ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:北のカナリアたち ( 2 ) タグの人気記事

北のカナリアたち -2-

f0165567_6175175.jpg

(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

クランクインは2011年12月2日。
体感温度がマイナス30℃まで下がる過酷な真冬の北海道。
北海道は北海道でも、最北の地の稚内。さらにサロベツ、利尻島、礼文島。
北方四島が見えそうな土地が舞台です。

確かにこれは寒そうだ、と思いながら、
観客の気楽さで座席に沈みこんで画面に見入っていました。
それが、ガバッと身を起こしました。冬の海上を進む船の甲板のシーンです。
身を切るような強風が吉永小百合さんの髪も顔の皮膚も後方に引っ張り、
美しい彼女の顔をすさまじいまでの形相に変えてしまっていたのです。
俳優にもカメラクルーにも命がけの撮影だったことでしょう。
さあ、一体どんな展開なのでしょう。


ストーリー
北海道の離島に新しい小学校教諭が降り立ちました。川島はる。
夫・行夫とやってきた彼女が受け持つことになったのは島の分校の6人の生徒たちでした。

6人の中で最年少の信人は吃音があり、ガキ大将の勇にちょっかいを出されては大泣き。
一旦泣きだすと手に負えない信人の甲高い鳴き声に合わせて、はる先生はオルガンを奏でます。
と、その泣き声がいつかロシア民謡カリンカのメロディに変わり――

f0165567_662351.jpg

子どもたちの歌の才能に気づいたはる先生は合唱を通じて、彼らの学校生活を明るいものに変えていきました。島の住民たちも優しく見守ります。




ある日、心に傷を負った警察官の阿部がこの島に赴任してきました。
実は、夫の病のことで大きな悩みを抱えていたはる。
そんな彼女はいつか阿部に心を動かされてゆきます。

美しく晴れ上がった夏の一日。
はると夫、子どもたちが出かけたバーべキューで思いがけない事故が起こりました。

子どもたちはその事故を自分の責任と考え幼い胸をいため、それぞれに深い痛みを抱くのでした。
はるもまた父をひとり残し、島を去っていきます。

それから20年。
東京で図書館司書として生活し、定年を迎えたはるのもとに2人の刑事がやってきました。
彼らは分校の生徒だった信人が起こした事件について
彼の担任だったはるに事情を訊きに来たのでした。
「なぜ信ちゃんが!?」

はるは6人の生徒たちとの再会を果たすため、20年ぶりに北海道へ向かいます。

f0165567_6115010.jpg

真奈美、直樹、結花、七重、勇、そして、信人。
ひとりひとりが明かしていくそれぞれの心の傷。
はるは生徒たちの痛みを受け止め、自らも心に閉じ込めていた想いを告げるのでした……

感動のラスト。ここで思わず嗚咽であります。
信人を演じた森山未来の真に迫ったシーンにタオルハンカチが濡れました。

ひとりひとりの生徒がそれぞれに抱えていた心の傷。
20年間誰にも言えず、子ども達が歌を忘れたカナリアになって秘め続けていた痛み。
現在と20年前を挟み込みながら展開される事件と、
20年分身体は大きくなりながら子ども時代の傷を封印し続けてきた生徒たち。
そして、はる。

ひとりひとりの傷を明らかにしながら、視点を変えて事件の真相に迫る手法は
「告白」を思わせるものがありました。
例えは一般的ではありませんが、メガネ屋さんや眼医者さんで検眼をするとき、
レンズを一枚一枚入れ替えながら調整しますよね。
え?例えが特殊過ぎてわからない?
すいません。
でも、あんな感じにひとりひとりの生徒がはる先生と話すたびに新しい局面が見えてくるんです。

そして、圧巻のラストには滂沱の涙。
子役たちの歌のうまさはさすが3,100人の応募者の中から歌声の良さで選ばれただけのことはあります。
まさにカナリアです。

映画が与えてくれる快感に安心して身を委ねていられる作品でした。

東映さん、還暦おめでとうございます。





今日もポチッとお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月3日に更新しました。寒くなりました。皆さまお風邪など召しませんように☆

北のカナリアたち
監督/阪本順治、撮影/木村大作、原案/湊かなえ(「往復書簡」幻冬舎文庫)、脚本/那須真知子、音楽/川井郁子
出演
吉永小百合/川島はる、柴田恭平/川島行夫、仲村トオル/阿部英輔、里見浩太郎/堀田久、森山未来/鈴木信人、小笠原弘晃/20年前の信人、満島ひかり/戸田真奈美、渡辺真帆/20年前の真奈美、勝地涼/生島直樹、相良飛鷹/20年前の直樹、宮崎あおい/安藤結花、飯田汐音/20年前の結花、小池栄子/藤本七重、佐藤純美音/20年前の七重、松田龍平/松田勇、菊池銀河/20年前の勇
11月3日(土・祝)全国ロードショー
配給/東映
http://www.kitanocanaria.jp/

by Mtonosama | 2012-11-03 06:33 | 映画 | Comments(6)
北のカナリアたち -1-

f0165567_751189.jpg

(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

これは泣けました。

あ、唐突ですみません。
東映創立60周年記念作品として製作された「北のカナリアたち」のことです。

一昨年、松たか子の主演で話題を読んだ「告白」(東宝)。
本作はその著者・湊かなえの著「往復書簡」中の「二十年後の宿題」が原案となった作品です。

湊かなえさん、デビュー作「告白」(‘08)が大ヒット作となり、
そして、今回、「往復書簡」(‘10)が、東映の還暦を記念する本作の原案となりました。
まだ40歳にもならない作家としては、これをどう受け止めているのでしょう。

「作家であり続けたい。そして『告白』が代表作でないようにしたい」
と取材で語っていた湊さんですが、きっとそうなると思います。
湊さんのことをウィキってみたのですが、とてもユニークな経歴をお持ちでした。

f0165567_7282924.jpg

広島県出身。1973年生まれ。大学卒業後アパレルメーカーに就職し、
青年海外協力隊隊員としてトンガに2年間赴いた後、淡路島の高校で家庭科の非常勤講師となる。
結婚後「形に残せるものに挑戦したい」と創作を始めた。
昼は主婦業をこなし、朝晩は執筆に励む。
緻密な構成の支えとして、徹底した登場人物の性格付けを心がけており、
「履歴が決まれば人物が動いてくれる」として執筆前にはどんな脇役でも履歴書を作っている。
2005年、第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。
2007年、第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、
「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、
「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。
デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。
(Wikipediaより)

f0165567_71429100.jpg

さて、映画の方ですが、監督は「闇の子供たち」(‘08)、「大鹿村騒動記」(‘11)の阪口順次。
余談ですが、「大鹿村騒動記」は昨年亡くなった原田芳雄自身が企画し、遺作にもなった話題作です。
そして撮影は名カメラマン木村大作。
初めて監督を務めた「劍岳 点の記」(‘09)でも日本アカデミー賞最優秀監督賞、
最優秀撮影賞など数々の賞を受賞しています。
吉永小百合を筆頭にした俳優陣もすごいですし、さすが邦画界の大御所・東映の還暦記念映画。
力が入っています。
毎週末には親に連れられ、近所の東映の劇場へチャンバラを観に行ったとのとしては
この東映の大作に感無量であります。ヨヨヨ・・・

と、泣き崩れていては話が進みません。
一体、どんなお話なのでしょう。続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もワンクリックをお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月31日に更新しました。明日からは11月ですね。いつも応援ありがとうございます☆

北のカナリアたち
監督/阪本順治、撮影/木村大作、原案/湊かなえ(「往復書簡」幻冬舎文庫)、脚本/那須真知子、音楽/川井郁子
出演
吉永小百合/川島はる、柴田恭平/川島行夫、仲村トオル/阿部英輔、里見浩太郎/堀田久、森山未来/鈴木信人、小笠原弘晃/20年前の信人、満島ひかり/戸田真奈美、渡辺真帆/20年前の真奈美、勝地涼/生島直樹、相良飛鷹/20年前の直樹、宮崎あおい/安藤結花、飯田汐音/20年前の結花、小池栄子/藤本七重、佐藤純美音/20年前の七重、松田龍平/松田勇、菊池銀河/20年前の勇
11月3日(土・祝)全国ロードショー
配給/東映
http://www.kitanocanaria.jp/

by Mtonosama | 2012-10-31 07:20 | 映画 | Comments(6)