ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:三毛猫ひかちゃん-53- ( 1 ) タグの人気記事


三毛猫ひかちゃん 
-53-


あたし、ひかちゃん。

f0165567_5433144.jpg

いつもながら眼光鋭いあたしよ。


f0165567_5442117.jpg

飼い主ったらね、
試写室にでかけるついでに千鳥ヶ淵へお花見に行ったの。

綺麗ねぇ。
いっぱいボートが出てるけど、これに乗るには2時間半待ちなんだって。
満開の桜をボートから眺めたら、さぞ気持ちが良いでしょうねぇ。


f0165567_5452675.jpg

足元にはこんなお花も咲いていたんだって。
シャガっていうのよ。



f0165567_5464714.jpg

さて、千鳥ヶ淵から鵠沼海岸へ。
4月8日
とうとうシネコヤさんがオープンしたのよ。


f0165567_5473756.jpg

読書スペースもあるの。


f0165567_548443.jpg

どきどき。
この階段を上がりきると映画館よ。


f0165567_5491173.jpg

ほら、ここよ。


f0165567_550673.jpg

(C)ALIVE INSIDE LLC 2014

上映していたのは『パーソナル・ソング』。

近年、医学的にも注目されるようになった認知症やアルツハイマー患者への音楽療法を題材に描き、2014年サンダンス国際映画祭ドキュメンタリー部門で観客賞を受賞したドキュメンタリー。特効薬もないままに患者数が爆発的に増え続け、先進諸国で社会問題となっている認知症やアルツハイマー病。アメリカのソーシャルワーカー、ダン・コーエンは、患者が自分の好きな歌(パーソナル・ソング)を聞くことによって、音楽の記憶と一緒に何かを思い出すのではないかと思いつく。早速その療法を実行に移してみると、娘の名前すら思い出せずふさぎこんでばかりいた94歳の認知症男性ヘンリーが、好きな曲を聞いた途端に陽気に歌いはじめ、仕事や家族のことまで饒舌に語りだすという効果が表れた。さらに他の患者たちも、この音楽療法によって劇的な変化を見せるように。人間が失われた記憶を取りもどす奇跡の瞬間をとらえ、新たな治療法の可能性を探っていく。 http://eiga.com/movie/80961/

『レナードの朝』(‘90ベニー・マーシャル監督)の
感動的なワンシーンを思い出したわよ。

そう、これまで無表情だった患者たち。
彼らの顔に花が咲くように
一斉に表情が蘇り、語り始めるあのシーンよ。

数日前『わすれな草』というドイツのドキュメンタリー映画を観てきた飼い主。
39歳の監督が、認知症を患う母親を撮った映画なんだけど、
このお母さんにも音楽療法を受けさせてあげたかったわ。


f0165567_5533078.jpg

あたし?
あたしは自分ばっかりフラフラ出歩いてる飼い主を蹴っ飛ばすために
キャットタワーで特訓中。
テイッ、トーッ!

ひかり


今日もポチッとお願いよ。明日も更新するわよ。ひかちゃん♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。飼い主☆
by Mtonosama | 2017-04-12 05:54 | 映画 | Comments(4)