ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ロバート・パティンソン ( 2 ) タグの人気記事

恋人たちのパレード -2-
WATER for ELEPHANTS

f0165567_6553725.jpg

(C) 2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. (C) A.M.P.A.S. R

この映画の一番のみものはなんといっても
オリジナルタイトルwater for elephantsにも出てくるくらいですから、象の演技です。
彼女、本作ではロージーという名前で名演を見せてくれますが、本名はタイ。
42歳の女ざかりです。
この象さん、これまでにも数々の映画に出演してきたベテラン女優でして、
邦題のまずさ(まだ言うか)も吹っ飛ぶ素晴らしい演技を見せてくれました。
象ってこんなに可愛い生きものなんだ、とあらためて再認識。

しかし、
本作は恋愛映画。
1931年大学の卒業試験の直前、すべてを失い、サーカスの列車に飛び乗った青年。
彼はそこに自分の生きる場所をみつけ、一座の花形スターに恋をする・・・・・
という映画なのです。
象に心ひかれるなどあってはいけないことでした。

が、しかし、
恋愛映画に象がどのように絡んでくるか、そこがまた一興でございますよ。
さてさて、いかなるストーリーでありましょうか。


f0165567_702240.jpg

ストーリー
降りしきる雨にネオンサインも滲んでみえる夜。
サーカスで働くチャーリーはテントの前に立っていた老人を事務所に招き入れる。
老人は、事務所の壁に飾られた古い写真を見ながら、
昔働いていたサーカス一座で起きた事件について語り始めた。


ポーランド移民の両親の愛に支えられて、コーネル大学で獣医学を学ぶジェイコブ。
彼には将来が保証され、すてきなガールフレンドもいた。
しかし、卒業を目前にして両親が交通事故死。
1人残された彼は、両親が彼の学費のために家を抵当に入れていたことを知る。
金もなく、家も失った追いジェイコブは仕事を探すため、都会を目指す。
とはいえ、あてなどない。力なく線路を歩くジェイコブ。

彼はやってきた列車に飛び乗った。
それはベンジーニ・ブラザーズ・サーカスの列車だった。
サーカスの団長オーガストはジェイコブを追い出そうとする。
だが、彼が獣医学を学んだと知って態度が一変。サーカス団に迎え入れるのだった。

動物の世話係として働くことになったジェイコブは、
一座の花形でオーガストの妻であるマーリーナに心を奪われてしまう。
だが、それは許されない恋。
彼はただ遠くから彼女をみつめるだけだった。
ところが、一座の一番人気であるホースショーの馬が不死の病に。
それに代わる演し物として連れて来られたのが象のロージー。
マーリーナは象使いをすることになる。
言うことをきかないロージーを激しく折檻するオーガストをとどめるジェイコブとマーリーナ。
2人はロージーの訓練を通じて次第に親しくなっていった。
ロージーとマーリーナのショーはサーカスの呼び物になり、一座は行く先々で大人気となる。

しかし、嫉妬深いオーガストがジェイコブとマーリーナの仲を疑うようになって……

f0165567_714074.jpg

ベテラン女優タイはジェイコブとマーリーナの恋のキューピッドだったわけですね。
随分大きなキューピッドですが。

大恐慌の時代、サーカス団もまたその大きな影響を受けていました。
団員たちは、経営不振に陥ったサーカス団から安い賃金でオーガストのサーカスにひきとられ、
専制君主のようなオーガストに怯えながらも、お客さまを楽しませます。
彼らにできることはただそれだけ。人々を喜ばせ、笑わせることが彼らの仕事でしたから。
サーカス小屋は経済不況の波をもろにかぶった社会の縮図でもあったんですね。

あ、そうそう。ジェイコブを演じたロバート・パティンソン。
目力の強い良い男で、「トワイライト~初恋~」(‘08)で美形のヴァンパイアを演じた俳優。
人の顔を覚えられないという社会人としては大成できない困った欠点を持っているとのですが、
彼の顔だけは印象に残っていました。
ハンサムすぎる彼、象のロージーとアカデミー賞女優リーゼ・ウィザースプーンを相手に
純朴な青年をきちんと演じてなかなか良かったです。

象やライオンのコミカルな演技(?)にも大いに笑わせてもらいました。
いやぁ、しかし、象ってホントに頭が良い動物です。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月24日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

恋人たちのパレード
監督/フランシス・ローレンス、脚本/リチャード・ラグラヴェネーズ、原作/「サーカス象に水を」(サラ・グルーエン著 ランダムハウス講談社)、撮影/ロドリゴ・プリエト、美術/ジャック・フィスク、製作総指揮/ケヴィン・ハロラン、製作/ギル・ネッター、アーウィン・ストッフ、アンドリュー・テネンバウム
出演
リーズ・ウィーザースプーン/マーリーナ、ロバート・パティンソン/ジェイコブ、クルストフ・ヴァルツ/オーガスト、ハル・ホルブルック/ジェイコブ、ポール・シュナイダー/チャーリー、ジム・ノートン/キャメル、マーク・ポヴィネリ/キンコー、リチャード・ブレイク/グレイディ、スティーブン・モンロー・テイラー/ウェイド、ケン・フォリー/アール
2月25日(土)シネマート新宿他全国順次ロードショー
2011年、アメリカ、121分、配給/エスピーオー、http://video.foxjapan.com/koipare/

by Mtonosama | 2012-02-24 07:12 | 映画 | Comments(8)
恋人たちのパレード -1-
WATER for ELEPHANTS

f0165567_68845.jpg

(C) 2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. (C) A.M.P.A.S. R


まあ、これはなんという邦題でありましょう!
オリジナルタイトルの“WATER for ELEPHANTS”もわからないといえば、わかりませんが、
それは原作のタイトルでもありますから、文句をつける筋合いのものではございません。
それに、elephantsというのがなんとなく気になりますしね。

しかし、「恋人たちのパレード」・・・・・
これはあんまりです。

舞台や、時代背景や、ストーリーにはそそるものがある映画ですから、
もう少し良いタイトルが欲しかったです。
惜しいなぁ。

原作は「サーカス象に水を」(サラ・グルーエン著 ランダムハウス講談社)。
2006年に出版されたベストセラー小説です。12週にわたり「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラー・リストに掲載された作品。それを「フィッシャー・キング」(‘91)などで知られる脚本家リチャード・ラグラヴェネーズが原作を大胆に変えて脚色しました。


f0165567_6201294.jpg

原作では、ヒロインの夫オーガストと、暴力的で専制的なサーカスのオーナー、アンクル・アルは別人でした。
それが映画では夫とサーカスのオーナーが同一人物。
また、年老いた主人公が自らの経験を回想するという形にしたのも原作とは違うところです。

この回想形式、案外よく使われますよね。
とのも本作の冒頭シーンにどこか既視感を覚えました。
そして、思い出したのが「わが心のボルチモア」(‘90)。
「わが心のボルチモア」も主人公の回想から始まる映画でした。

「わが心のボルチモア」
ボルチモアに住む東欧移民の一家の3世代にわたる時の流れを通してアメリカン・ドリームの変遷を描いた映画でした。1914年、主人公が東欧からアメリカに降り立った日は独立記念日。まばゆい灯りと花火に照らされた主人公の驚きと希望に満ちた顔が印象に残る作品です。

本作「恋人たちのパレード」の時代は1930年代。大恐慌の真っ最中ということで、
人々の生活苦が東欧移民の貧しさとリンクしたゆえの既視感だったのかもしれません。

大恐慌のさなかであっても、人々は華やいだ気分でサーカスのテントに集まってきます。
貧しいからこそ、大人も子供も一夜の享楽をサーカスに求めるのでしょうか?
そう、本作は大恐慌の時代のサーカスを舞台にした物語です。

f0165567_616338.jpg

虎やライオン、馬や象。テントの中で繰り広げられる空中ブランコや猛獣使いの芸。
こびとのピエロ。馬と美女との華やかなショー。
そして、サーカスは一夜のショーを終えるとまた次の土地へ列車で移動します。

さあ、そんな旅から旅への日々の中で繰り広げられるお話とは?

しかし、それにしてもなんで「恋人たちのパレード」なのでしょうかねぇ。ブツブツ。
ま、この際、タイトルは忘れて映画を楽しんでいただきましょうか。



今日もポチッとしていただけたら嬉しゅうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月21日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

恋人たちのパレード
監督/フランシス・ローレンス、脚本/リチャード・ラグラヴェネーズ、原作/「サーカス象に水を」(サラ・グルーエン著 ランダムハウス講談社)、撮影/ロドリゴ・プリエト、美術/ジャック・フィスク、製作総指揮/ケヴィン・ハロラン、製作/ギル・ネッター、アーウィン・ストッフ、アンドリュー・テネンバウム
出演
リーズ・ウィーザースプーン/マーリーナ、ロバート・パティンソン/ジェイコブ、クルストフ・ヴァルツ/オーガスト、ハル・ホルブルック/ジェイコブ、ポール・シュナイダー/チャーリー、ジム・ノートン/キャメル、マーク・ポヴィネリ/キンコー、リチャード・ブレイク/グレイディ、スティーブン・モンロー・テイラー/ウェイド、ケン・フォリー/アール
2月25日(土)シネマート新宿他全国順次ロードショー
2011年、アメリカ、121分、配給/エスピーオー、http://video.foxjapan.com/koipare/

by Mtonosama | 2012-02-21 06:33 | 映画 | Comments(6)