ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:南北分断 ( 2 ) タグの人気記事


網に囚われた男
-2-
The Net

f0165567_4421168.jpg

(C)2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.


南北分断をテーマにした作品には
キム・ギドクが脚本・製作を担当した『プンサンケ』(’11)
http://mtonosama.exblog.jp/17862317/ http://mtonosama.exblog.jp/17872088/
『レッド・ファミリー』(’13)もあります。

韓国の人間なら分断に目を背けることはできない訳で
キム・ギドク監督もそれは同様です。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。

f0165567_444538.jpg

ストーリー
韓国との国境に近い北朝鮮の村で、
妻子と共に貧しいながらも平穏な日々を送る漁師のナム・チョル。
その朝、いつものように国境警備の兵士に漁に出かけることを報告し、
唯一の財産であるモーターボートに乗って出漁。
だが、漁網がスクリューに絡まり、ボートは
チョルの意に反して韓国側に流されてしまった。

韓国の警察に連行されたチョルはスパイの疑いをかけられ、
執拗で残忍な取り調べを受ける。
だが、彼の監視にあたる青年警護官は
家族の許に帰りたいというチョルの思いを知り、彼の潔白を信じるように。

そんな時、やはりスパイ容疑で捕まった男が追い詰められ、
チョルにソウルに住む娘への伝言を託し、舌を噛み切り自死してしまう――

スパイ容疑もはっきりせず、妻子の許に戻ることしか考えていないチョル。
韓国側は彼を泳がせるよう方針転換する。
チョルはソウルの繁華街に一人放り出される。
街には商品が溢れ、人々が自由に行き交う。
だが、チョルは固く目を閉じ、何も見ようとはしない。

いつまで待っても警護官は戻らず、一人になったことを知ったチョル。
目的もなく街をさまよう内、やくざに追われる若い女を助ける。
弟を大学に入れるため身を売った女だった。
街にはまだ使えるPCが無造作に捨てられ、
彼は、ソウルには華やかだけではない部分が存在することを知る……

f0165567_443989.jpg

韓国で厳しい取り調べを受けるチョルを見ながら、
ああ、北ではもっと酷いことをされるんだろうな。
このまま韓国にいればいいのに、
と思う観客の気持ちとは裏腹に
漁師は頑なまでに北の家族の許へ帰ることしか考えていません。

北にも南にもダークサイドが存在します。
北だけが悪く、南は良い、とは決していえません。
ついついどちらかに肩入れしたくなる観客をいなしつつ
映画はチョルが直面する運命を淡々と描き出します。
南がどんなに華やかで自由でも、
彼にとって帰るべきところは妻子の待つ北なのです。

いつものギドク作品のように「あ、痛!」と観客が目を背けることもなく、
淡々と、静かに、
不条理というしかない漁師の運命をつきつけてきます。

しばらくは声も出ない程、映画に魅せられました。
キム・ギドク監督はいったいどれだけ進化するのでしょう。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

網に囚われた男
監督・脚本/キム・ギドク、エグゼクティヴ・プロデューサー/キム・ギドク、撮影/キム・ギドク
出演
リュ・スンボム/ナム・チョル、イ・ウォングン/オ・ジヌ、キム・ヨンミン/取り調べ官、チェ・グイファ/室長、ソン・ミンソク/北朝鮮の取り調べ官、イ・ウヌ/チョルの妻
2017年1月7日(土)よりシネマカリテ他全国順次ロードショー
韓国、2016年、112分、日本語字幕/根本理恵、提供/キングレコード、配給/クレストインターナショナル、http://www.thenet-ami.com/

by Mtonosama | 2017-01-08 04:51 | 映画 | Comments(4)

網に囚われた男
-1-
The Net

f0165567_532333.jpg

(C)2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.


2017年第1回目の上映は
キム・ギドク監督の最新作です。

年が明けてもソウルの目抜き通りは
何万人ものデモ隊に埋められていることでありましょう。
ならぬものはならぬ
許せないものは許さない
と結集する韓国の人々のパワーに瞠目します。


f0165567_5404958.jpg


本作は二つに分断された朝鮮半島の悲劇を抉り出した
キム・ギドク監督の渾身の一作です。

漁船モーターが故障し、北朝鮮と韓国の国境線を越えてしまった
北朝鮮の平凡な漁師の身にふりかかった不条理な運命。

この半島が抱える問題点を
鬼才はあらためて私たちにつきつめてきました。

国境を描いた映画というと『JSA』(’00 パク・チャヌク監督)を思い出します。
JSA(Joint Security Area):共同警戒区域。
大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の
軍事境界線上にある約800m四方の地域を指す。

それにしても、
あらためて北朝鮮の正式国名を見ると
「民主主義ってなんだったっけ?」の感を新たにしますわねえ。

『JSA』も面白い映画でした。
微かな希望もありました。

f0165567_5354080.jpg

ところが
キム・ギドク監督作品となると
南北問題は少し趣が違ってきます。

キム・ギドク監督
これまで何度もご紹介してきましたが、
カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの世界三大映画祭を制覇し、
『嘆きのピエタ』
http://mtonosama.exblog.jp/19794903/ http://mtonosama.exblog.jp/19818003/
では第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた監督です。

鬼才という言葉がふさわしい監督でしたが、
本作『網に囚われた男』は、名匠、
もう一歩進んで巨匠という呼び名で
呼んでもいいような気がしてきました。

とのは『春夏秋冬そして春』('03)でキム・ギドク監督を知り、
その映像の美しさに仰天し、アジア的な世界観に酔いしれたのであります。
更に彼の名に惹かれて『サマリア』(‘04)、『弓』('05)なども観ましたが、
これらは正直言ってよくわかりませんでした。

f0165567_5385910.jpg

その後、久々に観たのが、
『アリラン』('11)
http://mtonosama.exblog.jp/17268231/ http://mtonosama.exblog.jp/17280223/
『嘆きのピエタ』('12)
『殺されたミンジュ』('14)
http://mtonosama.exblog.jp/24871440/  http://mtonosama.exblog.jp/24881792/

以前の作品に見られた独りよがり――
というと、ちょっと言葉が悪いですね。
そう、一人合点みたいなものがなくなって、わかりやすくなり、
作品として1ステージ高いところに来た感じがしました。

ところが、本作『網に囚われた男』は
さらに、心に直接訴えかけてきます。
国境線をめぐって翻弄される漁師の運命、
それは
政治性などでは解釈することのできないものでした。
わかりやすく、心にすとんと落ちてきました。
鬼才・奇才から名匠に進化したのだ、と思いました。

さあ、一体どんなお話でしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年1月5日に更新しました。今年も当試写室に気軽にお立ち寄りくださいませ☆

網に囚われた男
監督・脚本/キム・ギドク、エグゼクティヴ・プロデューサー/キム・ギドク、撮影/キム・ギドク
出演
リュ・スンボム/ナム・チョル、イ・ウォングン/オ・ジヌ、キム・ヨンミン/取り調べ官、チェ・グイファ/室長、ソン・ミンソク/北朝鮮の取り調べ官、イ・ウヌ/チョルの妻
2017年1月7日(土)よりシネマカリテ他全国順次ロードショー
韓国、2016年、112分、日本語字幕/根本理恵、提供/キングレコード、配給/クレストインターナショナル、http://www.thenet-ami.com/

by Mtonosama | 2017-01-05 05:50 | 映画 | Comments(7)