ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:僕達急行 A列車で行こう ( 2 ) タグの人気記事

僕達急行 A列車で行こう -2-

f0165567_628330.jpg

© 2012『僕達急行』製作委員会

「A列車で行こう」というタイトルを見て、とのが連想したのはデューク・エリントン楽団のこれ。


Take the ’A’ Train

あ、通称「A列車シリーズ」というシミュレーションゲームがあるんだそうです。
ふ~ん、全然知りませんでした。世の中には知らないことが多いです。

しかし、本作はジャズやシミュレーションゲームを知らなくても楽しめるコメディ。
ゆったりとご満喫ください。


ストーリー
f0165567_6364199.jpg大手不動産会社・のぞみ地所の社員小町圭(松山ケンイチ)と町工場・コダマ鉄工所の二代目小玉健太(瑛太)は、ともに鉄道をこよなく愛する似たもの同士。ふとしたきっかけで知り合った2人は、すぐに気が合って仲良くなりました。
小玉は鉄道の「鉄」好き。
車両音が好きで、住居にも鉄道や電車が見える景色を求める小町。

彼は立派な高層マンションを販売する不動産会社社員でありながら、
町工場が建ち並ぶコダマ鉄工所の寮に入居します。
電車の音と共に眠りにつき、電車の音と共に目覚める理想的な住まいです。

ところが、転勤で九州支社に行くことに。
しかし、小町はめげません。なんといっても九州まで列車で行けるんですから。
九州支社開設以来、初めて飛行機ではなく、新幹線で着任した小町。
気のいい社員たちに気持ち良く迎え入れられます。

九州には、のぞみ地所がなんとしても口説けない大手企業がありました。
ここの社長・筑後雅也(ピエール瀧)は門司から先には断固出ないという九州大好き人間。
彼を口説き落とすため、本社から社長北斗めぐみ(松坂慶子)も乗り込んできました。
北斗社長の腰ぎんちゃく・天城勇智(西岡徳馬)も同行して夜の博多へ繰り出します。
小町も出かけましたが、この筑後社長、あまり酒席はお好きではない様子。

ある日、小町は東京からやってきた小玉と鉄道博物館へ。
なんと、そこでばったり顔を合わせたのが筑後社長でした。
なんとこの社長も大の鉄道好きだったのです。
これまたすっかり意気投合してしまった3人。
筑後社長との仕事はコダマ鉄工所も巻き込んで順風満帆。

f0165567_6385578.jpg

しかし、なにかがうまくいけば、なにかはうまくいかない、
というのがこの世の習い。小町も小玉も恋の方は仕事や趣味のようにはうまくいきません……

松山ケンイチも瑛太も、一生懸命だけど、ちょっと不器用で茫洋とした男の子をほのぼのと演じていましたよ。
松ケン演じる小町はブルー、瑛太演じる小玉はピンク。
このカーディガンの色分けにどんな意味があるのか、
今はもう森田監督に確かめる術はないけれど、なんかおかしかったです。

かたや小松帯刀、かたや平清盛と、NHK大河ドラマで重要な役を演じる2人ですが、
おとなしくてお行儀の良いいまどきの男の子を演じてもよく似合っていました。

あ~あ、旅に行きたいです。
ピンクのレンゲソウが咲き乱れ、青紫の花ダイコンが土手を彩る春満開の景色を
車窓から眺めつつ、駅弁を食べるっていいですよね。

鉄子ならずとも列車に乗って春の旅に出かけたいとのです。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

僕達急行 A列車で行こう
脚本・監督/森田芳光、撮影/沖村志宏、美術/和田洋、音楽/大島みちる
出演
松山ケンイチ/小町圭、瑛太/児玉健太、松坂慶子/北斗めぐみ、貫地谷しほり/相馬あずさ、村上絵梨/日向みどり、星野知子/日向いなほ、笹野高史/児玉哲夫、伊武雅刀/早登野庄一、ピエール瀧/筑後雅也
3月24日(土)より全国ロードショー、2011年、日本、1時間57分、配給/東映
http://boku9.jp/index.html

by Mtonosama | 2012-03-19 06:47 | 映画 | Comments(8)
僕達急行 A列車で行こう -1-

f0165567_6543550.jpg

© 2012『僕達急行』製作委員会

「僕達急行 A列車で行こう」。
本作は昨年12月20日、急性肝不全で亡くなった森田芳光監督の遺作になってしまいました。
まだ61歳。これからももっといろいろな映画で楽しませていただけると思っていたのに残念です。

でも、こういった楽しい作品が最期の作品になるって素敵ですね。
とのも最期のときは深刻になるより、楽しくいきたいと思います。



森田芳光監督
1950年1月25日~2011年12月20日。
81年「のようなもの」で映画監督デビュー。「家族ゲーム」(‘83)で数々の映画賞を受賞。「それから」(‘85)はキネマ旬報ベストワンをはじめ、各賞を受賞。
「ハル」(‘96)で第6回日本映画批評家大賞監督賞、第20回日本アカデミー賞優秀脚本賞ほか受賞。
渡辺淳一のベストセラー「失楽園」(‘97)を映画化。
それ以後も「模倣犯」(‘02)、「阿修羅のごとく」(‘03)、「間宮兄弟」(‘06)、「椿三十郎」(‘07)、「サウスバウンド」(‘07)、「わたし出すわ」(‘09)http://mtonosama.exblog.jp/12090180/
「武士の家計簿」(‘10)http://mtonosama.exblog.jp/15037094/、http://mtonosama.exblog.jp/15054991/
と様々なジャンルの作品を発表した監督でした。
合掌

f0165567_6562661.jpg

子どもの頃から、踏切で電車を眺めるのが好きだったという一人っ子の監督。
いわゆる鉄っちゃんについての作品はもう何十年前から構想していたということです。



鉄っちゃんや鉄子と一口で言っても、
車両好き、駅弁好き、旅好き、鉄道写真好き、鉄道模型好き、列車の走行音、
車内放送などの音好きとか、きわめて幅広く、奥深いようです。
本作に登場する電車の数も合計20路線80モデルに及び、鉄道模型もすごいのが出てきますよ。
そして、登場人物名が特急の名前になっているのも「ようやるなぁ!」です。
主人公を演じた松山ケンイチと瑛太の「こまち」と「こだま」はともかく、
伊武雅刀演じる早登野庄一なんて、鉄子ならぬとのにとってはまったく判じ物。
この「はやとの」は「はやとの風」という鹿児島中央から隼人を経て吉松を運行する観光列車でした。


f0165567_6583547.jpg

でも、鉄道ファンならずとも山の中をゴトゴト走る1両編成の電車とか、田園風景の中を疾走するスタイリッシュな特急列車など旅ごころを目いっぱい刺激してくれる映画でした。
鉄っちゃん、鉄子さんなら、なおさらでしょうね。



鉄道おたくコメディとしてもロードムービーとしても楽しめるウォーム@ハート系の映画ですよ。

さあ、どんなお話でしょうね。乞うご期待でございます。




今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月16日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

僕達急行 A列車で行こう

脚本・監督/森田芳光、撮影/沖村志宏、美術/和田洋、音楽/大島みちる
出演
松山ケンイチ/小町圭、瑛太/児玉健太、松坂慶子/北斗めぐみ、貫地谷しほり/相馬あずさ、村上絵梨/日向みどり、星野知子/日向いなほ、笹野高史/児玉哲夫、伊武雅刀/早登野庄一、ピエール瀧/筑後雅也
3月24日(土)より全国ロードショー、2011年、日本、1時間57分、配給/東映
http://boku9.jp/index.html

by Mtonosama | 2012-03-16 07:12 | 映画 | Comments(6)