ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:ヴァネッサ・レッドグレイヴ ( 2 ) タグの人気記事

アンコール!! -2-
Song for Marion

f0165567_5395745.jpg

(C)Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.


無口で気難しく、近所でも有名な頑固者で、一人息子ともうまくいかないアーサー。
テレンス・スタンプが演じる役です。
彼が心を開くのはガンと闘病中の愛妻マリオンだけ。
舞台はロンドン。
夫と違って明るく誰からも愛される妻のマリオンは町のコミュニティ・センターで
合唱クラブに参加しています。

合唱といっても
♪わたしのおはかのま~えでなかないでください♪
といった歌ではなく、ポップスです。
そう。
シンディ・ローパーの”True Colours”だったり、
スティーヴィー・ワンダーの”You are the Sunshine of my Life”といった曲。

さあ、一体どんなお話でしょうか。


f0165567_5433135.jpg

ストーリー
アーサーとマリオン。二人は性格こそ正反対ですが、とても仲の良い夫婦です。
今日も彼はマリオンを車椅子に乗せて近所のコミュニティ・センターまで送ってきました。
彼女は“年金ズ”という合唱クラブに所属し、ロックやポップスを歌っているのです。
仲間はみんな陽気で楽しいおじいさんやおばあさん。
でも、アーサーはマリオンをセンターまで送ってくると、外でタバコを吸いながら
練習の終わるのを待っているだけ。

さて、この“年金ズ”を指導するのは若い音楽教師のエリザベス。
そのエリザベスの提案で“年金ズ”は国際合唱コンクールのオーディションに出場することになりました。
マリオンもメンバー達も予選を通過し、本選出場権を得るため、夢中になって練習します。
ところが、そんなある日、マリオンが練習中に倒れ、緊急入院することに。
医師は、彼女とアーサーにガンの再発を告知。
そして、もう治療の余地はないということも付け加えるのでした。

ショックを受け、一人息子のジェームスに八つ当たりしてしまうアーサー。
一方、練習に積極的に取り組み、明るく振る舞い続けるマリオン。
そんなマリオンにエリザベスは予選でのソロ・パートを任せました。
マリオン、もしかしたら最後のコンクールになるかもしれない場での初めてのソロ――

予選当日。野外ステージに“年金ズ”が登場し、ラップやロックを歌い、ロボットダンスを踊る姿に、
次第に大勢の人が集まってきました。
いよいよマリオンのソロが始まり、彼女が歌い出したのは“True Colours”。

♪私にはあなたの本当の色が見える。
だから、あなたが好き。怖がらないで、本当の色を見せて♪

マリオンが心からアーサーを想い、歌いあげた歌です。鳴りやまない拍手。
感激して駆けよる息子ジェームスと孫のジェニファー。
なのに、アーサーはひとりその場を離れるのでした。
見かねたエリザベスがアーサーに言います。
「あなたは素晴らしい女性に愛されていて、その彼女があなたのために歌ったのよ。
彼女に伝えることはないの?」……

f0165567_5413490.jpg

さあ、偏屈者のアーサーは素直になれるのでしょうか。
そして、愛するマリオン亡き後、アーサーはどんな生き方を選ぶのでしょうか。

それにしても、老人たちがロックですって。さすが、ロンドンですね。
♪Lets’s Talk About Sex♪なんて歌をついパブで口ずさんでしまうアーサー。
(テレンス・スタンプって案外歌がうまいんですよ)

日本の老人だったら、やはり演歌を歌うんでしょうか。
いや、団塊の世代なら、ロックも革命歌も歌うか。
ポール・マッカートニーだって、ミック・ジャガーだって、内田裕也だって、
みんなもう老人ですけど、バリバリでロックしているし、ロックンロールしてますもんね。
お若い方々、老人といえどカタにはめてはいけませんよ。

ロンドンの下町に繰り広げられる人生ドラマ。
おじいさんやおばあさん、そして、若いけど恋愛に不器用なコーラス指導のエリザベス先生。
みんなお気楽に歌ってだけいるんじゃなく、目標をもって明日をみつめているんだよ――
っていう映画でした。





今日もポチッとお願いします♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月27日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

アンコール!!
脚本・監督/ポール・アンドリュー・ウィリアムズ、音楽スーパーバイザー/マット・ピッファ、マギー・ロッドフォード、作曲/ローラ・ロッシ、美術/ソフィー・ベッカー、撮影/カルロス・カタラン、主題歌/セリーヌ・ディオン”Unfinished Songs”、製作/ケン・マーシャル、フィリップ・モロス
出演
テレンス・スタンプ/アーサー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ/マリオン、シェマ・アータートン、クリストファー・エクルストン、アン・レイド/ブレンダ、エリザベス・カウンセル/シェリル、ラム・ジョン・ホルダー/チャーリー
6月28日(金)TOHOシネマズシャンテ公開、7月5日(金)全国公開
2012年、イギリス、カラー、94分、日本語字幕/加藤リツ子、配給/アスミック・エース
http://encore.asmik-ace.co.jp/

by Mtonosama | 2013-06-27 06:01 | 映画 | Comments(6)
もうひとりのシェイクスピア -2-
ANONYMOUS

f0165567_6554186.jpg

(C)2011 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC All Rights Reserved

この奇想天外な時代劇にまっこうから挑んだのはローランド・エミリッヒ監督。
「インデペンデンス・デイ」(‘96)「デイ・アフター・トゥモロー」(‘04)「2012」(‘09)といった
ハリウッド超大作を撮った監督です。

そんな監督がシェークスピアとは、ちょっと意外感がありますが、
実は、本作で脚本・製作総指揮を担当しているジョン・オーロフにシェークスピア別人説を聞いて以来、
10年以上にわたり映画化を夢見ていたというのです。
とはいうものの先立つものがなく、
上記作品の商業的成功を見てようやく映画化に至ったという次第。
エミリッヒ監督に別人説を話したジョン・オーロフなどは大学院生の頃から25年にわたって、
このテーマを研究し続けてきたのだとか。

その2人が描き出したのは、
シェイクスピアの戯曲と
処女王と呼ばれたエリザベス1世の意外な交歓図と
権力関係が会い合わさった歴史ミステリーです。

さあ一体どんなお話なのでしょうか。


f0165567_6583527.jpg

ストーリー
時代は16世紀末。
第17代オックスフォード伯爵エドワード・ド・ヴィアというひとりの貴族がいた。
この人物こそシェイクスピア作とされる名作の真の作者といわれる人物――

時代は少し遡り――
ロンドンでは芝居が大流行。市民も貴族も夢中になっていた。
だが、時の宰相ウィリアム・セシル卿とその息子ロバートはこの風潮に否定的であった。
芝居は悪魔の産物と決めつけるセシル卿は、熱狂した民衆が
政治に悪影響を与えるのではないかと恐れていたのだ。

ある日のこと、オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアが
サウサンプトン伯と連れだって、評判の芝居を見物に。
芝居の作者はベン・ジョンソン。
素晴らしい芝居に感動するオックスフォード伯。
ところがセシル卿の兵が現れ、芝居は中断された。
劇場は大混乱に陥り、作者ベン・ジョンソンは兵の手に落ちる。
やっとの思いで抜け出すことのできたオックスフォード伯とサウサンプトン伯。
オックスフォード伯の眼には観客の熱狂が焼きついていた。
これこそがセシル卿が怖れる<政治への悪影響>か。

さて、セシル卿はエリザベス1世の後継者としてスコットランド王ジェームスを考えている。
オックスフォード伯にとってセシルは義父。
だが、彼は義父とは違い、後継者はチューダー家の者たるべしという考えである。
彼が庇護するサウサンプトン伯も、<エリザベスの隠し子〉と噂されるサセックス公も、
チューダー家派である。
セシル卿は彼らをエリザベス1世から遠ざけようとしていた。


話は変わり、オックスフォード卿。彼は牢に捕らわれていたベン・ジョンソンを救い出す。
そして、自分の書斎に招くとこう申し出た。
「私が書いた戯曲を君が書いたものとして上演してほしい」――
その戯曲は「ヘンリー5世」。
いよいよ、その上演の日が来た。
くいいるように舞台をみつめる観客たちからの拍手。
興奮した観客たちは作者の登場を促す。
その時、ベン・ジョンソンに先んじて、舞台に進み出た人物がいた。
自分こそが作者であると名乗り出たのは、役者ウィリアム・シェイクスピアだった。
ベン・ジョンソンにとっては予想外の展開だ。
しかし、ベンはその後も定期的にオックスフォード卿の屋敷に向い、戯曲を受け取った。
「ジュリアス・シーザー」、「マクベス」、「十二夜」、「ロミオとジュリエット」――
芝居はいずれも大当たり。《作者》であるシェイクスピアは時の人となっていった……

f0165567_704397.jpg

冒頭、大都会を俯瞰するシーンが出てきます。
おや、これは「ウェストサイドストーリー」のオープニングシーンとそっくりではありませんか!
そういえば、NYを舞台にしたこの悲恋物語は「ロミオとジュリエット」がネタ元です。

そして、劇場前に降り立つのが狂言回しとでもいうべき語り手。
まさに息もつかせぬ展開で、
語り手が荘重なクィーンズイングリッシュで語り始めるとともに
観客は一気に16世紀のロンドンへとタイムトリップ。

「マクベス」が、「十二夜」が、「真夏の夜の夢」が作中で演じられ、作中の観客達が熱狂。
そして、映画の観客は作中劇を楽しみつつ、
王位継承をめぐる係争と
処女王といわれたエリザベス1世のラブアフェアの展開にひきずりこまれるという
なんとも凝った仕掛けの歴史ミステリーです。

シェイクスピア別人説――
200年来続いている議論がとんでもない映画を生みだしました。




今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月15日に更新しました。明日は投票日ですね。いつも応援ありがとうございます☆

もうひとりのシェイクスピア
監督・製作/ローランド・エメリッヒ、脚本・製作総指揮/ジョン・オーロフ、美術/セバスチャン・クラウィンケル、撮影/アンナ・J/フォースター、衣装デザイン/リジー・クリステル
出演
リス・エヴァンス/オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア、ヴァネッサ・レッドグレイヴ/エリザベス1世、ジョエリー・リチャードソン/若き日のエリザベス1世、デイヴィッド・シューリス/ウィリアム・セシル、ゼイヴィア・アミュエル/サウサンプトン伯ヘンリー・リズリー、セバスチャン・アルメストロ/ベン・ジョンソン、レイフ・スポール/ウィリアム・シェイクスピア、エドワード・ホッグ/ロバート・セシル、ジェイミー・キャンベル・バウアー/若き日のオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア、デレク・ジャコビ/語り
12月22日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他全国ロードショー
2011年、英語、129分、配給/ファントム・フィルム、
http://shakespeare-movie.com/

by Mtonosama | 2012-12-15 07:12 | 映画 | Comments(6)