(目の見えない少女)/ヴァイオレット
1月15日(土)よりBunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
2009年、126分、アメリカ、スペイン、カラー、配給/ファントム・フィルム
http://aisuru-hito.com/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪1月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-01-19 06:11 | Comments(6)
f0165567_6345824.jpg



f0165567_6355116.jpg


                ©2009, Mother and Child Productions, LLC

もしも、あなたが14歳で子どもを産むことになったら、
あるいは、あなたの娘が14歳で子どもを産んでしまったら―――

ま、その年齢で子どもを持つことが一般的な地域もあるし、
映画やドラマの世界では案外普通のことかもしれないけれど、
やっぱり、これは非常事態ですよね。

非常事態がいかなる展開を見せるか、
それは映画のわざ師の見せどころでありましょう。

f0165567_6385186.jpg


ロドリゴ・ガルシア。51歳。
あの「100年の孤独」(あ、焼酎の名前ではありません。念のため^_^;)や、
「コレラの時代の愛」http://mtonosama.exblog.jp/8720721を書いた作家
ガブリエル・ガルシア=マルケスの息子にして
「彼女を見ればわかること」(‘99 2000年カンヌ国際映画祭「ある視点部門」グランプリ受賞)、「美しい人」(‘05 2005年ロカルノ国際映画祭グランプリ受賞)の監督です。
女性とその内面を描かせたら、天下一品のガルシア監督。


今回、またまたしみる映画を送り出してくれました。

f0165567_6545553.jpg

カレン、エリザベス、ルーシーという3人の女性によって繰り広げられるストーリーは
母と娘の関係を軸にして、その周囲を夫、恋人、あるいは彼女たちの仕事や生活に関わる人たちが
ゆるやかに螺旋を描いてとりまきつつ進行していきます。
そうです。あのDNAの立体構造のように。

f0165567_6415240.jpg
DNA?

いったい何を言っているのやら(汗)
ただ、「14歳の少女が子どもを産みました。まあ、どうしましょう」で
終わる話ではないということを言いたかったのです。すいません。


少女は相手の少年を本気で愛していたから、妊娠し、
出産したのだけれど、彼女の母はそれを許さなかった。
そして生まれた娘は養子に出され、実の親から拒絶されたという思いを抱えて成長していく…




ロドリゴ・ガルシア監督の心にふと浮かんだ
「誰かを切望する」「愛するものと離れて暮らす」というテーマ。
それが脚本として実を結ぶまでに約10年を経て、なんとも静かで深い映画ができあがりました。

さあ、どんなお話なのでしょうか。
続きは後編までしばしのお待ちを。乞うご期待であります。

f0165567_6461738.jpg


                              

愛する人
脚本・監督/ロドリゴ・ガルシア、プロデューサー/ジュリー・アン、リサ・ファルコン、エグゼクティヴ・プロデューサー/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、撮影監督/グザビエ・ペレス=グロベット、ASC
出演
アネット・べニング/カレン、アイリーン・ライアン/ノラ(カレンの母)、サミュエル・L・ジャクソン/ポール、ナオミ・ワッツ/エリザベス、チェリー・ジョーンズ/シスター・ジョアン、ケリー・ワシントン/ルーシー、デヴィッド・ラムゼイ/ジョセフ(ルーシーの夫)、ジミー・スミッツ/パコ、エルピディア・カリーロ/ソフィア(カレンの家政婦)、シモ―ネ・ロペス(家政婦の娘)、シャリーカ・エップス/レイ(妊娠した女性)、ブリット・ロバートソン(目の見えない少女)/ヴァイオレット
1月15日(土)よりBunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
2009年、126分、アメリカ、スペイン、カラー、配給/ファントム・フィルム
http://aisuru-hito.com/


ブログランキングに参加しています。
どうかポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪1月16日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-01-16 06:59 | Comments(4)