ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:三浦しをん ( 2 ) タグの人気記事

   まほろ駅前多田便利軒 -2-

f0165567_458204.jpg


                  ©2011 「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会

30代のバツ一イケメンはじめ、
自称コロンビア人娼婦、
昔無口な中学生・行天の元妻で、現在は女性と暮らしているワケあり女医、
母親の前と多田便利軒2人の前とではまるっきり態度の違う小生意気な小学生、
そんな息子の塾への送り迎えを便利屋に頼む母親…

とまあ、おかしな人々が登場して繰り広げる便利屋さんの春夏秋冬。

ネットを覗くと、便利屋さんのところには、
ゴミ屋敷スピード解決》《生活応援のプロフェッショナル・町の便利屋さん
などのキャッチフレーズが並び、
不要品回収から、引越・片付け、解体工事、ハウスクリーニング、遺品整理etcと様々なこと
をお願いできるようです。

「お困りごとはアフターケアも万全の多田便利軒へ」
多田便利軒でも、こんなキャッチフレーズでお客さんを呼びこんでいますが、
さて、どんな仕事ぶりを見せてくれるのでしょう。

f0165567_5164510.jpg

ストーリー
東京から神奈川へつきだした街。
東京都「まほろ」市ではなく神奈川県「まほろ」市だと思いこんでる人が結構多い街。
多田啓介はそんなまほろ市の駅前で便利屋・多田便利軒を営んでいます。
今日の仕事はチワワを預かること。「ほんとは生き物は預からないんですけどね」などと
言いながら、旅行に出かける間だけというワケあり風な女性の依頼を受けたのでした。

正月、常連客の依頼で出かけた帰り路、預かったチワワが逃亡。
必死に探し回る多田の前に、チワワを抱いた男が現れます。
それは中学時代の同級生・行天春彦。昔から変なヤツでしたが、30歳を過ぎた今もまだ変でした。
10数年ぶりの再会にもかかわらず、いきなり「今晩泊めてくれ」ときたのですから。
「今晩だけだぞ」と応じる案外気の良い多田。

翌日、多田は行天と一緒にチワワを返却に行きます。
ところが、依頼人の家には人の気配がありません。夜逃げ!
行天の機転で行き先を突き止めることができましたが、今度は依頼人の娘から
「優しい飼い主を探してください」と頼まれてしまいます。
チワワと帰ろうとする多田にくっついてくる行天。
「なんで来るの?」
「え?オレのことは捨てちゃうわけ?」
こうして、多田と行天とチワワの共同生活が始まりました。

ある日、チワワを飼いたいという自称コロンビア人娼婦のルルとそのルームメイトのハイシーが
事務所に。
ヤクの売人を恋人に持つルルにはチワワを渡せないと断る多田。
ところが、行天は売人と手を切ることを交換条件にチワワを渡すことを、勝手に約束してしまいます。
行天は怒る多田に、
「犬は必要とする人に飼われるのが一番幸せなんだ」

小学生・由良の塾の送迎を依頼された多田便利軒。
親に愛されたことのない由良は生意気な口をききながらも次第に2人になついていきます。
しかし、由良は密かにヤクの運搬に関わっていたのでした。
事情を知った多田はヤクの元締めと取引し、由良の解放に成功します。

「親が最初からいないのと、親に無視され続けるのとどっちがマシだと思う?」
と問う由良に、
「自分には与えられなかったものを、新しく誰かに与えることはできるよ」
と答えた多田。
由良が理解できたかどうかはわからないが…


f0165567_52604.jpg

便利屋さんの1年。
仕事をして、「はい、さようなら」じゃないんです。

おとうさんの会社が倒産するかして、一軒家から安アパートへ夜逃げ。
可愛がってた犬も飼えなくなった小学生女児。
快適な住まいはあっても、愛することを知らない母親に育てられた小学生男児。
便利屋の仕事の背景にはさまざまなドラマがあります。

多田と行天。友だちと呼ぶにはまだまだお互い知らない部分が多過ぎるようですが、
多田がまじめだけど、融通の利かない頑固者だとしたら、
行天は調子の良い無責任男に見えながら、機転の働く案外良いヤツだったりして、
2人はとても良い相棒に見えます。

春夏秋冬とともに展開するエピソードですが、
どれもみな余韻を持って、次の季節へと移っていきます。
ひとりひとりの人生が或る季節でおしまいということはなく、また続いていくのと同じです。
おしまいになったとしても、その人生はまた誰かの中で形を変えて続いていくのでしょう。
きっと――

行天を演じる松田龍平がラストでふわふわだらだらと走るシーンが、
カッコ悪いのに、なぜか魅かれてしまいました。原作も読んでみたくなったとのです。

                              

まほろ駅前多田便利軒
監督・脚本/大森立嗣、原作/三浦しをん、撮影/大塚亮、録音/加藤大和、編集/普島信一、照明/木村明生、美術/原田満生、音楽/岸田繁(くるり)
出演
瑛太/多田啓介、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ルル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、梅沢昌代(山下の母)、大森南朋(囲炉裏屋亭主・山田)、松尾スズキ(シンちゃん)、磨赤児(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)
4月23日(土)新宿ピカデリー、有楽町スバル座、渋谷ユーロスペース他 全国ロードショー
配給/アスミック・エース、http://mahoro.asmik-ace.co.jp/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
こちらもひとつお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
☆3月30日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆
by mtonosama | 2011-03-30 05:38 | 映画 | Comments(6)
まほろ駅前多田便利軒 -1-

f0165567_52845.jpg


                ©2011 「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会

またまた本が先か、映画が先か、のパターンであります。
原作は50万部を超える三浦しをんのベストセラー小説「まほろ駅前多田便利軒」。
第135回直木賞を受賞、
その後、外伝「まほろ駅前番外地」が刊行。
現在は週刊文春で続編「まほろ駅前狂騒曲」が連載中。
なので、「本は読んだよ~」という方は案外多いかもしれませんね。

とのは読んでいなかったので、タイトルのまほろ駅前というのは一体どこなんだろうと
試写を観る前、気になっていました。
でも、映画を観て、「あ、町田だ」とすぐわかりました。
きょうび、駅前風景は日本全国どこへ行っても同じようなものですが、
やはり訪れたことのある街はわかるものですね。
などと、威張るほどのことではありませんが。

ま、町田は作者・三浦しをんが暮らしていた町ということで、
「まほろ駅前多田便利軒」は町田市初の全面協力のもと、
映画の大部分が同市で撮影されました。

撮影は、あのメチャクチャ暑かった昨年の夏に行われました。
7月12日から8月13日のあの猛暑の1ヶ月間に春夏秋冬1年の物語を撮影したそうです。
今は、こんなに寒いけれど、あの夏の暑さを思い出すだけで、汗が滲んでくるほど(ウソ)。
出演者にとって、夏のシーンはまだ仕方ないとして、冬のシーンは地獄だったことでしょう。
汗をかかないよう全身にタオルで氷をまきつけ、水分も取らずに撮影に臨んだとのことです。

確かに、秋のシーンも冬のシーンも少しも不自然さは感じませんでした。
出演者の皆さん、スタッフの皆さん、ご苦労さまでした。

f0165567_5115514.jpg


暑い中、ほぼマジで熱中症になりかかった多田便利軒の店主・多田啓介を演じたのは瑛太。
そして、多田啓介の中学時代の同級生で、中学の頃は何もしゃべらない生徒だったのに、
今ではペラペラメラメラ、薄紙が燃えるようによくしゃべるヤツになっている行天春彦を演じるのは
松田龍平。
共に30代のバツ一男という設定ですが、こんな良い男をほっとく女たちがいるのだろうか…
と、まぁ、150歳代の女のぼやきはおいといて。

f0165567_5295271.jpg


一体、どんなお話でしょうか。
乞うご期待であります。

                               

まほろ駅前多田便利軒
監督・脚本/大森立嗣、原作/三浦しをん、撮影/大塚亮、録音/加藤大和、編集/普島信一、照明/木村明生、美術/原田満生、音楽/岸田繁(くるり)
出演
瑛太/多田啓介、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ルル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、梅沢昌代(山下の母)、大森南朋(囲炉裏屋亭主・山田)、松尾スズキ(シンちゃん)、磨赤児(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)
4月23日(土)新宿ピカデリー、有楽町スバル座、渋谷ユーロスペース他 全国ロードショー配給/アスミック・エース、http://mahoro.asmik-ace.co.jp/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
こちらもポチリとお願いできれば、嬉しうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
☆3月27日に更新いたしました。いつも応援してくださって、ありがとうございます☆
by mtonosama | 2011-03-27 05:20 | 映画 | Comments(6)