ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:人間爆弾「桜花」 ( 1 ) タグの人気記事


人間爆弾「桜花」
-特攻を命じた兵士の遺言- 
-1-
Palore de Kamikaze

f0165567_555493.jpg

(C)Comme des Cinémas


第二次世界大戦末期
大日本帝国海軍によって1944年に開発され、
45年に実戦に投入された特攻兵器「桜花」。
特攻のためだけの兵器として開発、実用化、量産された航空特攻兵器。
世界でただ一つのものでした。

「桜花」は航空特攻兵器という名を持ちながら
自力で飛ぶためのエンジンはありません。
その代わり、機首に最大1.2トンの爆弾が搭載され、
母機に吊るされて敵艦の近くまで運ばれます。
そして、一人で乗機しているパイロットが
敵艦に確実に衝突できるように機を誘導するのです。

もちろん脱出装置などありません。
人が爆弾を操縦(?)するから人間爆弾なのです。

しかし、多くの場合
「桜花」を運ぶ母機は目的地に着く前に撃墜され、
戦果を上げることもなく終戦を迎えました。

連合国側はこれをBAKA BOMB(単にBAKAとも)と呼んでいたそうです・・・

f0165567_573595.jpg

本作は日本で最初の特攻隊「神風桜花特別攻撃隊神雷部隊」
いわゆる人間爆弾「桜花」の第一志願兵でありながら認められず、
出撃者を指名する役割を与えられた林富士夫が
監督・澤田正道のインタビューに淡々と答え、
あるいは、押し黙り、
遠い目をする様子を
74分にわたって映し出した異色のドキュメンタリーです。

登場人物は林富士夫氏ただひとり。
アーカイブ映像などはなく
林氏のインタビューのみで構成されています。

澤田正道監督は語ります。
「私が望んだのは彼との対話でした。
その意味で沈黙によって1つの時間を共有し思考することが
この映画を作る行為そのものだと思いました」

澤田正道
1985年渡仏。
1993年映画製作会社Comme des Cinémasをパリに設立。
河瀨直美監督作品『あん』『2つ目の窓』、黒沢清監督作品『岸辺の旅』
今村昌平監督作品『カンゾー先生』などをプロデュースし、
多くの日本映画をカンヌ国際映画祭に送り出した名プロデューサー。
本作が初監督作品となり、
第67回ロカルノ国際映画祭の新人監督賞スペシャル・メンションに輝いた。
30年以上フランスに住む。

f0165567_513513.jpg

フランス在住の監督が日本人として
林富士夫という深い悲しみを背負って戦後を生きてきた老人と向き合った作品です。

戦争を知らない150歳としては
とまどうことも多い映画ですが、
本作がフランスで公開されたその日
林氏は93歳で永眠しました。
彼のまさに遺言として
本作に厳粛に向かい合いたいと思います。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月17日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

人間爆弾「桜花」-特攻を命じた兵士の遺言-
監督/澤田正道、取材/澤田正道、ベルトラン・ボネロ、プロデューサー/澤田正道、アンヌ・ぺルノー、撮影/ジョゼ・デエー、挿入歌/ロベルト・シューマン「二人の擲弾兵」
出演
林富士夫
8月27日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
2014年、フランス、74分

by Mtonosama | 2016-08-17 05:15 | 映画 | Comments(9)