ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ロング・トレイル ( 2 ) タグの人気記事


ロング・トレイル
-2-
A Walk in the Woods


f0165567_5575325.jpg

(C)2015 BIG WALK PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.


映画を観る前にこんなことを言うのはいかがなものか、とは思いますが、
ロバート・レッドフォードのお歳の召し方といったらどうでしょう。
『追憶』(‘73 シドニー・ポラック監督)の時の美しい彼はどこに行ってしまったの?
お顔の皺をひっぱって伸ばして、それでも足りなければ
顔の皮を一枚めくればあの頃の美しいお顔は現れてくれるでしょうか。

ニック・ノルティだってそうです。
『48時間』(‘82 ウォルター・ヒル監督)のこわもてぶりは一体どこへ?
小型飛行機の乗降口から
お尻がひっかかって出られない程太っちゃったらねえ・・・

っていうか、
こんなになってしまっても「なせばなる」ということなのかも。
歳の取り方も映画の大事なファクターってことかもしれません。

f0165567_601121.jpg

ストーリー
人気の紀行作家ビル・ブライソンは長年暮らした英国から
祖国アメリカのニューハンプシャーに戻り、家族と穏やかに暮らしていた。
仕事といえば知人の葬儀に出席することくらい。
次は「自分の番か・・・」と落ち込むこともなきにしもあらず。

ある時、自宅近くに一本の道を発見。
標識には“アパラチアン・トレイル”と記されている。

総延長距離3,500kmに及ぶ世界有数の長距離自然歩道だ。
ビルの胸の中にむくむくと膨れ上がる冒険心。
この道を踏破したい・・・

そんな無謀な計画を妻が許すわけはなく
息子も「毎年、挑戦者2,000人の内、踏破できるのは10%以下なんだよ」と水をさす。

だが、楽しげにトレッキング用品を買い揃える夫を見ている内に
無下に反対することもできなくなった妻は
「誰かと一緒に行くなら」という条件を出した。
友人知人に片っ端から連絡をとるビル。
でも、みんなお年寄り。
なんだかんだと言い訳して断ってくる。

そんな中ただ一人道連れを申し出てきたのは
声をかけてもいないスティーブン・カッツ。
40年前にビルの借金を踏み倒して以来、喧嘩別れしていた男だ。

ビヤ樽のように肥ったトラブルメーカーを見て心配を募らせる妻。

だが、自分の夢を叶えるため、スティーブン・カッツを相棒に
最南端のジョージア州から北上するコースへと出発。
いよいよスタート地点に立った二人だが、
後から来る人にドンドン追い抜かれていく。
「体調は万全さ!」と豪語していたカッツは400mも行かない内によれよれ。
どうなる?二人組
……

f0165567_611535.jpg

1951年生まれの旅行作家ビル・ブライソンが
自らの体験を基に書いた「A Walk in the Woods」を出版したのは40代後半。
レッドフォードがそのタイトルからこの本を環境関連の本と勘違いして
手に取ったのが本作誕生のきっかけでした。

原作では40代だった主人公を、人生後半戦に突入したシニア世代に変えはしましたが、
出発前の入念な準備や
相棒とはいえ名字で呼び合う二人の微妙な関係、
二人が途中で立ち寄る山小屋やレストラン
そして、なによりも壮大なアパラチアン・トレイルの景観――
原作に書かれたエピソードは映画にも随所に反映されています。

ロバート。素敵な勘違いをしてくれてありがとう!

クスクス笑ったり、
クマがテント近くにやってきてドキドキしたり、
よし、頑張ろう!と思ったり。

やっぱりロード・ムービーは最高です。

それにしても、
ああ、どこかへ行きたいなあ。





今日もポチッとお願いできれば、うれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月30日に更新しました。いつも応援して下さって、本当にありがとうございます☆

ロング・トレイル
監督/ケン・クワピス、製作/ロバート・レッドフォード、原作/「A Walk in the Woods」ビル・ブライソン著
出演
ロバート・レッドフォード/ビル・ブライソン、ニック・ノルティ/スティーブン・カッツ、エマ・トンプソン/キャサリン・ブライソン、メアリー・スティーンバージェン/ジェニー、クリステン・シャール/メアリー
7月30日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー
2015年、アメリカ、104分、英語、字幕翻訳/寺尾次郎、http://www.long-trail.com/

by Mtonosama | 2016-07-30 06:09 | 映画 | Comments(10)

ロング・トレイル
-1-
A Walk in the Woods


f0165567_5212370.jpg

(C)2015 BIG WALK PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.


どこかへ行きたくないですか?
近場もいいけど、どこか遠いところへ。

以前はよく出かけたものですが、
最近はどこにも行っていないとの。

いえ、わがままお嬢猫・三毛猫ひかちゃんのせいにはしますまい。
歳のせいにも、お金のせいにもしますまい。

でも―――

ああ、どこか行きたい!
という思いが極限まで高まったとき、
こんな映画を観ました。
『ロング・トレイル』です。

f0165567_5245927.jpg

日本にも、北は十勝ロングトレイル、奥津軽トレイル、
南は国東半島峯道ロングトレイルなど
随分あるようです。
日本ロングトレイル協会↓もできたようなのでご覧になってください。
日本ロングトレイル協会
健康と自然志向のライフスタイルへの関心が高まるなかで、
「自然、環境、旅、健康、学び」などのニーズは、
「歩く」から、さらに「歩く旅」へと進化しています。
ロングトレイルは、自然環境の適正利用による観光活性化が目標の一つであり、
地域社会に大きく貢献しようとしています。
海外からも多くの人々を惹きつける持続可能なトレイルの設置と整備を目的に、
特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会を設立する運びとなりました。
http://longtrail.jp/index.html

さて、本作『ロングトレイル』は
なんと総距離3,500kmに及ぶアパラチアン・トレイルが舞台。
先ごろ当試写室で上映した『ラサへの歩き方』の2,400kmよりも長いから驚きます。
やっぱりアメリカというのは広い国ですね。

f0165567_527102.jpg

アパラチアン・トレイル
1921年に着想し、翌22年から計画開始、
南端のジョージア州スプリンガーマウンテンから
北端のメイン州マウント・カタディンまでがつながったのは
構想から16年を経た1937年。
現在の総距離は3,500km。
アメリカ三大トレイルの一つで
アメリカ東部に位置するアパラチア山脈の稜線や谷に沿って全14州を縦断。
ちなみに、三大トレイルとはアパラチアン・トレイル、
パシフィック・クレスト・トレイル、コンチネンタル・ディバイド・トレイルのこと。

アパラチアン・トレイルは主に森の中を進み、
グレート・スモーキー山脈国立公園、
ホワイトマウンテン国立森林公園など
山岳地帯を貫き、半年かけて縦走する。
安全確保はもとより装備や食糧の調達も
すべて参加者の責任で
ハイカー同士、地元の人の協力を得ながらゴールをめざす。
一年ですべてを踏破する「スルーハイク」
毎年少しずつ距離を進める「セクションハイク」もある。
原作本「A Walk in the Woods」の影響で、
発行翌年99年の利用者は60%以上も増え、
2015年の本作の全米公開で人気に拍車がかかっている。

f0165567_5284823.jpg

監督はケン・クワピス。
身近な題材をユニークな視点で描くコメディタッチの作品が多く、
本作でも笑わせてもらいました。

製作はロバート・レッドフォード。
本作では原作者ビル・ブライソン役で登場しています。
そして、彼の相棒役がニック・ノルティ。

ロバート・レッドフォードは80歳だし、
ニック・ノルティはサンタクロースかと見紛う程の肥満体だし、
さあ、この旅、いったいどうなるのでしょうか。

続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできれば幸甚の至りです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月27日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

ロング・トレイル
監督/ケン・クワピス、製作/ロバート・レッドフォード、原作/「A Walk in the Woods」ビル・ブライソン著
出演
ロバート・レッドフォード/ビル・ブライソン、ニック・ノルティ/スティーブン・カッツ、エマ・トンプソン/キャサリン・ブライソン、メアリー・スティーンバージェン/ジェニー、クリステン・シャール/メアリー
7月30日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー
2015年、アメリカ、104分、英語、字幕翻訳/寺尾次郎、http://www.long-trail.com/

by Mtonosama | 2016-07-27 05:32 | 映画 | Comments(5)