ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:北京の自転車 ( 3 ) タグの人気記事

      2010 BEST 10 OF
   殿様の試写室
 
                        -3-


f0165567_6261121.jpg

                       江ノ電沿いのサボテン

今日は6位と5位の発表です。
ちなみに画像のサボテンと映画とは一切関係はありません。
なら、なぜ載せる?ですよね。
冬枯れの笹藪とミッキーマウスの耳みたいなサボテンが気になってしまって。

っていうか、カメラを持って散歩してるとあれこれ撮りたくなって困ります。

                       6位 北京の自転車
                          十七歳的単車
                          Beijing Bicycle

f0165567_627392.jpg

                http://mtonosama.exblog.jp/13949277
                http://mtonosama.exblog.jp/13972911/

                中国都会の17歳と地方出身の17歳。
            少年萌えのとのにはそれだけでも大満足の映画ですが、
          中国映画第6世代に属するワン・シャオシュアイ(王小帥)監督、
      発展を続ける北京を舞台に少年たちの心の揺れと微妙な友情を描き出しました。
        現代の中国を描いた近来まれに見る傑作、とまでのめりこんだとのです。

                       5位 ソフィアの夜明け
                          Eastern Plays

f0165567_6285269.jpg

                http://mtonosama.exblog.jp/14593625
                http://mtonosama.exblog.jp/14612960/

      ブルガリアの映画です。映画の製作本数が年間7~8本というブルガリア。
   弱冠35歳のカメン・カレフ監督の作品。そして、バスの外を眺めているこのおにいさんは
    フリスト・フリストフ。「ソフィアの夜明け」が初主演作にして遺作になってしまいました。
    主人公イツォもフリストもドラッグ中毒を抱え、治療に専念し、生き方を模索しています。
               フリストの実人生と一体化した劇映画。
    フリストは撮影終了直前に死んでしまいますが、主人公のイツォは夜明けを迎えます。
          東欧の暗い景色を背景にしながら、観る者に希望を与える作品でした。

                       6位と5位でした。

                            

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪12月20日に更新しました。いつも応援、ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-12-20 06:51 | 映画 | Comments(4)
          北京の自転車 -2-
                 十七歳的単車
                 Beijing Bicycle

f0165567_5344996.jpg


「北京の自転車」。このタイトルと大まかなストーリーを聞いて、
連想したのはヴィットリオ・デ・シーカ監督の「自転車泥棒」(‘50:日本公開)でした。
幼いとき、この映画を観て号泣した覚えがあるのです。
「北京の自転車」というタイトルを見ただけで、
あのどうしようもない戦後の貧しさの中で生きるイタリアの親子の絶望感を思い出し、
再び、胸が痛くなりました。

ですが…
この映画に登場するのは、
中国の猛烈な経済発展の中で大きく変貌する都市(北京)の姿であり、
庶民の住居であった明の時代からの伝統的な建物・四合院が壊されている様子であり、
ニョキニョキと天を衝く近代的なビルが建築され、変化する街並みであり、
その建築労働者として、あるいは、農村で食い潰れて、都会に溢れる出稼ぎ者たち、
そして、都市生活者たちです。

イタリアのあのせつなく胸を締めつける絶望感とは質を異にしながら、
1台の自転車をはさんで展開する2人の少年の物語からは
中国が直面する問題とともに、少年のナイーブな心の軌跡が
鮮やかに浮かび上がってきます。
何かから逃げ、同時に、どこかへ向かう全力疾走…

そして、この男の子たちの演技がとても素晴らしいんです。
殿はジェン君が気に入ってます(最初の画像がジェンくんです)。
いえいえ、余計なことを言う前にざっとストーリーをご紹介しなければ。

ストーリー
四川省の村から経済発展著しい北京に出稼ぎにきた17歳のグイは
自転車宅配便の仕事を得ました。
最新式のMTB(マウンテンバイク)と制服に身を包み、都会風な髪に整えたグイを見て、
胡同の路地裏で小さな食品店を営む同郷の先輩も喜んでくれました。
その真新しい自転車は稼ぎが一定額を超えると自分のものになるのです。
自転車を自分のものにできる日を夢見て、グイは毎日必死に働きました。
そして、とうとうその日がやってきました。
ところが、配達を終えて、表へ出ると、厳重にチェーンをかけて駐輪したその場所から
大切な自転車が消えていたのです。

北京市内の四合院に、父とその再婚相手と彼女の連れ子である妹と4人で暮らす
17歳の高校生・ジェン。
友だちの間では自転車の曲乗りが大流行。
自転車を持っていないジェンは親の金を盗んで中古自転車を買い、
建設中のビルで友達と練習に明け暮れています。
憧れの同級生とも、彼女の自転車のチェーンを直してあげたのをきっかけに
交際が始まりました。
ジェンはその中古自転車のおかげで何やら運が向いてきたような気がしています。

宅配会社を解雇されたグイ。しかし、盗まれた自転車をみつければ、再び雇ってやる、
という言質を経営者からとることに成功。
必死に北京市内を探し回ります。
そして、とうとう四合院の中で、その自転車をみつけました。
それはジェンの中古自転車でした。
「店で金を出して買ったのだから、自分のものだ」と主張するジェン。
「もともとは自分のものだ」と言い張るグイ。
双方譲り合わず、激しく言い争います。ジェンの仲間も加わり、グイは打ちのめされます。
殴られても蹴られても諦めないグイ。
最終的に2人は折衷案を出します。
それは毎日交互に自転車を使うというものでした。

ある日、ジェンは不良少年とけんかになります。
自転車を受け取りにきたグイはそれにまきこまれてしまいます。
入り組んだ胡同を2人は必死に逃げるのですが…

この逃走シーンが圧巻です。
狭い路地を抜けて疾走するジェン。
回り角にさしかかると、全身をブレーキにして制動をかけ、
一瞬の躊躇の後、曲る方向を決めます。砂埃が上がります。
そこに自転車に乗ったグイも加わる。息詰まるシーンです。

胡同の袋小路、洗濯物の干し場に追い詰められたジェン。殴られるジェンとグイ。
血だらけになって白いシーツにすがりながら倒れ込むシーンは
アンジェイ・ワイダ監督の「灰とダイヤモンド」(‘59)のラストシーンを思い起こさせました。
少年の細い体が崩れおちる姿はいつの時代も鮮烈な物悲しさを誘います。

中国の経済発展にはすさまじい勢いがあります。
数カ月で街の風景が変わり、
老人たちがくつろぎ、幼児が遊んでいた路地がなくなります。
都会が変貌を続ける一方で、西域の農村部では100年前(いえ、それ以上でしょう)
の生活を続けています。

f0165567_6121378.jpg


そんな田舎からグイくんのような若者たちが都会にやってきます。
1台のMTBは「たかが自転車」ではないのです。
中国といえば自転車というイメージがありますが、
この映画の製作された2000年には既に都市生活者の大半にとって、自転車はただの足。
グイくんが会社から支給される自転車も、乗れればいいというチャリンコではなく、
最新式のMTBというところが新しい中国を象徴しています。
でも、グイくんにとって、自転車はただの足でも、新しい中国の象徴でもなく、
全存在なんですね(頑固で、無口で、不器用で、一生懸命な農村青年グイが自転車をどんなに大切に磨いているかを観てください)。

そして、ジェンくんにとっても「たかが自転車」ではありません。
都会の高校生であるジェンくんの家庭は豊かではないし、その構成も複雑です。
やっと手に入れたMTBはやはり命の次に大切な存在です。

これまで、第6世代の監督たちの映画には大躍進のさなかにある地方都市を描いたものや
農村出身者を描いたものが目につきました。
今回、初めて都会に暮らす普通の高校生を描いた映画が現れました。
ジェンくん、素晴らしいです。好(ハオ)です。

都会と田舎。富裕層と貧困層。
富める者はますます富み、貧しい人の暮らしは封建時代の頃と変わらない貧しさ。

この国には一体どんな将来が待ち受けているのでしょう。
                      
北京の自転車

監督・脚本/ワン・シャオシュアイ(王小帥)
出演
ツイ・リン(崔林)/グイ、リー・ピン(李濱)/ジェン、ジョウ・シュン(周迅)/チン、リー・シュアン(李爽)/ダー・ホアン、カオ・ユアンユアン(高圓圓)/シャオ
2000年、中国・台湾、113分、配給/ワコー、グアパ・グアポ
新宿K’s cinemaにて7月24日(土)~30日(金)13:20、18:40、8月27日(金)10:40
画像提供:ワコー/グアパ・グアポ
http://www.ks-cinema.com/movie/china_2010.html
http://www.ks-cinema.com/schedule.html

上演予定はこちらで。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら、嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪6月15日に更新しました。いつも応援していただき、ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-06-15 06:09 | Comments(6)
        北京の自転車 -1-
                 十七歳的単車
                 Beijing Bicycle

f0165567_5365191.jpg


なんのかんの言っても中国が気になって仕方のない殿です。
さきの“映画にこじつけ台湾旅行” http://mtonosama.exblog.jp/page/2/ でも
中国のトイレのことを悪く言ってしまいましたが、
この手の悪口は、小学生男子が好きな女子をわざといじめたりするのと同じようなもの。
どうぞ、聞き流してくださいませ。

というわけで、
7月24日から8月27日までの約1ヶ月にわたって
「中国映画の全貌2010」が開催されます。
上海万博を記念して中国・香港映画60本!の連続上映です。
殿もこの機会に、話題の映画、見逃した映画などを観てみたいと思っております。

今回、当試写室で上映するのは「中国映画の全貌2010」開催記念で
特別公開される「北京の自転車」です。
2001年にベルリン国際映画祭銀熊賞、審査員グランプリ、新人男優賞を受賞しました。
2000年に製作された作品です。
2000年?今年は2010年ですよ。

そうなんです。
この映画、国家電影局に無許可で出品したため、長く国内上映禁止処分になっていました。
日本でも今回が初の劇場公開。

北京オリンピックのために今はほとんど姿を消してしまった胡同・四合院でのシーンには
北京市民ならずとも郷愁を誘われます。
久々に納得できる中国映画を堪能しました。

ところで、中国映画が変わってしまったなぁ、と感じたのはいつ頃のことだったでしょう。
殿の場合は「北京バイオリン」(‘02)を観て、今までと随分変わったなぁ、と感じました。
ハリウッドに進出した陳凱歌(チェン・カイコー)監督が再び中国に戻り、
中国を舞台にした作品をつくった、ということで感動的な映画ではありましたが、
なにか違和感を感じたものです。

建国以来、一貫して国家が映画を管理してきた中国はいま一大転換期を迎えている。90年代の市場経済化とともに、国営の撮影所も独立採算制へと移行し、従来の製作配給網は弱体化した。かわって民間のプロダクションが映画製作に乗り出し、彼らと国営撮影所の「合作」が大勢を占めるに至っている。さらに21世紀に入り、世界貿易機関(WTO)加盟とともにアメリカ映画の中国上陸攻勢が始まっている。(2004年8月18日 中日新聞夕刊)
   ↑ ↑
これが2004年のこと。
「初恋のきた道」の中でも「タイタニック」のポスターが土壁に張ってありましたっけ。

2008年にはアジア最大規模を誇る撮影所「中影集団映画数字製作基地」が完成しています。
3年の歳月をかけ、北京に建てられたこの撮影所。
建設費用の総額は、20億元(約300億円)だそうです。

中国では〈売れる映画〉ということが必須課題なのでありましょう。
確実に客を呼べる監督やエンタテインメント作品を別にすれば、
若い監督や、シリアスなテーマを得意とする監督たちには生きにくくなっています。
中国映画界も市場経済の海に投げ込まれているわけです。

f0165567_6195827.jpg


ですから、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)や本作の王小帥(ワン・シャオシュアイ)など
60年代から70年代生まれの第6世代の監督たちは自主制作映画を撮るようになりました。

  ちなみに、「初恋のきた道」(‘99)の張芸謀(チャン・イーモウ)や「花の生涯 -梅蘭芳-」(‘08)
  http://mtonosama.exblog.jp/10447417の陳凱歌(チェン・カイコー)達、
  文化大革命を経験した監督たちは第5世代と呼ばれています。

張芸謀(チャン・イーモウ)や陳凱歌(チェン・カイコー)達、第5世代の監督たちは今や60代。
巨匠とか大家とか呼ばれる作家になりました。
良い意味でも、悪い意味でも、その作品には型というか、枠というか、
ある種の定型ができてきたような気がします。
〈だから、いけない〉という訳では決してありませんが。

でも、第6世代にはそうした枠はありません。
もちろん、これも、だから良いとか悪いとかではないのですが、
彼らの試行錯誤は興味深く、今回の「北京の自転車」からもとても新鮮な衝撃を受けました。
俳優たちにも、かつての中国映画にはなかった”かっこ良さ”があります。

かっこ良い俳優たちについては次回でお知らせしますね。
では、それまで、再見(サイチェン)!

to be continued.

北京の自転車
監督・脚本/ワン・シャオシュアイ(王小帥)
出演
ツイ・リン(崔林)/グイ、リー・ピン(李濱)/ジェン、ジョウ・シュン(周迅)/チン、リー・シュアン(李爽)/ダー・ホアン、カオ・ユアンユアン(高圓圓)/シャオ
2000年、中国・台湾、113分、配給/ワコー、グアパ・グアポ
新宿K’s cinemaにて7月24日(土)~30日(金)13:20、18:40、8月27日(金)10:40
画像提供:ワコー/グアパ・グアポ
http://www.ks-cinema.com/movie/china_2010.html
http://www.ks-cinema.com/schedule.html

上演予定はこちらで。


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪6月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。次回は15日に更新する予定です♪
by mtonosama | 2010-06-12 06:13 | 映画 | Comments(8)