ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:不屈の男 アンブロークン ( 2 ) タグの人気記事


不屈の男
アンブロークン
-2-
Unbroken

f0165567_51445.jpg

(c)2014 UNIVERSAL STUDIOS


ルイ・ザンペリーニはイタリア移民の子として育ち、
一時ぐれかけたこともありますが、
陸上選手としての才能を見いだされます。
1936年のベルリン・オリンピック5000メートル走では
驚異的なラップタイムをたたき出しました。

そして、時代は第二次世界大戦に。
彼も空軍爆撃手となります。
しかし、彼を乗せた爆撃機が太平洋上に不時着。
47日間の漂流の末、日本軍にみつかり、捕虜として東京の大森収容所に。

かつては1940年に予定されていた東京オリンピックへの出場を望んでいた
ザンペリーニにとっては皮肉な形で実現した東京行きでありました。

f0165567_5145848.jpg

ストーリー
1943年4月、南太平洋上で救助作業に向う途中、
ルイ・ザンペリーニを含む11人の乗組員を乗せたグリーン・ホーネット号は
エンジントラブルを起こし、海に突っ込み、8人が海の藻屑と消えた。

ルイとキャプテン・フィル、そして後部砲手マックは
救命ボートに乗り、果てしもない漂流に乗り出した。
襲いかかるサメや容赦なく照りつける太陽、
日本の爆撃機による機銃掃射に耐えたが、
マックは33日目に死亡。
ルイとフィルはお互いに励まし合いながら47日間漂流し、
最終的にはマーシャル諸島まで流された。
だが、そこに待っていたのは日本軍だった。
・・・
その後、ルイが送られたのは大森収容所。
そこで待っていたのが“バード”と呼ばれ、恐れられていた収容所長渡辺伍長だった。

ある日ルイは自分が戦死したことになっていると告げられ、
米本国向けの放送ラジオ・トーキョーで自らの生存を伝えるように要請された。

無事に放送を終えたルイは
アメリカを誹謗し、日本軍を称賛する放送をするように説得を受けた。
断固それを拒否したルイは再び大森収容所へ。
戻ってきたルイに「私と同じように意志が強いな」と優しく声をかける渡辺。
「しかし、お前は敵だ」と捕虜の全員にルイを殴るよう命令。
ルイに対するびんたは日が暮れるまで続いた。

1944年クリスマス。渡辺が昇進して大森を去ることが発表される。

同年末。激しい空襲に見舞われ、消火活動に駆り出される捕虜たち。
屋根の上からは赤く燃え盛る東京の街が見える。
終戦が近いと喜ぶ捕虜たち。
だが、連合軍が勝てば捕虜は殺される……

f0165567_5161478.jpg

いやはやバードこと渡辺伍長のサディスティックな懲罰。
演じるは本作が映画デビューとなるミュージシャンMIYAVI。
先日亡くなったデヴィッド・ボウイをもっと尖らせた一見美しい顔立ち。

この美しい顔から次々と繰り出される言葉や残虐な行為には
驚きを通り越して病的なものを感じます。
戦争が彼をこうしたのか、
なにか心の病を抱えているのか。

とにかくこんな男に目をつけられたルイ・ザンペリーニこそ災難です。
映画では正々堂々と彼と向き合い、
収容所生活の代わりに提案されたアメリカ合衆国への裏切りも
断固拒否して闘い抜いた不屈の男として生き抜いた強い男の生き方が描かれています。

でも、映画の終わりに
ルイもしばらくはPTSDを抱えていたとあるように、
ただただアンブロークンなだけではいられなかったと思います。

反日映画とも思わないし、
ルイ・ザンペリーニの不屈の闘志を讃美しようとも思いません。

でも、バードこと渡辺伍長を精神病理学的に
つきつめていくと何が見えてくるのか、
そんなことが気になって仕方ない作品でした。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年2月1日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

不屈の男 アンブロークン
監督/アンジェリーナ・ジョリー、脚本/ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン、リチャード・ラグラヴェネーズ、ウィリアム・ニコルソン、原作/ローラ・ヒレンブランド、プロデューサー/アンジェリーナ・ジョリー、クレイトン・タウゼント、マシュー・ベール、アーウィン・ストフ、撮影/ロジャー・ディーキンス、美術/ジョン・ハットマン
出演
ジャック・オコンネル/ルイ・ザンペリーニ、ドーナル・グリーソン/フィル、MIYAVI/渡辺、ギャレット・ヘドランド/フィッツジェラルド、フィン・ウィットロック/マック
2016年2月6日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
2014年、アメリカ、カラー、137分、日本語字幕/戸田奈津子、配給/ビターズ・エンド、http://unbroken-movie.com/

by Mtonosama | 2016-02-01 05:23 | 映画 | Comments(8)

不屈の男
アンブロークン
-1-
Unbroken

f0165567_6133659.jpg

(c)2014 UNIVERSAL STUDIOS


本作『不屈の男 アンブロークン』はアンジェリーナ・ジョリー
第二作目の監督作品であります。

本来ならあのアンジーの監督第二作ということに
映画ファンの関心の向くところでありましょうが、
本作の場合、日本軍兵士の米軍捕虜への暴行が
主要なシーンを占めるだけに、例のごとく反日ということで
上映館がなかなかみつからない事態となっていました。

結論からいいます。
この映画のいったい何が、そして、どこが反日なのでしょう。

150年も生きてまいりますと、
これが戦争というものではあるまいか、
だから怖いのではないだろうか
と次第にわかってきます。

日本は原爆や無差別空襲の被害国である一方で
アジアでは加害国であり、
中国では空襲も行い、
欧米捕虜に対しても残虐なふるまいをしています。

史実を踏まえて観なければ
日本に都合が悪いことが描かれていると全て反日映画となってしまいます。

少なくともとのは本作をそういう映画だとは思いませんでした。

f0165567_6172239.jpg

さあ、アンジェリーナ・ジョリー監督2作目の本作。
アカデミー賞を始め、数々の受賞歴を誇り、
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使として
人道支援活動にも積極的なアンジー。
最近では監督としても積極的で『最愛の大地』に続く第2作目です。
『最愛の大地』でもボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下の
性暴力を暴き出しましたが、
本作『不屈の男 アンブロークン』でも
ルイ・ザンペリーニというオリンピック選手の壮絶な戦争体験を描いています。

実話に基づいた作品であります。
あ、そうそう本作の脚本にはコーエン兄弟も名を連ねていますよ。

ルイ・ザンペリーニ
ルイス・ザンペリーニ(Louis Zamperini、1917年1月26日 - 2014年7月2日)は
アメリカ合衆国の陸上競技選手。専門は長距離走。
1936年のベルリンオリンピックにアメリカ代表として出場、5000mで8位に。
このとき、最終ラップを56秒で走った彼はレース後、アドルフ・ヒトラーの接見を受けた。
1941年9月、アメリカ陸軍航空隊に入隊し、B-24の搭乗員となった。
1943年5月27日、僚機の捜索任務中に飛行機がエンジン故障のため太平洋上に不時着、
47日間の漂流の末、日本海軍の捕虜となる。
当初はマーシャル諸島の島で尋問を受けたのち、
1943年9月13日に大船の横須賀海軍警備隊植木分遣隊(大船収容所)に収容された。
捕虜になった事実は当初アメリカには伝えられず、行方不明と報じられ、
1944年6月には陸軍航空隊が死亡を公式発表していた。

捕虜であることが伝えられなかったのは、
大船収容所は正式な捕虜収容所に移送するまでの一時的な仮収容所とされ、
国際赤十字にも収容者の存在を通知しなかったためだが、
実際の目的は捕虜からの情報収集であった。
1944年9月に東京都の大森捕虜収容所に移送され、
ここで初めて正規の戦争捕虜として扱われた。
日本側は知名度のあるザンペリーニをアメリカへの宣伝に利用することを立案し、
1944年11月に対米宣伝放送に自ら用意した原稿で声を流した。
これによりアメリカではザンペリーニの生存が伝わったという。
しかし、再度の放送で日本側のプロパガンタ原稿を読むよう求められたことを拒否し、
1945年3月に直江津捕虜収容所(東京俘虜収容所第四分所)に移送され、そこで終戦を迎えた。
帰国後に自らの捕虜体験を記した著書『DEVIL AT MY HEELS』を刊行している。
(Wikipediaより)

f0165567_6191050.jpg

数奇な運命に翻弄されながら自らが信じる道を進んだザンペリーニの半生を
記したローラ・ヒレンブランドのベストセラー作品を映画化したのが
本作『不屈の男 アンブロークン』です。

ザンペリーニさんは1998年の長野オリンピックで聖火ランナーとなり、
映画の舞台にもなっている
直江津捕虜収容所のあった上越市内を走っています。

前作『最愛の大地』でも女性団体から抗議を受けたアンジーですが、
作品が問題となったり、抗議を受けるのは人気者の宿命かもしれませんね。

いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2016年1月29日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

不屈の男 アンブロークン
監督/アンジェリーナ・ジョリー、脚本/ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン、リチャード・ラグラヴェネーズ、ウィリアム・ニコルソン、原作/ローラ・ヒレンブランド、プロデューサー/アンジェリーナ・ジョリー、クレイトン・タウゼント、マシュー・ベール、アーウィン・ストフ、撮影/ロジャー・ディーキンス、美術/ジョン・ハットマン
出演
ジャック・オコンネル/ルイ・ザンペリーニ、ドーナル・グリーソン/フィル、MIYAVI/渡辺、ギャレット・ヘドランド/フィッツジェラルド、フィン・ウィットロック/マック
2016年2月6日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
2014年、アメリカ、カラー、137分、日本語字幕/戸田奈津子、配給/ビターズ・エンド、http://unbroken-movie.com/

by Mtonosama | 2016-01-29 06:26 | 映画 | Comments(4)